電話で電気・ガス切替相談

在宅時間が増えた・・・毎月の電気料金・ガス料金が心配?

電話で簡単♪ご利用状況に合わせて今より安い電気・ガスプランをセレクト!
切替・新規利用申し込みも電話一本でOK!(セレクトラ・ジャパンコールセンター)
広告

 

コールセンターの営業時間・ご利用方法についてはこちら

在宅時間が増えた・・・毎月の電気料金・ガス料金が心配?

電話で簡単♪ご利用状況に合わせて今より安い電気・ガスプランをセレクト!
切替・新規利用申し込みも電話一本でOK!(セレクトラ・ジャパンコールセンター)
広告

 


営業時間・ご利用方法についてはこちら

東京電力エリア(関東) - 一人暮らしでも安くなる電気料金プランは?

東京電力エリア(関東) - 一人暮らしでも安くなる電気料金プランは?
東京電力エリア(関東) - 一人暮らしでも安くなる電気料金プランは?

関東の東京電力エリアでは、多くの電力会社がサービスを提供しています。一人暮らしを対象にした安いプランを提供している会社も多くなっていますが、料金はどれくらいなのでしょうか。ここでは、一人暮らしでも安くなるおすすめの電気料金プランを紹介します。

  • 関東で選べる一人暮らしにオススメの料金プランをまとめました。
  • 電気料金プラン・ガス料金プランの新規お申し込みなら、セレクトラのコールセンター(03-4579-0702)でも承っています。

一人暮らしはどのくらい電気料金がかかる?

総務省統計局が発表した2017年のデータによれば、一人暮らしの電気料金の平均は、34才 の単身世帯で年間38,000円ほどになります。1ヶ月あたりでは、3,100円ほどの電気料金がかかっている計算になります。

さらに35才〜59才の単身世帯の年間の電気料金は61,000円ほどとなり、1ヶ月あたりでは5,100円ほどの電気料金がかかっています。全ての世代での平均的な電気料金は1ヶ月あたり4,000円程度かかっていることが見て取れます。

実際には、エアコンを利用する夏場や冬場には電気料金が高くなる傾向があります。またエアコンをほとんど利用しない単身者は頻繁に利用する方に比べて、大幅に電気料金が安く抑えられています。

最近ではオール電化のワンルームマンションも増えていることから、さらに電気料金を安く抑えているケースも多いことが考えられます。

ちなみに関東エリアでシェア率が高い東京電力の電力料金プランは、以下の通りとなります。

東京電力:従量電灯B:基本料金
契約アンペア数 基本料金
10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円
東京電力:従量電灯B:電力量料金
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段
0 - 120kWh 19.88円
120 - 300kWh 26.48円
300kWh以上 30.57円

なお、東京電力の従量電灯Bには1契約につき235.84円の月額最低利用料金が定められています。

東京電力エリアでおすすめの電気料金プランは何?

2016年より始まった電力の自由化の影響により、新たに多くの電力会社が誕生しました。それぞれの電力会社が様々な電気料金プランを用意しており、現在は一人暮らしの方でも安心して安いプランを選べる環境が整っています。

関東地方を中心とした東京電力エリアでは、具体的にどのようなおすすめの電気料金プランが用意されているのでしょうか。ここでは、東京電力エリアで一人暮らしをしている方におすすめの電気料金プランを4つ紹介します。

昼も夜も安くなる:シン・エナジー

シン・エナジー

日本全国で再生可能エネルギーの開発を推進している会社であるシン・エナジー株式会社では、利用者のライフスタイルに合わせて「きほんプラン」や「夜・生活フィットプラン」「昼・生活フィットプラン」など様々なプランを用意しています。

一人暮らしの方でも生活スタイルは人によって様々です。シン・エナジーであれば、自分の生活スタイルにあったプランを選択することが可能となっています。

単身者や夫婦などの電気使用量が少ない方、曜日や時間帯に関係なくコンスタントに電気を利用する方、平日の昼間のみ営業している商店や事務所などは、シン・エナジーのきほんプランにすると電気料金を安くできるのでおすすめです。

▽シン・エナジー:きほんプラン:料金表(クリックして表示)
基本料金
契約アンペア数 東京電力
従量電灯B
東京電力
シン・エナジー
きほんプラン
シン・エナジー
10A 286.00円 提供なし
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円 768.34円
40A 1144.00円 1024.45円
50A 1430.00円 1280.56円
60A 1716.00円 1536.68円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  東京電力
従量電灯B
シン・エナジー
きほんプラン
120kWhまで 19.88円 19.67円
120kWh超えて300kWhまで 26.48円 24.78円
300kWh超える 30.57円 27.71円

 

単身者向けプラン:CDエナジーダイレクト

CDエナジーダイレクト

中部電力と大阪ガスが共同出資して経営している電力会社「CDエナジーダイレクト」では、一人暮らしにおすすめの「シングルでんき」というプランが設置されています。

CDエナジーダイレクトの「シングルでんき」プランは、1ヶ月当たりの電気使用量が150kWh以下の方におすすめです。さらに基本料金や電力量料金は東京電力の従量電灯Bと同一であり、毎月の電気料金から100円割引されます。

