So-net光:料金・工事費・特徴・申し込み・解約方法

インターネット回線・So-net(ソネット)を解約する手続きと解約金

インターネット回線・So-net(ソネット)を解約する手続きと解約金

「So-net光プラス」とは、プロバイダーのソネットが提供する光コラボです。ソネット光プラスの特徴(メリット)には何があるのでしょうか?お得な月額料金や光電話の料金などもチェックしてみましょう。

「ソネット光プラス」の特徴とは

So-net(ソネット)光プラスは、通信サービスと料金の点で大きな4つの特徴(メリット)があります。

  1. 次世代通信「v6プラス」で快適インターネット
  2. auスマホの通信料金が永年割引になる
  3. インターネット月額料金が3年間2,000円割引
  4. セキュリティソフト「カスペルスキー」が永年無料

では、それぞれ具体的に見てみましょう。

次世代通信「v6プラス」で快適インターネット

ソネット光プラスは光コラボとはいえ、最先端の通信方式を採用しており快適な高速インターネットが可能です。

「光コラボレーションモデル」通称光コラボは、NTTの光回線“フレッツ光”をプロバイダーが卸購入して、接続サービスと回線サービスを一括で提供するというものです。

光コラボレーションモデルが開始した2015年以来、数々のプロバイダーが光コラボに参入しており、光回線の利用者数は増大しています。

そのため、いくら光回線といえども時間帯によっては回線が混雑して、通信速度が遅くなることも見られるようになってきました。せっかくの光インターネットなのに、ネットが遅いとイライラするのも無理はありませんよね。

ソネット光プラスは、ユーザーがこのような事態に陥らないように、次世代通信方式「v6プラス」を導入しています。

この「v6プラス」により、高画質動画の再生もストレスフリーになりますし、大容量ファイルのダウンロードもスムーズで速く進みます。光回線本来の高速通信を余すところなく体感できるわけです。

次世代通信方式「v6プラス」とは? 近年、インターネット従来のIPアドレス「IPv4」(32ビット)が枯渇しつつある中で、次世代IPアドレス「IPv6」(128ビット)のサイトが増えてきました。ソネット光の「v6プラス」は、IPv6に対応した新たな接続方式IPoE採用により、高速データ通信が可能です。
さらにv6プラス対応ルーターを使用することで、従来のIPv4もIPoE接続で利用(IPv4 over IPv6)することができ、より安定した高速通信を実現します。

auスマホの料金が永年割引になる

ソネット光プラスの特徴の一つは「auスマートバリュー」に対応しているということです。auのユーザーは、スマホ/ケータイ/4GLTEタブレットの通信料金が永年割引になります。

auスマートバリューの割引は同居の家族に加えて、離れて暮らす50歳以上の家族も対象となり、最大10台まで適用可能です。家族でauを利用しているご家庭なら、auスマートバリューで毎月の通信料金を大きく節約することが可能になります。

auスマートバリューによってどれほど割引になるのか、下記をご覧ください。現在受付中のプランのみ掲載しています。

auスマートバリュー – スマートフォンのプラン別割引金額(税抜)
プラン 割引額
auピタットプラン シンプル:~1GB -
スーパーカケホ/カケホ:~2GB
シンプル:1~2GB
500円/月
スーパーカケホ/カケホ/シンプル:2~20GB 1,000円/月
auフラットプラン20/30
auフラットプラン25Netflixパック
auフラットプラン5
1,000円/月
データ定額1 934円/月(最大2年間)
500円/月(3年目~)
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ (3Gケータイ・データ付)
934円/月
データ定額5/20 1,410円/月(最大2年間)
LTEフラット
ISフラット
934円/月(3年目~)
データ定額30 2,000円/月(最大2年間)
934円/月(3年目~)
auスマートバリュー – ケータイのプラン別割引金額(税抜)
プラン 割引額
4G LTEケータイ データ定額1 (ケータイ) 934円/月(最大2年間)
500円/月(3年目~)
データ定額2/3 (ケータイ) 934円/月
データ定額5 (ケータイ) 1,410円/月
3Gケータイ カケホ (3Gケータイ・データ付) 934円/月
auスマートバリュー – 4G LTEタブレットのプラン別割引金額(税抜)
プラン 割引額
LTEフラット for Tab/Tab (L)
LTEフラット for Tab (i)
LTEフラット for DATA (m)
1,410円/月(最大2年間)
934円/月(3年目~)

auスマートバリューの適用条件 ソネット光プラスにauスマートバリューを適用するには、ソネット光電話をセットで利用することが条件となります。ソネット光プラスと同時にソネット光電話にも申し込むと、光電話の月額基本料が12ヵ月間無料になるキャンペーンも実施されているため、auユーザーなら光電話の申し込みを検討するといいでしょう。

