光回線・So-net光コラボレーションはおすすめ? - メリット・デメリットを調査

大手プロバイダーのソネットの提供するSo-net光コラボレーションについて料金や契約の際の注意点などをまとめました。果たして「So-net光コラボレーション」の契約はアリ?おすすめ?調べてみました。

  • So-net光コラボレーションはソネットの提供する光回線・インターネットプラン。
  • So-net光コラボレーションの「長割」は、「自動更新プラン」と同じしくみです。(30カ月ごとに自動更新されます。)契約の際には確認しておきたいポイントです。
光回線・So-netコラボレーションはおすすめ? - メリット・デメリットを調査

今より安いインターネットは?お引越しで新しいインターネット契約が必要?
簡単な質問に答えるだけで、ベストなプランを提案します。ご相談フォームはこちら。
電話でも受付:050-3196-9639(相談無料)までお気軽にお電話ください。

So-net光コラボレーションはどんなプランなの?

「So-net光コラボレーション」を提供するソネットは大手プロバイダーの1つ。ソニー系の企業です。「So-net光コラボレーション」は、光回線にNTTのフレッツ光を使用した光コラボタイプのインターネットプランです。

光コラボタイプの契約プランですから、「So-net光コラボレーション」をソネットと契約すれば、光回線の手数料もプロバイダー料金も全部コミコミでこれ以外に料金がかかることはありません。

「So-net光コラボレーション」ならば、料金の支払いも契約にまつわる条件も一本化できますので、シンプル・便利です。

NTT光回線の契約とプロバイダー契約を別々にしている人でも、「So-net光コラボレーション」への転用 という方法で契約すれば、月額料金が安くなる可能性が大です。

光コラボとは? 光回線はNTTの提供する光回線・フレッツ光をそのまま使い、契約窓口はプロバイダー1社のみなっているプラン。光回線料金とプロバイダー料金がセットになっています。毎月の月額料金は光コラボ事業者(プロバイダー)に支払う分だけ。

​So-net光コラボレーションの料金

続いて、So-net光コラボレーションの契約を検討中の方のために、ソネット光コラボレーションはおすすめか、注意点はあるのか?など確認していきましょう。

まずは「So-net光コラボレーション」の月額料金からみていきます。ちなみに、光回線の月額料金は、So-net光コラボレーションに関わらず、マンションにお住まいか、戸建てにお住まいか、お住まいの居住タイプで異なります。

So-net光コラボレーションを契約する際も、集合住宅か一軒家にお住まいかで2種類の料金が設定されています。

以下は、特別な割引等を適用していないSo-net光コラボレーションの月額料金です。ソネット「長割」などを適用すれば月額の料金はさらに安くなります。

So-net光コラボレーションの月額料金(税抜き)
月額料金
ファミリータイプ
(戸建て住宅)
5,700円
マンション・アパート
(集合住宅)
4,100円

​So-net光コラボレーションの初期費用・工事費

光回線の場合は必ず工事が必要になります。光回線は光ファイバーという線をインターネットを使用する各契約者の家まで引いてくる必要があるためです。

光回線の契約がまるっきり新規で、家にケーブルが全く通っていない場合は、一からの工事が必要になりますから、工事費もそれなりにかかります。マンションなどは、光回線の契約が初めてでも、光コンセントだけは導入されているかもしれません、そのような場合は工事のための作業員が来る必要もなく工事費は安く済む可能性が高いでしょう。

また、土日祝日に作業員に来てもらう場合は追加で料金がかかります。一方、光回線の工事費は分割も可能です。

すでにフレッツ光を契約されているならば、すでに回線は通っているということですから、工事は不要です。すでにフレッツ光を使用している人が契約プランをSo-net光コラボレーションのプランにすることを「転用」といいます。So-net光コラボレーションの工事費・事務手数料は全体的に低めの設定となっています。

So-net光コラボレーション 初期費用 + 工事費(税抜き)
初期費用
契約事務手数料 新規 800円
転用(すでにフレッツ光を使用) 1,800円
工事費 新規 24,000円(800円x30カ月)
転用(すでにフレッツ光を使用) 工事不要

​So-net光コラボレーションの解約金

「So-net 長割 for 光コラボレーション」は自動更新プラン

So-net光コラボの場合、「So-net 長割 for 光コラボレーション」に申し込むと1-30カ月間、割引が適用され月額料金が安くなります。

月額料金が安くなることは嬉しいことですが、この「長割」には契約の前に理解しておきたい契約条件でもあります。

このSo-netの長割の適用の条件は、30カ月ごとの自動更新です。この自動更新というのは、30カ月後の契約更新月に契約が自動的に30カ月更新がされというものです。

