【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
電話で電気・ガス切替相談

電気・ガス代を安くしたいなら


セレクトラのらくらく窓口にお電話ください!
エネルギーのエキスパートがお得な料金プラン探しをお手伝いします。契約サポートもお任せください。

セレクトラのらくらく窓口:  4.7/ 5 ご利用者様の声はこちら

電気・ガス代を安くしたいなら

電気・ガス代を安くしたいなら

セレクトラのらくらく窓口にお電話ください!エネルギーのエキスパートがお得な料金プラン探しをお手伝いします。契約サポートもお任せください。

セレクトラのらくらく窓口
営業時間:9時~19時、土日・年末年始除く
 4.7/ 5
ご利用者様の声はこちら

東京ガスの電気

関東エリアで人気の新電力:東京ガスの電気

東京ガスの電気

 新規申込割:基本プランへの新規申し込みで電気代の基本料金1か月無料!

  • 東京電力の従量電灯よりも電力量料金が安い
  • 都市ガスとセットにすると電気料金がさらに0.5%割引
  • 電気の契約数は347.5万件を突破!*みんなから選ばれている安心感
    *2023年3月末時点

関東エリアで人気の新電力
【東京ガスの電気】

東京ガスの電気

 新規申込割:基本プランへの新規申し込みで電気代の基本料金1か月無料!

  • 東京電力の従量電灯よりも電力量料金が安い
  • 都市ガスとセットにすると電気料金がさらに0.5%割引
  • 電気の契約数は347.5万件を突破!*みんなから選ばれている安心感
    *2023年3月末時点

電気契約 - 2人暮らしに必要なアンペア(A)は?:アンペア容量の目安と計算方法【徹底解説】

更新日
電気契約 - 2人暮らしに必要なアンペア(A)は?:アンペア容量の目安と計算方法【徹底解説】

電気契約の際、一般的な2人暮らしに必要な契約アンペア容量は、30A~40Aです。

  • 2人暮らし:契約アンペア容量の目安
  • 電気の使用頻度が普通:30A
  • 家電の使用頻度・在宅時間が長い:40A
  • 同時使用の家電が多い・在宅時間が長い・電気使用量も多い:50A

ただし、2人暮らしに最適なアンペア(A)は、各家庭の電化製品の数やその消費電力(ワット数)、ライフスタイルによって大きく異なります。

本記事では、電気代を節約したい方のために、2人暮らしに最適な契約アンペア容量の目安のほか、2人暮らしに必要なアンペア(A)の計算方法【2024年最新】二人暮らしの電気代平均&効果的な電気代の節約方法についても解説します。

  6月に最も人気だった新電力3社  
今月のおすすめ新電力①東京ガスの電気

関東エリア人気No.1:東京ガスの電気

 電気契約数347.5万件突破
(2023年3月末時点)

 新規申込割:基本プランへの申込で基本料金1か月無料
 都市ガスとセットでお得

▷特徴をもっと詳しく見る

 東京ガスの電気
公式サイト

   

今月のおすすめ新電力②大阪ガス

関西エリア人気No.1:大阪ガスの電気

 関西の新電力で供給件数No.1
 電気ガスセット契約がお得

▷特徴をもっと詳しく見る

 大阪ガスの電気
公式サイト (引越しの方向け)

💡現住所での切替希望の方はこちら

今月のおすすめ新電力③Looopでんき

全国エリア人気No.1:Looopでんき

 独立系新電力で電気供給実績No.1
 基本料金が0円
 便利な「でんきアプリ」で電気代もコントロールできる◎

▷特徴をもっと詳しく見る

 Looopでんき
料金シミュレーション

   

アンペア(A)と電気の「基本料金」の関係

2人暮らしに必要なアンペア(A)の解説の前に、まずは、アンペア(A)とは何か、また、アンペア(A)と密接にかかわっている電気料金の仕組みについて簡単に解説します。

アンペア(A)と電気契約に必要なアンペア容量とは?

