インターネット接続:So-net(ソネット)のプラン(料金と特徴)

So-net(ソネット)は、光コラボのインターネット接続「So-net光 プラス」を始め、モバイル回線WiMAX(ワイマックス)まで幅広くインターネットサービスを提供しています。

プロバイダ徹底解説・So-net(ソネット)

光回線とプロバイダサービスがセット:So-net(ソネット)光 プラス

「So-net光 プラス」は、光回線契約とプロバイダー契約がプラスしたプランです。

このためインターネットを始めるためには「So-net(ソネット)光 プラス」を契約するだけでOKです。光回線の契約とプロバイダー契約を別々に行う必要はありません。

「So-net光 プラス」では、光回線にNTTのフレッツ光を使用していまので、すでに今フレッツ光を契約している場合は、「転用」という形で「So-net(ソネット)光 プラス」を契約することが可能です。

光回線の契約が初めての方、もしくは、フレッツ光以外の光回線を使用している方は、「新規」で「So-net(ソネット)光 プラス」を契約します。

初めて光回線を契約する場合、光ファイバーケーブルを宅内に引き込む工事が必要です。このため、工事とそれに伴う工事費が必要です。

それでは、「So-net(ソネット)光 プラス」の料金と特徴を見てみましょう。(So-net 長割 適用時)

So-net(ソネット)光 プラス - 戸建て・新規契約の場合

光回線を新規に契約する場合、工事費として24,000円かかりますが、この工事費をキャッシュバックしてくれるキャンペーンを定期的に行っていますのでチェックしてみましょう。(キャッシュバックがいつ受け取れるかなど、詳細も確認することをおすすめします。)

初期費用 事務手数料 800円
光回線工事費

800円×30カ月 (合計24,000円)

  • 土日に工事をする場合はプラス3,000円
月額使用料 5,200円/月
  • インターネット開通月は0円。
  • 1-30か月:4,400円

So-net 長割適用時 2017年8月現在

So-net(ソネット)光 プラス - マンション・新規契約の場合

光回線を新規に契約する場合、マンションであっても工事が必要です。マンションによってはすでに一部工事が済んでおり、工事の内容が軽減される可能性があります。

So-netではこの工事費をキャッシュバックしてくれるキャンペーンを定期的に行っていますのでチェックしてみましょう。(キャッシュバックがいつ受け取れるかなど、詳細も確認することをwおすすめします。)

初期費用 事務手数料 800円
光回線工事費

800円×30カ月 (合計24,000円)

  • 土日に工事をする場合はプラス3,000円
月額使用料 4,100円/月
  • インターネット開通月は0円。
  • 1-30か月:3,700円

So-net 長割適用時 2017年8月現在

So-net(ソネット)光 プラス - 戸建て・転用の場合

フレッツ光(NTT東日本)フレッツ光(NTT西日本)をすでに使用している場合(プロバイダーはどこでも構いません)、転用で「So-net(ソネット)光 プラス」を契約することができます。

フレッツ光を導入するための工事が不要なので、時間をかけずに「So-net(ソネット)光 プラス」に乗り換えることができます。

初期費用 事務手数料 1,800円
光回線工事費

工事不要

月額使用料 5,200円/月
  • インターネット開通月は0円。
  • 1-30か月:4,800円

So-net 長割適用時 2017年8月現在

So-net(ソネット)マンション プラス - マンション・転用の場合

フレッツ光(NTT東日本)/フレッツ光(NTT西日本)をすでに使用している場合(プロバイダーはどこでも構いません)、転用で「So-net(ソネット)光 プラス」を契約することができます。

フレッツ光のための工事が不要なので、すぐに「So-net(ソネット)光 プラス」に契約を切り替えることが可能です。

初期費用 事務手数料 1,800円
光回線工事費

工事不要

月額使用料 4,100円/月
  • インターネット開通月は0円。
  • 1-60か月:4,000-3,900円

So-net 長割適用時 2017年8月現在

So-net(ソネット)光 プラスの特徴

So-net(ソネット)光 プラスは、光回線とプロバイダー料金がセットになったプランです。So-netがワンストップで光インターネット接続サービスを提供します。

So-net(ソネット)の長割ならば、月々の料金が割引になる

新規契約の場合で、30カ月(2年6カ月)継続して契約をする場合は、基本料金が毎月100-500円安くなる特典(戸建てかマンションかによっても異なります。)があります。

