一番速い光回線はどれ?どのプラン?プロバイダー?

更新日
本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
一番速い光回線はどれ?どのプラン?プロバイダー?

現時点では、通信速度が最大概ね10ギガ(Gbps)のプラン、これこそが一番速い光回線と言って良いでしょう。

現在は、光回線というと最大通信速度1Gbpsのプランが一番オーソドックスです。しかし、インターネットの利用用途によっては、1Gbpsの速度では足りないこともあります。そんな時には、10ギガ光回線を検討してみてもいいかもしれません。

一番速い光回線は「10ギガ」のプラン

「10ギガ」の光回線とは、最大通信速度が約10Gbpsの光回線のことで、従来の光回線の約10倍のスペックを持つ光回線のことです。

家族のメンバーが多い家庭や、オフィス、ネットフリックスに代表されるような動画配信などデータ通信の量が多くなる場合には、最大通信速度1Gbpsではパワー不足になることもあります。

それに加えて、最近では超高画質4Kでの動画配信、またはオンラインゲームと並行して通話を行うなど、接続の安定性や高速通信が必要になる機会が格段に増えました。こういった場合、10ギガの光回線を利用することでスムーズにネット利用ができるようになります。

10ギガ

2020年4月から、NTT東日本/NTT西日本がフレッツ光クロスという通信速度が最大概ね10Gbpsのプランを提供しています。その後、各プロバイダも続いて10ギガの光回線プランを続々と打ち出しました。

10ギガの光回線業界最安値ならenひかりクロス。最低利用期間ナシ・解約金ナシで安心。工事費無料のキャンペーン中!10G対応Wi-Fiルーターも格安で買える!

一番速い光回線 フレッツ光クロス
画像引用元:NTT東日本

※10ギガプランの最大通信速度「10Gbps」は理論上の最大通信速度です。家庭で利用する場合には設備や環境により、通信速度は10Gbpsより下がります。

また、フレッツ光クロス(10ギガプラン)はサービス提供エリアが限られます。

例えば、今サービス提供しているのは東京23区、東京都狛江市、調布市、三鷹市の一部および、大阪市の一部エリア、名古屋市の一部エリアとなっています。

10ギガプランを提供するプロバイダ・プラン

10ギガの光回線プランを提供するプロバイダを一覧で掲載しています。

enひかりクロスなら業界最安値&工事費無料enひかりクロスなら、工事費無料キャンペーン実施中です。基本料金も安く、いつ契約しても解約金0円(契約の縛りなし)なので安心です。
訪問工事あり 15,000円 ⇒ 0円!
無派遣工事 2,000円 ⇒ 0円!
※キャンペーン期間:2021年10月5日(火)~終了日未定
▷ enひかりクロスの詳細はこちら【公式サイト】

10ギガの光回線業界最安値ならenひかりクロス。最低利用期間ナシ・解約金ナシで安心。工事費無料のキャンペーン中!10G対応Wi-Fiルーターも格安で買える!

最大通信速度1Gbps~2Gbpsの光回線も十分速い

「最大通信速度10Gbps」、「今までの10倍の速さ」と聞くと、「通信速度は速いに越したことはないから10ギガプランにした方が良いんじゃないの?」と思う人もいるかもしれません。しかし、実際には10ギガプランがおすすめかどうかはインターネットの利用スタイルによります。

1人~2人暮らしの方や、普段のインターネット利用用途がYouTube動画の視聴やウェブサイト閲覧くらいだという方には、10ギガプランは少々オーバースペックかもしれません

1Gbps

例えば、Youtube公式では、高画質(HD 1080p)で動画を鑑賞するために推奨される通信速度を5Mbpsとしています。最大通信速度が1Gbpsの光回線の場合、実際に使う際の通信速度が最大通信速度の約5分の1とすると、実効速度(実際の通信速度)は20Mbpsです。つまり、通信速度が20Mbpsあれば、Youtubeで動画を1080pの高画質で鑑賞するのは理論上全く問題ないということになります。

※YouTubeヘルプ「YouTube のシステム要件と対応デバイス」より「......動画の解像度HD1080p/推奨される持続的な速度:5Mbps」

特に最近では、ほとんどの光回線が、通信の遅延を軽減できるIPv6接続・IPoE通信方式に対応しています。そのため、最大通信速度1Gbpsのプランでもおおむね快適な速度でインターネットを利用できるようになっています。

10ギガの光回線業界最安値ならenひかりクロス。最低利用期間ナシ・解約金ナシで安心。工事費無料のキャンペーン中!10G対応Wi-Fiルーターも格安で買える!