 アンペア(A)」とは、一度に流れる電気の量(=電流)を表す単位のこと。一度に使う電気の量が小さければアンペア数も小さく、一度に使う電気の量が多ければアンペア数も大きくなります。

 電気契約における「アンペア容量」は、一般家庭で「同時に」使える電気の最大量を決定するものです。

「アンペア制」の料金体系とそうでない電力会社

一般的に、東京電力などの大手電力会社をはじめとする多くの電力会社の電気料金は、以下の①~④の料金で構成されています。

アンペア(A)と電気の「基本料金」の関係
  1. 基本料金 or 最低料金
  2. 電力量料金
  3. 燃料費調整額(※毎月変動)
  4. 再エネ賦課金(※全国一律料金)

アンペア(A)と電気料金の関係で注目すべきは「基本料金」です。

なぜなら、この「基本料金」は毎月決まった金額を支払う固定料金で、「基本料金」は電気の契約アンペア数に応じて決定されるためです。

つまり、電気の契約アンペア容量が大きければ大きいほど「基本料金」は高くなる仕組みになっています。

しかし、だからといって安易に契約アンペア容量を小さいものにすると、契約アンペア容量を超えて電気を使用する度にブレーカーが落ちる状態に陥ります。

だからこそ、電気契約の際は、2人暮らしに最適なアンペア容量を選ぶことが重要なのです。

ただし、すべての電力会社がこのような「アンペア制(基本料金制)」で電気料金を決めているわけではなく、関西電力のように「最低料金制」を採択している電力会社もあります。

電力会社によって異なる料金体系【例】
料金体系 電力会社と特徴
アンペア制(基本料金制) 北海道電力東北電力東京電力中部電力北陸電力九州電力など
 毎月、契約アンペア(10A~60A)ごとの「基本料金」がかかる。
最低料金制 関西電力中国電力四国電力沖縄電力など
 毎月、10kWh~15kWhの電力量料金を含む「最低料金」がかかる。
固定料金0円! Looopでんき楽天でんきなど
 「基本料金」「最低料金」の固定費無料で、使用分の電気代しかかからない。

また、Looopでんきのように、「基本料金」も「最低料金」もかからず、毎月の固定額がゼロ円という画期的な電気料金プランで人気を集める新電力も存在します。

Looopでんきの申し込み

基本料金0円!お得なLooopでんき

Looopでんき
  • 基本料金も解約金もゼロ円
  • 「でんき予報」で電気が安い時間がわかる
  • 独立系新電力*で電気供給実績1位**

*独立系新電力=大手ガス・通信関連・電力会社等の子会社でないことを指す/ **資源エネルギー庁による「電力調査統計」に基づく

基本料金0円!お得なLooopでんき

Looopでんき
  • 基本料金も解約金もゼロ円
  • 「でんき予報」で電気が安い時間がわかる
  • 独立系新電力*で電気供給実績1位**

*独立系新電力=大手ガス・通信関連・電力会社等の子会社でないことを指す/ **資源エネルギー庁による「電力調査統計」に基づく

Looopでんきの申し込み

基本料金0円!お得なLooopでんき

Looopでんき
  • 基本料金も解約金もゼロ円
  • 「でんき予報」で電気が安い時間がわかる
  • 独立系新電力*で電気供給実績1位**

*独立系新電力=大手ガス・通信関連・電力会社等の子会社でないことを指す/ **資源エネルギー庁による「電力調査統計」に基づく

基本料金0円!お得なLooopでんき

Looopでんき
  • 基本料金も解約金もゼロ円
  • 「でんき予報」で電気が安い時間がわかる
  • 独立系新電力*で電気供給実績1位**

*独立系新電力=大手ガス・通信関連・電力会社等の子会社でないことを指す/ **資源エネルギー庁による「電力調査統計」に基づく

アンペア容量で「基本料金」はこれだけ変わる!

