引っ越し先でのインターネット・申し込みガイド - プラン選びと注意点

引っ越し先での賢いインターネット選びと注意点
あとで「しまった!」とならないために。引っ越し先でインターネット選びと注意点についてご紹介します。

引っ越し先のインターネット、納得・満足のプランをきちんと選びたい。そんな方のために、どのように回線・プランを比較し、選ぶべきか分かりやすく解説します。

インターネット回線にはどんな種類がある?

インターネット契約において、かなり重要にも関わらず、見落としがちなのが、「インターネット回線選び」です。

インターネット回線には、現在契約が可能なものとして、 光回線無線回線(据え置きタイプとモバイルタイプ)の2種類があります。 この2つの選択肢からお引越し先でのライフタイルにマッチしたインターネット回線はどれなのか考えてみることをおすすめします。

ちなみにADSL回線は、すでに新規での申し込みの受付を終了しています。今現在ADSLを利用しており、引っ越し先でも ADSLを申し込もうと考えていた人は、光回線・もしくは無線回線を選ぶ必要があります。

お引越し先での賢いインターネット回線選びガイド

そうはいっても、どうやって自分の引っ越し先の生活スタイルにあったインターネット回線を選んでいいか分からない。そんなあなたに、インターネット回線選びのヒントを分かりやすくご紹介します。

スピードNo.1は光回線

スピード最重視の方は、光回線を迷わず選ぶべきです。

いわゆる通信速度とは、どのくらいのデータを1秒で送れるかどうか、ということです。ですから、お引越しと同時に家族の人数も増える、複数人でインターネットを使用する、各人が動画などをよく観る、写真をオンラインにどんどんアップしたい、そんな場合は、光回線が一番です。

以前、光回線を利用していたが、それほどスピードが速いとは思えなかった。そんな人は、光回線の中でもIPv6(IPoE)接続サービスのあるプロバイダー、もしくは独自の光回線を提供するNURO光(提供地域が限られています。)を検討してみましょう。

IPv6(IPoE)接続とは?混雑をさけてインターネットに接続できるしくみのことです。 - IPv6(IPoE)接続サービスについて詳しく

IPv4 over IPv6対応 – 光コラボ(一例)
光コラボ名称 特徴 月額料金
戸建て 集合住宅
en ひかり
公式サイト
  
  • 月額料金は業界最安値。
  • 契約の縛りや解約金がない。
4,300円 3,300円
エキサイトMEC光
公式サイト
      
  • 老舗のプロバイダー。
  • 契約の縛りや解約金がない。
エキサイトMEC光の解説ページ
4,500円 3,500円
ソフトバンク光
公式サイト
      
  • 大手キャリアのソフトバンク
  • ソフトバンクのスマホ/ケータイ料金が毎月割引
ソフトバンク光の解説ページ
5,200円
(自動更新)
3,800円
(自動更新)
GMOとくとくBBドコモ光
公式サイト
       
  • ドコモのスマホ料金が毎月割引
  • IPv6接続対応ルーターのレンタルずっと無料
BBドコモ光の解説ページ
5,200円
(自動更新)
4,000円
(自動更新)
DTI光
公式サイト
  • 契約の縛りがなく解約金もない
  • IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料
DTI光の解説ページ
4,800円 3,600円
So-net光プラス
公式サイト
  • セキュリティ「カスペルスキー」が永年無料
  • IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料
So-net光プラスの解説ページ
3,780円
(自動更新)
2,780円
(自動更新)

家族みんなでインターネットする?それとも一人暮らし?

家族みんなで自宅でネットをする場合も、やはり通信の安定している光回線がおすすめです。 Wi-Fi(ワイファイ)を自宅で設定すれば、もちろん宅内でワイヤレスでネットをすることも可能です。

一方、一人暮らしで家にいることが少なく、趣味や遊びで外にいることが多い人は、モバイル回線のWiMAX(ワイマックス)の方がその長所を最大限に生かすことができます。スマホは通話だけにして、家も外もWiMAXでネットをすれば通信費の削減になります。

ただし、ルーターを外に持ち出し場合、家ではネットができなくななってしまうため、無線回線WiMAX(ワイマックス)は、一人暮らしや休日も行動をともにすることが多いカップルなどに適しています。

