光回線やWi-Fiの速度が夜遅くなる理由は?原因と対策・乗り換え先におすすめの光回線も紹介

更新日
本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
光回線やWi-Fiの速度が夜遅くなる理由は?原因と対策・乗り換え先におすすめの光回線も紹介

「光回線でWi-Fiを使っているけど、夜になると通信速度が遅くなる。」そんな不満はありませんか?光回線の速度が夜遅くなる原因が何なのか、そして有効な対策について解説します。自宅の光回線やWi-Fiが遅くなってしまうイライラの主な原因と、すぐに試せる対処法をご紹介します。

一番速いのはどの光回線プラン?プロバイダー?

独自回線が魅力!フレッツ光以外の光回線インターネットは?

光回線(Wi-Fi)の速度が夜遅くなる4つの理由とは

光回線やWi-Fiの速度が昼間は速いのに夜は遅くなるのには、主に次の3つの理由が考えられます。

  1. 回線が混雑している
  2. サーバが混雑している
  3. プロバイダーに問題がある
  4. パソコンや無線ルーターに問題がある

それぞれの原因と対策をこのページで詳しく紹介します。その前に、インターネットを快適に使える速度はどれくらいなのか簡単に説明しますね。

インターネットの快適な速度とは?

インターネットを快適に使える速度というのは、ユーザーの利用用途によって異なります。用途別の快適な速度は以下のようになります。

インターネット利用用途別 快適な通信速度の目安
利用レベル 内容 快適な通信速度
(下り)※
★☆☆ ウェブサイト閲覧・メール送受信・ネットショッピングなど 10Mbps
★★☆ Youtubeなど動画を観る・SNSに写真や動画をアップする 30Mbps
★★★ 4K動画ストリーミング視聴・対戦型オンラインゲームで遊ぶ 100Mbps

※1,000Mbps=1Gbps、下り(ダウンロード)速度。速度については、2023年8月時点のBuffalo公式サイトの情報を参考にした。

光回線が夜遅くなるのは、上記の快適な通信速度を下回ってしまうからなのです。

光回線インターネットの速度は最大1Gbpsだから、上記の目安は軽々とクリアしていると思われるかもしれませんね。しかし、1Gbpsという速度はあくまで理論上の最大値ですので、家でネットを使う時に1Gbpsの通信速度が出る訳ではありません。実際に家で使う際には、1Gbpsの1/5程度、大体の200Gbpsの通信速度になります。

インターネット(Wi-Fi)のスピードをチェックする方法

光回線やWi-Fiが夜に遅いと感じることがあるなら、まずは昼間と夜それぞれの通信速度をチェックしてみましょう。下記のサイトは簡単にスピードチェックできて便利です。

昼間と比べて夜に速度がガタ落ちしている場合、これから紹介する原因と対策が役に立つはずですので、ぜひ参考にしてください。

光回線(Wi-Fi)が夜遅い理由①回線が混雑している

光回線(Wi-Fi)が夜遅い理由①回線が混雑している

夜、光回線でインターネットを使っていると通信速度が遅くなる最大の理由は、回線の混雑です。では、なぜ回線が混雑するのか考えてみましょう。

夜に回線が混雑する原因

なぜ夜に混雑するのかというと、夕方から夜にかけての時間帯は単純にインターネットに接続する人が増えるためです。日中は仕事、夜は家でくつろぎながら動画を観たりSNSを見たりするという人は多いですよね。そのため、特に夜8時~12時の間は混雑しがちです。

光回線の通信が混んでいる場合

光回線インターネットは1本の光ファイバーケーブルを最大32世帯で共有しており、同時に利用する人が増えると通信が混雑します。人口密度が高い地域に住んでいて、夜になると極端に遅くなる場合は回線が混雑している可能性が高いでしょう。

回線混雑の対策

回線が混雑しているために夜にインターネットが遅くなる場合、次の2つの対策が挙げられます。

対策①:有線でインターネットにつなぐ

これはパソコンに限定した話になりますが、もしWi-Fi接続を利用しているのなら、パソコンを有線(LANケーブル)でつないでみるといいでしょう。

夜間ネットが遅い時にLANケーブルをパソコンに繋ごうとしている写真

なぜLANケーブルで有線接続すると良いかというと、LANケーブルは周囲の電波からのノイズ(効率的な通信の邪魔になるもの)が入りにくいためです。

Wi-Fiは、電子レンジの電波や壁や家具など電波を遮蔽するものに弱いため、速度が不安定になりやすい傾向があります。そのため、LANケーブル接続に切り替えるだけで速度が改善する場合があります。

