電話で電気・ガス切替相談

新居の電気・都市ガスお申し込み

0120-013-605 または


最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できる電気とガスをご提案します。 ▷営業時間・ご利用方法について確認する


セレクトラのらくらく窓口 広告

東京電力EPの問い合わせ電話番号は記事本文の記載をご確認ください。

新居の電気・都市ガスお申し込み

0120-013-605 または
  • 今から加入できる電気とガスを提案
  • 引越し直前でも大丈夫
  • 東京電力の電気・ガスも受付中

営業時間・ご利用方法についてはこちら


セレクトラのらくらく窓口 広告

スマートライフプランの電気料金 | 東京電力

東京ガスのお申し込み

基本料金が3ヶ月無料[東京ガスの電気]

  • 東京ガスの電気(基本プラン・ずっとも電気3)新規お申し込みで基本料金3ヶ月無料
  • 二人暮らし(月300kWh)なら東京電力と比べて年間約2,700円安い
  • ファミリー世帯(月450kWh)なら東京電力と比べて年間約8,000円安い
  • 電気とガスのセットでさらに電気代が0.5%安い
  • さらに業界最高水準のポイント還元率1.5%(パッチョポイント)

今なら電気の基本料金が3ヶ月無料

  • 東京ガスの電気に新規お申し込みで基本料金3ヶ月無料
  • 二人暮らしなら東京電力と比べて年間約2,700円安い
  • ファミリー世帯なら東京電力と比べて年間約8,000円安い
  • ガスとセットでさらに電気代が0.5%安い
  • 業界最高水準のポイント還元率1.5%(パッチョポイント)

基本料金3ヶ月無料キャンペーンは「基本プラン・ずっとも電気3」が対象。キャンペーンの内容は予告なく変更されることがあります。二人暮らしは月平均300kWh使用する場合を想定。ファミリー世帯は月平均450kWh使用する場合を想定。東京電力の従量電灯Bの基本料金・従量料金の合計金額との差額を計算。

スマートライフプランの電気料金 | 東京電力
スマートライフプランの電気料金 | 東京電力

東京電力のオール電化住宅向け電気料金メニュー「スマートライフプラン」について調べました。プランの特徴や料金表をご確認いただけます。また、関東エリアにあるお得なオール電化プランについてもご紹介します。

東京電力エリアなら基本料金無料の「Looopでんき」がおすすめ

Looopでんき
  • 東京電力で60A契約なら毎月1716.00円かかるところ、Looopでんきならゼロ円
  • ファミリー世帯(月450kWh平均)なら東京電力より年間1万5千円安い
  • 東京ガスエリアなら電気とガスのセットで電気代がさらに2%お得
  • 解約金・違約金もゼロ円

東京電力:スマートライフプランとは

スマートライフ」は、東京電力が電力自由化後にオール電化住宅に向けて販売を開始した新電気料金メニューです。3つのプランが用意されています。

  1. スマートライフS
  2. スマートライフL
  3. スマートライフプラン(現在は新規加入受付停止)

スマートライフを契約できるのは、「総容量が1kVA以上の夜間蓄熱式機器またはオフピーク蓄熱式電気温水器をご使用の方」とされています。つまり、オール電化住宅で使われることの多い、夜間や電力需要が少ない時間帯に動いて熱を貯める電気機器(エコキュートや電気温水器、蓄熱暖房器)を使用していることが条件となります。

東京電力:スマートライフプランの特徴

 夜間の電気代が安い

スマートライフでは、午前1時から午前6時までの時間帯の電力量料金(1kWhあたりにかかる料金)が割安に設定されています。夜間に電気を消費するエコキュートや電気温水器などを導入しているオール電化住宅に適した料金設定です。

また、食器洗い乾燥機、電気炊飯器、全自動洗濯機などの電気機器も、タイマーを活用して該当する時間帯に使用すれば、電気代を上手に節約することができます。

 住宅設備修理サービスが無料に

スマートライフのプランと契約すると、「住宅設備修理サービス」を無料で受けることができます。このサービスを利用すると、エコキュート、電気温水器、IHクッキングヒーターなど、対象となる電気機器が自然故障した際に、最大50万円までの修理が無料となります。

東京電力:スマートライフプランの料金表

  1. スマートライフS契約アンペア数が10~60Aの方が対象
  2. スマートライフL:契約容量が6kVA以上の方が対象
  3. スマートライフプラン:電気の使用実績に基づいて契約電力の大きさを決めるスマート契約(現在は新規加入受付停止)
東京電力:スマートライフS(税込)
基本料金
契約アンペア 10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
昼間時間
(午前6時〜翌日午前1時)
25.80円
夜間時間
(午前1時~午前6時)
17.78円
東京電力:スマートライフL(税込)
基本料金
契約容量1kVAにつき 286.00円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
昼間時間
(午前6時〜翌日午前1時)
25.80円
夜間時間
(午前1時~午前6時)
17.78円
東京電力:スマートライフプラン(税込)
基本料金
契約電力1kWにつき 458.33円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
昼間時間
(午前6時〜翌日午前1時)
25.80円
夜間時間
(午前1時~午前6時)
17.78円

関東エリアのオール電化プラン

東京電力の他にも、関東エリアでオール電化プランを提供している新電力があります。おすすめの電力会社を以下にご紹介します。

よかエネのスマートライフプラン

福岡県発の新電力「よかエネ」は、沖縄・一部離島を除く全国で電気の販売を行っています。

よかエネは、「各大手電力会社の電気料金プランから一律10%安い」というわかりやすくお得な電気料金プランを提供しています。そのため、スマートライフも、よかエネなら東京電力より10%安い金額で契約することが可能です。

Looopでんきのスマートタイムプラン

「基本料金0円」の電気料金プランで人気のLooopでんきオール電化住宅向けの「スマートタイムプラン」も、もちろん基本料金が0円です。

スマートタイムプランの料金体系は東京電力のスマートライフと異なるものの、電気代がお得になりやすいように設定されています。例えば、春と秋の昼間時間の料金は、東京電力のスマートライフと比べて30%以上安くなっています。公式サイトで電気料金のシミュレーションをしてみましょう。

Looopでんきが気になる?

Looopでんきの公式サイトで、電気代がどのくらい安くなるかシミュレーションしてみませんか?申し込みも24時間受付中です。

Looopでんき

Looopでんきが気になる?

Looopでんきの公式サイトで、電気代がどのくらい安くなるかシミュレーションしてみませんか?申し込みも24時間受付中です。

CDエナジーダイレクトのスマートでんき

CDエナジーダイレクトは、関東エリアで電気・都市ガスの販売を行う新電力です。

CDエナジーダイレクトのスマートでんきB・Cは、料金設定が東京電力のスマートライフS・Lと同じです。ただし、CDエナジーダイレクトでは、電気料金100円につき1ポイントが付与されます。このポイントは電気代の支払いに使えるため、実質的に東京電力よりも1%電気料金がお得、と言うことができます。

CDエナジーダイレクトに申し込みたい CDエナジーダイレクトの公式サイトから24時間新規申込受付中。CDエナジーダイレクトに変えて本当に安くなるか、シミュレーションで簡単に確認できますよ!
 公式サイトはこちら

更新日