インターネット申し込み無料相談

WiMAXならカシモWiMAXがおススメ

▷ とにかくシンプルで分かりやすい料金体系が魅力
▷ 3年契約で業界最安値(長期利用者に月額料金の安さで還元しています。)
▷ お電話での相談はセレクトラのらくらく窓口でも受け付けています。

WiMAXならカシモWiMAXがおススメ

-とにかくシンプルで分かりやすい料金体系が魅力
-3年契約で業界最安値(長期利用者に月額料金で還元)
-お電話での相談はセレクトラのらくらく窓口でも受け付けています。

ポータブルWi-Fi完全ガイド:モバイルWi-Fi・Pocket WiFi・WiMAX

ポータブルWi-Fi完全ガイド
ポータブルWi-Fi完全ガイド

屋内外でいつでも高速データ通信ができるポータブルWi-Fiについて詳しく解説します。モバイルWi-FiやPocket WiFi、WiMAX(ワイマックス)それぞれのメリット・デメリットや、提供会社であるサービスプロバイダも案内します。

徹底解説:ポータブルWi-Fi

ポータブルWi-Fiとは?

ポータブルWi-Fiとは、持ち運び可能なモバイルWi-Fiルーターと、それを使用した通信サービスの総称です。

Wi-Fiルーターというと、光回線Wi-Fiルーターを思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、光回線のWi-Fiは家の中でしか接続できません。

それに対して、ポータブルWi-Fiはルーターが小型のポケットサイズなので、家の中はもちろん外出時に持ち運んで、どこででもネット接続できます。

ポータブルWi-Fiルーターが1つあれば、スマホやタブレット、パソコンなどあらゆる通信機器を Wi-Fi接続してインターネットが使えるので、使い勝手が非常に良いといえるでしょう。

そもそもWi-Fiとは?Wi-Fi(ワイファイ)とは無線通信規格の1つ。世界中で一番利用されている通信規格で、汎用性が高いのがメリットです。ルーターから半径数メートルと、比較的狭い範囲にある様々な通信端末をワイヤレスで認識し、インターネットに接続することができます。

インターネット申し込み無料相談

インターネット選びならお気軽にご相談ください

只今はセレクトラのらくらく窓口の営業時間外です(営業時間の確認)。営業時間内に改めて03-4578-9656までお電話いただくか、電話予約サービスをご利用ください。

 

セレクトラのらくらく窓口の利用方法

インターネット選びなら
お気軽にご相談ください

只今は相談窓口の営業時間外です(営業時間の確認)。営業時間内に改めて03-4578-9656までお電話いただくか、電話予約サービスをご利用ください。(セレクトラのらくらく窓口の利用方法)

ポータブルWi-FiとモバイルWi-Fiの違い

モバイルWi-Fiという言い方もありますが、これは意味的にはポータブルWi-Fiと同じです。英語でportableは「持ち運びできる」、mobileは「移動性がある」という意味で、どちらも実質的に同じといえるでしょう。

ただし最近は、携帯電話の通信規格(4G LTEなど)を利用したポータブルWi-FiのことをまとめてモバイルWi-Fiと呼ぶ傾向があります。サービスの差別化を図るため、キャリアのLTE回線を使用するポータブルWi-Fiのことを、以降モバイルWi-Fiと記述します。

ポータブルWi-Fiのメリット・デメリット

下で確認するように、ポータブルWi-Fiにはいくつか種類があります。しかし、共通するメリット・デメリットとして次のようなものがあります。

ポータブルWi-Fiの
メリット
ポータブルWi-Fiの
デメリット
  • 工事不要だからネット開通まで早い
  • 通信費の節約が可能
  • 複数の端末を同時接続できる
  • 外出先でテレワーク可能
  • 通信速度は光回線に及ばない
  • 通信制限がかかる場合もある
  • モバイルルーターは充電が必要
  • モバイルルーターのうっかり洗濯に注意

ポータブルWi-Fiのメリット

 工事不要だからネット開通まで早い

光回線など固定回線に新規申込すると回線工事が必要になるため、ネット開通まで1ヵ月やそれ以上かかってしまいます。それに対してポータブルWi-Fiは工事不要申し込みから数日後にルーターが届いたら、その日からインターネットが使えます。

 通信費の節約が可能

インターネットをポータブルWi-Fiに一本化することで、通信費を大きく節約することが可能です。

たとえば、外出時にスマホをポータブルWi-Fiに繋ぐことで、スマホのギガを消費せずに済みます。そうすると、スマホの料金プランをもっと安いプランに切り替えることも可能になるでしょう。

