電話で電気・ガス切替相談

なぞなぞ - 料金の安いものを選んでも決して品質が落ちないものは?

答えは電気です!電気はそのまま、料金は安く。エキスパートにご相談ください。料金単価の安いプランを探してみましょう。
(受付時間:午前10時 - 午後9時)

電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。今よりも安くなる電気・ガスをお探しの方は、オンライン比較エンジンをご利用くださいませ。

スマート契約・実量制ってなに?どの電力会社が採用しているの?

基本料金無料の電気料金プラン!今申し込むとプレゼント贈呈!

沖縄・離島を除く全国で利用できる基本料金無料の「Looopでんき」
2020年4月30日(木)までのお申込みで、2,020円分のQUOカードPayが申し込み者全員にプレゼント!!
- Looopガスも一緒に申し込めばさらに1,000円分プレゼント。(Looopガスは関東エリア限定です。)
- このまま申し込めばOK。あとはQUOカードPayが届くのを待つだけ。

対象プラン:おうちプラン・ビジネスプラン・動力プラン。また個人の申し込みのみ有効。(法人は対象外です。)

お申し込みには検針票をご準備ください。お客様番号が分かると申し込みがスムーズです。

スマート契約・実量制ってなに?どの電力会社が採用しているの?
スマート契約・実量制ってなに?どの電力会社が採用しているの?

電力自由化によって新しく登場した「スマート契約・実量制」とはどんなものなのでしょう?スマートメーターとも関係のあるスマート契約、メリットやデメリット、どの電力会社が採用しているのかなどを調べてみました。

 
  • 「スマート契約・実量制」とは、電力会社最大手の東京電力が、最初に発表した新たな基本料金の決定方法です。
  • 「スマート契約・実量制」を採用している電力会社は、東京電力関西電力東北電力九州電力です。
  • スマート契約のデメリットは、過去のピーク電力で基本料金が決まるので、多くの電化製品を同時に使用する機会の多い家庭では、逆に基本料金が跳ね上がってしまう危険性があるということ!

「スマート契約・実量制」とは?

スマートメーター・実量制とは?

スマートメーターを活用する事で、スマート契約・実量制というスタイルが登場しました。

スマート契約・実量制」とは、電力会社最大手の東京電力が、最初に発表した、新たな基本料金の決定方法です。

一般家庭向け電気料金プランとしては業界初の導入でした。大口需要家・法人契約(会社・工場など)では今までも使われているシステムではあります。

果たして、「スマート契約・実量制」で電気料金を節約することができるのでしょうか?

過去のピーク電力で基本料金が決まる「スマート契約・実量制」

電気料金の計算方法でもご紹介しているように、毎月支払う電気料金は主に「基本料金」と「電力量料金」の合計で決定されています。

これまでの一般家庭向け電気料金プランは、40A、60Aなどブレーカの容量に応じて基本料金が決定する「ブレーカー契約」でした。

一方、電気の使用量が多い法人向けの電気料金プランでは、電気メーターで計量された過去1年間(当月1月+直前の11カ月)のピーク電力(最大需要電力)によって基本料金を決定する「実量制」が以前から取り入れられていました。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

「スマート契約・実量制」を採用している電力会社

それでは、「スマート契約・実量制」は、どの電力会社のどのような電気料金プランで採用されているのでしょうか。
「スマート契約・実量制」を採用している電力会社は、東京電力関西電力東北電力九州電力です。電気料金プランも含めて、表にまとめてみました。

 

