電話で電気・ガス切替相談

新居で電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

新居で電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

関西電力:支払い方法と変更の仕方

なっトクパックへのお申し込み

関西エリア人気No.1の電気・ガスセットプラン[関電ガス]

  • 関西電力の従量電灯A・大阪ガスの一般ガス料金より安い
  • 電気とガスをセットにすると年間約10,600円お得*
  • 今なら新規申込で2,000円分QUOカードプレゼント

*電気1ヶ月あたり260kWh、ガス1ヶ月あたり31m3使用した場合。

関西エリア人気No.1の電気・ガスセットプラン

  • 関西電力の従量電灯A・大阪ガスの一般ガス料金より安い
  • 電気とガスをセットにすると年間約10,600円お得*
  • 今なら新規申込で2,000円分QUOカードプレゼント

*電気1ヶ月あたり260kWh、ガス1ヶ月あたり31m3使用した場合。

関西電力:支払い方法と変更の仕方
関西電力:支払い方法と変更の仕方

関西電力では、支払い方法としてクレジットカード支払いと口座振替を推奨しています。それぞれの支払い方法の仕組みと注意点をご紹介します。口座振替とクレジットカードはどちらがお得になるのか電気代ごとに解説します。

関西電力で選べる支払い方法とは?

関西電力の電気料金は原則的にクレジットカード支払い・口座振替・振り込み用紙支払いの3つの方法から選ぶことができます。

関電ガスの都市ガス料金については、クレジットカード支払い・口座振替が基本となります。関西電力の電気を使用していてクレジットカード支払い、または口座振替を利用している方は、電気料金と合算して請求されます。

関西電力では支払いに行く手間が省けるクレジットカード支払いと口座振替を推奨していますが、それぞれの支払い方法にはメリットとデメリットがあります。関西電力の各種支払い方法について詳細を確認していきましょう。

クレジットカード支払い

クレジットカード支払いとは、月ごとの電気・ガス料金をクレジットカード会社が一旦立て替えて関西電力へ支払い、後日クレジットカード会社からカード利用代金として請求される仕組みです。電気料金の分割払いはできず、支払い回数は一回払いのみとなります

毎月の光熱費の支払いをクレジットカード支払いに一度設定すれば、払い忘れる心配はありません。また、関西電力ではクレジットカード支払いを推奨しているため、すべての電気料金メニュー、都市ガス料金メニューについてクレジットカード支払いが可能です。クレジットカードで支払えば、選択するカード会社の設ける還元率でポイントが貯まります。

  • 光熱費を支払うクレジットカード選びのポイント
  • ポイント還元率:還元率はクレジットカードにより異なります。還元率が高いものを選びましょう。
  • ポイントの使い道:貯まったポイントが使いやすいクレジットカードを選びましょう。
  • 支払いをまとめる:通常のお買い物で使うカードと支払いをまとめるとポイントもたくさん貯まり、使い道も広がります。

関西電力では、電気料金・ガス料金を以下のクレジットカードで支払うことができます。

関西電力で利用できるクレジットカード
関西電力で利用できるクレジットカード

出典:関西電力Webサイト「クレジットカードによるお支払い」

大きなデメリットがなく、毎月の支払いに便利なクレジットカード支払いですが、支払元の銀行口座の預金が足りなくなるとお金が引き落とされません。特に引っ越しする場合には、最後の光熱費の支払いが滞りなく行われるように引っ越し後2~3か月はクレジットカードを解約したりしないようにしましょう。

口座振替

口座振替とは、金融機関の口座を登録して毎月の電気・ガス料金が口座から引き落とされるようにする支払い方法です。金融機関の口座から料金が引き落とされる口座振替日を指定することも可能です。

クレジットカード支払いと同じく、口座振替の場合も一度設定すれば光熱費の支払いを忘れる心配がありません。また、口座振替なら関西電力のすべての電気料金メニュー、関電ガスのすべての都市ガス料金メニューの支払いが行えます。関西電力の電気料金メニュー「従量電灯A」「従量電灯B」「はぴeタイム」「時間帯別電灯」「季時別電灯PS」「低圧総合利用契約」を利用している方は、口座振替を選択すると毎月の電気代から税込55円が割引されるというメリットがあります。

口座振替もクレジットカード支払いの場合と同じくデメリットはありませんが、銀行口座に預金が十分あるか確認することが大切です。口座振替割引は口座振替が1回目の振替日で完了しなければ適用されません。また、前月の検針日において未納料金がある場合にも口座振替割引は適用されません。