また、1人暮らしやシェアハウスに住んでいる人なら固定回線を契約せずに、家でも外でもポータブルWi-Fiを使うことで、月々の通信費を数千円も節約することができます。

 複数の端末を同時接続できる

ポータブルWi-Fiには、5台程度の端末を同時にWi-Fi接続することが可能です。たとえば、スマホ・タブレット・パソコン・プリンター・ゲーム機を同時にネット接続できるわけです。

また、家族や友達と一緒にいる時にモバイルルーターが一台あれば、皆でネット接続できるのも助かりますね。

 外出先でテレワーク可能

テレワークする人にとっても、ポータブルWi-Fiは非常に便利。図書館やコワーキングスペースなど好きな場所で、ノートPCなどをWi-Fi接続して仕事ができます。

仕事で使う場合、ポータブルWi-Fiの通信スピードが気になるかもしれませんが、ポータブルWi-Fiは年々高速化しています。とりわけWiMAX(ワイマックス)は光回線と体感的に変わらないほど速く、スムーズで快適な通信が可能です。

そのためビデオ会議したり、高画質動画をストリーミング再生したり、大容量データのダウンロード・アップロードをしたりするのも問題ありません。

ポータブルWi-Fiのデメリット

 通信速度は光回線に及ばない

ポータブルWi-Fiは場所を選ばず使える反面、通信速度は固定回線の光インターネットに及びません。大容量のデータ通信をする人にとっては、ポータブルWi-Fiひとつでインターネットをすべて賄うのは無理があるでしょう。

とはいえ、月額料金が2,000円~3,000円程度と安いポータブルWi-Fiもあるので、光回線と組み合わせて使う人も少なくありません。

 通信制限がかかる場合もある

ポータブルWi-Fiで一定期間内に大容量のデータ通信をすると、通信制限がかかって速度が低下することがあります。どれくらいの通信量で通信制限がかかるのかは、ポータブルWi-Fiサービスごとに異なります。

また、月間のプラン容量を超過すると、月末までは128~256kbps程度の超低速に制限されます。これは動画がまともに再生できず、Webページも読み込みに時間がかかる速度です。

 モバイルルーターは充電が必要

モバイルルーターは充電式になっていて、満充電状態でおよそ10時間程度使うことができます。充電が切れると当然Wi-Fi接続も使えないため、電池残量に気を付けないといけません。

おすすめなのはモバイルバッテリーを活用すること。スマホの充電用に使えるモバイルバッテリーで、モバイルルーターも充電できるからです。これなら外出時でも10時間といわず、もっと長時間インターネットできますね。

 うっかり洗濯に注意

モバイルルーターは小型なので、ズボンや上着のポケットに入れて持ち歩くこともあるでしょう。ただし、ポケットに入れたまま忘れてしまうと、うっかり服と一緒に洗濯してしまう危険があります。

モバイルルーターには防水機能がないので、洗濯すると水濡れにより故障する可能性は高いといえます。ですので、モバイルルーターはなるべくバッグや、洗濯しない上着のポケットに入れて携行するといいでしょう。

インターネット申し込み無料相談

インターネット選びならお気軽にご相談ください

只今はセレクトラのらくらく窓口の営業時間外です(営業時間の確認)。営業時間内に改めて03-4578-9656までお電話いただくか、電話予約サービスをご利用ください。

 

セレクトラのらくらく窓口の利用方法

インターネット選びなら
お気軽にご相談ください

只今は相談窓口の営業時間外です(営業時間の確認)。営業時間内に改めて03-4578-9656までお電話いただくか、電話予約サービスをご利用ください。(セレクトラのらくらく窓口の利用方法)

ポータブルWi-Fiの種類

ポータブルWi-Fiを通信規格別に大きく二分すると「モバイルWi-Fi(Pocket WiFiを含む)」と「WiMAX」の2つになります。さらに、モバイルWi-Fiのうち、ワイモバイルによるPocket WiFiは他のモバイルWi-Fiとは異なる特徴をもつので、ポータブルWi-Fiは

  1. モバイルWi-Fi
  2. Pocket WiFi
  3. WiMAX

の3つに大別することができます。一つずつ確認しましょう。

  モバイルWi-Fiとは?