電気契約で2人暮らしに必要なアンペア容量は?
電気契約時は、2人暮らしに適切なアンペア容量を選ぶのが電気代節約のコツ!

東京電力のように料金体系が「アンペア制(基本料金制)」の電力会社では、契約アンペア容量と基本料金の単価が比例して高くなります

つまり、必要以上に大きいアンペア容量を契約することは「電気代のムダ」であり、アンペア容量を変更するだけで電気代の削減が可能、ということです。

それでは、契約時に選んだアンペア容量によって実際に「基本料金」がどのくらい変わるのか、電力会社の料金表で確認してみましょう。

契約アンペア数と「基本料金」単価(税込)
アンペア 東京電力 北海道電力 中部電力 九州電力
10A 311.75円 402.60円 321.14円 316.24円
15A 467.63円 603.90円 481.71円 474.36円
20A 623.50円 805.20円 642.28円 632.48円
30A 935.25円 1207.80円 963.42円 948.72円
40A 1247.00円 1610.40円 1284.56円 1264.96円
50A 1558.75円 2013.00円 1605.70円 1581.20円
60A 1870.50円 2415.60円 1926.84円 1897.44円

上表から、契約アンペア容量が大きくなるほど「基本料金」は高くなり、10Aと60Aでは「基本料金」だけで約6倍もの差額が生じることがわかります。

複数の家電を同時に使用する頻度や電気使用量に対して契約アンペア容量が必要以上に大きい場合は、契約アンペア容量を変更することで、毎月の電気代を簡単に節約できます。

ただし、電気料金の「基本料金」単価は、電力会社・電気料金プランによって大きく異なります。

また、契約中の電力会社がアンペア制を採択していない電力会社だったり、すでに2人暮らしに適切なアンペア容量を契約している場合は、アンペア容量の変更による電気代の節約は見込めません。

そのため、電気代そのものを節約したい場合は、電力会社や電気料金プラン自体を見直すのが最も効果的です。

\   二人暮らしにお得な電気が見つかる!   /

【実際に計算】二人暮らしに必要なアンペア数は?

【実際に計算】二人暮らしに必要なアンペア数は?
アンペア(A)は電化製品を動かすために必要なパワー。多くの家電を同時に使用する家庭では、契約アンペアも大きい容量が必要です

一般的に、2人暮らしに必要な電気の契約アンペア容量は、以下のとおりです。

  • 電気の使用頻度が普通:30A
  • 家電の使用頻度・在宅時間が長い:40A
  • 同時使用の家電が多い・在宅時間が長い・電気使用量も多い:50A

例えば、一人暮らしから二人暮らしになった場合、契約アンペア容量が一人暮らしのままだと、頻繁にブレーカーが落ちてしまうリスクがあります。

逆に、3人世帯から2人暮らしになった場合は、契約アンペア容量を変更せずとも問題なく電気を使用できる一方、電気代を余計に払ってしまう可能性も。

ここでは、電気の契約で2人暮らしに必要かつ最適な契約アンペア容量の計算方法・選び方について詳しく解説します。

アンペア(A)とワット(W)の関係

アンペア(A)とは、一度に流れる電気の量(大きさ)のことでしたね。

電化製品には、動かすために必要な消費電力(ワット数)がそれぞれ決まっており、消費電力(W)の大きい家電ほど多くの電気の量(大きさ)=アンペア(A)が必要です。

2人暮らしに必要なアンペア容量の計算方法

電気契約で必要な契約アンペア容量を正確に知りたい場合は、家庭でよく使う電化製品の消費電力(ワット:W)から、次の4ステップで計算できます。

  1. 一度に最も多くの電化製品を使うシーンを想定
  2. 同時に使用する各家電の消費電力(W)を確認
  3. ワット(W)から必要なアンペア(A)を計算
  4. 各家電に必要なアンペア(A)を合計して算出