振り込み用紙支払い

関西電力から送付される振り込み用紙を使って、コンビニや金融機関、スマートフォンアプリにより料金を支払う方法です。振り込み用紙支払いでは毎月の金額を用紙で確認できるメリットもあります。しかし、関西電力ではクレジットカード支払いや口座振替を推奨しているため、デメリットとなる点も多くあります。

以下の電気料金メニュー、関電ガスの都市ガスについては初回請求より4回目以降は振り込み用紙の発行について毎月税込220円が請求されます。

振り込み用紙発行手数料がかかる電気料金メニュー はぴeタイム、はぴeタイムR、eスマート10、eおとくプラン、時間帯別電灯、季時別電灯PS、なっトクでんき、なっトクでんきBiz

振り込み用紙による支払いの場合には、払い忘れも注意しなければなりません。電気料金の支払い期限は検針日の翌日から30日目、ガス料金の支払い期限は支払い義務発生日から30日目となります。電気ガスともに支払期限日を過ぎると延滞利息(1日あたり約0.03%)が発生してしまいます。

電気料金については、振り込み用紙に印字されているバーコードをLINE PayやPayPayなどのスマートフォンアプリで読み込んで支払うこともできます。コンビニエンスストアや金融機関に足を運ぶ必要がないため、簡単に支払いができるメリットがあります。

  • 振り込み用紙を使ったスマートフォンアプリでの支払い方法
  • スマートフォンアプリをダウンロード
  • アプリ決済に必要な情報を登録
  • アプリに口座情報の登録や電子マネーをチャージ
  • 振り込み用紙のバーコードをスキャンして決済する

振込用紙を紛失してしまったら?

クレジットカード一時払いを利用できます。クレジットカード一時払いとは、コンビニエンスストアや金融機関に行かなくてもWEBでクレジットカードによる支払いを完了できる方法です。クレジットカードをお持ちの方で、振り込み用紙を紛失してしまった・支払い期限を過ぎてしまったというような例外的な場合に利用できます。関西電力の電力料金メニュー「従量電灯A、従量電灯B、低圧電力、定額電灯、公衆街路灯、臨時電灯、臨時電力、農事用電力」を契約している方が利用できます。これ以外の電気料金メニューや都市ガス料金については対象外です。

通常クレジットカード一時払いには、振り込み用紙に記載されているクレジット決済番号(11桁)と確認番号(4桁)が必要ですが、振り込み用紙を紛失してしまった場合には関西電力に電話して確認しましょう。

3つの支払い方法:メリット・デメリット

関西電力で選べる3つの支払い方法について、それぞれのメリットデメリットをまとめました。

3つの支払い方法:メリットデメリット
メリット デメリット
クレジットカード支払い
  • 払い忘れがない
  • クレジットカードによってポイントが貯まる
  • 電気料金、ガス料金を幅広く支払える
  • 口座残高が足りないと引き落とされない
口座振替
  • 払い忘れがない
  • 口座振替割引がある(一部電気料金メニューのみ)
  • 電気料金、ガス料金を幅広く支払える
  • 口座残高が足りないと引き落とされない
振り込み用紙支払い
  • 支払い金額が紙の用紙で確認できる
  • スマートフォンアプリでも支払い可能
  • 払い忘れが起きやすい
  • 発行手数料がかかる(一部電気料金メニュー、都市ガス料金メニュー)

毎月の光熱費、支払い方法はどれがお得?

関西電力の3つの支払い方法について、それぞれのメリット・デメリットを考えました。それでは、最もお得になるのはどの支払い方法なのでしょうか?関西電力も推奨しているクレジットカード支払いと口座振替を比較してみましょう。

クレジットカード支払いの大きな魅力はポイントによる還元です。クレジットカード毎にポイントの還元率は異なりますので、ここでは一般的なポイント還元率0.5%で計算します。口座振替のお得なポイントは毎月の口座振替割引(税込55円)です。どちらの支払い方法の方がお得になるのでしょうか?ここでは分かりやすく電気料金のみを考えて、料金ごとに比較してみましょう。

