IPv6・IPoE通信とは?IPv4・PPPoEやIPv6 over IPv4も初心者向けに解説

IPv6・IPoE通信とは?

光回線では最近主流になりつつある、IPv6・IPoE。プロバイダでは「通信速度が上がる」、「快適になる」と紹介されています。仕組みをよく知らないまま情報を鵜呑みにせず、この機会に一挙におさらいしてみましょう。

総額表示への移行 2021年4月1日からの「総額表示」義務に伴い、「税込価格」統一に向けて順次変更を行っています。一部表示の切り替わっていない記事もあります。ご了承ください。
セレクトラのらくらく窓口ではインターネットのお申し込みに関するご相談を受付中。電話予約はこちら

独自回線が魅力 - フレッツ光以外の光回線インターネットは? 一覧とその特徴(記事)

「通信速度」以外にも大切なping値とは?オンラインゲームをするなら重要視すべきping値

【おさらい】インターネット接続の仕組み - ウェブサイトを訪れる時に起こっていること

IPv6・IPoEの仕組みを説明する前に、基本情報としてインターネットに接続する仕組みをおさらいしておきましょう。

インターネットに接続してウェブサイトを訪れたり、ウェブサービスを利用するためには、「IPアドレス」が必要です。英語では、"Internet Protocol address"(インターネット・プロトコル・アドレス)と言います。IPアドレスは私たちの生活に近い所で例えると、住所のようなものです。例えば、自分のパソコンやスマートホン、ウェブサイトには全てIPアドレスが割り振られています。これにより、各デバイス(パソコン・スマホ)や各ウェブサイトが世界中のネットワークのどこにいるのかを表すことができ、情報のやりとりができるようになります。

ウェブサイト訪問
ウェブサイト訪問

※厳密にはIPアドレスをやり取りするのはウェブサイト本体ではなくサーバですが、今回はおおまかなイメージを持っていただくために簡略化した図を使用しています。

例えばセレクトラの公式ウェブサイトにあなたのパソコンからアクセスしようと思った時、Googleなどの検索エンジンで「セレクトラ」と検索します。そして、検索結果に出てきたサイトをクリックすることでセレクトラのサイトまでたどり着きますよね。

実はその裏で、家のコンピュータやスマホとサービスを提供する側のコンピュータ(サーバ)との間で「〇〇のIPアドレスを持っている者です。△△のIPアドレスのウェブサイトに行かせてください。」といったようなやりとりをしています。

このようなやり取りを繰り返しながら、パソコンやスマホでウェブサイトを閲覧したり、動画を観たりといったあらゆる活動が可能になっています。

IPv6/IPoE接続だから速い・縛りや解約金なし
工事費無料&12ヶ月間割引キャンペーン実施中

IPv6/IPoE接続だから速い・縛りや解約金なし
工事費無料&12ヶ月間割引キャンペーン実施中

誰でも分かるIPv6(アイピーブイシックス)

IPv6(アイ・ピー・ブイ・シックス)は"Internet Protocol Version 6"(インターネット・プロトコル・バージョン6)の略です。

この「プロトコル」には、「決まりごと・ルール」という意味があり、インターネット・プロトコル(IP)は通信ルールのことを指します。つまり「IPv6」をざっくり日本語に訳すると「インターネット上の通信ルール・バージョン6」ということになります。

このインターネット・プロトコル(IP)は、先ほど解説したIPアドレスの作り方を左右しています。バージョンが新しくなるのに伴い、IPアドレスも、決まった通信ルールに則って生成されます。

IPv6とIPv4のIPアドレスの違い
IPv6とIPv4のIPアドレスの違い

インターネット上のwebサイトやサービスは、必ずこの通信ルールに従わなければいけません。

今のところは、まだIPv4ルールに則ったウェブサイトが多いです。しかし、今後徐々に最新バージョンのIPv6対応サイトへと移行していきます。

IPv6が登場した理由

イーサネットケーブルのイラスト

なぜIPv6が登場したのかというと、IPv4では対応できない大きな問題が出てきたからです。その問題というのは、IPv4のIPアドレスの数(約43億個)が上限に達してしまったということです。