ポータブルWi-Fiの中でも、携帯電話の通信規格LTEを使用するサービスがモバイルWi-Fiです。スマホと同じネット回線を使うモバイルルーターと考えるといいでしょう。

スマホのテザリング機能を使って、他の機器をインターネットに接続したことがあるかもしれませんね。そのスマホをモバイルルーターに置き換えたものがモバイルWi-Fiというわけです。

テザリング機能 スマホをWi-Fiホットスポット(ルーター)にして、パソコンや他の通信機器をスマホにWi-Fi接続してインターネットすること。

各モバイルWi-Fiは、大手キャリアのソフトバンクドコモauからLTE回線を借りています。特にソフトバンクはモバイル通信事業に力を入れており、大半のモバイルWi-Fiサービスはソフトバンクの4G LTE回線を使用しています。

3大キャリア全ての電波を使えるクラウドSIMとはモバイルWi-Fiの中で「ソフトバンク・NTTドコモ・au3社のエリアに対応」となっているものは、クラウドSIM技術を採用したサービスです。1回線のみ使用するモバイルルーターにはSIMカードが挿入されていますが、クラウドSIMルーターは必要に応じてネットワーク上から、最適なキャリアのLTE回線情報をルーターにダウンロードします。そのおかげで対応エリアがさらに広くなり電波も入りやすくなります。

  Pocket WiFiとは?

Pocket WiFi(ポケットWiFi)とは、ソフトバンクの子会社ワイモバイルが提供しているポータブルWi-Fiサービスの名称です。Pocket WiFiの回線はソフトバンクの4G LTEを使用しています。

もともとPocket WiFiは、ワイモバイルの前身イー・モバイル社が2009年に発売したポータブルWi-Fiの名称でした。当時としては画期的なサービスだったため名前が広く知られ、他社のモバイルルーターでも“ポケットWiFi”と認知されることがあります。

一昔前に、SONYのポータブルオーディオプレーヤー“ウォークマン”が広く知られたため、それ以降は携帯型音楽プレーヤー全般がウォークマンと呼ばれるようになったのと似ているといえるでしょう。

  WiMAXとは?

WiMAX(ワイマックス)とは、KDDIグループのUQコミュニケーションズが回線を提供する無線通信サービスの名称です。

名前の由来は、無線通信技術の一規格“Worldwide Interoperability for Microwave Access”で、その頭文字をとってWiMAXと名付けられました。

最新のWiMAX2+(ワイマックスツープラス)はLTEモバイルWi-Fiよりも高速で、条件が良ければ光回線並みのスピードを発揮します。さらに、通信品質も安定しているので仕事用にも適しています。

またWiMAXには、モバイルルーターだけでなく屋内据え置き型のホームルーターも用意されています。ですので、WiMAXはポータブルWi-Fiの範囲に収まらない高速無線インターネットサービスと言っていいでしょう。

インターネット申し込み無料相談

インターネット選びならお気軽にご相談ください

只今はセレクトラのらくらく窓口の営業時間外です(営業時間の確認)。営業時間内に改めて03-4578-9656までお電話いただくか、電話予約サービスをご利用ください。

 

セレクトラのらくらく窓口の利用方法

インターネット選びなら
お気軽にご相談ください

只今は相談窓口の営業時間外です(営業時間の確認)。営業時間内に改めて03-4578-9656までお電話いただくか、電話予約サービスをご利用ください。(セレクトラのらくらく窓口の利用方法)

迷ったときの比較ガイド:モバイルWi-Fi・Pocket WiFi・WiMAX

モバイルWi-Fiはこんな人におすすめ

モバイルWi-Fiがおすすめの人 コストパフォーマンスを重視する
主に外出時にインターネットを使いたい
WiMAXのエリア外に住んでいる
海外渡航時にもインターネットしたい(クラウドSIMルーター)

モバイルWi-Fiのメリット

 対応エリアが広く電波が強い

モバイルWi-Fiは大手キャリアのネットワークを使用するので、日本全国のエリアに対応しています。簡単にいうと、スマホの電波が入るところならモバイルWi-Fiも使えます。

また、4G LTE回線は障害物に強いため屋内でも強力に電波を拾います。コンクリートの建物や地下鉄など、普通は電波が届きにくい所でもモバイルWi-Fiならネット接続が可能なわけです。

 スマホのギガ料金に比べて格安

モバイルWi-FiはキャリアのLTE回線を使用しますが、料金は携帯電話のLTE通信料金に比べて格安です。料金が大手キャリアより安い格安SIMと比べても、モバイルWi-Fiのほうが1ギガあたりの料金は断然お得になります。

スマホの通信料金を節約したい人は、インターネットのためにモバイルWi-Fiを利用して、スマホのデータプランを最安のものにするのがおすすめです。

 海外でも利用可能(クラウドSIM)