最大通信速度1Gbpsのプランで物足りないなら

とはいえ、今契約中の1Gbpsのプランでは物足りない、または通信速度をできるだけ気にしたくない人もいるかと思います。その場合、下り最大通信速度2GbpsのNURO光がおすすめです。

NURO光も10ギガプランと同様にサービス提供エリアは限られているものの、10GBのプランよりは広くカバーされています。まずは公式サイトから、自分の住む地域・建物でNURO光が利用できるかチェックができます。

下り速度最大2Gbps!
NURO光
高速光回線NURO光で快適なテレワーク、ストレスフリーなおうち時間を。工事費実質無料だからさらに嬉しい。
ウェブで申し込む
下り速度最大2Gbps!
NURO光
高速光回線NURO光で快適なテレワーク、ストレスフリーなおうち時間を。工事費実質無料だからさらに嬉しい。 オンライン申し込み

確かに現時点で一番速い光回線はフレッツ光クロスをはじめとする10ギガのプランですが、実際にはそこまでのハイスペックなプランが必要になるケースはそこまで多くありません。

そこで、ここからは一番オーソドックスな最大通信速度1Gbps~2Gbpsのプランに焦点を当て、その中で一番速い光回線はどれかを紹介していきます。

一番速い光回線を比較する際のポイント

一番速い光回線を探しているなら、5つのポイントを比較する必要があります。これらが通信速度にどう影響するのか考えてみましょう。

  1. 光回線の種類
  2. 実効速度
  3. プロバイダ
  4. 戸建てかマンションか
  5. ルーター

①回線の種類

光回線の種類には【A】NTTフレッツ光の回線と【B】独自回線の2つがありますが、より速い通信が期待できるのは【B】独自回線です。それぞれの回線を簡単に説明しますね。

一番速い光回線はどれ?
光回線の種類とは文字通り、電柱を渡って宅内に引き込まれるケーブルのことを指します。(出典:NURO光)

【A】NTTフレッツ光を利用する光回線

NTTが提供するフレッツ光の回線は高品質ですが、利用ユーザーが非常に多いため時間帯によっては混雑して速度が低下する現象が起きます。

ユーザー数が多い理由は、各社プロバイダーが提供する光コラボにあります。光コラボは各プロバイダがフレッツ光の回線を買い、プロバイダサービスとセットにして販売しているものです。高速かつ低料金なのが評判を呼び、多くの契約者を抱えています。

光コラボって何?プロバイダーがフレッツ光回線をNTTから借り受け、自社サービスとして提供する光回線のことです。有名な光コラボはドコモ光、ソフトバンク光、So-net光プラスなど。何十もの光コラボが存在しますが、利用している回線はすべてフレッツ光で共通しています。

光コラボは低価格な上、相当なヘビーユーザーでない限りパワーも必要十分な、基本の光回線プランです。

特に最近では、通信の遅延を避けることができるIPoE通信(IPv6接続)に対応している光コラボも多いため、以前より比較的快適な通信速度でネットが利用できるようになってきています。

10ギガの光回線業界最安値ならenひかりクロス。最低利用期間ナシ・解約金ナシで安心。工事費無料のキャンペーン中!10G対応Wi-Fiルーターも格安で買える!

【B】独自回線を利用した光回線(非フレッツ光)

例えば、NURO光auひかりが独自回線にあたります。NTTフレッツの光ファイバー通信網ではなく、自社で所有・管理する独自の光ファイバー通信網を使用しています。ユーザーを多く抱えるNTTフレッツとは別の回線のため、比較的ユーザーの総数も少ないと言われています。結果、回線が混雑しにくいため比較的高速な通信が期待できます。

通信速度を重視する方は、このように独自回線を使った光回線を選んでみても良いでしょう。

下り速度最大2Gbps!
NURO光
高速光回線NURO光で快適なテレワーク、ストレスフリーなおうち時間を。工事費実質無料だからさらに嬉しい。
ウェブで申し込む
下り速度最大2Gbps!
NURO光
高速光回線NURO光で快適なテレワーク、ストレスフリーなおうち時間を。工事費実質無料だからさらに嬉しい。 オンライン申し込み