オプション「ソネット光電話」

ソネット光プラスのオプションである「ソネット光電話」は、光回線を利用したIP電話サービスです。

これまでNTTの一般加入電話を使用していた場合、現在の電話番号と電話機を引き続き利用できます。また、一般加入電話に比べて基本料・通話料ともにお得になります。

もちろんソネット光電話にしても、緊急通報(警察:110、消防:119)や番号案内(104)、災害用伝言ダイアル(171)も、今まで通り使用できます。

ソネット光プラスと同時に申し込むことで基本料が最大12ヵ月間無料になるキャンペーンもあるので、同時申し込みがおすすめです。

ソネット光電話は、auスマートバリュー割引適用の条件ともなっているので、auのスマホやケータイを利用しているご家庭ではソネット光電話に申し込むことを前提に考えるといいでしょう。

月額料金3年間2,000円割引

ソネット光プラスで光回線デビューした場合は「大幅割引キャンペーン」と題して、3年間は月額料金が2,000円も割引になります。

これにより実際の支払料金は、マンションコースで月額2,980円(税抜)、戸建てコースで3,980円(税抜)という安さに。この料金は、光コラボの中でも最安レベルといえます。

ソネット光プラスでは、他の光コラボでよく見られるキャッシュバックなどは実施されていません。しかし、この月額割引キャンペーンにより3年間で総額72,000円も割引になることを考えると、非常にお得なことが分かります。

ちなみに、すでにフレッツ光を利用している人がソネット光プラスに転用した場合、月額料金は戸建て1,600円割引、マンション1,500円割引となります。3年間の割引総額は戸建て57,600円、マンション54,000円です。

セキュリティ「カスペルスキー」永年無料

ソネット光プラスの別の特徴(メリット)は、総合セキュリティソフト「カスペルスキー」が無料で使えるということです。通常だと利用料金500円(税抜)のところが、ソネット光プラスに申し込んだ人は永年無料で利用できます。

カスペルスキーは世界的に権威のあるセキュリティソフトで、ウイルス検知率100%という高い防御力がありながら、動作は軽いということで知られています。

ソネット光プラスが提供するカスペルスキーはWindows/Mac/Androidに対応しており、最大5機器までインストール可能になります。

たとえば、家で使用しているパソコンが2台であれば、それに加えてスマホ3台にカスペルスキーを導入できるわけです。

カスペルスキーの主なセキュリティ機能は以下の通りです。

カスペルスキーの主なセキュリティ機能は以下の通りです。
Windows Mac Android
ウイルス・ランサムウェア・不正アプリ対策
危険サイト・フィッシングサイト対策
情報漏洩・個人情報保護対策
ネットショッピング・ネットバンキング保護
ファイアウォール
ぜい弱性対策
Wi-Fiセキュリティ対策
保護者による使用制限
迷惑メール・不正メール・SMS対策
紛失・盗難対策

ソネット光プラス(新設)の料金

これまで光回線を全く使用していなかった場合、またはNTTフレッツ光以外の光回線を使用していた場合は、ソネット光プラスに「新設申し込み」することになります。

ソネット光プラスに申し込む際にはキャンペーン適用となり、最初の3年間は月額料金が割引されます。

分かりやすいように、以下では契約開始から36ヵ月間と4年目以降に分けて月額料金を記載します。

ソネット光プラス(新設)の月額料金

ソネット光プラス – 当初36ヵ月間の月額料金(税別)
月額基本料 5,580円/月 4,480円/月
回線工事費 400円 500円
割引キャンペーン -2,000円 -2,000円
セキュリティ「カスペルスキー」 0円 0円
月額合計(~36ヵ月目まで) 3,980円 2,980円
ソネット光プラス – 4年目以降の月額料金(税別)
戸建てコースの料金 マンションコースの料金
月額基本料 5,580円/月 4,480円/月
回線工事費 400円
(60ヵ月目まで)
500円
(48ヵ月目まで)
割引キャンペーン -400円
(60ヵ月目まで)
-500円
(48ヵ月目まで)
セキュリティ「カスペルスキー」 0円 0円
月額合計(~36ヵ月目まで) 5,580円 4,480円
ソネット光プラス - 初期費用(税抜)
戸建て・マンション共に 費用
事務手数料 3000円
回線工事費 24,000円
(戸建て400円×60回払い)
(マンション500円×48回払い)
土日祝日追加工事費 3,000円

ソネット光プラス(転用)の料金

すでにフレッツ光を使用している人がソネット光プラスに申し込む場合は「転用申し込み」となり、工事不要です。当然工事費もかからず、初期費用は事務手数料だけとなります。

転用時にもキャンペーンが適用され、お得な月額でソネット光プラスを利用できます。具体的には、3年間月額料金が戸建てコース1,600円、マンションコース1,500円割引されます。

なお、これまでフレッツ光のプロバイダーとしてSo-netを選んでいた場合は、転用の「コース変更」となります。コース変更は、キャンペーンの割引金額が戸建てコース780円、マンションコース580円と少なくなります。

