マンションにおすすめの光回線は?厳選2プランを紹介

マンション・アパートは光回線がおすすめ - 安い光回線プラン3選

マンションでおすすめの光回線を紹介しています。マンションでもお得に、安心して使える光回線を2つ厳選。マンションで光回線を契約するべき理由や光回線選びの際の注意点も解説。

マンションにおすすめの光回線2選

マンションやアパートにおすすめの光回線はどのプランなのでしょうか?数ある光回線プランの中からセレクトラが厳選した、マンションでお得に使える2プランがこちらです。

※光回線プラン名をクリックすると説明にジャンプします

マンションにおすすめの光回線①
エキサイトMEC光
低価格・縛りなし・工事費完全無料(残債の請求一切なし)

IPv6/IPoE接続だから速い・縛りや解約金なし
工事費が無料。さらに12ヶ月間、月額料金割引キャンペーン実施中

マンションにおすすめの光回線②
GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)
低価格・縛りなし・工事費実質無料(5年継続契約で完全無料)

縛りなし・月額料金が安い(3,773円~)、シンプルな料金体系だから安心。高性能Wi-Fiルーターのレンタルも無料!v6プラス(IPv6/IPoE)標準対応で速度も快適。

マンションで光回線を契約する際には、できるだけお財布への負担が少なく、消費者に不利なルールが無い光回線を選びたいですよね。セレクトラは、後から後悔することなく、長くお得に使える光回線の条件として、以下の3条件を設定しています。

  • 途中で解約しても違約金がかからない(縛りがない
  • 割引やキャンペーンが無くても元から基本料金が安い
  • 初期工事費が無料(または実質無料)になるのでコストがかさむ心配なし

マンションにおすすめの光回線2選として紹介したGMOとくとくBB光エキサイトMEC光の2つは、この3条件をクリアしている光回線です。

※「実質無料」とは、一度工事代金を支払った後に割引等で相当額が還元される仕組みのことです。

それでは次の章から、マンションにおすすめの光回線のサービス内容や料金をそれぞれ詳しく紹介します。

マンションにおすすめの光回線①エキサイトMEC光

エキサイトMEC光

マンションにおすすめの光回線の1つ目は、エキサイトMEC光です。

エキサイトMEC光は、老舗プロバイダのエキサイトが運営する光回線インターネット接続サービスです。解約金が無く料金が安いほか、IPv6/IPoEに標準対応しているので、通信速度も快適です。

また、工事費が完全無料なのも大きなメリットです。それに加えて、高性能のWi-Fiルーターも無料でレンタルできます。自宅でWi-Fiを使用するにはルーターが必要になりますが、プロバイダからレンタルすれば自分でルーターを用意する必要がありません。そのため、今Wi-Fiルーターをお持ちでない方でも安心して契約できます。

IPv6/IPoE接続だから速い・縛りや解約金なし
工事費が無料。さらに12ヶ月間、月額料金割引キャンペーン実施中

月額料金はこちらです。

エキサイトMEC光 月額料金(税込)
エキサイトMEC光ファミリー 4,950円
エキサイトMEC光マンション 3,850円
専用ルーターレンタル料(オプション) 110円

今なら新規申し込みで大幅割引キャンペーン実施中です。お得に始めるならこのキャンペーンを利用しない手は無いでしょう。トータルで、戸建てならば、合計:27,164円(税込)割引、集合住宅ならば合計:23,540円(税込)割引になります!

エキサイトMEC光キャンペーン割引特典一覧(税込)
契約事務手数料(新規申込) 1,100円無料
MEC光開通手続き料 3,300円無料
工事費 戸建て(MEC光ファミリー) 19,800円無料
集合住宅(MEC光マンション) 16,500円無料
月額割引 戸建て(MEC光ファミリー) 522円×12ヶ月⇒最大6,264円割引
集合住宅(MEC光マンション) 495円×12ヶ月⇒最大5,940円割引

IPv6/IPoE対応で月額3,850円~と格安。いつ解約しても違約金なし。新規申込なら工事費無料・1年間割引特典。Wi-Fiルーター無料贈呈キャンペーン実施中。フレッツ光からも工事不要で乗り換え簡単。

マンションにおすすめの光回線②GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)
\ここからの申込で工事費0円・解約金0円/
とくとくBB光公式サイトへ

マンションにおすすめの光回線の2つ目は、GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)です。

GMOとくとくBB光は、インターネットプロバイダとして20年余りの実績があるGMOインターネットが運営する光回線プランです。基本料金は、エキサイトMEC光よりもさらに少し安い、業界最安値級の低価格になっています。

