ビッグローブ光:料金・工事費・特徴・申し込み・解約方法

ビッグローブ光:料金・工事費・特徴・申し込み・解約方法
ビッグローブ光:料金・工事費・特徴・申し込み・解約方法

大手プロバイダーBIGLOBEが提供するコラボ光「ビッグローブ光」は、通信速度とユーザーサポートの点で高い評価を得ています。ここでは、ビッグローブ光の特徴や料金、申し込み・解約方法について具体的に解説します。

ビッグローブ光の特徴

ビッグローブ光の注目すべき特徴は、「安定した通信速度」「手厚いユーザーサポート」「選べる特典」の3つです。それぞれを具体的に解説する前に、ビッグローブ光について概観してみましょう。

ビッグローブ光は、おなじみの大手プロバイダーBIGLOBEが運営する高速光インターネットです。BIGLOBEは、ユーザーサポートや質の良いサービスが以前から高い評価を受けています。

ビッグローブ光はNTT東日本/西日本の光回線「フレッツ光」を使用しているため、光コラボレーションの一つとなります。

しかし、ビッグローブ光のサービスは他の光コラボよりも質が高いといえる十分な理由があります。それが、これから解説する3つの特徴です。

光コラボレーション、通称「光コラボ」とは?光コラボとは、プロバイダー(インターネット接続サービス事業者)がNTTに光回線を借り受けて、回線+接続サービスを一つにまとめて提供する光インターネットサービスのことです。 回線と接続サービスを別々に契約すると内容がややこしくなり、料金もかさむという問題がありました。しかし光コラボなら、通信品質はそのままに、支払いは一つにまとまり料金も安くなるというメリットがあります。

ビッグローブ光はIPv6接続だから通信が安定している

ビッグローブ光を含む光コラボはすべて、NTTのフレッツ光と同じく最大下り1Gbpsの高速通信が可能です。ただ、近年の光コラボの増加やインターネット使用人口の急増に伴って、NTTの光回線が混雑するようになってきました。

特に、インターネットの使用が集中する夜間や週末などには、光インターネットとは思えないような遅い通信速度に悩まされる人も増えています。

ユーザーサポートを重視するBIGLOBEは、この事態に対して迅速に対応しました。新規でビッグローブ光に申し込む人には、高速通信 IPv6接続(IPoE方式)が提供されるようになったのです。

IPv6やIPoEの詳細な説明は複雑になるためここでは控えますが、要は従来の通信方式だと通信が混雑してきたので、スムーズな接続のために新たな通信方式を取り入れたということです。

通常は一部のWebサイトのみIPv6接続が可能で、それ以外は旧式のPPPoE方式の接続となります。しかし、ビッグローブ光においてはすべてのWebサイトに常時IPv6接続できるようになりました。(IPv6対応無線LANルータ/光電話対応機器が必要)

このおかげで、ビッグローブ光はどの時間帯でもインターネットが安定するようになりました。4K動画の視聴やオンラインゲームがいつでもストレスなく快適に楽しめるようになったと、ユーザーからの評判も上々です。

ビッグローブ光はユーザーサポートが万全

光コラボのサービスにおいて、料金が安くなる変わりに、ユーザーのサポートが十分でない場合もあるようです。たとえば、問い合わせの電話がなかなかつながらないとか、そもそも電話の問い合わせ先がない光コラボもあります。

しかし、BIGLOBEはユーザー会員を大切にしており、手厚いサポートを用意しています。「BIGLOBEカスタマーサポート」として、問い合わせ内容に応じて下記のように別々の窓口を設けています。

BIGLOBEカスタマーサポート(電話番号)
インフォメーションデスク サービス内容や各種変更手続き等、
事務手続きに関する問い合わせ
- 0120-86-0962(通話料無料)
- 受付時間 9:00~18:00
(年中無休)
テクニカルサポートサービス 接続設定やメール設定等、
技術内容に関する問い合わせ
- 0120-68-0962(通話料無料)
- 受付時間 9:00~18:00
(年中無休)

年に365日、年末年始も休みなく問い合わせを受け付けているというのも、ユーザーサポートを重視する姿勢が表れているといえますね。

また、「BIGLOBEお助けサポート」(月額税別475円)は、パソコンやスマホの初心者向けのオプションです。パソコン・スマホ・タブレットの操作、プリンターの使い方など、通信機器のことは何でも気軽に電話で相談できるサービスとなっています。

専門スタッフが電話で親切丁寧に教えてくれるほか、パソコンを遠隔操作でトラブル解決してくれるのも頼もしいです。通話料は無料で、9:00~21:00の間でサポートを受け付けています。

毎月ワンコインで何でも手取り足取りサポートしてくれる「BIGLOBEお助けサポート」は、ビッグローブ光と同時にしか申し込めないオプションです。初心者の方は申し込んでおくと後悔はしないでしょう。