電化製品の消費電力(ワット数)は、通常、各製品の目立たない場所に記載されているか、シールで表示されています。

アンペア数(A)は、「電化製品の消費電力(W)を日本の電圧(100V)で割る」ことで求められます。

各家電の消費電力(ワット数)を確認したら、以下の計算式によりワット(W)から必要なアンペア(A)の計算が可能です。

  • ワット(W)からアンペア(A)を計算する方法
  • アンペア数(A)= 電化製品の消費電力(W)÷ 電圧(100V)

例えば、消費電力が700Wのエアコンを使った場合に必要なアンペア容量は

 700W ÷ 100V = 7アンペア(A) です。

 

\   二人暮らしにお得な電気が見つかる!   /

二人暮らし:よく使う家電のアンペア一覧

二人暮らしの家庭でよく使われる電化製品の必要なアンペア(A)の目安を以下にまとめました。

二人暮らし:必要なアンペア容量【目安】
電化製品 消費電力(W) 必要なアンペア(A)
エアコン 700W 7A
冷蔵庫 300W 3A
照明 200W 2A
IHクッキングヒーター 1000W 10A
IH炊飯器 700W 7A
電子レンジ 700W 7A
洗濯機 500W 5A
掃除機 600W 6A
4Kテレビ 100W 1A
ノートパソコン 30W 0.3A

※各家電に必要な消費電力(W)はその家電の性能やサイズ等によって異なるため、上表は一例です。電化製品のモデルにより消費電力(W)は異なるため、アンペア数の計算時は、現在使用中の電化製品の消費電力(W)をご確認ください。

契約アンペア容量を決めるうえで最も重要なのは「最大で同時にいくつの電化製品を使うか」です。

よく使う家電の種類や数が同じでも、同時に使う頻度の高さによって、必要なアンペア容量は変わってくるためです。

そのため、2人暮らしに必要な電気の契約アンペア容量を正確に把握するには、前述した4ステップを参考に、必要アンペア数を計算したうえで慎重に判断しましょう。

最適な電気料金プランを探す

今よりも安くなるお得な電気料金プランをお探しですか?

お住まいの電力エリアで契約できる、おすすめ新電力会社をご紹介します。

 エリア別・おすすめ電力会社を見る

最適な電気料金プランを探す

今よりも安くなるお得な電気料金プランをお探しですか?

お住まいの電力エリアで契約できる、おすすめ新電力会社をご紹介します。

 エリア別・おすすめ電力会社を見る

契約アンペア容量の変更方法

もし、契約中のアンペア容量が適切でなく、アンペア(A)変更をしたい場合は、契約中の電力会社に「契約アンペア容量の変更」を依頼するだけです。

変更後のアンペア数が10A~60Aであれば、無料でアンペアを変更してもらえます。

変更手続きは、電力会社サイトのマイページなどオンラインで依頼するか、コールセンターがある場合は電話での申し込みが可能です。

なお、契約アンペア変更手続きには、電力会社の「お客様番号」が必要になる場合が多いため、検針票や請求書をあらかじめ準備しておくとスムーズです。

アンペア変更は一年に一度のみ!

原則として、電気の契約は年間契約が基本のため、季節ごとに何度も契約アンペア変更をすることはできません。一度アンペア変更を行ったら、一年間は同じ容量を契約する必要があります。

もし、ご自宅の電気メーターがスマートメーターではなく旧型の場合は、アンペアブレーカーの取り外し工事が必要になります。

スマートメーターに交換後は、遠隔で契約アンペアの設定・変更が行われます。

なお、電気メーターの取り換え工事は無料ですが、まれに配線工事や設備の交換などが生じる場合は費用が発生する場合もあるため、事前に電力会社に確認しておくと安心です。

【2024年最新】二人暮らしの電気代・光熱費平均

【2024年最新データ】二人暮らしの1ヶ月の電気代平均

※総務省統計局「家計調査・家計収支編」を基にセレクトラが作成

2024年の総務省の調査によると、2023年1月~12月の二人暮らしの1ヶ月あたりの電気代の平均は10,940円です。

2023年1月~12月のガス代の平均は4,971円・水道代の平均は4,242円・石炭や木炭などその他の光熱費は1,466円なので、1ヶ月あたりの二人暮らしの光熱費平均は21,619円となっています。

