インターネット申し込み無料相談

インターネットプラン選びならご相談ください。

電話で簡単お申し込み。あなたにぴったりプランをエキスパートがお探しします。(セレクトラ・ジャパンコールセンター)

インターネットプラン選びならご相談ください。

電話で簡単お申し込み。あなたにぴったりプランをエキスパートがお探しします。(セレクトラ・ジャパンコールセンター)

最短でインターネットを導入する方法 - どんな選択肢がある?

最短でインターネットを導入する方法 - どんな選択肢がある?

とにかく早くインターネットが使いたい人のために、最短でインターネットを導入する3つの方法を案内します。さらに、種類別4つのおすすめインターネットの特徴や料金を具体的に紹介します。


インターネット申込み~開通までの所要日数

インターネット申込み~ネット開通するまでの所要日数は、ネット回線の種類によって大きく異なります。最短で導入できるのは、SoftBank AirやWiMAXなど工事不要のネット回線です。

ネット回線ごとの開通までの平均日数は下記の通りですが、状況次第でずれ込むこともあります。あくまで参考程度にとらえてください。

ネット回線ごとの平均所要日数
ネット回線の種類 開通までの所要日数
固定回線※ 光回線フレッツ光/光コラボ 3週間程度
光回線(その他の回線 1~2ヵ月
無線回線 SoftBank Air 最短で1週間
WiMAX 最短で2~3日
モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi) 最短で数日程度
データ通信SIM 最短で2日程度

※固定回線は、建物に回線設備が導入されていないことを前提とします。

テレワーク急増によりネット開通がずれ込む場合もある

2020年に入って感染症の流行などの影響もあり、テレワーク(自宅勤務)を推進する会社が急増しました。自宅以外でも、コワーキングスペースやカフェなどでリモートワークする人も増えています。

それに伴い、光回線モバイルWi-Fiへの申込みも例年に比べて大きく増加しています。光回線の工事待ちで何ヵ月も待たされたり、モバイルWiFiも端末が在庫切れになったりする事態も見られます。

そのため、インターネット本契約の前に必ず開通までの予想日数を問い合わせるようにしましょう。各ネット回線サービスでは、オペレーターに相談できる電話窓口やチャットサポートを用意しています。

最短でインターネットを導入する方法

とにかく最短でインターネットを導入したいなら次の3つの方法があります。どれも、申込みから最短2~3日でネットを使い始めることが可能です。

  1. ポケットWi-Fiレンタルサービスがある光回線に申し込む
  2. 工事不要な無線回線に申し込む
  3. 大容量データSIMを運用する

①ポケットWi-Fiレンタルサービスがある光回線に申し込む

光回線の工事が発生すると、開通まで最低でも数週間、長いと数ヵ月待たないといけません。しかし、ポケットWiFiレンタルサービスがある光回線なら、開通までレンタルのポケットWiFiを使えます。

ポケットWiFiとは小型のルーターを用いたデータ通信サービスのこと。申込みから早ければ数日で届き、その日からインターネットに接続できます。

ポケットWiFiレンタルをしている光回線は以下の通りです。光回線の契約代理店では、無料レンタルを実施しているところもあります。

ポケットWiFiレンタルがある光回線
回線 レンタル料金(税抜) レンタルサービスの内容
1日あたり 1ヵ月(31日)あたり
SoftBank光 無料 無料
  • SoftBank公式サービスだから安心
  • 光回線開通まで無料レンタル
  • レンタル機種はSoftBank AirまたはポケットWi-Fi
NURO光 31円(初月)
32円(2ヵ月目)
128円(3ヵ月目以降)
980円(初月)
992円(2ヵ月目)
3,968円(3ヵ月目以降)
  • ポケットWiFiレンタル
  • レンタルは1日単位
  • コンビニや宅配で返却できる
ドコモ光(正規代理店株式会社Wizのみ) 無料 無料
  • 光回線開通まで無料
  • ポケットWiFiレンタル

②工事不要な無線回線に申し込む

工事が不要な無線回線に申し込むと最短数日でルーター端末が届き、すぐにインターネット接続できます。

無線回線ルーターの通信速度は光回線に比べると当然遅くなりますが、快適な通信スピードの目安である20Mbpsはクリアしています。また光回線と違って、一定期間で大量のデータ通信をすると、一時的に速度制限されスピードが落ちます。