このようにビッグローブ光はユーザーへのサポートが万全のため、「ビッグローブ光を勧めたい」という声は80%、「ビッグローブ光を使い続けたい」という声はなんと91%に達しました。(2017年12月BIGLOBE実施のアンケート結果)

ビッグローブ光は特典が選べてお得になる

ビッグローブ光は様々な特典を用意しており、場合によっては複数の割引を併用することも可能です。

新規申込特典では、標準工事費が無料になるほか高額キャッシュバックがあります。また、すでにフレッツ光を利用している人がビッグローブ光に転用する際に適用される特典もあります。

ドコモ・auまたは格安SIM「BIGLOBEモバイル」を利用している人であれば、スマホとのセットで割引が適用されます。以下に、各特典の内容をまとめました。

ビッグローブ光 - 回線新規特典の内容(税別)

新規申込特典
の内容

特典1 標準工事費(戸建て30,000円/マンション27,000円)が無料(40ヵ月間の分割割引)
特典2 25,000円キャッシュバック
or
月額料金1年間-1,480円
特典3 IPv6対応無線LANルータの利用料金が1年間0円(それ以降は500円/月)
ビッグローブ光 - 回線転用特典の内容(税別)

転用申込特典
の内容

特典1 月額料金割引
- 戸建てタイプ:2年間-820円/月
- マンションタイプ:2年間-980円/月
特典2 IPv6対応無線LANルータの利用料金が1年間0円(それ以降は500円/月)

auスマホ/ケータイのユーザーは、auスマートバリュー適用で携帯電話1台につき最大1,000円も割引されます。また、家族間で最大10台まで割引可能なため、総額でかなり大幅な割引になりお得です。

適用の条件として、ビッグローブ光に加えてビッグローブ光電話に加入することが必要になります。

ビッグローブ光 – auスマートバリュー割引の内容(税別)
割引対象auサービス 割引額
auピタットプラン
(1GB以上利用)
データ利用量:
~2GB
永年-500円 / 月
データ利用量:
2GB~
永年-1,000円 / 月
auフラットプラン 永年-1,000円 / 月
同居家族も割引(50歳以上なら別住所の家族も対象) au最大10回線まで割引適用 合計最大-10,000円 / 月

ドコモのスマホユーザーなら「ドコモ光×ビッグローブ」がお得になります。ビッグローブ光とは異なるサービスになるため詳細は触れませんが、特典は毎月のスマホ料金が安くなるだけではありません。

通常月額500円(税別)の総合セキュリティ対策「BIGLOBEネットあんしんパックforドコモ光」が無料1年間無料になるほか、訪問サポートが初回無料になります。また、IPv6対応無線LANルータはずっと0円で利用できます。

ほかにも、格安SIMのBIGLOBEモバイル(タイプD)の「光☆SIMセット割対象プラン」とビッグローブ光を併用すると、ずっと毎月300円値引きされます。

ビッグローブ光の料金

ビッグローブ光の月額料金やオプション料金、初期費用はどれ位かかるのか見てみましょう。分かりやすいように、特典を一切適用しないで申し込んだ場合の金額を表記しています。

ビッグローブ光 – 新規申込(フレッツ光が初めて)時の料金(税別)
  ファミリータイプの料金 マンションタイプの料金
月額基本料 4,980円 / 月 3,980円 /月
IPv6対応無線LANルータ使用料 500円 / 月 500円 / 月
初期費用 契約手数料 3,000円 3,000円
屋内配線を新設しない場合の
工事費
一括:19,600円
分割:490円×40回
一括:19,600円
分割:490円×40回
屋内配線を新設する場合の
工事費
一括:30,000円
分割:750円×40回
一括:27,000円
分割:675円×40回
土日祝日の工事 +3,000円
ビッグローブ光 – 転用申込(フレッツ光あり)時の料金(税別)
住居タイプ ファミリータイプの料金 マンションタイプの料金
月額基本料 4,980円 / 月 3,980円 / 月
IPv6対応無線LANルーター使用料 500円 / 月 500円 / 月
申込手数料 3,000円 3,000円

ビッグローブ光電話がお得な理由

「ビッグローブ光電話」は、光回線を利用したIP電話です。NTTの一般電話をこれまで使用していた人であれば、基本料は月額500円(税別)とかなり安くなります。もちろん、これまで使っていた電話機や電話番号はそのまま引き継げます。

また、ビッグローブ光と同時申込することで光電話の基本工事費が無料になるという特典もあります。ビッグローブ光電話がお得な理由は、ほかにもあります。

記事前半で、高速通信が可能になる「IPv6接続」に触れましたね。全てのWebサイトに常時IPv6接続するためには、専用のIPv6対応無線LANルータか光電話対応機器が必要とのことでした。

光電話に申し込まなくても、IPv6接続のためには月額500円(税別)のIPv6対応無線ルータが必要です。でも光電話は基本プラン月額500円で固定電話が使え、同時にIPv6接続も利用できるようになるんです。

同じ金額で通話料が安い光電話も使えるわけですから、こちらのほうが間違いなくお得ではないでしょうか?

