申し込み

”しばり”なし!- 解約金ないのおてがる光のお申込み

お電話でのお申込みいただけます。フォームにご記入ください。指定のお時間に担当者からのコールバックいたします。

コールバック希望

都合の良い時間帯およびインターネットの使用状況についてお知らせください。

おてがる光:料金・申し込み・解約・問い合わせ先

「おてがる光」は2019年11月にサービス開始した新しい光インターネットです。この記事では、おてがる光の各種料金に加えて、5つの特長とおすすめできる人のタイプ、申込・解約方法まで具体的に案内します。

おてがる光 - 料金

おてがる光の料金プランやオプション料金、手続きに伴う手数料などを案内します。

おてがる光 - 料金プラン

おてがる光の料金プランは下記の通りです。

おてがる光 - 月額料金(税別)
種別 月額料金
マンションタイプ(集合住宅) 3,280円
ファミリータイプ(戸建て) 4,280円

おてがる光 - 工事費用

初めて光回線に申し込む人やフレッツ光以外の光回線を利用していた人には、回線工事に伴う工事費用が発生します。工事費用は一括払いか分割払いを選択できます。

おてがる光 - 新規工事費用(税別)
種別 料金
マンションタイプ 一括払い 15,000円
分割払い 500円×30回
ファミリータイプ 一括払い 18,000円
分割払い 500円×36回

おてがる光 - 各種手数料

おてがる光に申し込む際に発生する各種手数料を案内します。

おてがる光 - 各種手数料(税別)
種別 月額料金
契約事務手数料(申し込み時に必ず発生する) 2,000円
転用手数料(フレッツ光から乗り換え時に発生する) 2,000円
事業者変更手数料(他社光コラボから乗り換え時に発生する) 2,000円
同番移行手数料(光電話の番号引継ぎ時に発生する) 2,000円
請求書発送手数料(請求書で支払う場合の手数料) 800円
口座振替手数料(口座振替時に発生する) 100円

おてがる光 - 光電話の料金

おてがる光の光電話サービスは、NTT固定電話から番号を引き継いで使用することも、すでに利用している光電話からそのまま乗り換えることも可能です。

おてがる光電話のサービス内容は、フレッツ光や他社光コラボの光電話とほぼ同じです。その点、乗り換え時にも違和感はないといえるでしょう。

おてがる光 - 光電話の料金(税別)
プラン 月額料金
おてがる光電話 500円
おてがる光電話プラス(無料通話分480円/月と★サービス含む) 1,500円
ルーター使用プラン 月額料金
おてがる光電話対応ルータ 300円
無線LANカード利用料 100円
付加サービス 月額料金
★番号表示サービス 400円
★ナンバーリクエスト 200円
★キャッチ電話サービス 300円
★電話転送サービス 500円
★着信拒否サービス 200円
★着信お知らせメール 100円
FAXお知らせメール 100円
追加番号サービス「マイナンバー」 100円
複数チャネルサービス「ダブルチャネル」 200円
通話区分 通話料金
固定電話への通話(3分) 8円
他社IP電話への通話(3分) 10.4~10.8円
携帯電話への通話(60秒) 10.8~17.5円
PHSへの通話(60秒) 10円

おてがる光 - オプション料金

おてがる光のその他オプションは以下の通りです。

IPv6オプション
最新の接続方式で夜や休日も安定した高速通信が可能

おてがる光テレビ
アンテナ設置が不要で地上デジタル放送を楽しめる

おてがる光リモートサポート
専門オペレーターが電話または遠隔操作でパソコン・周辺機器の悩みをサポートしてくれる

おてがる光 - オプション料金(税別)
種別 月額料金
IPv6オプション 150円
おてがる光テレビ 750円
おてがる光リモートサポート 500円

おてがる光 - 5つの特長

「おてがる光」はその名からも分かるように、手軽に申し込めるシンプルな光インターネットサービスです。シンプルとはいえ押さえる所は押さえている「おてがる光」の特長を5つ紹介します。

  1. 契約縛りが無いから解約手数料ゼロ
  2. コスパは業界トップレベルの月額3,280円~
  3. シンプルで分かりやすいサービス
  4. IPv6対応でストレスフリーの高速通信
  5. フレッツ光/光コラボから簡単乗り換え