無線回線ルーターを通信規格別に分けると、次の3つの種類があります。それぞれの違いを簡単に下記にまとめてみました。

※LTE回線(スマホと同じ通信規格)を利用した小型ルーターのことです。ポケットWiFiやモバイルWiFiとも呼ばれます。

無線回線ルーターごとの違い
  SoftBank Air WiMAX LTEモバイルルーター
回線事業者 SoftBank UQコミュニケーションズ SoftBank/ドコモ/au
通信回線 ソフトバンク4GLTE回線 WiMAX回線 キャリアLTE回線
通信速度の特徴
  • 容量制限なし
  • 日中は速い
  • 夜は遅くなりやすい
  • 一日中速い
  • 直近3日で10GBを超過すると翌日18時~翌々日2時まで遅い
サービスごとに異なる
電波の特徴
  • 障害物に強い
  • 障害物に弱い
  • 障害物に強い
使用可能場所
  • 自宅のみ
  • 持ち運んでどこでも使える
  • ※その代わり行動範囲の異なる数人での回線シェアには適さない
  • 持ち運んでどこでも使える
  • ※その代わり行動範囲の異なる数人での回線シェアには適さない
月額基本料
  • 比較的高いがスマホとセットで割引有(4,880円)
  • 比較的に安い(3,500円~4,500円)
  • かなり安い(3,500円前後)

SoftBank Airのお申し込みはこちら。

キャッシュバック(28,000円)キャンペーン中。他社からの乗り換えでかかる違約金も還元。公式サイトの申し込みよりお得!

  • 月額料金・違約金等の諸条件は公式サイトとから申し込むのと一切変わりありません。

③大容量データSIMを運用する

月間100ギガなど大容量のデータSIMに申し込み、スマホや手持ちのルーターに挿して使う方法です。

上記で説明したLTEモバイルルーターの中にも、このデータSIMが入っています。ルーター端末が在庫切れになる可能性もあるため、データSIMだけ申し込むのが最短でネットを導入する一番確実な方法といえるかもしれません。

データSIMは、デュアルSIMに対応しているスマホに挿してテザリング※したり、中古のモバイルルーターを購入して使うこともできます。

※テザリングとは、スマホをルーター代わりに使用する機能のことです。ほとんどのスマホにテザリング機能が付いており、パソコンや他のスマホなどをWiFi接続することができます。

インターネット申し込み無料相談

インターネット選びのご相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります(営業時間確認)。営業時間内に改めてお電話ください。(03 4578 9656)

インターネット選びのご相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります(営業時間確認)。営業時間内に改めてお電話ください。(03 4578 9656)

最短で導入可能なおすすめインターネットを紹介

最短で導入できるおすすめインターネット回線サービスを、種類別に4つ紹介します。自分に一番合うものを検討してみてくださいね。

最短で導入できるおすすめネット回線
サービス名 導入の簡単さ おすすめの人
SoftBank Air とても簡単(インターネット初心者向け)
  • SoftBankスマホユーザー
  • インターネット初心者
  • 主に日中インターネットする
  • 18~25歳の同居者がいる
GMOとくとくBB WiMAX 簡単
  • 通信スピードを妥協したくない
  • 外出時にもインターネットを使いたい
  • スマホのデータ通信量を節約したい
  • テレワークに使いたい
  • auスマホユーザー
限界突破WiFi 簡単
  • 主に外出時にインターネットを使いたい
  • 通信制限を気にせず沢山使いたい
  • ルーターを無料で手に入れたい
  • 海外でもインターネットしたい
  • ずっと定額がいい
FUJI WiFi(SIMプラン) 多少知識が要る
  • スマホのデータ通信量を節約したい
  • スマホのテザリング機能を使いたい
  • ルーター端末を自分で用意する

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)

ソフトバンクエアーは、SoftBankが提供する無線回線サービスです。申込みから最短1週間程度でルーターが届き、その日から快適なインターネット生活を送れます。

ソフトバンクエアーの基本情報
ルーターの形状 据え置き型ホームルーター
月額基本料 4,880円
端末代金 購入時 59,400円(36ヵ月分割で実質無料)
レンタル時 490円/月
契約期間 2年自動更新
更新月以外の契約解除料 9,500円
最大通信速度(下り) 962Mbps
平均通信速度(下り) 26.2Mbps※
通信制限 なし(夜間は速度が落ちる場合がある)
最大接続機器数 64台

※ルーター機種はAirターミナル4です。参照:みんなの通信速度(2020年9月時点)

