インターネット料金が高い3つの理由 - ネットの月額料金を安くする方法

我が家のインターネット料金は高すぎる? - インターネット料金を安くする方法

我が家のインターネット料金は高すぎる? - インターネット料金を安くする方法

インターネット料金が高い気がする、我が家のネット代もう少し安くする方法はないのだろうか?なぜインターネット料金が高いのか理由を探りながら、有効な対策を考えてみます。

 

ネット料金が高い3つの理由

毎月のインターネットの料金が高い理由は様々です。考えられる主な理由を3つご紹介しますので、ご自分のケースに当てはまるか確認してみてください。

マンションと戸建て料金の違い

戸建てとマンションでは光回線の月額料金が異なります。戸建ての場合の方がどこのプロバイダーであっても1000円程度高く設定されています。

マンションから戸建てに移られた方は、これにより月額料金が高いと感じているかもしれません。

また、戸建ての場合、光回線のファイバーケーブルを引き込む工事も高めに設定されています。またこの工事費は分割で支払っているケースも多く、金額は僅かですが月額料金が少し高くなっている原因かもしれません。チェックしてみましょう。

割引期間が終了してしまった

数多く存在するプロバイダーのプランの中には、「最終の月の月額料金は無料。」や「最初の12か月は○○円割引」という特典を設けているところがあります。

この割引期間が終了すれば、自動的に料金はもとの金額に戻りますから、高くなったと感じているのかもしれません。

いらないオプションがついている

月額の使用料に加え、追加したオプションの料金で月々の支払いが増えている可能性があります。

光回線のオプションプランの代表的なものとしては、光電話、光テレビ、トラブルサポートなどがあげられます。ADSLの場合にも電話のオプションがありますね。

光電話や光テレビ

インターネットが高い
家の固定電話(光電話)、使っていないなら解約をすることで通信費の節約に。

光電話や光テレビなどオプションで契約をしてみたものの、あまり使用していない、使用しなくなったという場合はそれらのオプション契約を解約することで、光回線の月額料金は安くなるはずです。

家に電話がないと困るという家庭は減ってきていますから、特に光電話などは解約を真剣に考えてみてもいいでしょう。

トラブルサポートなど

トラブルサポートなどは、最初の一年はキャンペーンで無料になっていたが、その期間が過ぎてオプション料金がかかっているのかもしれません。請求書を確認してみましょう。

無線LANルーターなど

ワイヤレスでインターネットをするために必要な無線LANルーターをプロバイダーからレンタルしている場合は、このレンタル料が月額料金に追加されており、予定より月額料金が高くなっているかもしれません。

ルーターのレンタル代はおおよそ500円/月程度ですが、長期的に考えると無線ルーターを家電量販店等で購入して設置した方が安くなるでしょう。

ネットの料金を安くする方法

上記まででインターネットの月額料金が高い理由をご紹介しました。該当理由によっては、対策が取れるものもありました。

これ以外にも何か毎月のネット料金を安くする方法があるのか、そしてそれが効果的なのか調べてみましょう。

ADSLは光回線より安いのか?

事実、ADSLの場合は、光回線よりも月額料金が安いので、光回線からADSLにすれば月額の料金は下がります。

ただし、ADSLには、NTTの収容局からご自宅が遠いと通信速度が遅くなる、高画質の動画をサクサク観たい、ストリーミングで映画を観たい、そんな場合はやはり光回線の安定性に軍配があがります。

加えて、残念ながら現在はADSLへの新規の申し込みは受付が終了してしまっています。よって、今からご自宅のインターネットをADSLにすることはできません。

スマホとのセット割は本当にお得なのか?

スマホとネットのまとめ割り
スマホやケータイ + ネット(auひかり)+ 電話、この3つが揃わないと、auスマートバリュー(まとめ割)は適用されません!(出典:au)

ソフトバンク光auひかりドコモ光では、スマホとのセット割りを積極的に紹介しています。

ただし、スマホ・ケータイとのセット割りプランは、「光電話の契約をする」などオプションの追加が条件になっている点に注意が必要です。オプションを追加すると、当然月額料金が高くなります。

家族の人数が多く、みんな同じキャリアで契約をしている場合は、お得になるかもしれませんが、プラスマイナスを計算して本当に安くなるか確認する必要があります。キャリアのセット割(まとめ割)は、計算してみたら、たいして安くなっていなかったというケースがありますので計算が必ず必要です。

格安SIMへの切り替えも意識している方はキャリアの光回線は慎重に検討するこをおすすめします。

とにかく月額料金の安いプランにする

有名なプロバイダーの中ではエキサイト光が最安値を提供しています。とにかく月額料金が1円でも安いプランにしたいという方にはおすすめです。

ただし今現在すでに契約のインターネットでスピードに不安がある方は、通信速度の改善のためのIPv6(IPoE)接続サービスに対応しているプロバイダーも選択肢に入れて契約先を考えることをおすすめします。

光回線・主なプロバイダー
光回線プラン名 特徴 代理店名

NURO光

DTI光
So-net光プラス

光回線vs無線回線

ネット代が高い
無線回線ならWi-Fiの設定をしなくてもすぐにワイヤレスでネットができるのも便利。

無線回線には、光回線にはない魅力があります。

WiMAX(ワイマックス)のようなモバイル回線は、専用のルーターさえ端末(スマホ・PC)のそばにあれば、家でも外出先でもインターネットを使うことができます。こえは移動の多い人や、この先引っ越すかもしれないといった学生や一人暮らしの人には機動性が高く便利です。

また、SoftBank Airのような据え置きタイプの無線インターネットは、導入が簡単で、最初からワイヤレスでネットができますから、Wi-Fi環境の設定なども不要です。こちらも、引っ越し先でも住所変更さえ行えば簡単に継続して使えるというメリットがあります。

光回線の場合は引っ越しが理由で解約する場合も解約金がかかりますから、今の家に長く住むか分からないな?という方はこのようなインターネットを利用することで将来的なロスを避けることができます。

工事がいらない無線回線インターネット
UQ WiMAX 
  • UQコミニュケーションズ(KDDI系)の提供するサービス
  • WiMAX専用ルーターを購入もしくはレンタルしプランを契約する。
  • 自宅で使用できる他、ルーターを持ち運べば外出先でもインターネットが使える。

WiMAX(ワイマックス)とは?WiMAXの特徴や注意点

SoftBank Air (ソフトバンク)
  • ソフトバンクの提供する無線回線インターネット
  • Airターミナルと呼ばれる機器を接続すればすぐにインターネットができる。
  • SoftBank Airは宅内での使用専用です。

インターネット回線・ソフトバンクのSoftBank Air - 特徴と料金

更新日
このブロックは壊れているか見つかりません。コンテンツが存在しないまたはオリジナルのモジュールを有効化する必要があります。