上で紹介したクラウドSIMルーターは、なんと海外でもインターネットが使えます。海外にルーターを持って行くと、現地の提携キャリアの回線情報を自動ダウンロードしてネット接続できます。

海外で使用するための手続きは特に不要で、1日単位で利用した日のみ一定料金が発生するため安心です。

海外旅行や海外出張する人にとって、渡航先でも気軽にインターネットを使えるのは嬉しいメリットといえるのではないでしょうか。

モバイルWi-Fiのデメリット

 販売店が多く迷いやすい

モバイルWi-Fiサービスを提供する会社は数多くあり、どのサービスを選んだらいいのか迷うことも少なくありません。

モバイルWi-Fi事業に新規参入する会社も増え続けているため、ただ単に安さだけで選ぶよりも、実績やユーザーの評判などを調べて選ぶほうがいいでしょう。

記事の後半で、モバイルWi-Fiのサービスプロバイダー一覧も紹介しているので参考にしてみてください。

 ネット使い放題ではない

モバイルWi-Fiには容量プランがあり、月間30GBや50GB、100GBなどのプランを選ぶことになります。それなりに大容量ではありますが、高画質動画を何十時間もストリーミング再生したりすると、月末を待たずにギガを使い果たしてしまうこともあり得ます。

モバイルWi-Fiが使い放題でないのには理由があります。大手キャリアは、自社の携帯電話ユーザーに快適な通信環境を提供するのが最優先なため、諸々のモバイルWi-Fiサービスのユーザーがネットワークを独占してしまう事態になると困るわけです。

もし使い放題がいいのなら、これ以降に紹介するPocket WiFiやWiMAXがおすすめです。

モバイルWi-Fiのサービスプロバイダ一覧

モバイルWi-Fiを提供しているサービスプロバイダーを一覧にしました。主な特徴も参考にしてみてください。

100GBプラン。契約縛りなしで解約金無料。Softbank LTE回線使用。

月間20GB/50GBもしくは2GB/日プランを選べる。3年縛り/縛りなしを選べる。法人契約も可能。Softbank LTE回線使用。

40GB/100GBプランを選べる。ルーター端末レンタル無料。365日オペレーター対応サポート。クラウドSIM。

20GB/50GB/100GBプランから選べる。2年縛りあり/縛りなしを選べる。クラウドSIMまたはSoftbank SIM対応ルーターあり。

20GB/40GB/100GBプランから選べる。2年縛りあり/縛りなしを選べる。ルーター端末レンタル無料。ギガの追加購入が可能。クラウドSIM。

NTTメディアサプライ提供の法人・個人事業主向けサービス。1日5GBまで高速通信。超過後は1Mbpsから3Mbpsで通信可能。クラウドSIM。

インターネット申し込み無料相談

インターネット選びならお気軽にご相談ください

只今はセレクトラのらくらく窓口の営業時間外です(営業時間の確認)。営業時間内に改めて03-4578-9656までお電話いただくか、電話予約サービスをご利用ください。

 

セレクトラのらくらく窓口の利用方法

インターネット選びなら
お気軽にご相談ください

只今は相談窓口の営業時間外です(営業時間の確認)。営業時間内に改めて03-4578-9656までお電話いただくか、電話予約サービスをご利用ください。(セレクトラのらくらく窓口の利用方法)

Pocket Wi-Fiはこんな人におすすめ

Pocket WiFiがおすすめの人 契約期間に縛られたくない
ショップでサポートを受けたい

Pocket WiFiのメリット

 通信容量上限なし(オプション)

Pocket WiFiのプランは、月間容量7GBまで使えるベーシックプラン1つしかありません。7GBを超過すると最大128kbpsと超低速になってしまいます。ただし「アドバンスオプション」(税抜684円/月)を付けると、7GBまでという上限が取り払われます。

つまり、アドバンスオプション込みで月額4,380円(税抜)払えばネットが使い放題になるということです。データ容量を気にせずインターネットが使えるのは嬉しいですよね。

 契約期間の縛りがない

Pocket WiFiプラン2(ベーシック)には年間契約の縛りがありません。つまり、いつ解約しても解約手数料が取られないということです。

スマホプランなどと同じく、ポータブルWi-Fiも2年など契約縛りがある場合が多いのですが、Pocket WiFiならいつでも解約可能なため気楽に申し込めます。

 ショップでサービスを受けられる

Pocket WiFiを提供するワイモバイルは、北海道から沖縄まで全国にショップを展開しています。Pocket WiFiの故障やトラブルなどあれば、最寄りのワイモバイルショップに持って行くとスタッフが親切に対応してくれます。