ソフトバンクエアーのおすすめポイントを見ていきましょう。

インターネット初心者でも簡単に導入できる

ソフトバンクエアーは、パソコン操作に疎い人でも難なく始められるネット回線です。初期設定は必要なく、Airターミナルをコンセントに差し込んでスイッチを入れるだけ。パソコンやスマホなどをすぐにネット接続できます。

SoftBankスマホの料金が割引される

SoftBankスマホユーザーがソフトバンクエアーに申し込むと、「おうち割」により自分や家族のSoftBank携帯電話の料金が割引されます。

割引額は携帯電話1回線につき最大1,000円/月。しかも、家族だけでなく同居の友人や恋人でも適用可能。親族なら、離れて住んでいても適用対象になります。

割引は10回線まで適用できるため、月に最大10,000円も安くなる可能性があるわけです。家族や友人など自分の周りにSoftBankユーザーが多ければ、ソフトバンクエアーはとてもおすすめといえるでしょう。

18~25歳なら2年間2,000円引きになる

契約名義人が18~25歳なら《U25限定SoftBank Air割引》が適用され、2年間は月額基本料が2,000円引きになります。さらに、通常3,000円かかる契約事務手数料も無料。つまり合計51,000円も安くなるわけです。

同居する家族で18~25歳がいるなら、その名義で申し込むのが間違いなくお得になりますね。

夜は通信スピードが遅くなる場合もある

ソフトバンクエアーは、4K動画を観たり通信量が大きいオンラインゲームを一日中するなど、ヘビーな使い方をしない限り快適にネットを楽しめます。ただし、利用ユーザーが集中する夜の時間帯には速度が遅くなることも。昼間にはスピードが30~40Mbps以上出ていても、夜には10Mbps以下に落ちることもあります。

そのため、ソフトバンクエアーは主に日中インターネットを使う家庭向けといえるかもしれません。

SoftBank Airのお申し込みはこちら。

キャッシュバック(28,000円)キャンペーン中。他社からの乗り換えでかかる違約金も還元。公式サイトの申し込みよりお得!

  • 月額料金・違約金等の諸条件は公式サイトとから申し込むのと一切変わりありません。

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBBは、コストパフォーマンスが高い人気のWiMAXプロバイダーです。月額割引に加えてルーター端末も完全無料なので、気軽に申し込めますよ。

GMOとくとくBB WiMAXの基本情報
ルーターの形状 ホームルーター/モバイルルーター
月額基本料(ギガ放題プラン) 1~2ヵ月目:2,590円
3~24ヵ月目:3,344円
25ヵ月目以降:4,263円
端末代金 無料
契約期間 3年自動更新
更新月以外の契約解除料 1~12ヵ月目:19,000円
13~24ヵ月目:14,000円
25ヵ月目以降:9,500円
最大通信速度(下り) 867Mbps
平均通信速度(下り) 39.3Mbps※
通信制限 直近3日で10GBを超過すると翌日18時~翌々日2時まで1Mbps制限
最大接続機器数 16台

※ルーター機種はSpeed Wi-Fi NEXT W06です。参照:みんなの通信速度(2020年9月時点)

GMOとくとくBB WiMAXのおすすめポイントを見ていきましょう。

通信スピードは無線回線の中で最速

工事不要のモバイルルーターは通信速度が遅いイメージがあるかもしれませんが、WiMAXは通信スピードも侮れません。GMOとくとくBB WiMAXの下り平均速度は40Mbps前後と十分なスピードが出ます。

40Mbpsという速度は、動画配信サービスのNetflixDAZNで最高画質の動画でもスムーズに視聴できるスピードです。つまり、体感的には光回線と変わらない快適さといえます。

「自宅でテレワークをすることになったから急いでネット環境を整えなきゃ」「光回線の工事で何ヵ月も待たされたくない」そんな人にも、WiMAXはおすすめですよ。

ホームルーターとモバイルルーターを選べる

WiMAXは、室内専用のホームルーターと持ち運べるモバイルルーターの中から、自分に合ったものを選べます。

光回線の代わりに自宅やオフィスにネット回線を導入したいならホームルーター、家でも外出先でも高速データ通信を使いたいならモバイルルーターを選ぶといいでしょう。

ホームルーターの特徴

  • 電波が安定している
  • 室内に限ればモバイルルーターより速い
  • 同時接続可能台数が多い

モバイルルーターの特徴

  • ポケットサイズで気軽に持ち歩ける
  • フル充電で約10時間連続通信できる
  • 液晶画面で消費データ量などを確認できる

auスマホ・UQ mobileユーザーならスマホ料金が割引される

WiMAX回線を提供するのはKDDI子会社のUQコミュニケーションズなので、auスマホ格安SIMUQ mobileの料金がお得になります。

具体的には、auスマホが最大1,000円/月引き、UQ mobileのスマホは最大500円/月引きになります。家族でauユーザーという人や、これからUQ mobileに乗り換える人には特にWiMAXがおすすめです。

