お引っ越し - 新居でどうやってインターネットを使えるようにするの?

お引っ越し - 新居でどうやってインターネットを使えるようにするの?

お引っ越し - 新居でどうやってインターネットを使えるようにするの?

新居でスムーズにインターネットを接続するために理解しておきたいポイントをご紹介します。状況別に「新居でのインターネット開始までの流れ」をクリアにしながら解説します。

お引っ越し - 新居でインターネットが使えるようにするまでの流れ

引っ越し。新居でどうやってインターネットを使えるようにするの?

現在の状況別にお引越し先でのインターネット開始までの大まかな道筋を確認します。

まずは、現在の状況別に、新居でのインターネット開通までの大まかなステップを確認してみます。

今現在インターネット契約をしている場合(移転)

  1. お引越し先でも同じインターネット契約が継続できるかをプロバイダーに確認する。
  2. 同じ契約が継続できるならば、引き続きそのインターネット契約を続ける。(光回線ならば工事が必要です。お引越し先での光ファイバー導入工事の日にちを決めます。)
  3. お引っ越し先で同じインターネット契約の提供がない場合は解約をします。(この場合通常解約金はかかりません。)そしてお引越し先で契約ができるインターネット契約を選び申し込みにすすみます。

現在インターネット契約中 - 引越しを機に他の契約に変えたい場合

  1. 現在の契約中のインターネット契約の解約に伴い解約金がかかるか、解約金はいくらかを確認して最終的に解約するか決める。
  2. お引越し先で契約する回線タイプ・プロバイダーを決める。
  3. オンラインフォームから申し込み手続きをする。
  4. 光回線ならば、工事の日程を決め、工事を行ってもらいインターネット開通。無線回線ならば、機器が自宅に届けばインターネット開通。

お引っ越しで新規にインターネット契約をする場合

  1. お引越し先で契約する回線タイプ・プロバイダーを決める。
  2. 申し込みをする。
  3. 光回線ならば、工事の日程を決め、工事を行ってもらいインターネット開通。無線回線ならば、機器が自宅に届けばインターネット開通。

新居でも同じインターネット契約を継続する場合(移転)

「移転」が可能かどうか確認を。

お引越し先でも同じインターネット契約が可能な場合は、「移転」という形でお引越し先でも契約の継続が可能です。しかしながら、同じ契約が継続ができない場合もあります。

例えば、フレッツ光を現在契約の方の場合、NTT東日本エリアからNTT西日本エリアにお引越しをする場合、もしくはその逆の場合は、「移転」ができません。同じNTTでもNTT東日本とNTT西日本とでは別会社になるためです。

もし同じインターネット契約が継続できない場合は、解約が必要になります。このような場合、通常は解約金はかかりませんが、契約の回線業者やプロバイダーによって異なりますので確認が必要です。

新居でのインターネット契約で「移転」を選ぶメリット

今契約しているインターネット契約を新居で継続する「移転」という選択を選ぶ最大のメリットは、解約金を払わなくても良い事です。

また、契約をそのまま新居でも継続出来るため、事務的な手間が少し減るのも魅力です。

新居でのインターネット契約で「移転」を選ぶデメリット

インターネット開通に関わる工事費は新居の建物の状況によってどうしてもかかることもあり得ます。(光回線の場合インターネット開通工事と工事費は必ずかかります。)

特に、光回線ならば、「移転」であっても、工事費はかかります。工事費が割引になることもありますが、現在契約しているプロバイダーによって異なります。

場合によっては、解約金を支払っても光回線・新規契約キャッシュバックキャンペーンなどを利用して、新規で契約をした方が金銭的にお得になる可能性もあり得ます。

インターネット契約の移転の際に必要な情報

移転の場合、現在の光回線事業者(フレッツ光など)やプロバイダーに連絡する時、以下のような情報が必要になります。

  • 引っ越し先の住所(新居でも同じインターネット契約を申し込めるかチェックする必要があります。)
  • 引っ越しの日(工事日からネットが使えるようになるので、引っ越す日を回線工事の希望日とすれば、引越したその日にネットが使えるようになります)
  • 現在の回線の契約者情報(やっぱりこれがあるとスムーズ。手元に置いておきましょう。)

今の契約を解約して新居で新規で契約をする場合

お引越し先では、今までと違うインターネットを契約したい場合や、世帯人数やライフスタイルが変わるのでインターネットの回線タイプも変えたいという方は、今のインターネット契約の解約が必要になりますね。

このような場合はどのような点を理解しておくべきでしょうか。

解約金の有無と金額も確認

インターネットの解約条件は契約しているプロバイダーやプランによって異なり、ここでは一概に言えません。ご自身の契約書を見るか、自分のアカウントにログインをして、チェックする必要があります。

しかしながら、「自動更新プラン」を選んで契約している場合は、「更新月(解約月)」に解約をしない限り解約金がかかるというのが解約金が発生する最も多いパターンです。

この契約パターンに該当する場合は、逆に「更新月」に解約をすれば解約金はかかりません。お引っ越しの時期がちょうとインターネット契約の「更新月」にあたる場合は、解約金の支払いなく解約ができます。

また、解約金の金額についてはどこも9,500円程度が多いようです。(プロバイダーやプランによって異なります。)

新居でのインターネット回線はどうするか?

