ソフトバンクのSoftBank Air(ソフトバンクエアー) - 特徴と料金

※本記事での表示価格は特に記載がない限り税込です。

ソフトバンクエアー

ソフトバンクのSoftBank Airは、自宅で気軽にワイヤレスのインターネットが楽しめるサービスです。SoftBankのスマホユーザーならかなり安くお得に使うことができます。光回線とは異なるSoftBank Airの特徴・料金について調べてみましょう。

SoftBank Airとは

ソフトバンクSoftBank Air は、自宅で簡単にインターネットが楽しめる無線タイプのインターネット回線です。光回線ではなく、4G/4G LTE回線を使用しており、SoftBank Airの導入に際して、開通工事等は一切不要です。

SoftBank Airは、「Airターミナル」という専用の機器をコンセントに差すだけですぐにインターネットが使えるという手軽さ。通信速度も高速で、データ容量制限もなく使い放題です。

パソコン、スマホ、ゲーム機(PlayStationやニンテンドーDS等)、タブレットなど、 Wi-Fi(ワイファイ)に対応している機器であれば、SoftBank Airで無制限にインターネットを楽しむことが可能です。

SoftBank Airの特徴

エアターミナル4

SoftBank Airには、光回線には無いメリットとも言える特徴があります。どんな点がメリットなのでしょうか?具体的に見てみましょう。

面倒な初期設定は一切不要

SoftBank Airは、専用機器(Airターミナル)が届いたら箱から取り出して電源を入れるだけ。あっという間にインターネットに接続できるという手軽さが最大の特徴です。

それに、面倒な初期設定も不要です。他のインターネット回線だと大抵は多少面倒な初期設定が必要なので、パソコン初心者だとちょっと手こずることもあり得ます。

でもSoftBank Airなら、電源を入れたら後は端末側にパスワードを入れるだけでインターネットが始められます。パソコンをほとんど触ったことがない人でも簡単にできるので安心です。

また、工事不要なので光回線のように工事日を調整したり、工事が済んでインターネットが使えるまで1、2ヵ月も待ったりする必要がありません。それに、引越しすることになっても引越し先ですぐにインターネットが使えます。(手続きが必要)

ワイヤレス(Wi-Fi)接続で簡単

光回線の場合、回線を宅内に引いただけの状態では有線インターネット(LANケーブルをパソコン等に差し込んで使用)しかできないため、接続するPCの台数が限られたり、LANケーブルが差し込めないスマホやタブレットではインターネット接続できないという問題があったりと不便です。

もしスマホやタブレットなどでもワイヤレス接続(Wi-Fi)でインターネットを利用したいのであれば、ワイヤレス接続を可能にする「無線LANルーター」をレンタルするか購入する必要があります。

この無線LANルーターのレンタル料金は毎月300円程度、購入すると5,000~10,000円程度かかります。また、 Wi-Fi接続の初期設定もしなければいけません。

それに対してSoftBank Air は、付属のAirターミナルだけで完結。別に機器(無線LANルーター)を用意したりオプション契約をしたりする必要もなく、最初からワイヤレスでインターネットが楽しめます。

さらに、AirターミナルにはLANケーブルを接続できるLANポートが2つあるので、 Wi-Fi接続だけでなくLANケーブルをつなげて有線インターネットをする事も可能です。

通信速度は下り最大481Mbps

モバイル回線や無線Wi-Fi回線というと、通信速度が遅いのでは?と気になるかもしれません。

しかし、SoftBank Airはソフトバンクの高速モバイル回線を利用しており、4G/4G LTEに対応しています。そのため通信速度が下り最大481Mbps(Airターミナル4の場合)で大容量データ通信も快適に行えます。また、主要首都圏など一部エリアでは下り最大962Mbpsでの提供が実現しています。

主力機種であるAirターミナル4の仕様を詳しくチェックしましょう。

SoftBank Air - Airターミナル仕様
仕様 Airターミナル4
通信速度 下り最大481Mbps
通信方式 4G方式:AXGP(2.5GHz)AXGP(2.5GHz)、TDD-LTE(3.5GHz)
4G LTE方式:FDD-LTE(2.1GHz)
LANポート(有線) 2ポート
内蔵無線LAN機能 規格 IEEE 802.11a/b/g/n/ac
周波数帯 2.4GHz帯/5GHz帯
暗号化方式 WPA(PSK:AES),WPA(PSK:TKIP),WEP
WiFiクライアント最大接続数 64
その他ポート USBポート 2.0(1ポート)
外形寸法 高さ255mm×横幅103mm×奥行103mm
本体重量 約635g