それに対して、他のほとんどのモバイルWi-Fiは提供会社の規模が小さいため、ショップがほとんどありません。あるとしても全国で数店舗だったりするため、ショップでサポートを受けるのは現実的ではないといえるでしょう。

そういうわけで、トラブル時や相談事がある時はWEBや電話ではなく直接対面でサポートを受けたい、という人にはPocket WiFiがおすすめです。

Pocket WiFiのデメリット

 月額料金が比較的に割高

Pocket WiFiは、アドバンスオプションを付けると月額4,818円(税込)と、光回線並みの料金になってしまいます。

他のポータブルWi-Fiだと3,000円台のプランも珍しくないことを考えると、コストパフォーマンスはあまり良くないといえるでしょう。

 3日間で10GB超過すると速度制限

アドバンスモードを設定すると通信容量の上限が無くなるとはいえ、ネットを集中的に使い過ぎると速度が低下してしまいます。

具体的には、直近3日間で約10GB以上利用すると、翌日の18時~翌々日1時まで最大1Mbpsに速度制限されます。これは、通信混雑によりネットワークの品質が落ち、他のユーザーに迷惑がかかる事態を避けるための措置です。

3日間で10GBという通信量で何ができるのか、もし1Mbpsの速度制限がかかった場合はどれくらいのスピードになるのか、下記を参考にしてみてください。

  • 10GBってどれくらいの通信量?
  • YouTube(標準画質360p)・・・約47時間視聴できる
  • Netflix(低画質)・・・約33時間視聴できる
  • Zoom会議・・・約17時間

制限速度1Mbpsはどれくらいのスピード?   ブラウザの閲覧
  メールの送受信
  YouTube動画(360p)の視聴
 高画質動画のスムーズな視聴
 オンラインゲームの読み込み

Pocket WiFiのプロバイダー

Pocket WiFiはワイモバイルのサービスなので、プロバイダーはワイモバイルのみです。

契約期間の縛り無し。月額3,696円で毎月7GB。アドバンスオプション加入でデータ無制限に(月額4,380円)。

WiMAXはこんな人におすすめ

WiMAXがおすすめの人 光回線の代わりになるネット回線を探している
外出時にも高速データ通信を使いたい
テレワーク・ノマドワーカー

WiMAXのメリット

 通信スピードが速い

WiMAXは、数あるポータブルWiFiの中でも下り最大通信速度が440Mbpsと突出しています。LTE回線を利用するモバイルWi-Fiは下り最大150Mbpsなので、WiMAXの最大スピードは約3倍ということです。

もちろん、最大速度は理論値なので実際には下がりますが、沢山のユーザーレポートに基づいて平均40~50Mbpsは出ることが分かっています。(参考:みんなのネット回線速度「Speed Wi-Fi NEXT W06の通信速度レポート」)

快適なインターネット速度の目安は20Mbpsですが、WiMAXにはそれを大きく超えるスピードがあるわけです。

 通信容量が無制限

各WiMAXサービスには、7GBプランとギガ放題プランの2つがあります。ほとんどのユーザーが選択するギガ放題プランなら、データ容量無制限でネットを楽しめます。

YouTubeなど動画の再生、Spotifyなど音楽サブスクのヘビーローテーション、そしてテレワークでビデオ会議やファイル共有など、WiMAXのギガ放題プランなら利用の幅も広がりますよ。

 モバイル/ホームルーターから選べる

WiMAXにはポケットサイズのモバイルルーターと、室内据え置き型のホームルーターの2種類あります。屋内外で使いたいならモバイルルーター、固定回線の代わりに家やオフィスに導入するならホームルーターがおすすめ。

ホームルーターはコンセントに差し込むだけですぐに使えます。モバイルルーターに比べて電波性能が高いので、屋内の広範囲で複数のデバイスを接続するならホームルーターがいいでしょう。

 LTE回線も利用できる

WiMAXルーターは当然WiMAXの電波を使用するわけですが、じつはau LTE通信も利用できます。

上記のモバイルWi-Fiのメリットでも解説したように、LTE通信はエリアが広く電波が強いという特徴があります。WiMAXの電波が入らない場所ではLTE通信に切り替えることで、WiMAX電波の弱点をカバーできるんです。