新居でインターネットの新規契約をする場合は、まずは、どのタイプのインターネット回線を選ぶか決める必要があります。今現在選べるインターネット回線は以下の通りです。

新居でのインターネット契約 - どんな回線がある?
光回線

大容量でも高速なのが魅力の光回線。光回線は、名前の通り光を使用して通信を行います。「光ファイバーケーブル」という線を自宅に引く必要があります。このため工事が必要です。インターネット回線の中で最も高速で安定しているのが、光回線です。

無線回線

スマホでインターネットができるのと同じように無線でインターネットができるのが無線回線です。専用の機器を自宅に置けばすぐにインターネットが可能です。工事が不要なのが魅力的です。ソフトバンクの提供するSoftBank Airや、WiMAX(ワイマックス)などが代表的な回線です。

ADSL

ADSLの場合は、昔からある電話回線を使用します。"いえでん"(固定電話)は使う頻度が低くなったとはいえ、電話回線はたいていどこのお宅でも備わっていますね。この電話線を使用してインターネットをするのがADSL(回線)です。

既存の電話回線を使用しますから宅内工事が不要です。ただし、NTT収容局から距離が離れるとスピードが落ちるというデメリットがあります。また、契約件数は減少傾向で、契約できる窓口も限られています。

どのインターネット回線にするか決めたら、契約先を絞る。

引っ越し先でのどのインターネット回線にするか決めたら、契約先を選びます。希望のプランを選び、契約条件などを契約して、申し込みを行います。

新居で光回線を選んだ場合

お引越しのインターネット回線に光を選んだ場合は、光回線を引き込む工事が必要になります。工事そのものや工事の日程決めに時間がかかります。立ち合いも必要ですので、引っ越しが決まったら、実際の引っ越し日の遅くとも3週間前までには申し込みを行うことが理想的です。

工事が済み次第、インターネットが無事開通となります。

お引越し先で無線回線を選んだ場合

無線回線は専用の機器さえ自宅に届けば、すぐにインターネットの使用開始が可能です。工事などは一切不要です。

ADSLを選んだ場合

NTT収容局での工事が済み、自宅に届けられたモデムの設定等が済めばインターネット開通となります。

新規でインターネット契約をする場合

お引越し先で新規で契約をする場合は、まずは回線のタイプを決めておきましょう。現在、「光回線」、「無線回線」、「ADSL回線」の3つが契約可能なインターネット回線としてあげられますが、実際新規契約では、「光回線」と「無線回線」を選ぶ人がほとんどですので、ここでは光回線と無線回線に絞って解説します。

光回線なら回線契約とプロバイダー契約がセットになったものを選びましょう

今は、NTTのフレッツ光を契約して、プロバイダーを契約する・・・という2者との契約は不要です。回線契約とプロバイダー契約が一緒になっているプランを選ぶ方が契約サイクルも統一されますし、料金も安いため、両方がセットもの選ぶのが賢明です。

解約金のない一切プランを提供する(DTI 光)ところや、老舗でシェアの高いところ(OCN光)、関東・近畿・東海限定で高速光回線を提供しているNURO光などサービス提供者はたくさんあります。以下に一部をあげます。

回線契約とプロバイダー接続契約がセットになったプラン
OCN光
  • 業界シェアNo.1のOCN
  • NTT系企業
So-net光
  • シェアNo.2
  • ソニー系企業
ぷらら
  • NTT系企業
  • 契約期間や解約金のしばりがない
NURO光
  • 通信速度が自慢。
  • 関東・近畿・東海限定でサービスを提供しています。
  • 無線LANレンタル料が含まれているのも魅力

DTI 光

  • 月額料金が安い。
  • 契約期間や解約金のしばりがないプランを提供。
ソフトバンク光
  • 光電話をオプションでつければスマホ代が割引になる。
  • 家族がみなソフトバンクを契約しているならば。

工事が面倒・新居ですぐにインターネットを使いたいなら無線回線

光回線はやはり工事や工事費が気になるかもしれません。また、工事の人を家に入れるのに抵抗がある方もいるでしょう。

このような方は、工事が不要の無線回線を検討してみるものも良いでしょう。無線回線の良いところは、ワイヤレスでインターネットをするためのプラスアルファの機器レンタルや設定をすることなく、すぐに宅内でワイヤレスでネットができるというメリットもあります。

無線回線・インターネット種類
SoftBank Air
  1. Airターミナルといわれる機器を購入してコンセントに差せばインターネットができます。
  2. そのまますぐにWi-Fiでの接続可能です。
  3. 宅内での使用専用です。
WiMAX(ワイマックス)
  1. WiMAX(ワイマックス)専用ルーターを自宅に置けばすぐにインターネットができます。
  2. そのまますぐにWi-Fiでの接続可能です。
  3. 宅内での使用に加え、WiMAXルーターを持ち運べば屋外でもインターネット接続できます。
更新日