ターミナル4は、従来の機種であるAirターミナル3(下り最大350Mbps)と比べて通信速度が向上しています。

工事不要のインターネット
SoftBank Airなら他社からの乗り換えでかかる違約金も還元。ソフトバンクのスマホが永年割引に。
タップして詳細を見る
工事不要のインターネット
SoftBank Airなら他社からの乗り換えでかかる違約金も還元。ソフトバンクのスマホが永年割引に。 クリックして詳細を見る

SoftBank Airの料金

SoftBank Air(ソフトバンクエア)は、どれくらい月額料金がかかるのでしょうか。

SoftBank Airの月額料金は、専用機器「Airターミナル」を購入するかレンタルするかで変わってきます。Airターミナルの料金体系を具体的に見てみましょう。

Airターミナルの本体価格は65,340円です。それを36回分割払いした場合「月月割」で1,815円×36ヵ月割引になります。つまり36か月契約を続ければ端末代は実質0円になります。本体価格の負担がないので助かりますね。

SoftBank Air - Airターミナルを分割払いした場合の料金
  SoftBank Airのみ SoftBank Air
+ 「おうち割 光セット」
基本料金 5,368円
Airターミナル賦払金(36回) 1,650円×36ヵ月
月月割 -1,650円×36ヵ月
実質月額 4,180円 4,730円
SoftBank Air - Airターミナルをレンタルした場合の料金
  SoftBank Airのみ SoftBank Air
+ 「おうち割 光セット」
基本料金 5,368円
Airターミナルレンタル料 539円
実質月額 ~24ヵ月目まで 5,907円 6,457円
25ヵ月目以降 5,907円

Airターミナルのレンタル料は毎月490円です。分割払いだと実質0円なので、月額は単純に490円高くなります。

それに対してレンタルの場合は、解約時にAirターミナルをソフトバンクに返却し契約するだけです。もし申し込みの時点で約3年間以上ソフトバンクエアーを利用すると決まってないのであれば、レンタルを選ぶほうがいいでしょう。

工事不要のインターネット
SoftBank Airなら他社からの乗り換えでかかる違約金も還元。ソフトバンクのスマホが永年割引に。
タップして詳細を見る
工事不要のインターネット
SoftBank Airなら他社からの乗り換えでかかる違約金も還元。ソフトバンクのスマホが永年割引に。 クリックして詳細を見る

ソフトバンクのスマホ代が安くなる「おうち割 光セット」

おうち割

SoftBank Airは、SoftBankのスマホ/3Gケータイと併用することで、携帯電話の通信料金が割引になる「おうち割 光セット」を適用できます。

SoftBank「おうち割 光セット」の割引額
対象データプラン 割引額/月
  • データプランメリハリ/データプランミニフィット
  • データプラン50GB+/データプランミニ
  • データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
  • データ定額 50GB/20GB/5GB
  • パケットし放題フラット for 4G LTE
  • パケットし放題フラット for 4G
  • 4G/LTEデータし放題フラット
  • 4Gデータし放題フラット+
1,100円
  • データ定額(おてがるプラン専用)
  • データ定額ミニ 2GB/1GB
  • データ定額(3Gケータイ)
  • パケットし放題フラット for シンプルスマホ
  • (iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
  • (タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
550円

この「おうち割 光セット」は、同居家族だけでなく離れて住んでいる家族も対象で、携帯電話が最大10台まで割引されます。

たとえば、4人家族でみんなソフトバンクのスマホを使用している家庭が、SoftBank Airを契約したとします。別に住む家族2人もソフトバンクのスマホを使っているので、計6台の携帯電話が割引対象になります。

毎月の割引金額の合計は6,600円になり、年間で総額79,200円もお得になる計算です。家族でソフトバンクのスマホを使っているのであれば、ぜひともSoftBank Airを契約して「おうち割 光セット」の恩恵にあずかりたいですね。