ただし、契約を解約(キャンセル)したい場合は、解約満了月の翌月が「更新月」となっており、その更新月に契約をしないと、解約金7,500円(不課税)がかかるしくみになっています。

光コラボ - 転用なら工事が不要

So-net光プラスに限ったことではありませんが、今フレッツ光を契約していいて、光コラボに契約を変える場合、工事をせずにそのまま光回線を継続して使うことができます。

ただし、今現在フレッツ光とともに契約しているプロバイダーを解約する必要があり、解約手数料がかかる場合がありますので確認しましょう。

So-net(ソネット)オリジナルのサポート

So-net安心サポートは、インターネットやパソコンに関する疑問に答えてくれるサポートサービスです。月額利用料金300円で利用が可能です。専門の担当者が、契約者のパソコンを遠隔で操作し、問題を解決してくれます。

So-netくらしのお守りワイドサービスなら、自宅の水回りや鍵、ガラスなどの生活に関するトラブルにも対応(月額料金450円)してくれます。

プロバイダーとしてのSo-net

ドコモ光、auひかり、コミュファ光、フレッツ光のプロバイダーとしてSo-netを選ぶことも可能です。

それぞれ、ドコモ光、auひかり、コミュファ光、フレッツ光のページからも申し込むことができますし、So-netのホームページ経由からも申し込み可能です。

NURO光もソニー系のサービス

関東限定(1都6県)で光回線インターネット接続サービスを提供しているのが、NURO光。NURO光もSo-netと同じソニーコミュニケーションズの提供するサービスです。

このため、So-netのページからNURO 光を契約することも可能です。NURO光の光ファイバーケーブルは、独自の回線です。もし、フレッツ光の通信速度に満足できなかった方は、NURO光も選択肢として考えてみるのも1つの方法です。

ただし、回線がフレッツ光ではなくNURO光独自のものになりますので、新たにNURO光の光回線を引き込む工事が必要になります。

ADSLは新規の申し込みを終了So-netに限らず、ADSLは新規の受付を終了しています。これからSo-netでインターネットを申し込む場合は、光回線やモバイル回線を選ぶ必要があります。

So-netのADSL回線

So-netではADSLの契約も可能です。

光回線の通っていない地域にお住まいの場合は、電話回線を利用したADSLを契約するという選択肢があります。

ADSLは宅内工事が不要で、かつ月額使用料が光回線よりも安く設定されている点にに特徴があります。

モバイル回線:ソネット WiMAX2+

また、最近はWiMAX(ワイマックス)のようなモバイル回線も、光回線の届いていない地域はもちろん工事不要で簡単にスタートできるインターネットとして人気です。

モバイル回線とは、光回線やADSLのように固定回線ではなく、無線で接続が可能なインターネットのことです。その中でも高速でインターネットができるのがWiMAX(ワイマックス)です。

無線回線のためインターネットの使用に際して、工事等はいっさい不要です。必要なのは専用のルーターのみです。このルーターを自宅に置けば、家でインターネットが、外出に持っていけば、外でもインターネットが可能になります。

WiMAX(ワイマックス)とは?

インターネットプロバイダーSo-net
ルーターを置くだけですぐにネットができるWiMAX。戸建てアパート・マンション限らず一人暮らしにはおすすめ。

無線でデータのやり取りをする方法にはいろいろな規格があるのですが、WiMAXはその規格の1つと考えると分かりやすいと思います。

そしてWiMAX(ワイマックス)が注目されているのは、その通信速度の速さです。

WiMAX2+の場合、下りの最大速度は220Mbpsです。(上りのスピードは10Mbps、最大で30Mbps)となっています。ただし携帯可能なモバイル回線でありながら、トータルでみても、WiMAXのスペックは固定回線のインターネット、ADSLに勝っているんですね。

更新日