クレジットカード支払い(還元率0.5%) VS 口座振替:どっちがお得?
1か月の電気代:3000円
ポイント還元:15円 口座振替割引:55円
1か月の電気代:5000円
ポイント還元:25円 口座振替割引:55円
1か月の電気代:10000円
ポイント還元:50円 口座振替割引:55円
1か月の電気代:12000円
ポイント還元:60円 口座振替割引:55円
1か月の電気代:15000円
ポイント還元:75円 口座振替割引:55円
1か月の電気代:20000円
ポイント還元:100円 口座振替割引:55円

表を見ると、ポイント還元率0.5%の場合、毎月の電気代が10,000円までは口座振替割引の方がお得になります。しかし、それを超える電気代になると、クレジットカード支払いの方がよりお得にになり、1か月で22,000円の場合にはポイント還元額が口座振替割引の2倍になります。

また、クレジットカード支払いによるポイント還元は電気代だけでなくガス代にも適用されます。電気代だけでは10,000円を超えないという場合でも光熱費全体が10,000円を超えるならば、クレジットカード支払いには多くのメリットがあります。さらにポイント還元率の高いクレジットカードで支払えば、よりお得になるでしょう。

実は支払い方法を変更するより新電力に切り替えた方がお得

関西電力の支払い方法をクレジットカードもしくは口座振替にすると、それぞれ割引特典が受けられることがわかりました。でも、思ったよりも割引特典で受け取れる額が少ないと思いませんか?そこで関西電力をご利用中の方がより電気代を削減を目指すなら、関西エリアで利用できる新電力への切り替えをおすすめします。

なぜかというと、関西電力の従量電灯Aを利用中の場合、新電力の電気料金プランに切り替えるだけで、電気代を10%以上削減することができるからです。クレジットカード支払いの特典が電気代の0.5%なので、関西電力から新電力に切り替えるだけで20倍以上はお得になる計算ですね。

関西電力より10%安くなる「よかエネ」 関西電力従量電灯Aから新電力「よかエネ」に切り替えるだけで、最低料金と電力量料金が10%安くなります。
 よかエネ公式サイトを確認する

クレジットカード支払いへの支払い方法変更手続き

お得なクレジットカード支払いへの変更方法をご紹介します。新規でクレジットカード支払いを申し込む場合以外にも、別のクレジットカードに変更したい、クレジットカードの有効期限が切れたため、設定し直したい場合も同様の手続きで変更できます。毎月の電気代・ガス代をクレジットカード支払いにするには、WEBまたは書類で申し込む2つの方法があります。

WEBで申し込む

WEB申し込みを利用すれば、数分でクレジットカード支払いの手続きが完了します。必要となるものは以下の通りです。

  • お客さま番号(「電気使用量のお知らせ」やWEB会員サービス「はぴeみる電」で確認できます。)
  • 利用可能なクレジットカード

必要なものを用意して、専用フォームに氏名や住所などの情報を入力しましょう。WEB申し込みサービスは毎週日曜日AM1:00~AM3:00の時間帯を除く24時間手続きが可能です。

書類で申し込む

書類で申し込む場合には、申し込み手続き完了までに1~2週間かかります。書類は請求フォームからダウンロードするか契約者向けコールセンターに電話して取り寄せます。書類での手続きのためには、以下のものを用意しましょう。

  • お客さま番号(「電気使用量のお知らせ」やWEB会員サービス「はぴeみる電」で確認できます。)
  • 利用可能なクレジットカード
  • クレジットカード支払い申し込み書類
  • 印鑑

口座振替への支払い方法変更手続き

光熱費が毎月10,000円以下なら口座振替もおすすめです。新規で口座振替を設定する以外にも金融機関を変えたいなどの場合も同様の手続きで変更できます。毎月の電気代・ガス代を口座振替にするには、WEBまたは書類で申し込む2つの方法があります。関西電力で口座振替が設定できるのは以下の金融機関です。