月額料金がお得

GMOとくとくBB WiMAXには月額割引特典があり、2,590円~という手頃な料金で使い始められます。3年間の基本料総額から月平均料金を割り出すと、3,608円(税抜)という金額に。

外出時にもスマホをWiMAXに接続することで、スマホプランを最安プランに下げられることを考えると、コストパフォーマンスは高いといえるでしょう。

WiMAXはギガ放題プランと7GBプランがあるWiMAXには、通信量の上限がないギガ放題プランと、月間7GBまで使えるプランがあります。月間7GBプランは料金が安くなるとはいえ、YouTubeの高画質動画(720p)を10時間見たらギガを使い果たしてしまう少なさです。そのため、WiMAXにするならギガ放題プランのほうが間違いなくおすすめです。

3日10GB超過で一時的に速度制限がある

WiMAXは、直近3日のデータ消費量が10GBを超えると翌日18時~翌々日2時まで速度制限がかかります。制限速度は最大1Mbpsで、メールやブラウザ閲覧は問題なくできる程度のスピードです。

逆に考えると、どれだけネットを使っても深夜2時~夕方18時までは一切速度制限がありません。日中テレワークに使う人にとっては問題ないことが分かりますね。

また、動画配信サービスのコンテンツを日中ダウンロードしておいて、夜に観れば速度制限の影響は感じません。このように、WiMAXを上手に使うことで快適なネットライフを送れますよ。

限界突破WiFi

名前にインパクトがある「限界突破WiFi」は、クラウドWiFi※といわれる三大キャリアLTE回線を使用するモバイルルーターです。主に外出先でデータ通信したい人向けサービスになります。

※クラウドWiFiとは、SIM情報がクラウド(ネットワーク)上で保存されているサービスです。ルーターの場所に応じて最適なキャリア回線に自動的に接続されます。

限界突破WiFiの基本情報
ルーターの形状 モバイルルーター
月額基本料 3,500円
端末代金 無料
契約期間 最初は2年間、その後1年の自動更新
更新月以外の契約解除料 1~24ヵ月目:18,000円
25ヵ月目以降:5,000円
最大通信速度(下り) 150Mbps
平均通信速度(下り) 20.6Mbps※
通信制限 1日に5GB超過で下り最大4Mbps/上り最大1Mbps制限、1日に10GB超過で最大128kbps制限
※速度制限は毎日24時にリセットされる
最大接続機器数 8台

※参照:みんなの通信速度(2020年9月時点)

限界突破WiFiは、他の無線回線とは異なるユニークな特徴を持っています。主な特徴を見ていきましょう。

1日あたり10ギガまで使える

限界突破WiFiは1日あたり10GBまでネットできます。1ヵ月間では300GBという非常に大容量のデータ通信が可能です。

WiMAXが3日10ギガ超過で速度制限がかかることを考えると、限界突破WiFiは単純に3倍もデータ通信できることになります。

ただし平均スピードはWiMAXの半分程度。高画質動画の視聴や大容量のデータやり取りなどにはあまり向きません。

クラウドWiFiの主流は月間100ギガ限界突破WiFi以外にもクラウドWiFiは数多く存在しますが、多くは月間100ギガまで使えるプランとなっています。それに対して限界突破WiFiは月間300ギガまで使えるので、ギガを気にせずインターネット利用したい人にはおすすめです。

どこでも電波が強力に入る

限界突破WiFiは、その場所で最適なキャリア回線(ソフトバンク/au/ドコモ)に自動的につながります。たとえばソフトバンク回線が入らない場所ではドコモ回線に繋がるわけです。

都会でも田舎でも、盆地でも山地でも、ほとんどの場所でインターネット接続できるのは他のサービスにない強みといえるでしょう。

ずっと定額3,500円

光回線やWiMAXでは最初安くて後から値上がりするプランが多いですが、限界突破WiFiの月額料金はずっと3,500円(税抜)。このようにプラン内容がシンプルなのもメリットの一つです。

海外でもインターネットできる

限界突破WiFiをはじめクラウドWiFiのユニークな特徴が、海外でも使えるということです。限界突破WiFiは107ヵ国に対応しており、対象国ではそのままルーターを使ってネットできます。