工事の立ち合いに時間が取れない、忙しくてWi-Fiの設定など面倒

光回線は、回線ケーブルを宅内に引いてくる必要があるため、どうしても工事に立ち会う必要があります。

また、当然宅内でもワイヤレスでインターネットをしたいでしょうから、Wi-Fiルーターをセッティング(プロバイダーからレンタルするか自分で購入する)しなければなりません。

引越しで忙しい、共働きで時間が取れない、とにかく早くインターネットを導入したい、という方は無線回線、据え置きタイプのインターネットが便利です。 専用機器をコンセントにさせばすぐにインターネットができます。少数世帯であれば通信速度は問題ないでしょう。

工事がいらない無線回線インターネット
据え置きタイプ ソフトバンクエアー
  • ソフトバンクの提供する据え置きタイプの無線回線インターネット
  • Airターミナルと呼ばれる機器を接続すればすぐにインターネットができる。
  • 引っ越しがあっても、住所変更するだけですぐに使用ができる。
モバイルタイプ UQ WiMAX 
  • WiMAX専用ルーターを購入もしくはレンタルし、プランを選んで契約スタート。
  • 自宅で使用できる他、ルーターを持ち運べば外出先でもインターネットが使える。
  • 主に単身世帯に向いている。

お引越し先での光回線の契約ガイド

「家族みんなでインターネットを使う」、「工事が必要なのは了解。それでも、やはり一番安定したインターネット回線を契約したい」という方には光回線がベストなオプションです。

こちらでは、引っ越し先で光回線を契約したい場合のポイントやチェックポイント・注意点をご紹介します。

フレッツ光とプロバイダー別々に契約する必要はない

光回線を契約する場合は「光回線料金とプロバイダー料金がセット」になったものを選ぶのが良いでしょう。契約窓口が1つで済みますので手続きや万が一の解約の手続きがとてもシンプルになります。

かつては、NTTとまずは、光回線自体(フレッツ光)を契約し、プロバイダー契約をプロバイダーとしなければなりませんでした。希望であれば、現在もこのように別々に申し込むことが可能です。 しかしながら、手続きの煩雑さを考えるとセットになっているものが非常に便利です。

回線とプロバイダーがセットになっている光インターネット(一例)
So-net光 NURO光 DTI光 エキサイト光
ソフトバンク光 ぷらら光 MEC光 BIGLOBE光

キャンペーンを利用する場合は、条件を確認しましょう

光回線の新規契約では、魅力的なキャッシュバックキャンペーンがよく行われています。

うまく利用すればお得に契約する事が可能です。ただし、キャッシュバックキャンペーンならではの条件があることも多いのでよく確認することをおすすめします。代理店によってキャンペーン内容や条件が異なりますので、すべてをここで紹介することはできませんが、主なチェックポイントをご紹介します。

  • 表示されいてる額はキャッシュバックの最大額ではないか?(どんな条件があるのかチェック)
  • キャッシュバックしてもらうためには、オプションの追加(光電話)などのオプション追加が必要ではないか?
  • キャッシュバックしてもらうために、必要な手続きはどうなっているか?(申し込めば、後は自動的にキャッシュバックしてくれるとは限らない。)
  • 解約条件はどうなっているか?契約期間の縛りはどうなっているか?

スマホとセットの光回線プランも条件を確認しましょう

スマホとセット割りの光回線は、家族が多い家庭の場合は魅力的ですが、光電話などのオプション追加が条件だったりしますので、割引が適用される条件をよく確認しましょう。

今後、大手キャリアから格安SIMへの切り替えを検討している人、家族のメンバーがバラバラのキャリアでスマホの契約をしている場合などは、トータルでの割引額がそれほど大きくない場合も考えられます。

あとから、意外に安くなっていなかった!と気づくことを避けるためにも、 キャリアのセット割りは、最終的なお得額をよく計算してみましょう。

解約条件もチェックしておきましょう。

今から申し込む光回線の解約条件を調べるのは、少し面倒ですが、解約条件や違約金をあらかじめ理解しておくことで安心して申し込みの手続きにすすむことができますね。

光回線の契約では、好きな時に自由に解約ができない「自動更新(縛り)」というのがよく採用されています。2年の自動更新であれば、2年後に契約が自動的にまた2年更新され、かつ、

