モバイル通信事業を営み、テレビCMなどでもよく知られているSoftBank(ソフトバンク)。インターネットのプロバイダーとしても歴史のある企業です。この記事では、そんなソフトバンクのインターネット関連サービスについて詳しく解説します。

SoftBank(ソフトバンク)のインターネット回線

ソフトバンクで契約できるインターネットプランは大きく分けると、光回線ADSLSoftBank Air(無線)の3種類です。

それぞれに異なる特徴があるので、契約する前にそれらの特徴を比較検討するといいでしょう。これから各インターネットプランの特徴をおおまかに解説します。

SoftBank光 光回線

SoftBank光」は、後述の「Yahoo! BB光 with フレッツ」とは異なり、プロバイダーと光回線(フレッツ光)がセットになったプランです。いわゆる「光コラボ」の一つになります。

光コラボとは、プロバイダーがフレッツ光を借り受けて、回線事業と接続サービスをまとめて提供するインターネットプランのことをいいます。

SoftBank光は、回線も接続サービスもソフトバンクが一括して提供しています。そのため、請求書も契約内容も一本化されて分かりやすく、料金もお得になります。

また、割引特典やキャンペーンなどが充実しているのも光コラボの特徴です。SoftBank光も例にもれず、他社からの乗り換え特典や2年間の料金割引、キャッシュバックなどを実施しています。

また、インターネットとケータイをどちらもソフトバンクにすることで「おうち割」の恩恵にあずかれます。おうち割 光セット」は、スマホ・ケータイ代が一台あたり毎月最大1,000円も割引されるという、ソフトバンクユーザーならとてもお得な割引です。

開通までWi-Fiレンタル無料
NURO光
他社から乗り換えでかかる違約金も還元。SoftBank・Y!mobileのスマホ代が割引に。!今なら対象プラン新規申込で35,000円キャッシュバック。
タップして詳細を見る
開通までWi-Fiレンタル無料
NURO光
他社から乗り換えでかかる違約金も還元。SoftBank・Y!mobileのスマホ代が安くなる!今なら対象プラン新規申込で35,000円キャッシュバック。 クリックして詳細を見る

SoftBank Air(ソフトバンクエアー) ワイヤレス回線

エアターミナル4

SoftBank Air」は、工事不要なワイヤレスタイプのインターネット回線です。Airターミナルと言われる機器をコンセントに差し込むだけで、すぐにWi-Fi接続でインターネットを利用できます。

SoftBank Airなら機器が届いたらすぐに無線でインターネット接続できるため、手軽にインターネットを始めたい人、面倒な設定をする時間がない人、光回線が通っていない地域に住んでいる人には便利です。また通信速度は下り最大350Mbpsと十分のスピードなので、動画視聴や通信が必要なゲームも快適に楽しめます。

SoftBank Airも「おうち割 光セット」の対象になるので、ソフトバンクのケータイ/スマホを利用している人ならお得になります。

なお、SoftBank Airは契約住所以外の場所で利用するのは規約違反になるため、注意が必要です。Airターミナルを別の住所のコンセントに差し込んで利用すると、契約解除になる場合もあります。

工事不要のインターネット
SoftBank Airなら他社からの乗り換えでかかる違約金も還元。ソフトバンクのスマホが永年割引に。
タップして詳細を見る
工事不要のインターネット
SoftBank Airなら他社からの乗り換えでかかる違約金も還元。ソフトバンクのスマホが永年割引に。 クリックして詳細を見る

Yahoo! BB光 with フレッツ 光回線

NTTの光回線フレッツ光」を単独で契約する際に、プロバイダーとしてソフトバンクを選んだプランです。

光回線は、今存在するインターネット回線の中では最も通信速度が速く、安定しています。国内では幅広く使用されているインターネット回線です。

光回線のネックは、光回線を通すために工事が必要なことです。初めて光回線のインターネットを契約する場合は、工事費などの初期費用が発生します。

「Yahoo! BB光 with フレッツ」は、回線はNTT東日本/NTT西日本、プロバイダーはYahoo! BB(ソフトバンク)と、別々に契約することになります。料金も「回線利用料」と「プロバイダー料金」として別々に発生します。

プロバイダーとは? プロバイダーとは、インターネット接続事業者のことです。NTTなどの回線事業者とは別に、ユーザーが回線に接続してインターネットを利用するために必要なサービスを提供しているのがプロバイダーです。英語での正式名称は"Internet Service Provider"(インターネットサービスプロバイダー)、略してISPということもあります。

Yahoo! BB ADSL

「Yahoo! BB ADSL」は、ソフトバンクが提供するADSL回線のインターネットプランです。このプランは、2019年2月28日をもって新規受付は終了しており、2024年3月末で提供終了が発表されています。

一昔前はインターネットといえばADSLが主流でしたが、通信速度の速い光回線の登場以降は契約数も減り、一昔前のネット回線というイメージになってしまいました。

確かにADSLは安くてお得なインターネット回線ですが、今から契約するなら上で紹介したソフトバンク光、もしくはソフトバンクエアーがおすすめです。

>>ADSLの終了はいつ? - ADSLからなるべく安く他のインターネットを申し込む方法

SoftBank(ソフトバンク)の問い合わせ先

ソフトバンクでは「ソフトバンク光」「SoftBank Air」のインターネット・サービスに関して、次のような問い合わせや手続きの申込みを電話で受け付けています。

  • インターネット契約の内容ついて質問・確認
  • インターネット申し込み・引越し・解約などの各種手続き
  • インターネット料金・請求金額・内訳についての質問・確認
  • インターネット配線・設定・トラブルに関する問い合わせ