海外でインターネットする場合、1日あたり定額料金(国ごとに異なる)になります。たとえば、韓国・台湾なら1日990円でネットが使えます。

ただし、高速通信ができるのは1日1GBまでで、それを超過すると午前0時まで最大384kbpsにスピード制限されます。

FUJI WiFi(SIMプラン)

スマホや手持ちのルーターにデータSIMを挿してネット回線を運用したいなら、FUJI SIMのSIMプランがおすすめです。

FUJI WiFiのSIMプランは、SoftBank/docomo/auの中からキャリア回線を選ぶことができます。特にSoftBank回線には、50ギガ/100ギガという大容量プランがあり魅力的です。

FUJI WiFi(SIMプラン)の基本情報
月額基本料 通常3,900円
デポコミコース3,400円(初回5,000円のデポジットを支払うことで割引される)
契約期間 なし
契約解除料 なし
平均通信速度(下り) 37.3Mbps※
通信制限 プランのギガ数を超過すると月末まで最大128kbps制限

※参照:みんなの通信速度(2020年9月時点)

最大100GBまで速度制限なしで使える

FUJI WiFiは、プランのギガ数を超えさえしなければ全く速度制限がありません。「1日の上限を超えてしまい夜にネットが使えない」という事態にはならないわけです。

好きな時に好きなだけネットが使えるというのは心地良いものですよ。

契約期間の縛りがない

FUJI WiFiには契約期間の縛りがないため、いつ解約しても違約金はかかりません。上で紹介した他のネット回線は、更新月以外に解約すると高額な解約違約金がかかるのに対して、FUJI WiFiは敷居が低く気軽に申し込めるのも魅力的ですね。

デポコミコースがとてもお得

FUJI WiFiのユニークな特徴としてデポコミコースがあります。これは、初回支払い時にデポジット料金5,000円を支払うことで、月額使用料から500円割引されるというもの。

なお、デポジット料金は12ヶ月後に返金されます。しかも返金後も割引はずっと継続されるため、長い目で見るととてもお得。

今後インターネットを解約する予定がないのなら、デポコミコースを申し込むのがおすすめといえます。

まとめ:こんな人にはこのネット回線がおすすめ

最短でインターネットを導入したい人向けおすすめネット回線は次のようになります。

ソフトバンクエアーがおすすめ

  • インターネットは初期設定が難しそうで心配 ⇒ コンセントに挿すだけ
  • 主に日中家でインターネットを使う ⇒ 日中は通信スピードが速い
  • 家族みんなSoftBankスマホを使っている ⇒ スマホ料金が割引になる
  • 家族に18~25歳がいる ⇒ 2年間は月額2,000円引き

SoftBank Airのお申し込みはこちら。

キャッシュバック(28,000円)キャンペーン中。他社からの乗り換えでかかる違約金も還元。公式サイトの申し込みよりお得!

  • 月額料金・違約金等の諸条件は公式サイトとから申し込むのと一切変わりありません。

GMOとくとくBB WiMAXがおすすめ

  • テレワーク・リモートワークで使いたい ⇒ 通信速度は光回線以外で最速
  • 光回線の代わりに導入したい ⇒ ホームルーターは電波が安定している
  • 外出先でもネット接続したい ⇒ モバイルルーターは連続10時間以上通信できる
  • スマホ料金を節約したい ⇒ スマホは常にモバイルルーターにWiFi接続

限界突破WiFiがおすすめ

  • 行動範囲が広い ⇒ トリプルキャリア対応で電波が強力
  • 動画を長時間視聴する ⇒ 月300GBまで利用可能
  • 料金プランはシンプルが好み ⇒ 定額3,500円/月
  • 海外旅行・海外出張が多い ⇒ 世界107ヵ国でネットが使える

FUJI WiFiのSIMプランがおすすめ

  • デュアルSIM対応スマホを持っている ⇒ スマホに挿してテザリング活用
  • 休日にまとめてインターネットする ⇒ 最大100GBまで速度制限なし
  • 気軽に申込み・解約したい ⇒ 契約縛り・違約金がない
  • コストパフォーマンス優先 ⇒ デポコミコースで月々500円引き
インターネット申し込み無料相談

インターネット選びのご相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります(営業時間確認)。営業時間内に改めてお電話ください。(03 4578 9656)

インターネット選びのご相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります(営業時間確認)。営業時間内に改めてお電話ください。(03 4578 9656)

更新日