ビッグローブ光電話 – 通話料金・工事費(税別)
  東日本 西日本
固定電話への通話 8円 / 3分 8円 / 3分
携帯電話への通話 NTTドコモ 16円 / 60秒 16円 / 60秒
au・ソフトバンク 17.5円 / 60秒 18円 / 60秒
基本工事費 ビッグローブ光と同時申込 無料 無料
交換機等の工事のみ 1,000円 1,000円
NTTによる機器工事 4,500円 4,500円

ビッグローブ光電話 – 月額料金(税別)
  基本プラン ビッグローブ光電話A(エース)
月額基本料 500円 1,500円
基本料に含まれる通話料分 - 480円分(最大3時間相当)
通話料繰越 - 1ヵ月繰越
付加機能 - ・発信者番号表示
・通話中着信通知
・ナンバーリクエスト
・自動転送
・迷惑電話ブロック
・着信お知らせメール

ちなみに、光電話対応機器はBIGLOBEから実質無料(レンタル料月額200円が「ビッグローブ光電話セット割」適用で0円になる)でレンタルされます。

光電話対応機器は市販のものを使用することもできますが、その場合は月額基本料に200円が加算されてしまいます。そのため、BIGLOBEからレンタルするほうがお得といえます。

ビッグローブ光に申し込む手順

ビッグローブ光に申し込むには、Web/電話の2通り方法があります。Webでの申し込みのほうが、内容をよく読みながら自分のペースで進められるのでおすすめです。

ビッグローブ光へのお申込みはこちらから

ビッグローブ光に新規で申し込む手順

  1. ビッグローブ光の公式ページより申込み(所要時間10分程度)
  2. 申込から約1週間後にBIGLOBEから書類が届く
  3. 光回線の開通工事(立ち合い必要、工事時間30分~2時間程度)
  4. インターネット接続設定(機器を申し込んだ場合は設定は不要)
  5. ビックローブ光の申し込み完了

ビッグローブ光に転用で申し込む手順

  1. 転用承諾番号取得(NTT東日本/西日本にフレッツ光回線の転用申込をする)
  2. 上記から5日以内にビッグローブ光より申込み(転用は基本的には工事不要、詳細はビッグローブ光公式ページ参照)
  3. インターネット接続設定(機器を申し込んだ場合は設定は不要)
  4. それまで利用していたプロバイダーの解約
  5. ビックローブ光・転用の申し込み完了

ビッグローブ光の解約方法

ビッグローブ光の解約方法も、申込と同様に電話/Webの2通りになります。電話は、記事前半で取り上げた「BIGLOBEカスタマーサポート」の「インフォメーションデスク」にかけます。

解約時は、申込時とは異なり電話で手続きをするほうがおすすめです。なぜなら、Webで解約手続きをしようとすると、目的のページにたどり着くまでに幾つものページが表示されて面倒だからです。

また、Webから解約申し込みをしたとしても結局担当者から折り返し電話が来るため二度手間になります。

ビッグローブ光解約時の注意点

ビッグローブ光を解約する前の注意点として、違約金と工事費残債を確認しておきましょう。

現在、ビッグローブ光に新規申し込もうとすると自動的に「ひかりコース(3年プラン)」に申し込むことになります。このプランは下記の通り3年自動更新型となっています。

ビッグローブ光 - 「ひかり」コース(3年プラン)の定期利用期間・違約金
定期利用期間 36ヵ月(自動更新)
更新月 定期利用期間の最終月
解約に伴う料金 違約金 20,000円(不課税)
工事費の残債 分割払いの残債分を一括支払い

ビッグローブ光の解約違約金は20,000円と高額です。また、標準工事費が無料になる特典が適用されていた場合、40ヵ月に分割されていた工事費の残額は割引がなくなり、一括で支払わないといけなくなります。

ビッグローブ光の工事費は戸建てタイプで30,000円、マンションタイプで27,000円と高額なため、3年契約の途中で解約すると違約金と合わせてかなりの額になる場合があります。

以上のことをふまえて、ビッグローブ光を3年間は使い続けるつもりで申し込むことをおすすめします。

引越しをする場合にはどうなるのか気になるかもしれませんね。その場合、移転先でもビッグローブ光を継続使用するのであれば、違約金も移転先での工事費もかかりません。(「ひかり」コース3年プランの場合)

ですので、3年以内に引越しをするかもしれないとしても心配は無用です。

更新日