このページに掲載しているリンクからの申し込み限定で、通常より約3%月額料金が安く、解約金なし(契約の縛りなし)のコースを契約できます。

Google検索の公式サイトからの申し込みは対象外 解約金(契約の縛り)が無く料金がずっと3%オフの特別プランは、本ページに掲載中のリンクからの申し込み限定です。Google/Yahoo!検索から直接公式サイトにアクセスした場合には対象外となりますのでご注意ください。

縛りなし・月額料金が安い(3,773円~)、シンプルな料金体系だから安心。高性能Wi-Fiルーターのレンタルも無料!v6プラス(IPv6/IPoE)標準対応で速度も快適。

月額料金はこのようになっています。

GMO光アクセス 月額料金(税込)
ファミリー(戸建て) 4,818円
マンション 3,773円
事務手数料 3,300円

エキサイトMEC光と条件が似ていますが、1点違うポイントがあります。それが、工事費です。GMOとくとくBB光では工事費を「完全無料」ではなく「実質無料」としています。

「実質無料」とは、工事費を分割で支払いながら、その支払い額と同じ額を月額料金から割引にすることで自己負担が無料になる仕組みのことです。そのため、結果的に工事費に関して自分のお財布から出る金額は0円ということになります。

縛りなし・月額料金が安い(3,773円~)、シンプルな料金体系だから安心。高性能Wi-Fiルーターのレンタルも無料!v6プラス(IPv6/IPoE)標準対応で速度も快適。

一点注意が必要なのは、分割払いが終わる前に解約すると残債を一括で請求されるという点です。GMOとくとくBB光の場合、工事費分割払いの完済は契約から5年後です。そのため、5年以内に解約すると残債を支払わなければいけません。

もし「1年~2年で解約するかもしれない」という方は、工事費が完全無料のエキサイトMEC光がおすすめです。

IPv6/IPoE対応で月額3,850円~と格安。いつ解約しても違約金なし。新規申込なら工事費無料・1年間割引特典。Wi-Fiルーター無料贈呈キャンペーン実施中。フレッツ光からも工事不要で乗り換え簡単。

キャリアの光回線(ドコモ光・ソフトバンク光など)の注意点

注意マーク

最近、「ドコモのスマホユーザーならドコモ光がおすすめ」というように、光回線とスマホを同じ会社で契約すればお得になると謳っているウェブサイトも多いですよね。

そのため、この記事を読んでいる方の中で、「手続きが苦手だから難しい料金プランは避けたい」という方にはあまりおすすめしません。キャリア向け光回線を本当にお得に使うためには色々と条件をクリアする必要があるという点に注意が必要です。

注意点①乗り換えの自由がなくなる

 

1つ目の注意点は、一度スマホと光回線をセット契約すると、他社サービスへの乗り換えがしにくくなるという点です。

スマホと光のセット割の場合、スマホを解約すると同時に割引も打ち切りになります。割引が無くなると、安かった利用料金は通常料金に戻ります。

ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光などの光回線は割引ありきの料金設定をしていますので、割引前の基本料金だけを見ると、そこまで安くありません。

GMOとくとくBB光と他の光回線の比較
GMOとくとくBB光と他の光回線の比較

「スマホを他社に乗り換えると光回線が高くなるのか...」と思うと、他に良いプランを見つけても乗り換えを渋ってしまいますよね。そういった理由で、一度セット割に加入してしまうと、仮に良いプランを見つけても、乗り換えにくくなるのです。

この先格安SIMや他のスマホ会社に乗り換えを考えているという方、「いつでも好きな会社を契約できる自由が欲しい」とお考えの方は、縛りが無い光回線プランがおすすめです。

IPv6/IPoE接続だから速い・縛りや解約金なし
工事費が無料。さらに12ヶ月間、月額料金割引キャンペーン実施中

縛りなし・月額料金が安い(3,773円~)、シンプルな料金体系だから安心。高性能Wi-Fiルーターのレンタルも無料!v6プラス(IPv6/IPoE)標準対応で速度も快適。

注意点②料金体系が複雑で分かりにくい

ドコモ光などのスマホキャリアの光回線は割引が適用されると大幅に安くなります。しかしその一方で、料金システムがかなり複雑なことで知られています。

料金システムが複雑化する原因は、主に有料オプションへの加入です。スマホと光のセット割引を適用するために、指定オプションへの加入を条件にしている場合があります。

料金体系が複雑になると何が起こるかというと、無駄なオプションの支払いを続けてしまったり、いつの間にか料金が高くなっていたり、など把握してない料金発生を見過ごす可能性が出てきます。