フレッツ光ではない光回線プラン

独自回線の中でも提供エリアの広いNURO光。まずは、サービス対象エリアかどうか住所から確認。

大手キャリアKDDIが提供する光回線、auひかり。「auスマートバリュー」でスマホ代が割引に。

【東海4県限定】愛知県・静岡県・岐阜県・三重県にお住まいなら検討したいコミュファ光。

【近畿+福井県限定】関西電力系の企業、ケイ・オプティコムの提供する光回線プラン。オプションプランが豊富。

【中国地方限定】中国電力グループが提供する自社光ファイバーを使用しているメガ・エッグ。

【四国地方限定】Pikara(ピカラ)光は地元密着型で顧客満足度の高いサービスを提供。

【九州地方限定】九州を中心に光通信サービスを行なっているインターネットプロバイダー。

②実効速度

一番速い 光回線

実効速度とは、ユーザーがインターネットを実際に利用する際に出るスピードのことです。

NTTフレッツなどの光回線は最大速度1Gbpsと謳われますが、これはベストエフォート型の速度(理論上の最大通信速度)です。実際に家庭で使う際には、接続機器や環境など様々な要因により通信速度は1Gbpsを下回る数値になります。

そのため、一番速い光回線プランを知りたいなら、理論上の通信速度ではなく、実効速度で比較する必要があります。記事後半で、各光回線プランの平均実効速度を比較していますので参考にしてください。

③プロバイダ

プロバイダ(接続サービス事業者)は、自宅まで引いた光回線をインターネットの世界につなげる役割を担っています。このプロバイダの違いが通信速度にそこまで大きく影響することはありません。

ただし、通信障害などトラブル時の対応はプロバイダが行うため、品質管理に対する姿勢やサポートの質が利用者の満足度に間接的に影響することになります。

加えて、通信速度以外にも、料金設定、サービス内容、申し込み特典などは、プロバイダの特色が大きく出るといえるでしょう。

特に基本料金はプロバイダが自由に決めることができるため、できるだけ基本料金が安いプランを見つけて契約するのがおすすめです。

10ギガの光回線業界最安値ならenひかりクロス。最低利用期間ナシ・解約金ナシで安心。工事費無料のキャンペーン中!10G対応Wi-Fiルーターも格安で買える!

④戸建てかマンションか

マンション

光回線プランは、戸建てプランとマンションプランの2つに分かれています。通常、戸建てプランのほうが通信速度は速くなる傾向があります。

マンションなど集合住宅は、1本の光回線を各部屋へ分岐させるため、インターネット速度が遅くなりがちです。さらに、マンションの場合、建物の共用部までは光ファイバーでも、そこから各部屋までの配線が金属の電話回線(VDSL)になっている場合があります。

つまり、マンションですと、建物に光回線が引き込まれてから、その先は電話回線で各戸に配線されているため、途中から光回線ではなくなってしまっているのです。

通信の効率はやはり金属の電話線よりも光ファイバーの方が優れるため、電話線のインターネットは通信速度が下がります。

一方、現在戸建て住宅にお住まいで、光回線を使用しているにも関わらずインターネットが遅く原因も分からないとお悩みの方は、NURO光に代表されるような独自回線のプランにする、10ギガのプランにしてみるのも1つの手でしょう。

10ギガの光回線業界最安値ならenひかりクロス。最低利用期間ナシ・解約金ナシで安心。工事費無料のキャンペーン中!10G対応Wi-Fiルーターも格安で買える!

⑤ルーター

ルーターは、光回線をWiFiの電波に変換してお部屋にWiFiが飛ぶようにする装置です。

ルーターの種類によっては、最大速度や電波の強弱が異なります。

無線LAN規格といって、数字によって通信の性能を表すものがありますが、その規格が「11ac」に対応するルーターは最大1.3Gbpsと十分なスピードに対応しています。その一方、旧型ルーターだと最大450Mbpsまでしか出ないこともあります。

また、ルーターの対応周波数が2.4GHz/5.0GHzなら電波が入りやすくなりますが、2.4GHzだけの場合、電波が干渉しやすくなり、Wi-Fi接続の品質が落ちてしまいます。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)なら、高品質のルーターを390円でレンタルしています。しかも3年続ければレンタルから贈呈に代わるので、長く続けるのであれば後から返却する必要もありません。最新型のルーターをお持ちでない方は、ルーターを安くレンタルしている光回線プランを選ぶと良いでしょう。

10ギガ申し込みで40,000円・他社違約金最大60,000円キャッシュバック!【7月31日23時59分まで】超高速10ギガの光回線が月額5,940円!10ギガ対応Wi-Fiルーター月額390円。最低利用期間ナシ・解約金ナシで安心。

