お引っ越し - 新居ではどうやってインターネットを使えるようにするの?

お引っ越し - 新居でどうやってインターネットを使えるようにするの?

引っ越し先でのインターネットの導入。何をどうすればいいのでしょうか?

「引越しの予定があるけど、今あるインターネットをどうやって新居でも使えるの?」「引越し先でも手続き不要でそのまま使えるインターネットはないの?」という疑問をお持ちの方のために、引越しとインターネットについて分かりやすく解説します。

引越し先でインターネットを使う3つの選択肢とは

引っ越し先の新居でインターネットを使うには、次の選択肢があります。

  1. 現在利用しているインターネット回線サービスの移転手続きをする
  2. 引越し先で新規に光インターネット回線を申し込む
  3. 引越し時に手続き不要なWi-Fi回線を利用する

それぞれの選択肢について具体的に説明します。

選択肢①現在利用しているインターネット回線サービスの移転手続きをする

すでにインターネット契約があるのなら、移転手続きをすることで引越し先でもインターネットを継続利用することができます。

移転手続きについて考える前に、まず自分が現在どのインターネット回線を利用しているのか確認してみましょう。

インターネット回線は3種類ある

インターネット回線には次の3種類が存在します。

 光インターネット
インターネット回線の中で通信速度が最も早く安定しています。世帯人数が多く、皆がそれぞれ動画を観たりオンラインゲームをするのであれば、光回線インターネットが一番おすすめです。ただし、最初に光ケーブル導入工事が必要になります。

光回線・工事費無料キャンペーン
光回線プラン名 内容 代理店名

NURO光

  • 工事費が月額料金からマイナスされることで実質的に工事費が無料になる。
  • 下り2Gbpsの高速通信。
DTI光
  • キャッシュバックが工事費に該当する。
  • IPoE接続で高速通信。
エキサイト MEC光         
  • 工事費無料のキャンペーン中
  • 老舗プロバイダー・エキサイト。IPoE接続で高速通信。
So-net光プラス    
  • 月額料金に工事費が含まれている。
楽天コミニュケーションズ光  
  • 工事費がもともとないプランを提供。

ADSLは新規申し込み受付を終了これから新規にADSLを申し込むことはできません。光回線か、無線回線(据え置きタイプ/モバイル回線)を選ぶ必要があります。

 ADSL
たいていの建物に備わっている電話回線を使用してインターネットできるのがADSLです。既存の電話回線を利用すると宅内工事が不要ですが、光回線が主流になっている今、すでに新規申し込みは終了しています。2023年1月にはNTT東日本/西日本がADSL回線サービス自体を終了する予定です。

 無線回線
スマホでインターネットするのと同じく感覚でインターネットできるのが無線回線です。工事が一切不要で専用の機器を1つあればすぐにワイヤレスでインターネットの利用をスタートすることができます。

宅内での利用専用の据え置きタイプ(SoftBank Airなど)か、外出先でも利用のできるWiMAXに代表されるようなモバイルWi-Fiがあります。

工事がいらない無線回線インターネット
UQ WiMAX 
  • UQコミニュケーションズ(KDDI系)の提供するサービス
  • WiMAX専用ルーターを購入もしくはレンタルしプランを契約する。
  • 自宅で使用できる他、ルーターを持ち運べば外出先でもインターネットが使える。

WiMAX(ワイマックス)とは?WiMAXの特徴や注意点

SoftBank Air (ソフトバンク)
  • ソフトバンクの提供する無線回線インターネット
  • Airターミナルと呼ばれる機器を接続すればすぐにインターネットができる。
  • SoftBank Airは宅内での使用専用です。