派手な割引が無いけど、その分リスクも少ないし安い。そんな光回線が良いなら、こちらの2プランがおすすめです。

IPv6/IPoE接続だから速い・縛りや解約金なし
工事費が無料。さらに12ヶ月間、月額料金割引キャンペーン実施中

縛りなし・月額料金が安い(3,773円~)、シンプルな料金体系だから安心。高性能Wi-Fiルーターのレンタルも無料!v6プラス(IPv6/IPoE)標準対応で速度も快適。

マンションに光回線をおすすめする3つの理由

「新居のマンションは光回線でほぼ決まりだけど、一応他の選択肢も確認しておきたい。」と考えている方はいませんか?そんな方のために、マンションでのインターネット契約に光回線をおすすめする理由を詳しく説明します

マンションで契約できるインターネットには、据え置き型のホームルーター(置くだけWi-Fi、据え置きWi-Fi)や、持ち運び可能なモバイルWi-FiWiMAXなど)があります。しかし、長い目で見ると光回線を契約するのがお得です。

光回線がおすすめな理由:

  • 月額料金が他のインターネット回線より安い
  • 通信が安定している
  • 大体のケースで導入が簡単

次の章から光回線をおすすめする理由を1つずつ紹介します。

①月額料金が他のインターネット回線より安い

電卓と小銭のイラスト

マンションに光回線をおすすめする理由の1つ目は、ずばり「光回線は他のインターネット回線より安いから」です。

光回線以外にも、据え置き型のホームルーター(置くだけWi-Fi、据え置きWi-Fi)や持ち運び可能なモバイルWi-Fi(WiMAXなど)といった工事が不要なネット回線があります。

光回線というと、そのような工事不要のネット回線に比べて高そうなイメージがあるかもしれません。しかし、光回線を提供するプロバイダの数が多いだけに、料金はピンからキリまであります。

中には月額料金が高いプランもありますが、マンション向けの格安のプランだと、3,000円台から光回線が使えます

工事が要らないホームルーターの方が安いのでは?

ホームルーターは開通工事の必要がないので、「設置がカンタン=光回線より料金も安い」というイメージを持たれがちです。マンション住まいともなれば「とりあえず工事不要のネットにしておこうかな。工事費もかからないしお得になりそう。」と考える方もいるのではないでしょうか?

しかし実際のところ、ホームルーター(およびその他ワイヤレスのネット回線)の基本料金は、光回線に比べてそれほど安い訳ではありません

ホームルーターやモバイルルータープランの中には割引やキャンペーン等で一時的に安くなるプランもありますが、基本料金そのものを見ると光回線より高い傾向があります。

下の料金比較表をご覧ください。

主要なホームルーターのソフトバンクエアーdocomo home 5Gの基本料金、WiMAX(ワイマックス)の中では最安レベルと言われるカシモWiMAXの基本料金、そして同じく光回線の中で最安レベルのエキサイトMEC光の基本料金を比較したものです。

光回線とそれ以外のネット回線の料金比較(割引前の料金*)
  サービス名 月額料金
ホームルーター ソフトバンクエアー 5,368円
ホームルーター docomo home 5G 4,950円
WiMAX カシモWiMAX 4,708円
光回線 GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)
マンションタイプ
3,773円
光回線 エキサイトMEC光
マンションタイプ
3,850円

* キャッシュバック等をを除いた、月額基本料金で比較。

* カシモWiMAXは3年契約プランの場合の料金を掲載。いずれも割引なしの基本料金。GMOとくとくBB光はセレクトラのサイトから申し込んだ時の料金を掲載。

ホームルーターやWiMAXなど光回線を使わないネット回線よりもGMO光アクセス(GMOとくとくBB光)が圧倒的に安いことが分かります。もちろん基本料金が高い光回線プランも存在しますが、しっかり調べて安く使えるプランを見つければ、光回線はお得に使うことができます。

また、料金そのものに加えてもう1つ重要なのは、光回線の方がホームルーターより通信速度が速いということです。同じくらいの料金であれば、光回線の方が通信速度の面で「元が取れる」と考えることができます。

また、エキサイトMEC光をはじめ、光回線の中には開通工事費が無料のプランがあります。基本料金も安い、工事費もかからないのでかなり契約しやすくなっています。

しっかり調べてお得なプランを見つけさえすれば、光回線契約のハードルとなる初期費用も浮きます。長い目で見ても光回線を契約した方がお得になる傾向があります。

②通信が安定している

スピードメーターのイラスト

マンションに光回線をおすすめする2つめの理由は、通信品質の安定性です。

光回線は上り(アップロード)と下り(ダウンロード)の最大通信速度が1Gbps以上なのに対して、ホームルーターやWiMAXは最大通信速度がそれより少し下がることが多いです。

実際に家庭で使用する際には、公式サイトに記載してある「最大通信速度」よりももっと通信速度が落ちるため、通信品質が安定したインターネット回線を選ぶに越したことはありません。