ソフトバンクでは、それぞれのサービスごとに電話番号を用意しています。なお、どの電話番号も一般電話・携帯・PHSより利用が可能です。

SoftBank 光 サポートセンター
電話番号
(受付時間)
0800-111-2009
(10:00~19:00)
Yahoo! BB光 サポートセンター
電話番号
(受付時間)
0120-981-030
(10:00~19:00)
SoftBank Air サポートセンター
電話番号
(受付時間)
0800-1111-820
(10:00~19:00)
Yahoo! BB ADSL サポートセンター
電話番号
(受付時間)
0800-1111-820
(10:00~19:00)

現在、特にSoftBank光の電話番号には問い合わせが集中してつながりにくい時間帯があります。

問い合わせの内容によっては、オンラインで確認できる「自動診断ツール」や、チャットで相談できる「チャットサポート」も活用できます。また「折り返し電話予約」をすることで、自分に都合がいい時間にソフトバンクから電話をしてもらうことも可能です。

これらソフトバンクのサポートを、状況に応じて使い分けるといいでしょう。

SoftBank(ソフトバンク)ってどんな会社?会社概要

白い犬のお父さんや「ギガ国」などのCMで常に話題を集めているSoftBank(ソフトバンク)。社長の孫正義さんもよく知られていますね。

ソフトバンクはグループ会社も含めると従業員数は約68,000人、売上高8兆円超、営業利益も1兆円超えという、名実ともに世界規模の大企業です。

現在では、AI(人工知能)・IoT(モノのインターネットの技術開発や、人型ロボットの「Pepper(ペッパー)」で知られているように、ロボットの技術開発も行っています。しかし、やはりソフトバンクといえば携帯電話やスマホといったモバイル通信事業が有名です。通信事業のメインブランドである「SoftBank」の他に、「Y! mobile(ワイモバイル)」、最近話題の「LINEMO」も展開しています。3ブランドを展開し、幅広いユーザー層の要望をカバーしています。

ですが、じつはソフトバンクはそれ以前からインターネット回線事業を長く展開し続けている会社なのです。

ソフトバンクの主な個人向けの事業内容は以下のようになっています。

  • 移動通信(モバイル通信)サービスの提供(SoftBank・Y!mobile・LINEMO他
  • 携帯電話端末の販売
  • ブロードバンド等の固定通信サービスの提供(SoftBank光・SoftBank Air他)
  • PCソフトウェア・周辺機器・携帯電話アクセサリー等の販売

ソフトバンクの沿革

1981年、ソフトバンクはパソコン用パッケージソフトの流通事業としてスタートしました。1994年には、アメリカにてインターネット関連企業に関する情報収集や戦略的投資を目的としたSoftBank Holdings Inc.を設立します。続いて1996年には、アメリカのYahoo Inc.と共同出資で日本法人ヤフー(株)を設立。1996年にはオーストラリアのデジタル衛星放送事業「JスカイB」(後の「スカパー!」)と提携しました。

2001年、ソフトバンクはついにインターネット回線の総合サービス「Yahoo!BB(ヤフーBB)」を開始します。

翌2002年には、無線による高速インターネット接続サービス「Yahoo! BBモバイル」の実証実験をスタート、IP電話サービス「BBフォン」の提供もはじまりました。また同年ソフトバンクは、日本政府によるe-Japan構想促進のため全国の学校、図書館、公民館などにインターネット回線のインフラや関連サービスを寄付しています。

2004年には、ヤフー(株)との共同で光ファイバーを利用した新しいインターネット回線の総合サービス「Yahoo! BB 光」も誕生しました。その後ソフトバンクは2006年に、イギリスのVodafone Group Plcからボーダフォン(株)を子会社化して移動通信事業へ参入。2011年には、自然エネルギーの普及・拡大を目的としたSBエナジー(株)を設立します。

SoftBank沿革

出典:SoftBank公式

2016年には電力自由化をきっかけに、一般家庭向け電力販売(ソフトバンク自然でんき)にも参入、現在はエネルギー事業も展開しています。

2020年には5Gサービス提供を開始しました。東京都首都圏をはじめ、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部で提供が始まっています。2021年度末には日本の人口約90%をカバーできるほどのエリア拡大を目指しています。

また、5Gの提供開始に伴ってVRやARでゲーム・エンタメ・スポーツを楽しめるコンテンツ配信サービス「5G LAB」を開始。キャリア問わず4G・4G LTE・5G環境ならスマートフォンやタブレットを使用してコンテンツを楽しむことが可能です。また、一部のSoftBankショップでは「5G LAB」のVRやARを体験できるブースも設置されています。

5GLAB

本社所在地

SoftBank本社の住所と地図を掲載します。

なお、サービスに関する問い合わせはSoftBank本社では受け付けていません。何か困りごとがあれば、SoftBankのサポートセンターに問い合わせしましょう。

SoftBank株式会社 竹芝本社:〒105-0022 東京都港区海岸1丁目7 東京ポートシティ竹芝

(※汐留から移転)

【関連する記事を見る】 ソフトバンク

価格表示について 2021年4月1日以降、各種サービスの料金は総額(税込)での表示が義務づけられています。当サイトでは順次表示の切替を進めておりますが、一部の記事及び掲載中のサービス提供元のサイトで表示が切り替えられていない可能性があります。料金をご参照いただく際は十分ご注意ください。
セレクトラのらくらく窓口ではインターネットのお申し込みに関するご相談を受付中。電話予約はこちら