①契約縛りが無いから解約手数料ゼロ

おてがる光の最大の特長は、契約の縛りがなく解約手数料がかからないことです。

通常、ほとんどの光回線サービスは2年か3年の自動更新契約となっています。契約期間中に解約するとおよそ1万円程度の違約金がかかるほか、違約金がかからない更新月を見過ごすと自動的に新たな契約期間が始まってしまいます。

おてがる光にはそのような解約リスクが一切ありません。つまり極端な話、契約して一ヶ月後に解約しても違約金が発生しないわけです。本当にお手軽に申し込める光回線といえますね。

下記の表では、おてがる光と他の主な光コラボ※の契約期間・解約手数料を比較しています。

※光コラボとは、プロバイダがフレッツ光回線をNTTから借り受けて自社のサービスとして提供する形態を指します。おてがる光も光コラボの1つです。

光インターネット - 契約縛り比較
光回線サービス 契約期間 契約期間中の解約手数料
おてがる光 なし なし
DTI光 なし なし
ドコモ光 2年自動更新 13,000円(戸建)
8,000円(マンション)
SoftBank光 2年自動更新 9,500円
@nifty光 2年または3年自動更新 9,500円(2年契約)
20,000円(3年契約)
ビッグローブ光 2年または3年自動更新 9,500円(2年契約)
20,000円(3年契約)
So-net光プラス 3年自動更新 20,000円

②コスパは業界トップレベルの月額3,280円~

おてがる光の月額料金は、マンションタイプが税別3,280円と業界最安レベルです。これがどれほど安いのか、下記の比較をご覧ください。

おてがる光同様に契約縛りがないDTI光と比較しても、おてがる光の方がコストパフォーマンスで勝っています。

光回線サービス 月額料金(税別)
戸建て マンション
おてがる光 4,280円 3,280円
DTI光 4,800円 3,600円
ドコモ光(GMOとくとくBB) 5,200円 4,000円
SoftBank光 5,200円 3,800円
@nifty光 4,600円(3年)
5,200円(2年)
3,480円(3年)
3,980円(2年)
ビッグローブ光 4,980円(3年)
5,180円(2年)
3,980円(3年)
4,080円(2年)
So-net光プラス 5,580円 4,480円

※上記はスマホセット割などの割引を除外した通常料金です。

③シンプルで分かりやすいサービス

おてがる光のサービスはとてもシンプル。他の光インターネットのように細かい条件付きの割引やキャッシュバック特典などはなく、純粋に月額の安さと契約縛りなしで勝負しています。

初めて光回線に申し込む人が最初につまずくのは、契約時の条件や決まり事の多さです。数多くある光インターネットサービスを比較して選ぶとなると、面倒に感じたり頭がこんがらがったりする人もいることでしょう。

そんな人にこそおすすめできるのが、おてがる光なんです。おてがる光の公式ページもシンプルで見やすくなっており、インターネットに詳しくない人でも理解できるようになっています。

④IPv6対応でストレスフリーの高速通信

おてがる光は安かろう悪かろうではなく、IPv6にも対応しており通信品質も高いといえます。IPv6オプション(月額150円)を付けることで、速度低下を防いで安定した高速通信が可能です。

じつはフレッツ光回線は利用者が多いため、時間帯によっては回線が混み合い通信速度が極端に落ちてしまうことがあります。光インターネットなのに、動画やゲームが満足に動かないとストレスになりますよね。

月々150円で速度低下によるイライラを解消できるのなら、安いものではないでしょうか?

ちなみに、おてがる光契約後にIPv6オプションに申し込むと2,000円の初期費用がかかってしまいます。おてがる光申込み時に同時にIPv6オプションを付けると初期費用が無料になるので、同時申込がおすすめです。

IPv6(アイピーブイロク)とは?