インターネット回線・ソフトバンクのSoftBank Air - 特徴と料金

これらインターネットサービスを移転するには条件があり、その条件に合致しない場合は後述する選択肢②や選択肢③を選択することになります。

インターネット回線別 - 引越しに伴う行動とは

インターネットの引越し時にはどんな行動が必要になるのでしょうか?現在契約しているインターネットの種類別に異なるため、下記を参考にするといいでしょう。

インターネット回線別 - 引越し時の条件別行動
光インター
ネット
引越し先は対応エリア?※ はい⇒ 戸建て 移転手続きをする。または選択肢②③を検討
マンション 建物に光回線があるか確認し、同じ光回線が導入されていれば移転手続きをする。または解約して選択肢②③を検討
いいえ⇒ 解約して選択肢②③を検討
ADSL ADSLは新規契約を終了しており、2023年1月にはADSLサービス自体が終了する 解約して選択肢②③を検討
モバイルWi-Fi 引越し先は対応エリア? はい⇒ 手続き不要で引越し先でも引き続き利用できる
いいえ⇒ 選択肢②か、引越し先エリアに対応しているモバイルWi-Fiを検討

※NTT東日本とNTT西日本のエリアをまたいで引越しする場合、移転手続きは不可となります。詳しくは記事後半を参照してください。

新居がマンションの場合はインターネット回線について確認が必要引越し先の新居がマンションなど集合住宅の場合、次のことを管理者(大家や不動産)に前もって確認する必要があります。①光回線はすでに導入されているか?②導入済であれば配線方式は何か?③新たに光回線の導入工事は可能か?これらを確認後に現在契約中のプロバイダーに移転手続きの相談をすることになります。 もし現在利用中のものとは異なる光回線が新居に導入されているのなら、現在の光インターネットを解約して導入済の光回線に乗り換えたほうがお得になる場合がほとんどです。またはモバイルWi-Fiを検討するのもいいでしょう。

選択肢②引越し先で新規に光インターネット回線を申し込む

引越し先で新たに光インターネットを申し込む選択肢です。次のような状況が考えられます。

  • はじめて光回線に申し込む
  • これまで利用していた光回線を解約して転居先で新たに契約する
  • これまで利用していたADSLから光回線に乗り換える

これから、光回線インターネットを種類別に見てみましょう。

NTT東日本/西日本のフレッツ光(プロバイダーは別契約)

フレッツ光は、日本全国95%以上のエリアをカバーする国内最大の光回線です。よほどの過疎地でない限り、フレッツ光に申し込めると考えていいでしょう。

接続サービスを提供するプロバイダーは別に契約する必要があります。

光コラボ

光コラボとは、プロバイダーがNTTにフレッツ光の利用料を払って、自社のサービスとして提供している光インターネットのことです。

光コラボなら契約窓口が一つになるので、手続きがシンプルで分かりやすくなります。光回線そのものはNTTのフレッツ光なので通信の品質も心配は要りません。

光コラボは様々なプロバイダーが提供しているので、月額料金やキャンペーンのお得さなどを比較しつつ契約先を選びましょう。代表的な光コラボをご紹介します。

光コラボの一例
ぷらら光
NTT系列の老舗のプロバイダー
ぷらら光に申込む
DTI光
業界最安級の光コラボ。契約縛りがなく解約金もない。速度に定評あり。
DTI光に申込む
So-net光プラス
ソニー系列のプロバイダー。キャンペーンや特典も充実
So-net光プラスに申込む
SoftBank光
ソフトバンクのスマホ代が割引になる。Yahoo!BB ADSLから乗り換えキャンペーン実施中
SoftBank光に申込む
ドコモ光
ドコモのスマホ代が割引になる。プロバイダーによって高額キャッシュバック等特典あり
エキサイト MEC光
老舗プロバイダーのエキサイト。契約縛りがなく解約金もない。IPoE接続で安定の通信速度。
MEC光に申し込む

フレッツ光以外の光回線サービス

光回線はNTTフレッツ光だけでなく、他社も提供しています。たとえばauひかりはKDDI独自の光回線を利用して、インターネットサービスを全国展開しています。

あえてNTTフレッツ光以外にする理由は何なのでしょうか?フレッツ光は利用者が非常に多く、時間帯によっては通信混雑のため速度がかなり落ちることもあります。その点、他の光回線は利用者が比較的に少ないため回線の負担が少なく、常に快適な高速通信ができるというわけです。

