ご注意:燃料価格の高騰に伴う「燃料費調整額」の増額について 長期化する燃料価格の高騰によって、各電力会社の「燃料費調整額」も高くなっています。ご契約を検討する際には、電力会社の公式サイトにて「燃料費調整額」をご確認ください。また、都市ガスも同様に「原料費調整額」が上昇しています。
 燃料費調整額について詳しく見る

電話で電気・ガス切替相談

【広告】新居の電気・都市ガスお申し込み

0120-013-605 または


セレクトラのらくらく窓口では最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できる電気とガスをご提案します。 ▷営業時間・ご利用方法について確認する


セレクトラのらくらく窓口(東京電力のパートナー企業ではありません) 広告

東京電力EPの問い合わせ電話番号は記事本文の記載をご確認ください。

【広告】新居の電気・都市ガスお申し込み

0120-013-605 または
  • 今から加入できる電気とガスを提案
  • 引越し直前でも大丈夫
  • 東京電力の電気・ガスも受付中

営業時間・ご利用方法についてはこちら


セレクトラのらくらく窓口(東京電力のパートナー企業ではありません) 広告

電話で電気・ガス切替相談

【広告】新居の電気・都市ガスお申し込み


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

【広告】新居の電気・都市ガスお申し込み


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

スマートライフプランの電気料金 | 東京電力

CDエナジーダイレクトのオール電化プラン

【CDエナジーダイレクト】ポイント還元でお得!「スマートでんき」

 

CDエナジーダイレクトのオール電化プラン「スマートでんき」
  • 東京電力エリアで申し込み可能なオール電化プラン。
  • 東京電力「スマートライフS/L」に相当。
  • 電気代100円ごとにカテエネポイントが貯まる。
  • 電気代にポイント利用で、実質1%お得!
  • 解約手数料・解約違約金なしで安心。

【CDエナジーダイレクト】ポイント還元でお得!「スマートでんき」

 

CDエナジーダイレクトのオール電化プラン「スマートでんき」
  • 東京電力エリアで申し込み可能なオール電化プラン。
  • 東京電力「スマートライフS/L」に相当。
  • 電気代100円ごとにカテエネポイントが貯まる。
  • 電気代にポイント利用で、実質1%お得!
  • 解約手数料・解約違約金なしで安心。
スマートライフプランの電気料金 | 東京電力
スマートライフプランの電気料金 | 東京電力

東京電力のオール電化住宅向け電気料金メニュー「スマートライフプラン」について調べました。プランの特徴や料金表をご確認いただけます。また、関東エリアにあるお得なオール電化プランについてもご紹介します。

東京電力:スマートライフプランとは

スマートライフ」は、東京電力が電力自由化後にオール電化住宅に向けて販売を開始した新電気料金メニューです。3つのプランが用意されています。

  1. スマートライフS
  2. スマートライフL
  3. スマートライフプラン(現在は新規加入受付停止)

スマートライフを契約できるのは、「総容量が1kVA以上の夜間蓄熱式機器またはオフピーク蓄熱式電気温水器をご使用の方」とされています。つまり、オール電化住宅で使われることの多い、夜間や電力需要が少ない時間帯に動いて熱を貯める電気機器(エコキュートや電気温水器、蓄熱暖房器)を使用していることが条件となります。

今より安い電気料金・ガス料金のプランをお探しなら、セレクトラまでご相談ください。  電話で相談する(0120-013-605)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

東京電力:スマートライフプランの特徴

 夜間の電気代が安い

スマートライフでは、午前1時から午前6時までの時間帯の電力量料金(1kWhあたりにかかる料金)が割安に設定されています。夜間に電気を消費するエコキュートや電気温水器などを導入しているオール電化住宅に適した料金設定です。

また、食器洗い乾燥機、電気炊飯器、全自動洗濯機などの電気機器も、タイマーを活用して該当する時間帯に使用すれば、電気代を上手に節約することができます。

 住宅設備修理サービスが無料に

スマートライフのプランと契約すると、「住宅設備修理サービス」を無料で受けることができます。このサービスを利用すると、エコキュート、電気温水器、IHクッキングヒーターなど、対象となる電気機器が自然故障した際に、最大50万円までの修理が無料となります。

東京電力:スマートライフプランの料金表

  1. スマートライフS契約アンペア数が10~60Aの方が対象
  2. スマートライフL:契約容量が6kVA以上の方が対象
  3. スマートライフプラン:電気の使用実績に基づいて契約電力の大きさを決めるスマート契約(現在は新規加入受付停止)
東京電力:スマートライフS(税込)
基本料金
契約アンペア 10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
昼間時間
(午前6時〜翌日午前1時)
25.80円
夜間時間
(午前1時~午前6時)
17.78円
東京電力:スマートライフL(税込)
基本料金
契約容量1kVAにつき 286.00円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
昼間時間
(午前6時〜翌日午前1時)
25.80円
夜間時間
(午前1時~午前6時)
17.78円
東京電力:スマートライフプラン(税込)
基本料金
契約電力1kWにつき 458.33円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
昼間時間
(午前6時〜翌日午前1時)
25.80円
夜間時間
(午前1時~午前6時)
17.78円

