光コラボって何?光コラボのメリット・デメリットについて詳しく解説

光コラボって何?

光コラボって何?光コラボのメリット・デメリットについて詳しく解説

光コラボという言葉を聞いた事はありませんか?おトクな光回線インターネットを選ぶ時によく耳にする「光コラボ」とはなんでしょうか?光コラボのしくみやサービスについて、また光コラボのメリット・デメリットについて詳しくまとめました。

  • 光コラボは、NTTのインターネット回線フレッツ光とプロバイダーのサービスが一体化したもので、窓口が一つになります。
  • 光コラボでは、携帯電話などのセット割も多く、たいていの場合別々に契約するよりもインターネット使用料が安くなります。

光コラボの基礎知識

インターネットを選ぶとき、「光コラボ」という言葉をよく見かけますね。一体、何のことなのかご存知でしょうか?

光コラボとは、光コラボレーションの略称で、インターネット回線フレッツ光プロバイダーなどのサービスが合体した、新しいカタチのインターネットのことです。

それってつまり、結局どういうこと?わかりやすく解説していきます。

インターネット回線はフレッツ光を使用

家庭でパソコンをインターネットに接続するためには、まずインフラであるインターネット回線が必要です。

光コラボインターネット回線は、NTT東日本NTT西日本が提供している光ファイバー回線・フレッツ光です。

2015年まではNTT東西によって独占販売されていたフレッツ光ですが、・プロバイダーなどさまざまな事業者への卸売が実現しました。これが、光コラボの誕生です。

光コラボは、全国に提供エリアを持つNTT東西のフレッツ光を使用するメリットを生かし、小さな会社でも、幅広いユーザーに光回線インターネットサービスを提供出来るようになっています。

プロバイダーと一括契約が出来る

通常、自宅でインターネットを利用するには、インターネット回線だけでなく、さらに接続業者であるプロバイダーも契約しなければなりません。

しかし、NTT東西からフレッツ光サービスを買い取り、光コラボを提供している光コラボ事業者の多くはプロバイダーです。

そのため、光コラボならインターネット回線とプロバイダーをまとめて契約することが可能、インターネットにまつわる請求を一括にできます。

請求を一括にするだけでなく、契約が一つになるため、解約時に別々に解約する必要もなく、インターネット周りの契約では当たり前の「自動更新(しばり)」も一つになるため、

解約期間の心配が半減します。

携帯や電気などのセット割があり、おトク

さらに、プロバイダーの他にも、光コラボでは通信事業者などが携帯などのサービスとのセット割も展開していたり、電気とのセット割りがあったりもします。

光コラボを上手に選んでインターネット回線を乗り換えれば、今よりもおトクな料金でインターネットを利用することができるようになるでしょう。

光コラボ事業者の一覧

それでは、具体的にはどんな光コラボ事業者があるのでしょうか? 主な光コラボ事業者を一覧にまとめてみました。

光コラボの一例
ぷらら光
NTT系列の老舗のプロバイダー
ぷらら光に申込む
DTI光
業界最安級の光コラボ。契約縛りがなく解約金もない。速度に定評あり。
DTI光に申込む
So-net光プラス
ソニー系列のプロバイダー。キャンペーンや特典も充実
So-net光プラスに申込む
SoftBank光
ソフトバンクのスマホ代が割引になる。Yahoo!BB ADSLから乗り換えキャンペーン実施中
SoftBank光に申込む
ドコモ光
ドコモのスマホ代が割引になる。プロバイダーによって高額キャッシュバック等特典あり
エキサイト MEC光
老舗プロバイダーのエキサイト。契約縛りがなく解約金もない。IPoE接続で安定の通信速度。
MEC光に申し込む

光コラボのメリット

それでは、実際に光コラボへインターネットを乗り換えると、どんなメリットがあるのでしょうか?

 インターネット回線とプロバイダーをまとめて契約出来る

契約もインターネットにまつわる料金の支払いも一つで良くなり、ほとんどの場合別々に契約するよりもおトクになります。

また、契約が一つになる事で何が良いかと言うと、解約する時にそれぞれ解約をする手間が省けます。

インターネット回線とプロバイダーは、いずれも「自動更新」と言っていわゆる”しばり”がある事が多いですが、契約を一つにする事でこのしばりのわずらわしさが半減します。

 携帯電話、スマホ、映像コンテンツ、電気など豊富なサービスとのセット割がある

光コラボは、元々インターネット回線が本業ではない会社が続々と進出しています。つまり、auやドコモなど携帯電話のキャリアの光コラボの場合、携帯電話とのセット割りのサービスがあります。

他にも、U-NEXTが映像コンテンツとのセット割りを出していたり、eo光は、eo電気とのセット割りがあります。

光コラボのデメリット

それでは、実際に光コラボへインターネットを乗り換えると、どんなデメリットがあるのでしょうか?

 フレッツ光の光回線を初めて契約する場合、新規工事が必要

フレッツ光の光回線を既に契約していれば問題ではありませんが、初めて光回線を契約する場合、光回線ケーブルを引いてくる新規工事が必要になります。つまり、工事費用もかかりますし、工事を予約するために時間もかかります。

工事なしのインターネットもある

もし工事は避けたいという方ならば、工事不要のインターネットという選択肢もあります。一人暮らしや引っ越しが多い人はこのような工事のいらない無線回線なども検討してみるとよいでしょう。

こういった工事不要のインターネットは、導入してすぐワイヤレスでインターネットができるのも魅力です。光回線の場合は、別途Wi-Fiルーターを買うか、プロバイダーからレンタルをしてワイヤレス環境を整える必要がありますね。

工事がいらない無線回線インターネット
据え置きタイプ ソフトバンクエアー
  • ソフトバンクの提供する据え置きタイプの無線回線インターネット
  • Airターミナルと呼ばれる機器を接続すればすぐにインターネットができる。
  • 引っ越しがあっても、住所変更するだけですぐに使用ができる。
モバイルタイプ UQ WiMAX 
  • WiMAX専用ルーターを購入もしくはレンタルし、プランを選んで契約スタート。
  • 自宅で使用できる他、ルーターを持ち運べば外出先でもインターネットが使える。
  • 主に単身世帯に向いている。

もちろん、通信の安定性と速度に関してはやはり光回線が優れています。世帯人数が多い、高画質動画をよくみるそんな人はやはり光コラボがおすすめです。

 光コラボから光コラボへの乗り換えの場合、解約金が発生するケースがある

一番最初に光コラボへ変更する時は、転用(転用については「転用ってどういう意味?」の記事をどうぞ)と言って工事もなく比較的簡単な手続きで光コラボに変更できます。

しかし、光コラボから光コラボへの乗り換えの場合、転用は出来ず、一度解約し、工事からやり直しになるため、費用も期間もかかりますので注意しましょう。

費用と時間のかかる工事はもう嫌だという方には、工事の必要がないWiMAX(ワイマックス)や据え置きタイプのソフトバンクエアーといった選択肢もあります。

更新日