冒頭で「IPアドレスは住所のようなものだ」と説明しました。住所が足りなくなった場合、同じ住所を色んな場所に使い回す訳にはいかないので、新しい住所を作る必要があります。IPv4の場合、決まった方法で生成した数字の列をIPアドレスにするというルールがありました。ところが、それだと近いうちに住所が足りなくなってしまうことが判明したのです。IPv6移行の検討がされ始めたのが1995年、移行のプロジェクトが動き出したのが、2010年*のことでした。

現在、IPv4の持つ43億個のIPアドレスは既に枯渇しています。ちなみに、今この世の中に存在するデバイス(コンピュータやスマートフォン)の数は、この43億個のIPアドレスの数を優に超えてしまっています。しかし、その一方でIPv4からIPv6への移行はまだ完了していません。当面は、NATゲートウェイ**などを駆使しながら、どうにか少ないIPアドレスで持ちこたえている状況です。

NATゲートウェイ** 簡単に言うと、1つのIPアドレスを共有してネットワークを作る仕組みのことです。例えばアパートの住人一人ひとりにIPアドレスを与えるのではなく、建物全体で1つのIPアドレスを割り当てることで限られたIPアドレスの節約になります。

IPアドレスが本当に枯渇してしまったら一体どうなるのかと言うと、新しいウェブサービスを作ることや、新しいパソコンユーザーを増やすことことが不可能になり、私たちのインターネット世界の発展はストップしてしまいます。

新しい通信ルールIPv6の持つIPアドレスは約340澗(かん)個。これは340兆×1兆×1兆という果てしなく大きい数で、宇宙にある星の数よりも大きいです。これなら事実上IPアドレスを無限に作ることができます。IPv6であれば、今後通信機器やウェブサービスがどれだけ増加しても問題ありません。

次に、「IPoE」とは何かを説明します。

*IPv6に関する内容はIANA(Internet Assigned Numbers Authority) のページ(https://www.iana.org/assignments/ipv6-address-space/ipv6-address-space.xhtml)を参考にしています。

インターネット申し込み無料相談

インターネット選び、電話で相談!折り返し電話サービスをご利用ください。

セレクトラのらくらく窓口では、ネット選び・契約の相談を電話で受け付けています。(※完全予約制)

インターネット選び
お気軽にご相談ください

セレクトラのらくらく窓口では、ネット選び・契約の相談を電話で受け付けています。(※完全予約制)

誰でも分かるIPoE(アイピーオーイー)

IPoEはインターネット・プロトコル・オーバー・イーサネットの略です。ざっくり日本語にすると、「イーサネット※を通してIP通信を行う方式」、ということになります。

※イーサネットって何? イーサネット(Ethernet)とは、コンピューターネットワークに用いられる有線の技術規格のことです。LANケーブル、光ファイバーケーブルがイーサネット規格に数えられます。

「IPv6」が情報の表し方だとすると、「IPoE」は、そのIPv6のルールに則って表された情報をやり取りする方法を指します。私たちの生活に近いものに例えるなら、「IPv6」は住所録の書き方、「IPoE」は郵便配達システムです。住所録(IPv6のIPアドレス)に基づいた郵便配達システム(IPoE)のおかげで、各家庭と郵便局の間で郵便物のやりとりを行います。

IPoE接続方式は、IPv4の接続方式PPPoEの弱点であったスピード損失が少ないです。では、IPoEとPPPoEはどう違うのでしょうか?

IPoE接続とPPPoE接続の違い

PPPoE通信を郵便に例えた図
PPPoE通信を郵便に例えた図

PPPoE接続とは、Point to Point Protocol over Ethernet(ポイント・トゥ・ポイント・プロトコル・オーバー・イーサネット)の略です。イーサネットを通して点と点を接続する通信技術ということです。つまり、ある住所とある住所をつなぐことで通信しているというイメージです。

IPoE通信を郵便に例えた図
IPoE通信を郵便に例えた図

先ほどの郵便に例えてみましょう。PPPoEの場合は一度に1つの郵便物を配達・回収することしかできません。

一方IPoEの場合は、一度に複数の郵便物を運ぶことができますまた、1人の配達員が同時に複数の住所に郵便物を届けることが可能です。つまり、1回の配達で扱える郵便物の量が増えています。

そのため、IPoE通信はPPPoE通信よりも効率よくデータ送受信ができるということになります。

インターネットプロバイダによっては、このをPPPoEとIPoEの違いを一般道と高速道路に例えた説明もされているようです。例えばエキサイトが提供する「エキサイトMEC光」ではこのようにデータを車に、通信方法を道路網に例えて説明しています。