「スマート契約・実量制」を採用している電力会社と電気料金プラン一覧
電力会社名 電気料金メニュー 電気料金メニューの特徴
東京電力
ホールディングス

東京電力ホールディングス
  1. プレミアムS/Lプラン
  2. スマートライフプラン
  3. スマートライフS/Lプラン
  4. 夜トクプラン8/12
関西電力
関西電力
  1. はぴeタイム
  2. eスマート10
  3. はぴeプラス(関東エリア)
  • はぴeタイムは、夜23時から翌朝7時までおトクな夜間料金が適用されるピークシフトプランです。
  • eスマート10は、夜22時から翌朝8時までおトクな夜間料金が適用されるピークシフトプランです。
  • はぴeプラス(関東エリア)は、電力量料金(1kWhあたりの料金)は、最初の300kWhまでと、それ以上の2段階設定です。
東北電力
東北電力
  1. よりそう+シーズン&タイム
  2. よりそう+ナイト8
  3. よりそう+ナイト10
  4. よりそう+ナイト12
  5. よりそう+ナイト&ホリデー
  6. よりそう+ナイトS
  7. よりそう+サマーセーブ
  • 東北電力の以下の全てのプランは、実量契約(スマート契約)と今までの主開閉器契約(契約電力を選べる)から選べます。
  • よりそう+シーズン&タイムは、夜間(午後10時から翌午前8時)が割安な料金になり、昼間、オフピーク、夜間、と時間帯毎に電力量料金が異なります。
  • よりそう+ナイト8は、夜間(午後11時から翌午前7時)の8時間が割安な料金になるプランです。
  • よりそう+ナイト10は、夜間(午後10時から翌午前8時)の10時間と休日が割安な料金になるプランです。
  • よりそう+ナイト12は、夜間(午後9時から翌午前9時)が割安な料金になるプランです。
  • よりそう+ナイトSは、昼間時間に電気のご使用量が比較的少ない利用者の方向けのプランで、基本使用料金で昼間時間の200kWhまでご使用いただけます。
  • よりそう+ナイト&ホリデーは、夜間(午後10時から翌午前8時)と休日に割安な料金になるプランで、「週末にまとめて家事や趣味の時間を持ちたい」利用者の方にぴったりなプランです。
  • よりそう+サマーセーブは、夏の「ピーク時間」の電気の使用量を減らすことや、 「昼間時間」から「夜間時間」、または夏の「ピーク時間」から「昼間時間」および「夜間時間」へ電気の使用量を移行することで、 電気料金を節約できる料金プランです。
九州電力
九州電力
  1. 電化でナイト・セレクト21
  2. 電化でナイト・セレクト22
  3. 電化でナイト・セレクト23
  • オール電化等の利用者におすすめのプランで、夜間の電力量料金が昼間に比べて割安となっています。
  • 昼間時間の料金は「平日」よりも「休日」が、「夏・冬」よりも「春・秋」が割安な料金となっています。
  • 夜間時間帯が、プランにより  21時から、22時から、23時から、と変わります。

このように、主に大手電力会社で採用されています。
これらの電力会社の電気料金プランを選ぶ時は、「スマート契約・実量制」かどうか、きちんと確かめた方がいいでしょう。

「スマート契約・実量制」は消費電力量のコントロールが鍵

「スマート契約・実量制」では、スマートメーターで計測した過去1年間(その月と前11か月)の各月のピーク電力のうち最も大きい値を契約電力とし、その契約電力に料金単価を乗じることで 基本料金を決定します。
つまり、ピーク電力を抑える秘訣は、消費電力量のコントロール、という事になります。

各月のピーク電力は、スマートメーターで30分ごとに計測される使用電力量をもとに算定されます。なのでドライヤーや電子レンジなど消費電力の多い電化製品をを同時に使うことがあっても、瞬間的な利用であればピーク電力が一気に上がってしまうことはありません。
家庭の電化製品の電力消費量に関しては、「家庭の電化製品の電力消費量はどのくらい?」を読んでぜひ目安をつけてください。

スマート契約・実量制」ではわたしたち利用者それぞれの過去1年間の電気の使用実績をもとに基本料金が決まるため、継続的に電化製品の使い方を工夫してピーク電力を低く保つことができれば、基本料金が今よりも安くなり電気料金を節約することが出来るかもしれません。

スマート契約のメリット・デメリット

スマート契約のメリット

 電気の使い方を気を付けるようになり、消費電力量のコントロールの知識が増えます。

 電気を上手に使うと、基本料金を下げる事が出来るかもしれません。

 もう、ブレーカーが落ちることはありません。

スマート契約のデメリット

 ピーク電力のうち最も大きい値が契約電力になるので、無意識に多くの電化製品を同時に使用すると電気料金が高くなる可能性があります。

 そして、一度その月のピーク電力が上がってしまうと、その後11ヶ月間ずっと基本料金が割高になってしまいます。

 ピーク電力を常に意識して生活する事になりそうです。

電気の契約はスマート契約にしたほうがいい?

電気の契約はスマート契約にしたほうがいい?

スマート契約にしたほうがいいかは、ピーク電力と関係があります。

スマート契約・実量制」にすると従来のような「電気を使いすぎてブレーカーが落ちてしまった!」という強制的な電気の使用量の制限がなくなります。
いつも無意識に多くの電化製品を同時に使用してしまうような家庭では、逆に基本料金が跳ね上がってしまう危険性もあります。
また、一度その月のピーク電力が上がってしまうと、その後一年間ずっと基本料金が割高になってしまうので注意が必要です。
家庭の習慣、ライフスタイル、に大きく影響されるでしょう。
セレクトラに相談して、賢く電気料金プランを選んでくださいね!

更新日