ただし、二人暮らしの電気代・光熱費はお住まいの地域や季節によっても変動します。

また、総務省は上記の電気代平均の基となった電気の使用量についてはデータを公表していないため、実際の使用量と単純に比較することができない点を考慮しておきましょう。

二人暮らしの電気代を節約する方法

契約アンペア数の変更をする必要がなかったり、契約アンペア数の変更なしで電気代そのものを安くしたいと思ったら、電気代節約に最も効果的なのは電力会社の乗り換えです。

今よりも単価の安い電気料金プランや、ご自身のライフスタイルに合った電気料金プランに契約を切り替えることで、アンペア容量や電気の使い方の見直しをすることなく、簡単に電気代を節約できます。

料金比較のエキスパート【セレクトラ】おすすめの新電力会社をご紹介します。

*リスト中の比較は各地域の大手電力会社従量電灯プランと比べたもの。燃料費調整額再エネ賦課金は除く

料金比較のセレクトラ:おすすめの新電力会社
電力会社 特徴
Looopでんき
 公式サイト

【全国(一部離島を除く)
Looopでんき

  • 基本料金も解約料金もゼロ円!「スマートタイムONE」
  • 特におすすめなのはお得度が高い北海道・北陸・中国・四国エリアの方
  • 電気料金はJEPXの取引価格に連動して30分ごとに変動。晴れた日中などは0.01円/kWhになることも
  • 電気料金はアプリで簡単確認、安い時間がすぐわかる

▷料金プランの詳細はこちら

 電話で詳細を確認(03-4578-0406)
 
東京ガス
 公式サイト

【関東エリア】
東京ガス

 新規申込割:基本プランへの新規申し込みで電気代の基本料金1か月無料!

  • 東京電力*より電力量料金が安い*¹
  • 電気+ガスセットにすると電気代がさらに0.5%割引
  • 電気の契約数は300万件を突破!*³ みんなから選ばれている安心感

*1 東京ガスの料金プランには燃料費調整の上限が設けられていません。これにより、燃料費の高騰によって、上限を設けている他社の料金プランと比べて高くなる場合があります。
*2 東京ガスのガスと電気(基本プラン・ずっとも電気3) のご使用場所およびご契約者が同じであり、ガス料金と電気料金を合算してお支払いいただける方が対象です。
*3 2022年4月19日時点の供給中件数。

▷料金プランの詳細はこちら

 電話で詳細を確認/申し込み(03-4540-6705)
 
idemitsuでんき
 公式サイト

【全国(沖縄・離島を除く)
idemitsuでんき

  • 通常プラン・オール電化プランともに大手電力会社*よりお得な料金設定
  • ガソリン代・EV充電代が年間最大2,400円割引
  • 継続利用するだけで年500ポイントもらえる

▷料金プランの詳細はこちら

 
大阪ガスの電気
 公式サイト
(引越しの方向け)
または  公式サイト
(切替の方向け)

【関西エリア】
大阪ガスの電気

  • 大阪ガスは関西エリアの新電力で契約件数No.1*
  • 大阪ガスで都市ガスと電気をセットでまとめれば、光熱費もまとめて管理ですっきり
  • 都市ガス「まとめトク料金」とセットにすると、セット割で都市ガス料金が3%オフ
  • 約200拠点にも及ぶお近くのガスのお店やコールセンター等で、地域密着の丁寧なカスタマーサポートを提供

*出典:電力・ガス取引監視等委員会「制度設計専門会合」第74回 配布資料(2022年3月末時点)。新電力とは旧一般電気事業者以外の小売電気事業者

▷料金プランの詳細はこちら

 
CDエナジーダイレクト
 公式サイト

【関東エリア】
CDエナジーダイレクト

  • 一人暮らしから大家族まで、ぴったりのプランが見つかる
  • 電気もガスもお得な料金設定
  • セットにすると電気もガスもさらに0.5%割引!*
  • 中部電力×大阪ガスの共同経営

