光回線・ソフトバンク光はおすすめ? - メリット・デメリットを調査

光回線・ソフトバンク光はおすすめ? - メリット・デメリットを調査

ソフトバンクのスマホユーザーであれば、光回線もソフトバンクにするのが間違いなくおすすめです。その理由はソフトバンク光のメリット(特徴)にあります。デメリットや評判も合わせて見てみましょう。

ソフトバンク光のメリット

ソフトバンク光は、現在ソフトバンクのスマホ/ケータイを使用している人にとって、大きなメリットがあります。

月額基本料でいくと、ソフトバンク光は一番スタンダードな2年自動更新プランが戸建てタイプ5,200円(税抜)、マンションタイプ3,800円(税抜)です。これだけ見ると、特に安くは感じないかもしれません。

ですが、ソフトバンクユーザー限定で、携帯電話の通信料金がお得になるサービスが用意されているんです。逆にいえば、ソフトバンク以外の携帯ユーザーはソフトバンク光にするメリットはあまりありません。

携帯電話がドコモなら「ドコモ光」がお得になりますし、auのスマホなら「auひかり」がおすすめです。各キャリアとも、自社のユーザーを優遇するのは当たり前ですよね。

ただしソフトバンク光には、現在他社の携帯電話ユーザーであっても、ソフトバンクに乗り換える人には特典が用意されています。ですので、現在ソフトバンク以外の携帯電話を使っている人でも、まずはこのページを最後までお読みください。

ソフトバンクユーザーなら「おうち割 光セット」がお得

「現在スマホはソフトバンクだけど、家の固定インターネットは他社を利用している」という人は要チェックなのが、このメリットです。

おうち割 光セット」というこの特典は、ソフトバンクのスマホ・ケータイ・タブレットなどと同時にソフトバンク光を利用すると、モバイル通信料金から毎月最大1,000円割引されます。詳細は以下の通りです。

ソフトバンク光 - 「おうち割 光セット」の割引額(税抜)
携帯電話のプラン ケータイ料金の割引金額
データ定額50GBプラス
ミニモンスター
-1,000円/月
データ定額(3Gケータイ) -500円/月

この割引は、同居家族と別住所の家族合わせて最大10台まで適用されます。つまり、1,000円×10台で毎月最大10,000円の割引が可能。人数が多ければ多いほどお得ということです。

現実的な例を考えてみましょう。一家4人でソフトバンクのスマホを利用しているとします。「おうち割 光セット」で毎月4,000円の割引になるので、年間48,000円もの割引になります。家計の節約に頭を悩ませている人にとって朗報ではないでしょうか?

この「おうち割 光セット」ですが、ソフトバンク光を契約している間は無期限でずっとケータイ料金が割引になります。家族みんなソフトバンクを利用している家庭なら、ソフトバンク光がイチオシなのも納得ですね。

他社から乗り換えなら違約金を負担してくれる

おうち割でソフトバンクのスマホ料金がお得になるのは分かったけど、現在契約している固定インターネットを解約したら違約金がかかるし・・・」とお考えの方にも、ソフトバンク光は特典を用意しています。

インターネットの解約に付きものの解約金(違約金)。特に「自動更新タイプ」の契約であれば、2年や3年に一度しかない更新月に解約をしないと、数万円もの違約金がかかってしまいます。

それがネックになって、なかなかインターネットの乗り換えに気が向かない人もいるのではないでしょうか?しかしソフトバンク光では、他社インターネットの違約金を負担してくれるキャンペーンを実施しています。その名も「あんしん乗り換えキャンペーン」。

このキャンペーンでは、他社インターネットからソフトバンク光に乗り換える際、発生する違約金・撤去工事費合わせて最大10万円まで還元してくれます。

契約更新月を気にせずに、違約金の負担0でいつでもソフトバンク光に乗り換えられるのはありがたいですね。

工事費無料・月額割引・現金キャッシュバック特典

「でも、光回線は最初に工事が必要だから、ソフトバンク光も工事費がかかるんでしょ?費用がかかるのはちょっと・・・」と思われるかもしれません。

もちろん、ソフトバンク光は他の光インターネットサービスと同様、工事費を含めた初期費用がかかります。通常の初期費用は以下の通りです。

ソフトバンク光 – 初期費用(税抜)
  戸建てタイプ マンションタイプ
契約事務手数料 3,000円 3,000円
工事費 立会い工事あり 24,000円(屋外・宅内工事あり)
9,600円(屋外工事なし・宅内工事のみ)
立会い工事なし - 2,000円(フレッツ光導入済みの場合)
転用(フレッツ光ネクストから) 工事不要
土日休日工事割増金 3,000円

光回線をはじめて開通する場合は、通常24,000円の工事費がかかります。しかし、ソフトバンク光では「おトクな光回線工事費キャンペーン」として、工事費分を還元するという特典が実施されています。

他社インターネットからソフトバンク光に乗り換えた場合、24,000円のキャッシュバックまたは月額料金から総額24,000円割引かを選べます。

もし現在、Yahoo! BB ADSL等のソフトバンクが提供するADSLを利用しているのであれば、ソフトバンク光の工事費が無料になります。

ちなみに、上で説明した「乗り換えキャンペーン」とこの「工事費キャンペーン」は併用できます。ですので、特に費用をかけずにインターネットを乗り換えてソフトバンク光を利用できるわけです。