ただし、WiMAXルーターのLTE通信には月間7GBまでという制限があります。LTE通信だけで7GBを超過すると月末まで最大128kbpsの速度制限がかかるため、LTE通信は最低限の利用にとどめたほうが無難です。

 プロバイダごとに特典がある

WiMAXの回線事業者はUQコミュニケーションズですが、WiMAXサービスを提供するプロバイダはいくつもあります。プロバイダごとに、ルーター代金無料や月額割引、さらに高額キャッシュバックなど、魅力的な申込み特典が用意されています。

他にも、独自のサービスを提供しているプロバイダもあるので、自分にピッタリ合ったWiMAXを探す楽しみもあるといえるでしょう。

WiMAXのデメリット

 3日で10GBを超えると速度制限

WiMAXは通信容量に制限はありませんが、直近3日間で合計10GBを超えた日の翌日18時~翌々日2時まで、最大1Mbpsに速度制限されます。

1Mbpsという通信スピードは、上でも紹介した通りYouTubeの動画(標準画質)なら問題なく視聴できるレベルです。

WiMAXの通信制限について詳しくはこちらの記事も参考にしてみてください。

 田舎や山間部はエリア外の傾向

WiMAX回線の人口カバー率は90%超となっており、都市部や住宅街などはほとんどが提供エリア内です。ただし、人口比率が少ない地域や山間部にはWiMAXのアンテナが立っておらず、電波が届かないことが多くあります。

お住いの地域がWiMAXエリア内かどうか気になるなら、各プロバイダの公式サイトにて提供エリアを確認するといいでしょう。

 WiMAX電波は障害物に弱い

WiMAXは通信速度が高速な代わりに、電波が障害物に弱いという特徴があります。特にコンクリートの壁は電波が貫通できないので、周囲をコンクリート製建物が囲んでいるとWiMAXの電波は届きにくくなります。

ちなみに、利用場所の位置が高ければ高いほどWiMAXの電波が入りやすくなります。ビル内で使用する場合だと、上階に行けば行くほど速度が速くなるわけです。そこも踏まえた上で、WiMAXを検討するといいでしょう。

WiMAXのサービスプロバイダ一覧

WiMAXを提供しているサービスプロバイダーの一覧は下記の通りです。

セレクトラのおすすめ月額料金最安級。他社から乗り換え時の違約金最大19,000円まで負担。最新ルーター端末0円。解約違約金が0円になる「いつでも解約サポート」も。

最低利用期間が1年間とWiMAXプロバイダーの中で最短で、解約金も業界最安の1,000円であることが特徴。開始月は月額料金無料でSIMのみ契約もあり。キャッシュバックあり。

WiMAXの回線事業者UQコミュニケーションズのプロバイダ。15日間無料お試しあり。

最新ルーター端末0円。ソネットの各種オプションが12ヵ月無料。U-NEXT同時申込で初月無料かつ2,000円分ポイントプレゼント。

高額キャッシュバックキャンペーンがポイント。最新ルーター端末0円。20日以内キャンセルOK。

セレクトラで電話申し込み可能セキュリティ訪問サービスといったオプションがセットでお得に使えるセレクトWがおすすめ。最新ルーター端末0円。8日間以内の契約解除可能。

インターネット申し込み無料相談

インターネット選びならお気軽にご相談ください

只今はセレクトラのらくらく窓口の営業時間外です(営業時間の確認)。営業時間内に改めて03-4578-9656までお電話いただくか、電話予約サービスをご利用ください。

 

セレクトラのらくらく窓口の利用方法

インターネット選びなら
お気軽にご相談ください

只今は相談窓口の営業時間外です(営業時間の確認)。営業時間内に改めて03-4578-9656までお電話いただくか、電話予約サービスをご利用ください。(セレクトラのらくらく窓口の利用方法)

補足:レンタルWi-FIとは?

「レンタルWi-Fi」という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。レンタルWi-FIとは、すぐにインターネットが使える小型Wi-Fiルーターのレンタルサービスのことをいいます。1日単位または1ヵ月単位でレンタルすることができるため、短期出張や突然の入院の際に便利です。

光回線の開通までに、無料でWi-Fiで貸してくれる光回線プランも存在しますが数は多くありません。このため、光回線が開通までレンタルWi-Fiを利用する人もいます。

レンタルWi-Fiどっとこむ
当日15時までに申し込めば当日発送OK💪。1日単位での申し込みができる🌈
公式サイトを見る
レンタルWi-Fiどっとこむ
当日15時までに申し込めば当日発送OK💪。1日単位での申し込みができる🌈 公式サイトを見る
更新日