インターネット接続:プロバイダー・BIGLOBEのプラン(料金と特徴)
biglobe main

KDDIグループの一員となったBIGLOBE(ビッグローブ)は業界4位のインターネット・プロバイダー。光コラボのビッグローブ光からモバイル通信のWiMAX(ワイマックス)から、フレッツ光やauひかり・ドコモ光のプロバイダーとしても。

光回線とプロバイダサービスがセット:ビッグローブ光

ビッグローブ光は光回線サービスとプロバイダーサービスがセットになったインターネット接続プランです。

ビッグローブ光なら「光回線」と「プロバイダー」を別々に契約する必要はありません。ビッグローブ光を契約すれば、光回線インターネットの開始スタートです。

新規でビッグローブ光を契約する

今まで光回線でインターネットを使用したことがなく、新規契約でビッグローブ光を申し込む場合は、まずは、光ファイバーケーブルを宅内に引き込む工事が必要になります。

このため、インターネットの使用開始には、「工事費」+「月額料金」がかかります。光回線の工事費は、戸建てか集合住宅(マンション)か異なります。また、月額費用は、「2年自動更新契約」か「3年自動更新契約」かによって分かれています。

ビッグローブ光・申し込み手数料
ビッグローブ光・申し込み手数料(税抜)
戸建て/マンション(3年更新プランの場合) 3,000円
戸建て/マンション(2年更新プランの場合) 1,000円
ビッグローブ光・光回線工事費

3年自動更新の場合は期間限定で工事費0円のキャンペーンも行っています。(750円/月を40カ月間値引きする。)よって実質の工事費がゼロ円になります。

ビッグローブ光・光回線工事費(税抜)
工事業者が
訪問する
場合
  • 工事費は40回(3年)/30回(2年)の分割払いも可能です。
  • 屋内配線を新設しない場合、工事費はもっと安くなります。
一戸建ての場合
(ファミリータイプ)
30,000円
(3年自動更新プラン)
18,000円
(2年自動更新プラン)
集合住宅の場合
(マンションタイプ)
27,000円
(3年自動更新プラン)
15,000円
(2年自動更新プラン)
土日祝日に工事をする場合 3,000円

ビッグローブ光の3年自動更新プランなら引っ越しでも新居の工事費不要 光回線は、光ファイバーケーブルを引き込む工事が必須です。そのため、もし引っ越しとなった場合も、新居での光回線の工事が必要です。ただし、ビッグローブ光の3年プランを申し込んでいれば、引っ越し先の工事費はゼロ円です。

ビッグローブ光・月額料金

ビッグローブ光・月額料金 3年自動更新プラン(税抜)
一戸建ての場合
(ファミリータイプ)
4,980円/月
  • 3年で自動更新されるプラン。
  • auのスマホ/タブレット/ケータイを利用している場合は、それぞれ毎月1,200円割引になります。
集合住宅の場合
(マンションタイプ)
3,980円/月
ビッグローブ光・月額料金 2年自動更新プラン(税抜)
一戸建ての場合
(ファミリータイプ)
5,180円/月
  • 2年で自動更新されるプラン。
  • auのスマホ/タブレット/ケータイを利用している場合は、それぞれ毎月1,200円割引になります。
集合住宅の場合
(マンションタイプ)
4,080円/月

ビッグローブ光・違約金

ビッグローブ光の3年プランおよび2年プランは、それぞれ36カ月、24カ月単位の定期利用契約です。

定期契約というと分かりにくいかもしれませんが、契約の最終月を更新月として、この更新月に解約の手続きがない限り、自動的にそれぞれ3年、2年更新されるという内容のものです。

定期利用期間の最終月(更新月)以外の月に解約の手続きを行う場合は、解約金(違約金)がかかります。逆を言えば、更新月に解約をすれば違約金の支払い義務はありません。

ビッグローブ光・解約金/違約金(不課税)
戸建て/マンション(3年更新プランの場合) 20,000円
戸建て/マンション(2年更新プランの場合) 9,500円

3年、2年の自動更新という契約形式は、ビッグローブ光に限ったことではなく、多くのインターネット契約で採用されています。好きな時に解約ができないというリスクがあるものの、月々の料金が契約期間が長ければ、長いほど安くなるというしくみになっています。