ソネット光プラス(転用)の月額料金

ソネット光プラス – 当初36ヵ月間の月額料金(税別)
戸建てコースの料金 マンションコースの料金
月額基本料 5,580円/月 4,480円/月
割引キャンペーン -1600円 -1500円
セキュリティ「カスペルスキー」 0円 0円
月額合計(~36ヵ月目まで) 3,980円 2,980円
ソネット光プラス – 4年目以降の月額料金(税別)
戸建てコースの料金 マンションコースの料金
月額基本料 5,580円/月 4,480円/月
セキュリティ「カスペルスキー」 0円 0円
月額合計(~36ヵ月目まで) 5,580円 4,480円

ソネット光プラス(転用)の初期費用

ソネット光プラス - 初期費用(税抜)
戸建て・マンション共に 費用
事務手数料 3000円

ソネット光電話の料金

記事の前半部分でも取り上げた「ソネット光電話」の月額料金を見てみましょう。

ソネット光電話 – 月額料金(税別)
基本プラン セットプラン
月額料金 500円 1,500円
基本料に含まれる通話料分 - 480円分(最大3時間相当)
通話料繰越  -  1ヵ月繰越
付加機能  - 
  • 発信者番号表示サービス
  • 通話中着信サービス
  • ナンバーリクエスト
  • 着信転送サービス
  • 着信拒否サービス
  • 着信お知らせメール

ソネット光プラスと同時にソネット光電話を申し込むと、最大12ヵ月間500円割引になります。つまり、基本プランであれば無料になるということです。

ソネット光電話とNTT加入電話の料金比較

NTT加入電話とSo-net 光電話の料金比較(税抜)
So-net 光電話
(基本プラン)
NTT加入電話
(アナログ)
基本料 500円 1,700円
通話料 一般電話宛て 8円/3分 8~80円/3分
携帯電話宛て 10.8~18円/分 20~40円/分

ソネット光電話は基本料が500円と、加入電話に比べてかなり割安になっています。

通話料にしても、NTT加入電話は通話先との距離が遠ければ遠いほど通話料が高くなるのに対し、ソネット光電話は相手先がどこであっても8円/3分です。

ソネット光電話の工事費

ソネット光電話に申し込むと、ソネット光プラスとは別に工事費や初期費用がかかるということを念頭に入れておきましょう。

基本工事費は、工事業者が伺って工事をする場合4,500円、訪問無しの工事は1,000円となります。それ以外にも、交換機器(ホームゲートウェイ)工事費が1利用回線ごとに1,000円、機器設置費が1,500円となっています。

So-net 光プラスと同時に光電話を契約する場合は基本工事費が減額されるので、詳細な費用はソネットに問い合わせましょう。

ソネット光プラスの申し込み手続き

光コラボ「ソネット光プラス」に申し込む方法は、Webと電話の2通りあります。Webでの申し込みは24時間対応で、誰でも簡単に申し込めるように分かりやすくなっています。

ソネット光プラスの支払いはクレジットカードのみとなっていますので、本人名義のクレジットカードを用意しておきましょう。

ソネット光プラスWeb申込の流れ

  1. So-net 光プラスのトップページより「新規入会」をクリック
  2. フレッツ回線利用中かどうかの選択
  3. 利用エリア・建物タイプ・オプションの選択
  4. お客さま情報・支払情報等の入力
  5. 申込完了

上記の流れで、所要時間は10~15分程度です。

ソネット光プラス電話申込

ソネット光プラスに電話で申し込みたい、またはオペレーターに問い合わせたい場合は、0120-982-469にかけます。年中無休で、受付時間は9:00~21:00となっています。

ソネット光プラスの解約方法

ソネット光プラスの解約(退会)方法は、Web・チャット・LINEで行うことができます。チャットとLINEはオペレーターの受付時間が9:00~18:00となっています。

Webでの解約手続きの流れは以下の通りです。

  1. So-netトップページから「会員サポート」ページに進む
  2. 「退会・解約のお手続き」に進む
  3. So-netを完全に退会するのか、一部サービスを継続利用するか選択する
  4. 確認画面にて内容を確認し解約を完了する
  5. ルーター等レンタル機器があれば返却する

解約違約金や工事費残額などは、退会手続き画面でも確認できます。もし思った以上に解約費用が高額になるのであれば、解約費用が安くなるまで継続することもありでしょう。

ソネット光プラスの契約期間と解約金

ソネット光プラスの契約期間は3年間(36ヵ月)となっています。サービス開始日を含む月を1ヵ月目とし、それから36ヵ月間が縛り期間です。

解約金がかからない「契約更新期間」は、37ヵ月目と38ヵ月目です。ソネット光プラスは自動更新プランですので、この契約更新期間に解約しないと自動的に契約が更新されます。

新たな契約期間は契約満了月の翌月(37ヵ月目)から始まり、再度36ヵ月間の契約期間となります。

契約更新期間以外の月に解約・退会すると、解約金20,000円 (不課税)が請求されます。他の光コラボでは2年契約で解約金が1万円程度ですので、ソネット光プラスは解約の難易度が高いといえるでしょう。

ソネット光プラスを契約したら、解約するかどうかは別として、3年ごとに訪れる契約更新期間を必ず気掛けておくことをおすすめします。

更新日