自動更新の場合は更新月に解約をしないと解約金がかかる

契約が更新されるだけならば、何も気にしなくていいのですが、自動更新の場合、解約金なしで「解約」ができるのが、契約後の31カ月目の「更新月」と呼ばれる月に限られている点に注意が必要です。

つまり、「So-net 長割 for 光コラボレーション」を申し込んだ場合、30カ月以上契約を続けていたとしても、この「更新月」以外の月に解約をすると7,500円の解約金がかかってしまうのです。

お引越しであっても、お引越し先で同じインターネット契約が続けられる限り契約継続が求められ、解約するならば解約金がかかります。

ほとんどの光回線プランは自動更新プラン

このような自動更新プランを採用しているインターネットプロバイダーは、ソネットに限られたことではありません。ただし、「So-net 長割 for 光コラボレーション」では「自動更新」という言葉が使用されていないためそのような条件に気づきにくいかもしれません。

もし、解約金を支払いたくない場合は、契約後の31カ月目の「更新月」に解約の手続きをするか、長割のない標準プランを選んで申し込む必要がありますが、長く契約を続ける場合は、「解約金」は”そういうものもある”と理解しておけば大丈夫でしょう。どうしても、解約金は避けたいという方は解約金のない光回線プランを選ぶということもできます。

So-net光コラボレーション・マンションの月額料金(税抜き)
So-net光コラボレーション - マンションタイプ 月額料金
So-net光コラボレーション 新規 転用
(すでにフレッツ光を利用している方)
標準
月額料金
4,600 4,600
So-net
長割
月額料金
開通月 0 開通月 0
1-30か月 3,500
(基本料金:4,600円
長割:-500円
限定割引:-600円)

 

1-30か月 4,000
(基本料金:4,600円
長割:-500円
限定割引:-100円)
31-60カ月 3,900
(基本料金:4,600円
長割:-500円
限定割引:-200円)
割引期間
終了後
4,100
(基本料金:4,600円
長割:-500円)
割引期間
終了後
4,100
(基本料金:4,600円
長割:-500円)
So-net光コラボレーション・戸建ての月額料金(税抜き)
So-net光コラボレーション・戸建ての月額料金
So-net光コラボレーション 新規/転用(すでにフレッツ光を利用している方)
標準プラン月額料金
(長割を適用しない)
5,700
So-net 長割
適用月額料金
開通月 0
1 - 30 か月 4,800
(5,700円
So-net 長割:-500円
So-net 限定割引:-400円)
割引期間終了後 5,200
(基本料金:5,700円
So-net 長割:-500円)

So-net光コラボレーションのいいところ(メリット)は?

So-net光コラボレーションに申し込む と、auのスマホを利用している方はスマホ・ケータイ代が安くなる(auスマートバリュー)という特典がありますが、これはもちろんauの光回線「auひかり」でも提供をしています。

さらにSo-net光コラボレーションでは、通信速度に満足ができない場合、v6(IPoE)と呼ばれる新しい接続方法に無料で申し込みも可能です。従来型の接続(PPPoE)ですと、アクセスが集中する夜間や週末は通信混雑の影響を受けやすかったのが、より快適に安定して通信が可能です。

v6(IPoE)接続の提供もSo-net光コラボレーション「だけ」が提供しているサービスではありませんが、あって嬉しいサービスであることは間違いありません。

ソネットには知名度による安心感がありますね。やっぱり、名前の聞きなれたところと契約したいと思う方は、So-net光コラボレーションはおすすめといえます。

v6(IPoE)接続って何? 最近、ネットスピードが速くなると話題のv6(IPoE)接続とは何でしょうか?これは、今までの旧世代通信技術であるIPv4形式の通信パケットを、新世代の通信技術であるIPv6形式の通信パケットに変換する技術のことです。インターネットの通信速度とその安定性が大幅に向上するというメリットがあります。v6(IPoE)接続を提供しているプロバイダーなら、無料でv6(IPoE)接続に変更が可能です。

So-net光コラボレーションを契約する時の注意点は?

So-net光コラボレーションを契約 しようというお考えなら、やはり、「So-net 長割 for 光コラボレーション」を適用した方が料金が安くなりますから、長く契約するつもりならばこの割引を適用した方が良いでしょう。

ただし、この割引は、実際は30カ月ごとの自動更新プランですので、「更新月」に解約しないと解約金がかかるという点だけを理解しておきましょう。どうしても解約金は避けたいという方は解約金のない光回線プランを契約するという選択肢もあります。

上記のような注意点だけ理解しておけば知名度もあり大手のSo-net光コラボレーションで快適インターネットスタートです。

ソネットの公式サイト でSo-net光コラボレーションを詳しくチェックする。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。