IPv6接続は最新の接続方式で、これまで主流だったIPv4接続よりも通信速度が安定します。

例えると、IPv4が一般道でIPv6は高速道路となります。混雑する回線を避けてスムーズな通信が可能になるわけです。

おてがる光では有料オプションとして用意されていますが、他の光回線では標準サービスに含まれている場合もあります。

⑤フレッツ光/光コラボから簡単乗り換え

おてがる光は、現在フレッツ光や他の光コラボを利用しているユーザーなら非常に簡単に乗り換えることができます。なぜなら、おてがる光はすでに繋がっているフレッツ光回線をそのまま使用するからです。

回線工事が不要なので切り替え手続きもすぐに済み、インターネットが使えなくなる期間もありません。インターネット環境は変わらずに月額料金が安くなるので、おてがる光に乗り換える人が増えているのも不思議ではないですね。

乗り換え申込み種別:
現在フレッツ光を契約している⇒転用申込み
現在他社光コラボを契約している⇒事業者変更申込み

おてがる光がおすすめの人とは

おてがる光の特長をふまえると、次のような人がおすすめのタイプといえます。

  • 光回線に初めて申し込む人
  • 現在フレッツ光・他社光コラボを契約している人
  • 複雑な特典よりもシンプルに安いほうがいい人
  • 格安SIM・格安スマホを利用している人

光回線に初めて申し込む人
これまでADSLを利用していた家庭、または固定回線自体が初めてという場合には、おてがる光がおすすめです。なぜなら、 初めての光回線で不安を感じている人にとって、契約の縛りが一切無いおてがる光は安心して申し込めるからです。

現在フレッツ光・他社光コラボを契約している人
すでにフレッツ光や他の光コラボを契約しているなら、コスパに優れたおてがる光に乗り換えることで、月額料金を節約できる可能性が高いといえます。また、フレッツ光からおてがる光に転用する際には解約金が かからないのも注目です。

複雑な特典よりもシンプルに安いほうがいい人
ほとんどの光回線インターネットは様々な特典を打ち出しているのに対して、おてがる光はいたってシンプル。色んな条件付きの特典よりも、月額料金がシンプルに安いほうがいいという人は、おてがる光に向いています。

格安SIM・格安スマホを利用している人
ドコモ光やSoftbank光、auひかりなどでおなじみのスマホセット割は、おてがる光にはありません。しかし、このスマホセット割は大手キャリアの携帯電話ユーザーのみが対象です。

格安SIM・格安スマホを使っている人は、割引が適用されない光回線より、誰でも月額料金が安くなるおてがる光に申し込むほうがお得といえるでしょう。

おてがる光 - 申込み方法

おてがる光への申込みは、このページ上部にある「コールバック希望」から行うことができます。

選択した都合の良い時間帯に、担当者から折り返し電話があります。電話口で気になることを何でも相談でき、十分に納得したうえで契約に進めるので安心ですよ。

フレッツ光・光コラボから乗り換えなら承諾番号が必要

現在フレッツ光もしくは光コラボを契約中の人がおてがる光に乗り換えたいなら、まず承諾番号を取得する必要があります。

フレッツ光から乗り換える場合
転用承諾番号」をNTT東日本/西日本から取得しておきます。

転用承諾番号取得先
WEBにて取得 電話にて取得
NTT東日本 https://flets.com/tenyou/
(受付時間 8:30~22:00)
0120-140-202
(受付時間 9:00~17:00)
NTT西日本 https://flets-w.com/collabo/tenyou/entry/
(受付時間 7:00~25:00)
0120-553-104
(受付時間 9:00~17:00)

他社光コラボから乗り換える場合
「事業者変更承諾番号」を現在利用中の光コラボから取得しておきます。取得手続きについては、各光コラボのマイページにログインして確認してください。

おてがる光 - 解約方法

おてがる光を解約するには、おてがる光カスタマーセンター(0120-921-301)に問い合わせます。

電話問い合わせ時に、回線の撤去工事が発生するのかどうか、機器の返却は契約者が郵送するのかどうか等も確認できます。

なお、おてがる光からフレッツ光や他社光コラボに乗り換える場合は、おてがる光での必要な手続きは承諾番号の取得のみです。

おてがる光 - 問い合わせ先

おてがる光に関して不明な点や質問したいことがあれば、下記に問い合わせるといいでしょう。

おてがる光 - 問い合わせ先
会社名 株式会社イーエムアイ おてがる光カスタマーセンター
住所 〒160-0004
東京都新宿四谷 1 丁目 1-2 四谷見附ビルディング 6 階
電話番号 0120-921-301(受付時間11:00~19:00)

関連する記事を見る