対策②:最大通信速度10ギガの光回線に切り替える

NTTのフレッツ光は利用者が多いので回線も混雑しがちです。いろいろ対策をとってもなかなか回線速度が上がらないかもしれません。

そんな場合は、最大通信速度が10ギガの光回線を契約してみるのも1つの手です。

従来の光回線は最大通信速度が1ギガ(1Gbps)ですが、10ギガのプランの場合は通信速度が10倍になるのでダントツで速くなります。料金は1ギガのプランより500~1,000円ほど上がりますが、通信速度はほぼ確実に速くなるので払う価値はあります。

いくつか10ギガの光回線プランがありますが、専用ルーターを無料でレンタルしてくれるプランを紹介します。

ドコモユーザーにおすすめ:ドコモ光10ギガ

最大51,000円キャッシュバック!他社の10ギガ光からの乗り換えもOK。月額6,930円~。動画配信・シェアハウス・家族数人の利用でも安心。新規工事費0円。10ギガ対応ルーターも月々309円でレンタルできる。

それ以外のスマホユーザーにおすすめ:とくとくBB光10ギガ

10ギガ申し込みで41,000円・乗り換えなら60,000円上乗せキャッシュバック!超高速10ギガの光回線が月額5,940円!10ギガ対応Wi-Fiルーター月額390円。最低利用期間ナシ・解約金ナシで安心。

10ギガの光回線と1ギガの光回線
  10ギガの光回線
(例:とくとくBB光10ギガ)
光コラボ・フレッツ光
最大速度(下り) 10Gbps 1Gbps
提供エリア 関東・東海・関西・九州の一部 全国
月額基本料 6,000円前後 5,000円前後
プロバイダー 多数 多数

光回線(Wi-Fi)が夜遅い理由②サーバにアクセスが集中している

光回線(Wi-Fi)が夜遅い理由②サーバにアクセスが集中している

インターネット使用エリアの人口密度は高くないにもかかわらず、夜に特定のサイトにアクセススピードが極端に落ちるのなら、そのサイトのサーバ(※)が混雑していることが考えられます。

※サーバって何? サーバとは、インターネット上で様々なサービスを提供する大元のコンピューターのことです。各家庭のパソコンやスマホは情報を受け取る側で、サーバは情報を提供する側というわけです。インターネットに接続すると、必ず何らかのサーバにつながります。たとえば、Googleで調べものをしている時はGoogleのサーバと情報をやりとりします。

利用者が極端に集中すると回線やサーバにそれだけ負荷がかかり、通信が遅延してしまうわけですね。例えるなら、年末年始に帰省ラッシュで高速道路が渋滞するのに似ているといえるでしょう。

では、回線とサーバ混雑の対策をそれぞれ見てみましょう。

サーバ混雑の原因と対策

ある特定のサイトの読み込みが遅く、それ以外のサイトは普通に開くのであれば、サーバが混雑している可能性が考えられます。「アクセスが集中しています」や、「しばらくしてから再度アクセスしてください」という表示もサーバの混雑を示すサインです。ウェブサイト側のキャパオーバーで、人が溢れてしまっている状態です。

原因は、コンサートなどの先着順チケットのネット予約や、数量限定の商品のネット販売でアクセスが極端に集中していること、あるいはサイバー攻撃という場合も考えられます。

この場合、いくら高性能のパソコンや通信速度の速いネット回線があってもサイト側の受け皿がないため改善されません。

このような状況で、とれる対策はあるのでしょうか?

時間が経ってから再度アクセスする

サーバが混雑している場合は、大体のケースでサイトが空くまで待つしかありません。急いでいなければ時間が経ってから再度アクセスしてみましょう。混雑のピークを越えれば問題なくサイトにアクセスできるようになることがほとんどです。

また、「先着順のチケット予約等で絶対に負けたくない!」「配信型のコンサート等で真っ先にサクサク視聴できるようにしたい!」という方は、混雑する前にページにアクセスできるほどの通信速度の速さが必要です。圧倒的な通信速度が欲しい方なら、10ギガの光回線の契約を検討してみてくださいね。

>> 圧倒的スピード向上なら10ギガプランがおすすめ

光回線(Wi-Fi)が夜遅い理由③プロバイダの問題

光回線(Wi-Fi)が夜遅い理由③プロバイダの問題
 

光インターネットが夜遅くなる原因の一つとして、プロバイダのサービスに問題がある場合もあります。

回線事業者とプロバイダーは異なります。NTTは回線事業者で、接続サービスを提供するのがプロバイダです。回線自体は速いのに、プロバイダ側が原因でネット速度が遅くなることもあるわけです。

プロバイダ・回線のどちらに原因があるか調べる方法

速度遅延の原因が回線とプロバイダのどちらにあるのか、次の手順で調べることができます。

  1. 下記のNTT公式ホームページから速度を計る(プロバイダを介さない回線速度)
    【フレッツ速度測定サイト】
    http://www.speed-visualizer.jp/
  2. 記事前半で紹介したスピードチェックサイトで速度を計る(プロバイダを介した速度)
  3. 速度に差があればプロバイダによる速度低下、差がなければNTTフレッツ回線による速度低下と判断