利用できる金融機関一覧
都市銀行 埼玉りそな銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行
地方銀行 阿波銀行、池田泉州銀行、伊予銀行、大垣共立銀行、関西みらい銀行、紀陽銀行、京都銀行、山陰合同銀行、滋賀銀行、四国銀行、十六銀行、但馬銀行、第三銀行、中京銀行、中国銀行、徳島大正銀行、鳥取銀行、トマト銀行、南都銀行、肥後銀行、百五銀行、百十四銀行、福井銀行、福岡銀行、福邦銀行、北陸銀行、北國銀行、三重銀行、みなと銀行
信用金庫 尼崎信用金庫、淡路信用金庫、永和信用金庫、大阪信用金庫、大阪厚生信用金庫、大阪シティ信用金庫、 大阪商工信用金庫、小浜信用金庫、北おおさか信用金庫、きのくに信用金庫、紀北信用金庫、京都信用金庫、 京都中央信用金庫、京都北都信用金庫、湖東信用金庫、神戸信用金庫、滋賀中央信用金庫、新宮信用金庫、 但馬信用金庫、但陽信用金庫、敦賀信用金庫、鳥取信用金庫、長浜信用金庫、中兵庫信用金庫、奈良信用金庫、 奈良中央信用金庫、西兵庫信用金庫、日新信用金庫、播州信用金庫、備前日生信用金庫、姫路信用金庫、 兵庫信用金庫、枚方信用金庫、大和信用金庫
その他 ゆうちょ銀行、イオン銀行、楽天銀行

WEBで申し込む

WEBで口座振替を申し込めば、即日で申し込みが完了します。用意するのは以下の通りです。

  • お客さま番号(「電気使用量のお知らせ」やWEB会員サービス「はぴeみる電」で確認できます。)
  • 口座番号が確認できる預貯金通帳等

必要なものを用意して、専用フォームに氏名や住所などの情報を入力しましょう。WEB申し込みサービスは毎週日曜日AM1:00~AM3:00の時間帯を除く24時間手続きが可能です。

書類で申し込む

書類で申し込む場合には、手続き完了までに1~2か月かかります。急ぎの場合にはWEB申し込みを利用しましょう。申し込み書類は請求フォームからダウンロードするか契約者向けコールセンターに電話して取り寄せます。書類での手続きのためには、以下のものを用意しましょう。

  • お客さま番号(「電気使用量のお知らせ」やWEB会員サービス「はぴeみる電」で確認できます。)
  • 預金通帳
  • 口座振替申し込み書類
  • 金融機関へのお届け印

支払い方法に関する電話連絡先

支払いに関する質問やクレジットカード支払いや口座振替申し込み書類の請求が必要な時は、関西電力の契約者向けコールセンターに電話しましょう。音声ガイダンスによる案内に従ってボタンを選択しましょう。「電気使用量のお知らせ」やWEB会員サービス「はぴeみる電」で確認できるお客さま番号を用意しておくとスムーズです。

電気料金に関するお問い合わせ先
電話番号 0800-777-8810
受付時間 9:00~18:00(土日祝日・年末年始除く)
受付内容/音声ガイダンス番号 口座振替やクレジットカード払いのお申込みや変更手続き(2→1→9)
電気料金をお支払いいただいた後の送電再開のお申込み(2→2→1)
その他の料金に関する問い合わせ(2→2→2)

関西電力の支払い方法・変更手続きに関するよくある質問

関西電力の支払い方法についてよくある質問をリストにQ&A形式でまとめました。

関西電力:支払い方法と変更手続きに関するよくある質問一覧
質問1:支払い方法にはどんなものがありますか?
回答1

電気料金については、クレジットカード支払い・口座振替・振り込み用紙による支払いが選べます。また、関電ガスの都市ガスについては、原則としてクレジットカード支払いと口座振替が用意されています。

▷それぞれの支払い方法の特徴を詳しく確認する

質問2:それぞれの支払い方法のメリット・デメリットは?
回答2

関西電力では基本的にクレジットカード支払いと口座振替を推奨しています。そのため、クレジットカード支払いと口座振替では他と比べても多くのメリットがあります。

▷各支払い方法のメリット・デメリットについて詳細を確認する

質問3:毎月の光熱費のお得な支払い方法は?
回答3

クレジットカード支払いにはポイント還元、口座振替には口座振替割引が適用されます。毎月の電気代が10,000円を超えるようならクレジットカード支払いがお得です。

▷クレジットカードのポイント還元と口座振替割引を比較する

質問4:クレジットカード支払いと口座振替の支払い設定の方法は?
回答4

WEBまたは書類で申し込みを行います。WEBならば新規・変更の支払い申し込みが数分で完了します。

▷手続き方法の詳細を確認する

質問5:支払い方法について電話で確認したい場合は?
回答5

関西電力の契約者向けコールセンターに電話しましょう。電話する前にお客さま番号を用意しておきましょう。お客さま番号は、「電気使用量のお知らせ」やWEB会員サービス「はぴeみる電」で確認できます。

▷電話番号や受付時間を詳しく調べる

更新日