ちなみに、この「おうち割 光セット」はソフトバンクの光回線「ソフトバンク光」でも適用可能です。SoftBank Airと特徴を比較して、自分に合っているほうを選ぶといいでしょう。

SoftBank Airの申し込み方法

SoftBank Airの申し込み方法は、ウェブか電話の2通りあります。

ウェブの場合、Selectra×SofBank Air専用お申し込みページ、又はSoftBank Air公式ウェブサイトで申し込みが可能です。

その後、お客様情報の入力、料金プランの選択、オプションの選択をします。申込手続き完了までの所要時間は5~10分と短く済みますよ。

SoftBank公式の電話窓口で申し込む場合は0120-981-072にダイヤルします。受付時間は10:00~21:00です。

SoftBank Air申し込み前の確認点

constat amiable voiture

導入が簡単で、必要な機器が届けばすぐにインターネット開始できるのがSoftBank Airです。家族みんなで気軽にワイヤレスインターネットを楽しめるのが魅力といえるでしょう。

契約後何も問題なく快適に使えるのが一番ですが、もしSoftBank Airを解約しなければいけなくなったらどうなるの?という万が一のことも事前に知っておきたいですよね。申込の前にしっかり確認しておきましょう。

SoftBank Airの解約時にかかる費用

SoftBank Airは、2年自動更新プランしか存在しません。2年自動更新とは、契約から2年経って解約がないと、契約期間が自動的に2年間更新されるというものです。契約満了月(契約開始月を1ヵ月目として24ヵ月目)以外の月に解約すると、10,450円の違約金が発生します。

constat amiable voiture

出典:SoftBank公式

そして、Airターミナルの代金です。レンタルの場合は関係ないのですが、分割払いだった場合は36ヵ月経過する前に解約すると、残金を一括で支払う必要があります。

レンタル・分割購入料金のグラフ

解約時に支払う合計金額をグラフにするとこのようになります。28か月目まではレンタルの方が安いですが、29か月目以降は分割で購入した方が安く解約できます。分割払いの場合、36ヵ月以内に解約するとAirターミナルの残債を一括で支払う必要があります。

たとえば、SoftBank Airをちょうど24ヵ月目の契約満了月に解約したとします。その場合違約金10,450円は発生しません。しかし、24か月目の時点ではまだAirターミナルの端末代の分割払いが12ヵ月分残っています。そのため1,815円×12で21,780円を解約時に支払うことになるので覚えておきましょう。グラフを見ると一目瞭然ですが、長く使うなら、分割払いの方が断然お得ですね。

SoftBank Airを解約しなければいけないが、どうしても費用を支払いたくないという場合は、新規契約から4年後(48ヵ月目)まで待つということもできます

Airターミナルをレンタルすれば毎月の料金は539円高くなりますが、解約時にAirターミナルの代金を支払う必要はありません。このことを理解した上で、Airターミナルを分割払いにするかレンタルにするか決めましょう。

SoftBank Airは持ち運んで使用は不可

SoftBank Airは無線タイプの手軽なインターネットですが、持ち運びはできません。他のインターネット回線のように、自宅のみでの使用を想定している場合は特に問題にならないでしょう。

WiMAX(ワイマックス)のようなモバイル回線もありますが、速度制限があったり、障害物に弱いというデメリットがあります。

最近ではリモートワークの機会や自宅で過ごす時間の増加により、「とにかく自宅では安定したインターネットが欲しい」と考える人も多いのではないでしょうか?そんな人にはやはりSoftBank Airがおすすめです。

また、「最近家にいる時間が増えて、インターネットを使う機会が増えた。速度制限を気にしないでのびのび使いたい。」という人にも、SoftBank Airはおすすめのワイヤレス回線です。

SoftBank Airは、以前よりも自宅で過ごす時間が増えたという人にぴったりのワイヤレス回線と言えるでしょう。自分のライフスタイルに合わせて、ワイヤレス回線は賢く選びましょう。

更新日

価格表示について 2021年4月1日以降、各種サービスの料金は総額(税込)での表示が義務づけられています。当サイトでは順次表示の切替を進めておりますが、一部の記事及び掲載中のサービス提供元のサイトで表示が切り替えられていない可能性があります。料金をご参照いただく際は十分ご注意ください。
インターネットのお申し込みに関するご相談は03-4578-9656セレクトラのらくらく窓口まで。