転用でビッグローブ光を契約する

「転用」とは、光回線にフレッツ光(プロバイダーは問わず)を契約している人が、ビッグローブ光に契約を変えることを意味する言葉です。

なぜ、わざわざ「新規」ではなく「転用」という言葉を使うかというと、ビッグローブ光を契約した場合でも、光回線に使われる回線は同じ「フレッツ光」だからです。よく分からなくなってきた・・・「フレッツ光ってなんだっけ?」そんな風に思った方は、フレッツ光は「NTT東日本もしくはNTT西日本の提供する光回線」と考えれば問題ありません。実は、日本の光回線はほとんど「フレッツ光」なのも事実です。

つまるところ、フレッツ光を使用していれば、ビッグローブ光にした場合でも、工事費がかからなかったり(かかる場合もある)、今現在のフレッツ光の解約で違約金を払ったりすることなく契約ができるというメリットがあります。

逆にフレッツ光以外の光回線を契約したいという場合は、ビッグローブの光回線は、フレッツ光を使用していますので、auひかりやNURO光を選ぶ必要があります。

ビッグローブ光(転用)・申し込み手数料
ビッグローブ光・申し込み手数料(税抜)
戸建て/マンション(3年更新プランの場合) 3,000円
戸建て/マンション(2年更新プランの場合) 2,000円
ビッグローブ光(転用)・光回線工事費
ビッグローブ光・光回線工事費(税抜)
  • 右記のフレッツ光「以外」を契約している場合は、工事費がかかりません。
  • 工事費がかかる場合は、工事内容や建物の種類によって異なります。
NTT東日本エリア
Bフレッツ ニューファミリータイプ、フレッツ 光ライト(ファミリータイプ/マンションタイプ)
NTT西日本エリア
Bフレッツ ファミリー100タイプ、Bフレッツ マンションタイプ、Bフレッツ ワイヤレスファミリータイプ、
フレッツ・光プレミアム (ファミリータイプ/マンションタイプ)、フレッツ 光ライト(ファミリータイプ/マンションタイプ)

ビッグローブ光の3年契約なら引っ越しでも新居の工事費不要 光回線は、光ファイバーケーブルを引き込む工事が必須です。そのため、もし引っ越しとなった場合も、新居での光回線の工事が必要です。ただし、ビッグローブ光の3年プランを申し込んでいれば、引っ越し先の工事費はゼロ円です。

ビッグローブ光(転用)・月額料金

ビッグローブ光を新規で契約しても転用で契約しても月額料金は同じです。

ビッグローブ光・月額料金 3年自動更新プラン(税抜)
一戸建ての場合
(ファミリータイプ)
4,980円/月
  • 3年で自動更新されるプラン。
  • auのスマホ/タブレット/ケータイを利用している場合は、それぞれ毎月1,200円割引になります。
集合住宅の場合
(マンションタイプ)
3,980円/月
ビッグローブ光・月額料金 2年自動更新プラン(税抜)
一戸建ての場合
(ファミリータイプ)
5,180円/月
  • 2年で自動更新されるプラン。
  • auのスマホ/タブレット/ケータイを利用している場合は、それぞれ毎月1,200円割引になります。
集合住宅の場合
(マンションタイプ)
4,080円/月

ビッグローブ光・違約金

ビッグローブ光の3年プランおよび2年プランは、それぞれ36カ月、24カ月単位の定期利用契約です。

定期契約というと分かりにくいかもしれませんが、契約の最終月を更新月として、この更新月に解約の手続きがない限り、自動的にそれぞれ3年、2年更新されるという内容のものです。