CDエナジーダイレクトでは、「シングルでんき」以外にも、ファミリー向けのプランやオール電化のプラン、電気とガスのセットプラン、Amazonプライムがついたプラン、ゲームユーザー向けのプランなどがあります。それぞれのライフスタイルに合わせて、電気料金プランを選べるのがCDエナジーダイレクトの特徴です。

▽CDエナジーダイレクト:シングルでんき:料金表(クリックして表示)
基本料金
契約アンペア数 東京電力
従量電灯B
東京電力
CDエナジーダイレクト
シングルでんき
CDエナジーダイレクト
10A 286.00円 提供なし
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円 858.00円
40A 1144.00円 1144.00円
50A 1430.00円 1430.00円
60A 1716.00円 1716.00円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  東京電力
従量電灯B
CDエナジーダイレクト
シングルでんき
120kWhまで 19.88円 19.88円
120kWh超えて300kWhまで 26.48円 26.48円
300kWh超える 30.57円 30.57円

 

基本料金ゼロ円:Looopでんき

Looopでんき

Looopでんきが提供するサービスである「おうちプラン」も、電気の使用量が少ない一人暮らしの方におすすめの格安電気料金プランです。

Looopでんきの最大の特徴は、基本料金が0円という点です。他社の電力会社のほとんどが基本料金を設定しているにも関わらず、Looopでんきは電力量料金しか発生しません。仮に電気を全く使わない場合、料金が発生しないので、一人暮らしの方だけではなく別荘や長期に家を開ける方などにもオススメです。

また東京ガスエリアで都市ガスを利用されている場合は、ガスと電気のセットプラン(Looopでんき+ガス)でさらに電気料金が2%割引になります。北海道から沖縄まで全国で利用できるのも、Looopでんきの魅力の一つです。(一部離島を除く。)違約金・解約金もゼロ円なので、安心して切り替えることができます。

また大家族など、使用するアンペア数が高い方や電力使用量が多い方であれば、Looopでんきと契約するとより削減できる電気料金が多くなります。

▽Looopでんき:おうちプラン:料金表(クリックして表示)
基本料金
契約アンペア数 東京電力
従量電灯B
東京電力
Looopでんき
おうちプラン
Looopでんき
Looopでんき+ガス
おうちプラン
Looopでんき+ガス
10A 286.00円 0円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  東京電力
従量電灯B
Looopでんき
おうちプラン
Looopでんき+ガス
おうちプラン
120kWhまで 19.88円 26.40円 26.00円
120kWh超えて300kWhまで 26.48円
300kWh超える 30.57円

 

大手電力会社より5%安い:リミックスでんき

リミックスでんき

東証2部に上場している株式会社リミックスポイントが提供する新電力「リミックスでんき」の料金プランには「電気代割引プラン」という格安プランが用意されています。

電気代金割引プランは、現在の電気料金の基本料金と従量料金をそれぞれ5%割り引いた料金設定を行っています(燃料費調整額や再エネ賦課金は同じ)。このプランに切り替えることによって、月々の電気料金を今よりも安く抑えることが可能となるのです。

例えば現在の月額の電気料金が12,753円である場合、リミックスでんきの電気代割引プランに切り替えると月額12,107円となります。その結果、年間7,750円節約することができます。

リミックスでんきは既存の電力会社の送配電ネットワークを使用しており、切り替えた後も今までと変わらない品質で電気を利用できるので安心です。

現在一人暮らしをしている方で今より電気料金を少しでも安くしたいと思っているのであれば、リミックスでんきの電気代割引プランはおすすめのプランと言えるでしょう。

▽リミックスでんき:従量電灯B:料金表(クリックして表示)
基本料金
契約アンペア数 東京電力
従量電灯B
東京電力
リミックスでんき
従量電灯B
リミックスでんき
10A 286.00円 提供なし
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円 815.10円
40A 1144.00円 1086.80円
50A 1430.00円 1358.50円
60A 1716.00円 1630.20円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  東京電力
従量電灯B
リミックスでんき
従量電灯B
120kWhまで 19.88円 18.88円
120kWh超えて300kWhまで 26.48円 25.15円
300kWh超える 30.57円 29.04円

 

電気料金プランを安くしよう

一人暮らしをしている方の多くは、日中は仕事や学校などで家の中にいることが少ないことから、家族でお住いの世帯と比較して使用量は少なくなる傾向があります。

そのため一人暮らしをしている方の多くが、可能な限り月々の電気代を安くしたいと思っていることでしょう。

電力の自由化により現在多くの新電力が誕生し、電気料金を安くするお得なプランが多数提供されています。関東地方の東京電力エリアにおいても、東京電力の料金プランより安い価格でサービスを提供している会社は多数あることから、できるだけ多くの電力会社のプランを比較検討することをおすすめします。

今回紹介した電力会社のプランも一人暮らしの方にとってお得な料金設定となっています。現在契約しているプランと比較しながら、契約の切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

更新日