エキサイト

画像引用元:excite.MEC光公式

IPv6/IPoE接続だから速い・縛りや解約金なし
工事費無料&12ヶ月間割引キャンペーン実施中

IPv6/IPoE接続だから速い・縛りや解約金なし
工事費無料&12ヶ月間割引キャンペーン実施中

ポイント・トゥ・ポイント・プロトコル(PPP)はもともと、電話回線を使って通信するために開発されました。一昔前のインターネット接続方法として普及したダイヤルアップ接続やISDN、ADSLでも使われてきた歴史を持ちます。

その技術が、電話回線による通信のみならずイーサネット通信にも応用されたのがPPPoE接続方式です。しかし、そもそもPPPoE接続方式は電話回線で使うために開発されたので、最大通信速度も200Mbpsに制限されています。

PPPoE接続方式は、別名「トンネル接続方式」とも呼ばれています。モデムルーターなどの専用装置というトンネルを通過しなければいけないからです。専用装置を通過する際に通信が混雑してスピードを失ってしまうこともあります。

それに対してIPoE接続は、最初からイーサネット専用に開発された接続方式なので「ネイティブ接続方法」といわれています。IPoE接続の最大通信速度はなんと100Gbps(PPPoEの500倍)で、専用機器も不要です。

PPPoE方式とIPoE方式の違い
  PPPoE接続方式 IPoE接続方式
利用者 多い 少ない
帯域制限 200Mbps 100Gbps
ユーザー認証 必要 不要
専用装置 必要 不要

IPv6/IPoE接続だから速い・縛りや解約金なし
工事費無料&12ヶ月間割引キャンペーン実施中

IPv6/IPoE接続だから速い・縛りや解約金なし
工事費無料&12ヶ月間割引キャンペーン実施中

「IPv4 over IPv6」とは?

「IPv4 over IPv6」は、IPv4 over IPv6はIPoEのまま、IPv4・IPv6の両方に対応できる技術です。具体的には、IPv4形式のデータをIPv6形式に変換し、IPoE方式で通信するという技術です。この方式は2つの接続方式を切り替えるというやり方から「デュアルスタック」とも呼ばれ、現在多くの光回線で適用されています。

インターネットの世界には、現在IPv4対応のウェブサービス、IPv6対応のwebサービスの両方が存在するため、IPv6にしか対応できないと大半のウェブサービスは利用できないことになってしまいます。「IPv4 over IPv6」を使うことで、IPoE接続のまま、IPv4・IPv6どちらの規格で作られたウェブサービスも訪問することが可能になります

IPv6(IPoE)で通信する場合も、IPv4対応webサービスには従来のPPPoE接続を利用するため、従来と速度は変わらないことになります。

「v6プラス」とは?

「v6プラス」は、商品名です。やっていることはIPv4 over IPv6と同じですが、「v6プラス」および「v6plus」は日本ネットワークイネイブラーという会社が商標登録しているため、この会社が提供しているもの以外は「v6プラス」と名乗ることができません。

もしプロバイダが「v6プラス」という言い方をしている場合、「IPv4 over IPv6のサービス、その中でも特に日本ネットワークイネイブラーが提供するIPv4 over IPv6のサービス」ということになります。

インターネット申し込み無料相談

インターネット選び、電話で相談!折り返し電話サービスをご利用ください。

セレクトラのらくらく窓口では、ネット選び・契約の相談を電話で受け付けています。(※完全予約制)

インターネット選び
お気軽にご相談ください

セレクトラのらくらく窓口では、ネット選び・契約の相談を電話で受け付けています。(※完全予約制)

【まとめ】IPv6・IPoEとは?