定期利用期間の最終月(更新月)以外の月に解約の手続きを行う場合は、解約金(違約金)がかかります。逆を言えば、更新月に解約をすれば違約金の支払い義務はありません。

ビッグローブ光・解約金/違約金(不課税)
戸建て/マンション(3年更新プランの場合) 20,000円
戸建て/マンション(2年更新プランの場合) 9,500円

プロバイダーとしてのビッグローブ

ドコモ光、auひかり、もしくはフレッツ光の光回線のプロバイダーとして、ビッグローブを選ぶことが可能です。

ドコモ光、auひかりは、光回線とプロバイダー料金がセットになっており、どこのプロバイダーを選んでも料金は変わりません。今まで、ビッグローブでインターネットを使用して、ビッグローブから提供されたemailを引き続き使用したい場合は、ドコモ光・auひかりに光回線の契約を変えた場合も、プロバイダーにビッグローブを選ぶ方がスムーズでしょう。

ビッグローブのADSL回線

光回線におされマイナー感のあるADSL回線ですが、ビッグローブではADSLの契約も可能です。

ADSLは大掛かりな宅内工事が不要で、初期費用、月額費用とも安いのが魅力です。

ビッグローブ ADSL 初期費用

BIGLOBE申し込み手数料 2,500円 合計:6,350円(税別)
NTT ADSL
接続サービス
契約料
9,500円
NTT工事費 (税別) 3,050円

ビッグローブ ADSL 月額費用

  NTT東日本エリア NTT西日本エリア
  12M 39M 50M 12M 39M 50M
BIGLOBE
月額基本料金
(税別)
1,900円 2,400円 2,880円 1,900円 2,400円 2,880円
NTT回線
使用料
(税別)
100円 100円 100円 101円 101円 101円
合計(税別) 2,000円 2,500円 2,980円 2,001円 2,501円 2,981円

モバイル回線:Biglobe WiMAX2+

モバイル回線とは、光回線やADSLのように固定回線ではなく、無線で接続が可能なインターネットのことです。その中でも高速でインターネットができるのがWiMAX(ワイマックス)です。

無線のため、インターネットの使用に際して、工事等はいっさい不要です。必要なのは専用のルーターのみです。このルーターを自宅に置けば、家でインターネットが、外出に持っていけば、外でもインターネットが可能になります。

WiMAX(ワイマックス)とは?

無線でデータのやり取りをする方法にはいろいろな規格があるのですが、WiMAXはその規格の1つと考えると分かりやすいと思います。

そしてWiMAX(ワイマックス)が注目されているのは、その通信速度の速さです。

WiMAX2+の場合、下りの最大速度は220Mbpsです。(上りのスピードは10Mbps、最大で30Mbps)となっています。ただし携帯可能なモバイル回線でありながら、トータルでみても、WiMAXのスペックは固定回線のインターネット、ADSLに勝っているんですね。

WiMAXはUQコミニュケーションズ社のサービス。

WiMAXは、UQコミニュケーションズというKDDI系の会社の提供するサービスです。このため、BIGLOBEで契約しても、UQ コミュニケーションズに直接契約しても、品質には何も変化はありません。

このため実際の契約は、キャンペーンの内容と条件を比較して、選ぶことになります。

BIGLOBE(ビッグローブ)以外にもWiMAXの契約窓口となっている会社を一覧にしてみましたので、参考にしてみてくださいね。

                             
WiMAXの申し込み先
UQ Communications
  • WiMAXの提供元
  • 特定機種(WiMAXルーター)と指定の料金プランを契約することでJCBのギフトカードがもらえる。
  • 契約月の翌々月までにギフトカードがもらえる。
 とくとくBB
  • キャッシュバック・キャンペーンの額が高額。
  • ただし、もらえる時期が端末発送月を含む11か月以降。
  • 11か月以降にメールが来るのでそのメールに返信する形で必ず申し込まなくてはいけない。
BIGLOBE
  • キャッシュバック・キャンペーンの額が高額。
  • ただし、12か月以上継続利用が条件。
So-net
(ソネット)


  • キャッシュバックか月額金額の安くなるプランか選べる。
  • auユーザーはauスマホの料金が安くなる。
更新日

ガイド - インターネット接続:プロバイダー・BIGLOBEのプラン(料金と特徴)