*電気・ガスともに対象プランを同一名義・支払方法で契約した場合。スマートでんき・ゆかぽかガス・はつでんガスは対象外。電気の割引対象となるのは基本料金+電力量料金(燃料費調整額を除く)の合計

▷料金プランの詳細はこちら

 電話で詳細を確認(03-4540-6647)
料金比較のセレクトラ:おすすめの新電力会社
 
Looopでんき  公式サイト
Looopでんき

【全国(一部離島を除く)
Looopでんき

  • 基本料金も解約料金もゼロ円!「スマートタイムONE」
  • 特におすすめなのはお得度が高い北海道・北陸・中国・四国エリアの方
  • 電気料金はJEPXの取引価格に連動して30分ごとに変動。晴れた日中などは0.01円/kWhになることも
  • 電気料金はアプリで簡単確認、安い時間がすぐわかる

▷料金プランの詳細はこちら

 公式サイト
電話で詳細を確認/申込  03-4578-0406
 
東京ガス  公式サイト
東京ガス

【関東エリア】
東京ガス

 新規申込割:基本プランへの新規申し込みで電気代の基本料金1か月無料!

  • 東京電力*より電力量料金が安い*¹
  • 電気+ガスセットにすると電気代がさらに0.5%割引
  • 電気の契約数は300万件を突破!*³ みんなから選ばれている安心感

*1 東京ガスの料金プランには燃料費調整の上限が設けられていません。これにより、燃料費の高騰によって、上限を設けている他社の料金プランと比べて高くなる場合があります。
*2 東京ガスのガスと電気(基本プラン・ずっとも電気3) のご使用場所およびご契約者が同じであり、ガス料金と電気料金を合算してお支払いいただける方が対象です。
*3 2022年4月19日時点の供給中件数。

▷料金プランの詳細はこちら

 公式サイト
電話で詳細を確認/申込  03-4540-6705
 
idemitsuでんき

【全国(沖縄・離島を除く)
idemitsuでんき

  • 通常プラン・オール電化プランともに大手電力会社*よりお得な料金設定
  • ガソリン代・EV充電代が年間最大2,400円割引
  • 継続利用するだけで年500ポイントもらえる

▷料金プランの詳細はこちら

 公式サイト
 
大阪ガス  公式サイト
大阪ガス

【関西エリア】
大阪ガスの電気

  • 大阪ガスは関西エリアの新電力で契約件数No.1*!
  • 大阪ガスで都市ガスと電気をセットでまとめれば、光熱費もまとめて管理ですっきり
  • 都市ガス「まとめトク料金」とセットにすると、セット割で都市ガス料金が3%オフ
  • 約200拠点にも及ぶお近くのガスのお店やコールセンター等で、地域密着の丁寧なカスタマーサポートを提供

*出典:電力・ガス取引監視等委員会「制度設計専門会合」第74回 配布資料(2022年3月末時点)。新電力とは旧一般電気事業者以外の小売電気事業者

▷料金プランの詳細はこちら

 公式サイト
 
CDエナジーダイレクト  公式サイト
CDエナジーダイレクト

【関東エリア】
CDエナジーダイレクト

  • 一人暮らしから大家族まで、ぴったりのプランが見つかる
  • 電気もガスもお得な料金設定
  • セットにすると電気もガスもさらに0.5%割引!*
  • 中部電力×大阪ガスの共同経営

*電気・ガスともに対象プランを同一名義・支払方法で契約した場合。スマートでんき・ゆかぽかガス・はつでんガスは対象外。電気の割引対象となるのは基本料金+電力量料金(燃料費調整額を除く)の合計

▷料金プランの詳細はこちら

 公式サイト
電話で詳細を確認/申込  03-4540-6647