まずは、引越し先エリアに対応している光回線をチェックしてみるといいでしょう。

フレッツ光以外の光回線インターネット
全国対応の光回線 auひかり
J:COM
地域対応の光回線 関東/東海/関西エリア NURO光
愛知県/岐阜県/三重県/静岡県 コミュファ光
関西エリア/福井県 eo光
山口県/広島県/岡山県/島根県/鳥取県 メガ・エッグ
四国エリア ピカラ光
九州エリア BBIQ光

選択肢③引越し時に手続き不要なWi-Fi回線を利用する

引越し時に手続き不要で新居でも引き続き使えるインターネットが Wi-Fi(ワイファイ)回線です。

Wi-Fi回線サービスにはいくつか種類があり、ポケットWi-FiやWiMAX(ワイマックス)などが知られています。工事不要でルーター端末一つでインターネット接続できるので、引越し先でも引き続き使うことが可能です。

そのため、Wi-Fi回線は引越しする予定がある人や、転勤の頻度が高い人などには特におすすめといえます。

Wi-Fi回線は通信速度が遅いのでは?と気になるかもしれませんね。でも、よほどヘビーなネット利用でない限り支障はありません。動画を観たりデータのダウンロードをしたりするのも快適にこなせるスピードが出るので安心してください。

主なWi-Fi回線サービス
回線提供元 サービス名 特長 申し込み先
UQコミュニケーションズ
(KDDI系)
UQ WiMAX プロバイダー兼回線事業者だから通信品質が高く安定している UQに申込む
カシモWiMAX WiMAX業界最安級 カシモに申込む
So-netモバイルWiMAX 2+ ユーザーサポートが充実している So-netに申込む
BIGLOBE WiMAX 2+ キャンペーン特典がお得 BIGLOBEに申込む
ソフトバンク Y! mobile Pocket WiFi WiMAXの電波が届かない所でも通信できる Y! mobileに申込む
ネクストモバイル 50GBまで速度制限なしで使える ネクストモバイルに申込む

また置くだけで簡単にWi-Fi回線が利用できるSoftBank Air(ソフトバンクエアー)も、お手軽にインターネットを使えて便利です。ただし、WiMAXやポケットwifiのように持ち運びはできません。

 

光インターネットの移転手続き

現在利用している光インターネットを引越し先でも使い続けるためには、移転手続きが必要です。ここでは、インターネット移転手続きのための窓口を紹介します。

NTT東日本/西日本の移転手続き

NTT東日本/西日本は同じNTTとはいえ別会社なので、エリアをまたいで引越しする場合は解約・新規申し込みが必要となります。

NTTフレッツ光の移転手続き窓口
現在の契約先 引越し先のエリア 窓口
NTT東日本 NTT東日本エリア ホームページ:https://flets.com/first/move/iten.html<
電話:0120-116116(受付時間9:00-17:00)
NTT西日本エリア 移転手続きは不可
解約手続き窓口:0120-116116(受付時間9:00-17:00)
NTT西日本 NTT西日本エリア ホームページ:https://flets-w.com/user/move/
電話:0120-116116(受付時間9:00-17:00)
NTT東日本エリア 移転手続きは不可
解約手続き窓口:0120-116116(受付時間9:00-17:00)

なお、フレッツ光を移転する際には工事費がかかります。移転工事費はNTT東日本/西日本共通で戸建て9,000円、マンション7,500円となっています。(工事内容によって増額する場合あり)

光コラボの移転手続き

光コラボ各社はNTTフレッツ光を使用しているとはいえ、移転手続きはNTTではなく各プロバイダーに申し込む必要があります。申し込み窓口は各プロバイダーの公式ホームページにて確認してください。

光回線(フレッツ光以外)の移転手続き

フレッツ光以外の光回線を引っ越す場合は、当然引越し先が対応エリアでないといけません。移転手続きについては、各光回線サービスの公式ホームページを確認してください。

更新日
このブロックは壊れているか見つかりません。コンテンツが存在しないまたはオリジナルのモジュールを有効化する必要があります。