回線ごとの通信速度を比較した表をご覧ください。

各ネット回線ごとの通信速度
回線の種別 下り速度 上り速度
光回線 323Mbps 248Mbps
ホームルーター 152Mbps 18Mbps
モバイルルーター 39Mbps 11Mbps

数値は過去3ヶ月の平均。小数点以下切り上げ。データ参照元:みんなのネット回線速度

家族や同居人の複数人で同時にインターネットに接続する方や、家からリモートワークする方、そしてNETFLIXhuluで動画を快適に観たいという方には特に光回線がおすすめです。

③大体のケースで導入が簡単

いいねマークのイラスト

光回線は工事が面倒だから、工事ナシのプランの方が良いかなと考えている方もいるかもしれません。しかし、光回線を契約する全員が必ずしも工事で数カ月待つ訳ではありません

アパートやマンションの場合、前の住人が使っていたフレッツ光の配線が残っていれば、それをそのまま使用することが可能です。そのため、大規模な工事をせず簡単に導入できる場合があります。

1つの目安は、光コンセントです。下の図のような光コンセントと呼ばれる設備が部屋にある場合、既に光ファイバーケーブルの配線がある可能性大です。

光コンセント

画像引用元:NTT東日本

光ファイバーケーブルの末端がこのコンセント部分まで引き込まれています。そのため、大規模な工事は行わずにそのまま同じ光コンセントを利用できます。

ただし、光コンセントがフレッツ光用のもので、これから契約する光回線もフレッツ光の場合に限ります。(※この記事で紹介しているおすすめの光回線プランは全てフレッツ光の回線を使用しています。)

一方、新築のマンションなど光コンセントがまだ無い場合は光回線の導入工事が必要です。

仮に工事が必要になったとしても、工事費が無料のプランを選べば費用の心配はいりません。加えて、1つ目と2つ目の理由である安さと通信の安定性を考慮すると、やはり光回線の方が長い目で見てお得です。

マンションの契約条件を確認 お住まいのマンション・アパートによってはインターネットの個人契約ができない場合があります。入居前に必ず管理会社に確認しましょう。

マンションでの光回線契約にデメリットはある?

光回線のデメリットは、やはり工事が必要なケースがある点です。

先ほど説明したように、部屋の中に既に光コンセントがある場合、光ファイバーケーブルを引き込む大規模な工事は不要です。そのまま残っている設備を使用できます。

しかし、お住まいのマンションやアパートに光回線が引かれておらず、その上開通工事もどうしてもできないという場合、残念ながら光回線の契約は難しいかもしれません。

どうしても工事ができない場合は、工事が要らないホームルーターまたはWiMAXを検討しましょう。

工事不要ですぐWi-Fi。4G/5G対応で通信量の制限も無いから安心・契約にも縛りなし。もれなく15,000の現金キャッシュバック贈呈中。オプション加入等の条件も一切不要。

WiMAX月額料金最安級。分かりやすい料金体系で、”良く分からない”の不安なし。カスタマーサポートも電話で対応。長く利用する人に月額料金の安さで還元。最短当日発送。端末代金が無料!

マンションにおすすめの光回線:よくある質問

よくある質問一覧

光回線を契約すれば自宅でWi-Fiを使えますか?

使えます。ただし、光回線をWi-Fiに変換するためには、Wi-Fiルーターが必要です。Wi-Fiルーターはネットや家電量販店等で購入する、契約するプロバイダが推奨するものを購入またはレンタルする方法があります。

詳しくは光回線の申し込み時に問い合わせましょう。

マンションで光回線を申し込んでから使えるようになるまでの期間は?

申し込むプランや設備状況によるので一概には言えませんが、申し込みから開通まで1ヶ月ほどかかるのが一般的です。訪問工事が不要な場合は2週間程度で開通できるケースもあります。

(※工事期間はあくまで目安です。光回線の契約時に、プロバイダへご相談ください。)

マンションで光回線を選ぶ時の注意点は?

一番の注意点は、光回線の個人契約不可のマンションがあるということです。光回線選びをスタートする前に、自分のマンション・アパートの管理会社に確認しましょう。

また、どうしても光回線を個人契約したい方は物件選びの段階からネット個人契約可のお部屋を探すと良いでしょう。

更新日

価格表示について 2021年4月1日以降、各種サービスの料金は総額(税込)での表示が義務づけられています。当サイトでは順次表示の切替を進めておりますが、一部の記事及び掲載中のサービス提供元のサイトで表示が切り替えられていない可能性があります。料金をご参照いただく際は十分ご注意ください。
セレクトラのらくらく窓口ではインターネットのお申し込みに関するご相談を受付中。電話予約はこちら