パソコンの図

近ごろ光回線のプロバイダではIPv6・IPoEのことを、「最新技術」、「次世代規格」と謳っている場合もありますが、IPv6・IPoEは、決して通信速度を向上させるために商業的に開発された技術ではありません。これからもインターネットを長く使い続けるために、そしてインターネットの世界の発展を止めないために編み出された方法です。

既にIPv4のIPアドレスが枯渇しているため、従来の接続方式からIPv6・IPoEへの移行は急ぐべき課題です。2021年現在、世界的に見て約3割強のウェブサービスがIPv6に移行しています。伸び率で見ると、5年で約6倍ものウェブサービスが移行していることになります。今後もその動きは止まることなく続きます。

このような理由で、今から光回線を契約するなら絶対にIPv6・IPoEに対応したプランを選ぶのがおすすめです。この先の世の中のことも見据えて、賢く光回線を選びましょう。

おすすめのIPv4 over IPv6対応光コラボ

ここからは、IPv4 over IPv6に対応している光コラボ※をご紹介します。ここに掲載しているプランは、IPv4 over IPv6対応済みのプロバイダーのみです。おすすめポイントも乗り換え時の参考にしてくださいね。

※光コラボについて光コラボとは、プロバイダーがNTT東日本/西日本のフレッツ光回線を卸購入して、回線と接続サービスをまとめて提供するシステムです。フレッツ光とプロバイダーを別々に契約するよりも料金が安く、プロバイダーごとに様々な特典が受けられるという特長があります。

光コラボの一例(IPv4 over IPv6対応)
サービス名
エキサイトMEC光
公式サイト
  • IPv6標準装備だから速い
  • 契約の縛り解約金がない
  • 老舗プロバイダーエキサイト
  • 工事費無料のキャンペーン中
エキサイト MEC光の解説ページ
戸建て(税込) 集合住宅(税込)
月額 4,950円 月額 3,850円
サービス名
OCN光
公式サイト
  • 安心のNTT系列プロバイダー
  • 開通後は初回無料のサポート付き
OCN光の解説ページ
戸建て(税込) 集合住宅(税込)
月額 5,610円
(自動更新)
月額 3,960円
(自動更新)
サービス名
BIGLOBE光
申し込み専用サイト
  • auスマホとセットで月額料金が割引
  • 老舗プロバイダーだから安心
BIGLOBE光の解説ページ
戸建て(税込) 集合住宅(税込)
月額 5,478円
(3年契約)
月額 4,378円
(3年契約)
サービス名
So-net光プラス
公式サイト
  • セキュリティ「カスペルスキー」が永年無料
  • IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料
So-net光プラスの解説ページ
戸建て(税込) 集合住宅(税込)
月額 6,138円
(自動更新)
月額 4,928円
(自動更新)
サービス名
DTI光
公式サイト
  • 契約の縛りがなく解約金もない
  • IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料
DTI光の解説ページ
戸建て(税込) 集合住宅(税込)
月額 5,280円 月額 3,960円
光コラボの一例(IPv4 over IPv6対応)
サービス名 特徴 月額料金(税込)
戸建て 集合住宅
エキサイトMEC光
公式サイト
  • IPv6標準装備だから速い
  • 契約の縛り解約金がない
  • 老舗プロバイダーエキサイトだから安心
  • 工事費無料キャンペーン中
エキサイト MEC光の解説ページ
4,950円 3,850円
OCN光
公式サイト
  • 安心のNTT系列プロバイダー
  • 開通後は初回無料のサポート付き
OCN光の解説ページ
5,610円
(自動更新)
3,960円
(自動更新)
BIGLOBE光
 申込専用サイト
  • auスマホとセットで月額料金が割引
  • 老舗プロバイダーだから安心
BIGLOBE光の解説ページ
5,478円
(自動更新)
4,378円
(自動更新)
So-net光プラス
公式サイト
  • セキュリティ「カスペルスキー」が永年無料
  • IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料
So-net光プラスの解説ページ
6,138円
(自動更新)
4,928円
(自動更新)
DTI光
公式サイト
  • 契約の縛りがなく解約金もない
  • IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料
DTI光の解説ページ
5,280円 3,960円
インターネット申し込み無料相談

インターネット選び、電話で相談!折り返し電話サービスをご利用ください。

セレクトラのらくらく窓口では、ネット選び・契約の相談を電話で受け付けています。(※完全予約制)

インターネット選び
お気軽にご相談ください

セレクトラのらくらく窓口では、ネット選び・契約の相談を電話で受け付けています。(※完全予約制)

更新日

価格表示について 2021年4月1日以降、各種サービスの料金は総額(税込)での表示が義務づけられています。当サイトでは順次表示の切替を進めておりますが、一部の記事及び掲載中のサービス提供元のサイトで表示が切り替えられていない可能性があります。料金をご参照いただく際は十分ご注意ください。
セレクトラのらくらく窓口ではインターネットのお申し込みに関するご相談を受付中。電話予約はこちら