自動的に契約年数が更新され、決められた「更新月(解約月)」に解約をしない限り、解約金がかかります。

お引越ししたばかりですぐにインターネットを解約するようなことは通常ないでしょうから、「自動更新プラン」でも問題ないとは思いますが、内容を理解しておくにこしたことはありません。

少数ですが、自動更新プラン・解約金なしという光回線プラン(光コラボ)を提供しているところもあります。代表的なものは、DTI光ぷらら光エキサイト光などです。

光回線には工事費がかかる

光回線ケーブルを家に引いてもらわなければ、光インターネットはできません。そのためには工事が必要で、工事費もかかります。これを勘定に入れておかないと、予想外の出費にショックを受けかねません。 工事無料のキャンペーンの提供がありますからそれらを利用するのも1つの方法です。

Wi-Fiルーター代は月額料金に入っていない

光回線の契約には、「手数料」、「光回線工事費」、「月額使用料」がかかるのはどこの光回線契約でも共通です。

また、ご家庭内でWi-Fiを利用したい場合は、自分でWi-Fiルーターを購入して設定するか、契約の光回線業者にこのWi-Fiルーター(無線LANルーター)レンタルをする必要があります。どこも月額300円-500円くらいでレンタルすることができます。長期的にレンタルをすると、お金がかかります。設定はさほど難しくありませんから、家電量販店でルーターを購入して設定するのも選択肢です。

NURO光のようにWi-Fiルーター代が月額料金に含まれているプロバイダーもあります。また、Wi-Fiルーターの設定が面倒な場合は、SoftBank AirWiMAX(ワイマックス)(ワイマックス)のような無線回線も比較検討してみると良いでしょう。

お引越し先での無線回線契約ガイド

一人暮らしや少数世帯の方、もしくは次にいつまたお引越するか分からない人などは無線回線のメリットを生かしすことで、自由度の高いインターネット生活ができるでしょう。

引っ越し先で無線回線を契約したい場合のポイントやチェックポイント・注意点をご紹介します。

Softbank Air(ソフトバンクエアー)

ソフトバンクエアーは、エアターミナルと呼ばれる機器を分割で購入するかレンタルするかを選びます。

分割購入する場合は、2年の自動更新(2年しばり)となりますが、長期的に使う場合はレンタルよりも安くなります。自動更新のしくみを理解した上で申し込みをしましょう。

また、手軽さと身軽さが魅力のソフトバンクエアーですが、月額料金に関しては、プロバイダーにもよりますが光回線の月額料金よりも高めに設定されているので、光回線との比較のチェックポイントに加えておくべきでしょう。

WiMAX(ワイマックス)

モバイル回線と言えば、WiMAXが最も高速で安定していますので、モバイル回線にする場合はWiMAX(ワイマックス)が良いでしょう。

  • サービス元のUQコミニュケーションズで契約するか代理店から契約するか

WiMAXはKDDIグループのUQコミニュケーションズの提供するサービスです。このため、WiMAX(ワイマックス)を契約するならば、このサービス元であるUQコミニュケーションズに直接契約するか、代理店経由で申し込むことが可能です。

どちらから契約しても、WiMAXはWiMAXで変わりありません。ただし、特典や解約条件などの差異がありますので比べて契約することをおすすめします。

  • WiMAXも自動更新プランがメイン

WiMAXの契約でも「2年自動更新」、「4年自動更新」などの”しばり”のあるプランが一般的です。

しばりのない標準プランもありますが、自動更新プランに比べて月額料金が高くなります。

とにかく自動更新を避けたい、という方は、縛りのないプランを提供しているいくつかの光回線プロバイダーと比較検討し、自分にあったものを選ぶことをおすすめします。

今ADSLを契約している場合、引っ越し先ではどうすればよい?

ADSLは新規の申し込みができません。今ADSLを利用している方は、現在契約中のプロバイダーから色々なキャンペーンの連絡を受けているかもしれませんね。 今契約中のプロバイダーが提供しているキャンペーンが必ずしも一番良いと限りませんから、 まずは、冒頭でも解説のように、お引っ越し先での世帯人数やインターネットの使用目的、ライフスタイルを考えてどのようなインターネット回線が向いているか考えてみましょう。

更新日