ソフトバンク光のデメリット

ソフトバンク光のデメリットですが、「オプション加入」と「ソフトバンクユーザーだけがお得」というのがキーワードです。どういうことか解説していきますね。

「おうち割 光セット」はオプション加入が必須

メリットとして挙げた「おうち割 光セット」ですが、実は条件があります。ソフトバンク公式ホームページの「おうち割 光セット」説明欄には、次のような表記があります。

光BBユニット、Wi-Fiマルチパックおよびホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォンのいずれか(500円~/月)のご加入が必要になります。

ソフトバンク公式ホームページ

つまりソフトバンク光に加えて、追加でオプションを契約する必要があるんです。これらのオプションは何の役に立つのか、以下をご覧ください。

ソフトバンク光 - 「おうち割 光セット」申込時の加入オプション
オプション名 内容
光BBユニット 光電話・Wi-Fi接続に必要な無線LANルーター
Wi-Fiマルチパック 光BBユニット専用の無線LANカード。公衆無線LAN「BBモバイルポイント」も無料で利用できる
電話 BBフォン 050から始まる番号のIP電話サービス
光電話(N NTTひかり電話から切り替える場合のプラン
ホワイト光電話 ホワイト光電話の基本プラン。通話料金は以下の通り
一般固定電話へ:7.99円/3分
ソフトバンク携帯電話へ:無料
ソフトバンク以外の携帯電話へ:16円/分

無線LANカードに加え光電話も付いて、月額は最低500円(税抜)です。Wi-Fiも電話も不要という人であれば、デメリットといえるかもしれません。

しかし、「おうち割 光セット」でスマホ1台につき毎月1,000円割引になることを考えると、500円のオプション加入はそれほど大きい支出ではないでしょう。

ソフトバンクユーザー以外にはお得感がない

ソフトバンク光のもう一つのデメリットは、携帯電話がソフトバンクでない人にとってはお得感がないという点です。

ソフトバンク光の最大の特徴は、「おうち割 光セット」でソフトバンクのスマホ/ケータイ料金が最大10台まで割引になるということでした。ドコモやau、格安SIMを使っている人は割引対象ではありません。

これでは、ソフトバンク以外の携帯電話ユーザーはソフトバンク光にする意味がありませんね。でも、ソフトバンクはそんな人向けの特典も用意しているんです。

それは「おうち割 光セット スマホ違約金還元キャンペーン」です。他社からソフトバンクに携帯電話を乗り換えるのと同時に、ソフトバンク光に申し込んだ場合に適用されます。

他社ケータイの解約時に発生する違約金9,500円分を、ソフトバンクが通信料金から割引という形で還元してくれます。

対象となるのは、現在auドコモUQモバイルの携帯電話を2年契約中の人です。もしソフトバンクに切り替えを考えているなら、このキャンペーンを検討するといいでしょう。

光回線の申し込み先(一例)
自社回線
 
NURO光
03 4577 7766

コールバック希望

  • 下り速度最大2Gpbs。
  • 月額料金の中に無線ルーターが含まれる。
  • サービス提供エリア : 北海道/関東/東海/関西/九州(福岡・佐賀)エリア

NURO光の解説ページで詳細を知る

その他

  • 関西エリア/福井県 : eo光
  • 九州エリア : BBIQ光
en ひかり
  • スマホ・携帯にauを使っている人におすすめ。
  • プロバイダーを選ぶ必要があります。
  • 「auひかり x So-net光」や「auひかり x GMO」などがあります。
    auひかりの解説
フレッツ光
(光コラボ)

 ぷらら光
公式サイトから申し込む

  • NTT系列の老舗のプロバイダー。光回線はフレッツ光を使用
  • セット割でひかりTVを安く契約することができる。
その他、多くのプロバイダーで光回線にフレッツ光を利用した「光コラボ」プランを提供しています。

 So-net光プラス
公式サイトから申し込む

  • セキュリティ「カスペルスキー」が永年無料
  • IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料

 en ひかり
公式サイトから申し込む

  • 業界最安値。光回線にはフレッツ光を使用。
  • 契約期間の縛りがなく、解約手数料がない。

ソフトバンク光の評判

ソフトバンク光を実際に利用しているユーザーは、どのような評価をしているのでしょうか?ソフトバンク光の評判を、項目別に調査してみました。(「価格.com」のクチコミ・評判を参照)

  • 通信速度

ソフトバンク光を利用中の大半のユーザーは、通信速度に満足していることが窺えました。

ソフトバンク光は、「IPv6 IPoE+IPv4(IPv6高速ハイブリッド)」というサービスを提供しています。光回線でも時間帯によって通信速度が低下することがあるのですが、このサービスを利用すると安定して高速な通信ができるんです。

このサービスに申し込むには、光BBユニットをレンタル(月額税抜467円)することが条件になっています。ただ、「おうち割 光セット」に申し込む際にも光BBユニットレンタルは必要なので、特に費用がかさむというわけではありません。

  • サポート

ソフトバンク光のユーザーサポートは、電話・チャットで対応しています。サポートセンターの対応は親切丁寧で分かりやすいと大変評判です。

ユーザーによっては、電話がつながりにくいという声も見受けました。チャットで問い合わせると返答も早く、的確にアドバイスしてもらえるようです。電話がつながらない場合はチャットを使ってみましょう。

  • 代理店の営業がしつこい

ソフトバンク光の代理店の勧誘・営業がしつこいという声がけっこう上がっています。

営業がしつこいだけでなく、代理店経由でソフトバンク光を申し込んだ場合、不必要なオプションなどを付けられていつの間にか料金が何千円も高くなっていた、という声すら見受けられました。

これはソフトバンクの問題ではなく、あくまで代理店の問題といえます。ソフトバンク光の公式ホームページから申し込めば、オプションなどの条件や料金に十分納得した上で本契約に進めるので安心です。

更新日