一番速い光回線 - 通信速度ランキング

通信速度

最大通信速度1Gbps~2Gbpsの光回線サービスを平均実効速度で比較すると、独自回線を利用している光回線が上位に来ていることが分かります。 それぞれ、地位限定のサービスになりますが、各自その地域に住んでいる方であれば、それらの回線を優先的に選ぶと良いでしょう。

通信速度が上位の光回線

  • 地域密着型の独自回線
  • 同じく独自回線のNURO光

上位独自回線が占めていますが、フレッツ光を利用した光コラボプランもランクインしています。

下り速度最大2Gbps!
NURO光
高速光回線NURO光で快適なテレワーク、ストレスフリーなおうち時間を。工事費実質無料だからさらに嬉しい。
ウェブで申し込む
下り速度最大2Gbps!
NURO光
高速光回線NURO光で快適なテレワーク、ストレスフリーなおうち時間を。工事費実質無料だからさらに嬉しい。 オンライン申し込み

プロバイダー12社の通信速度比較

シェア率の高い光回線プロバイダー12社を、下り・上り速度※かつ最大速度と実効速度ごとに比較してみます。

光回線12社の実効速度比較
順位光回線名実効速度
下り/上り
1位コミュファ光

提供エリア:中部地方

公式サイト

519.4Mbps
/317.29Mbps
2位NURO光

公式サイト

499.55Mbps
/437.27Mbps
3位eo光

提供エリア:関西地方 

公式サイト

411.16Mbps
/288.91Mbps
4位JCOM

公式サイト

160Mbps
/140Mbps
5位auひかり

公式サイト

395.73Mbps
/340.73Mbps

実効速度の参照:みんなのネット回線速度「光回線の通信速度レポート一覧」2021年10月時点(レビュー1000件以上の光回線のみ掲載しています。)

6位megaegg光

提供エリア:中国地方 公式サイト

363.23Mbps
/208.41Mbps
7位excite光Fit

公式サイト

143Mbps
/104Mbps
8位pikara

提供エリア:四国地方

公式サイト

157Mbps
/142Mbps
9位enひかり

公式サイト

150Mbps
/123Mbps
10位BBIQ

提供エリア:九州地方
公式サイト

156Mbps
/127Mbps
光回線12社の実効速度比較
順位光回線名実効速度(下り)実効速度(上り)
1位コミュファ光

サービス提供エリア:中国地方のみ
公式サイト

519.4Mbps317.29Mbps
2位NURO光

公式サイト

499.55Mbps437.27Mpps
3位eo光

サービス提供エリア:関西エリアのみ

公式サイト

411.16Mbps288.91Mbps
4位JCOM

公式サイト

160Mbps140Mbps
5位auひかり

公式サイト

395.73Mbps340.73Mbps

実効速度の参照:みんなのネット回線速度「光回線の通信速度レポート一覧」2021年10月時点(レビュー1000件以上の光回線のみ掲載しています。)

6位megaegg光

サービス提供エリア:中国地方のみ

公式サイト

363.23Mbps208.41Mbps
7位excite光Fit

公式サイト

143Mbps104Mbps
8位pikara

サービス提供エリア:四国地方のみ
公式サイト

157Mbps142Mbps
10位BBIQ

サービス提供エリア:九州地方のみ
公式サイト

156Mbps127Mbps
10位enひかり

公式サイト

150Mbps123Mbps

※通信速度の下り/上りの違いとは下り(ダウンロード)とは、Webページの閲覧や動画の再生などで実行する通信のことです。それに対して上り(アップロード)とは、メールや写真を送信したりデータを共有したりする際に実行する通信です。ビデオ通話などは、下り通信・上り通信が同時に行われます。

時間帯や利用人数によって速度は低下する

上記で各光回線の実効速度を記載していますが、これはあくまで平均です。

実際には、インターネットに接続する時間帯や同時に接続する人数、さらには1人あたりの通信量(トラフィック)等によって速度は大きく変動します。

さらに最近は自宅でテレワークする人が増えており、平日の日中でも回線混雑による速度低下が見られるようになってきています。

そのため、平均速度がなるべく速い光回線を選ぶことで、不利な条件下でもストレスフリーなネット環境を整えることができますよ。

Amazon Prime

とにかく助かるAmazonプライム

📦お急ぎ便 / 🎬映画(Prime Video) / 
📚小説・ビジネス書・マンガ・雑誌(Prime Reading) /🎵音楽聞き放題(Amazon music)