関東エリアのオール電化プラン

東京電力の他にも、関東エリアでオール電化プランを提供している新電力があります。おすすめの電力会社を以下にご紹介します。

今より安い電気料金・ガス料金のプランをお探しなら、セレクトラまでご相談ください。  電話で相談する(0120-013-605)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

CDエナジーダイレクトの「スマートでんき」

CDエナジーダイレクト

CDエナジーダイレクトは、関東エリアで電気・都市ガスの販売を行う新電力です。

CDエナジーダイレクトの「スマートでんきB/C」は、基本料金と電力量料金の設定が東京電力の「スマートライフS/L」と同一です。

ただし、CDエナジーダイレクトでは、電気料金100円につき1ポイントが付与されます。このポイントは電気代の支払いに使えるため、実質的に東京電力よりも1%電気料金がお得です。

CDエナジーダイレクトに申し込みたい CDエナジーダイレクトの公式サイトから24時間新規申込受付中。CDエナジーダイレクトに変えて本当に安くなるか、シミュレーションで簡単に確認できますよ!
 公式サイトはこちら

HTBエナジーの「ぜんぶでんき」

HTBエナジーは、大手旅行代理店HISグループの新電力で、一部離島を除く全国で電気の供給を行っています。

HTBエナジーでは、東京電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力エリアにおいて、これら大手電力会社よりも割安の料金設定でオール電化プランも提供しています(2022年11月末時点)。

HTBエナジーのオール電化プラン「ぜんぶでんき」は、東京電力の「スマートライフS/L」に相当するオール電化プランです。

「ぜんぶでんき」の「基本料金」および夜間(午前1時〜午前6時)の「電力量料金」は東京電力と同額ですが、「電力量料金」の夜間以外の時間帯(午前6時〜翌午前1時)の料金が東京電力の「スマートライフS/L」よりも2%安い料金設定となっています。

HTBエナジーのオール電化プラン「ぜんぶでんき」

※出典:HTBエナジー公式サイト:オール電化プラン「ぜんぶでんき」

そのため、エコキュートなどの夜間蓄熱方式機器を使用されている家庭で、昼間に電気を多く利用する方が特にお得になりやすいです。

また、HTBエナジーのオール電化プラン「ぜんぶでんき」に申し込みをすると、60種以上の様々なトラブルや困り事に対応してくれる「あんしんサポート365」サービスが無料で付帯するのも大きなメリットです。

ただし、HTBエナジーでは「燃料費調整額」に加えて、2022年10月の電気利用分から「電源調達調整費」が電気料金に加算・減算されます。そのため、契約の際は、毎月変動する「燃料費調整額」および「電源調達調整費」の単価や動向を確認することをおすすめします。

おすすめのオール電化プラン【新電力】
新電力 電気料金プラン
CDエナジーダイレクト
 公式サイト

【CDエナジーダイレクト】のオール電化「スマートでんき」

  • 東京電力の「スマートライフS/L」に相当
  • ポイント還元率1%
  • 電気料金にポイント利用で実質1%さらにお得!
  • カテエネポイントが貯まる
  • 解約違約金がなく安心
HTBエナジーのオール電化プラン「ぜんぶでんき」
 公式サイト

【HTBエナジー】のオール電化「ぜんぶでんき」

  • 東京・中部・関西・中国・四国・九州エリアで申し込める
  • 大手電力のオール電化プランより安い料金設定
  • 夜間蓄熱方式機器(エコキュートなど)を使用中で昼間に電気を多く利用する方におすすめ
  • 駆けつけサービス「あんしんサポート365」が無料でつく
  • 「電源調達調整費」が電気料金に加算・減算されるため、契約時に要確認
おすすめのオール電化プラン【新電力】
CDエナジーダイレクトのオール電化プラン

【CDエナジーダイレクト】の「スマートでんき」

  • 東京電力の「スマートライフS/L」に相当
  • ポイント還元率1%
  • 電気料金にポイント利用で実質1%さらにお得!
  • カテエネポイントが貯まる
  • 解約違約金がなく安心
 公式サイト
 
HTBエナジーのオール電化プラン「ぜんぶでんき」

【HTBエナジー】の「ぜんぶでんき」

  • 東京・中部・関西・中国・四国・九州エリアで申し込める
  • 大手電力のオール電化プランより安い料金設定
  • 夜間蓄熱方式機器を使用中で昼間に電気を多く利用する方におすすめ
  • 駆けつけサービス「あんしんサポート365」が無料でつく
  • 「電源調達調整費」が電気料金に加算・減算されるため、契約時に要確認
 公式サイト

なお、電力会社の電気料金プランは、基本的に「基本料金」「電力量料金」で構成されていますが、実際に請求される電気料金には、燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金も含まれます。

更新日