プロバイダによって速度が遅くなっていることが判明したら、次の対策が有効です。

プロバイダによる速度低下の対策

対策:プロバイダを乗り換える
これに尽きます。光回線の契約を別のプロバイダに変えるだけで、劇的にスピードが改善することもあるからです。プロバイダを乗り換えるなら、光コラボ※を検討することをおすすめします。またその中でもIPv6に対応したプランを選ぶことで速度UPが期待できます。

光コラボとは?光コラボとは、プロバイダーがNTTフレッツ光回線を借り受けて、回線と接続サービスを一括して提供するというものです。光コラボは基本料金が比較的に安いうえに、プロバイダーから直接手厚いサービスを受けられるというメリットがあります。さらに、光コラボ各社が競ってお得な新規キャンペーンを実施しています。

これまでフレッツ光を利用していてコラボ光に乗り換える際には、基本的に工事不要で手続き簡単、費用も契約事務手数料だけで済みます。

対策

なお、光コラボは都道府県によって速度に差が出ることもあります。そこで、各プロバイダがお住まいの地域でどの程度スピードを出しているか、通信速度の測定サイト「みんなのネット回線速度」で前もって確認するといいでしょう。

光回線(Wi-Fi)が夜遅い理由④パソコンや無線Wi-Fiルーターの問題

光回線(Wi-Fi)が夜遅い理由④パソコン本体やWi-Fiルーターの問題

光回線が夜遅くなる原因が、パソコンや周辺機器(無線ルーターやLANケーブル)にある場合もあります。パソコンやルーターが古いと、いくら光回線の通信速度が速くても、その速さに対応できず足を引っ張ってしまうことがあるんです。

パソコンや周辺機器による速度低下の対策

ネットの通信速度には問題ないものの、パソコン本体の挙動が遅いせいで表示が遅くなる場合もあるようです。また、お使いのWi-Fiルーターが古いと通信速度にも影響します。対策を2つ紹介します。

対策①:パソコンのスペックをチェックして必要なら買い替える

パソコンのOSを最新にしたり、パソコン自体やルーターを新しい物に買い替えることでネットスピードが改善する可能性は十分あります。まず、快適なインターネットのために必要最低限のスペックを確認してみてください。

インターネットに必要なパソコン最低限スペック
OS メモリ CPU HDD/SSD GPU
Windows 11 16GB Intel Core i5
AMD Ryzen5
256GB CPU内蔵GPU

※安価なWindowsOSの場合を想定。CPUは用途を選ばないミドルモデルを参考として掲載。メモリ容量については、NEC LAVIE公式サイトを参考にした。GPUは3D画像編集や3Dゲームは行わないことを想定。

今使っているパソコンのスペックと比較して、もしこれを下回っているのなら、通信速度ではなくパソコンの性能が原因でスムーズな作業ができなくなっている可能性があります。古いパソコンなら、買い替えを検討してもいいかもしれません。

対策②: IPv6対応ルーターがもらえる光回線に乗り換える

夜間も遅くならずに快適な通信速度でネットに接続するには、Wi-Fiルーターの性能も重要です。

最近では、最新のインターネット接続方法であるIPv6接続に対応した光回線プランがほとんどです。そのため、光回線契約のみIPv6対応にするだけでなく、ルーターもそれに対応しているIPv6対応ルーターを使う必要があります

IPv6接続対応のWi-Fiルーターを無料で使える光回線プランがありますので、そういった光回線プランに乗り換えるのも検討の価値ありです。

※IPv4 over IPv6とは? IPv6接続サービスを利用していても、IPv6に未対応のサイトにアクセスした場合、結局IPv4接続することになり速度は遅いままです。しかし「IPv4 over IPv6」は、旧来のIPv4対応サイトでもIPv6接続することができます。常時IPv6接続なので、すべてのサイトでスピードアップが図れるのです。

夜に光回線(Wi-Fi)が遅いとき乗り換え先におすすめの光回線

夜に光回線(Wi-Fi)が遅い時におすすめの光回線 - 女性のイラスト

ここまで解説してきた通り、夜に光回線が遅くなる場合、光回線を乗り換えるのも1つの解決策です。夜遅くなる光回線でお悩みの方におすすめの乗り換え先光回線を紹介します。

IPv6接続サービス標準対応のおすすめ光コラボ(1ギガ)

安さ重視・月額基本料金が安くてIPv6対応のプランが良いという方、別のプロバイダに乗り換えて改善するか試したい方はこちらのIPv6標準対応の1ギガの光回線プランがおすすめです。

とくとくBB光(GMO光アクセス)
全員32,000円・乗換なら40,000円キャッシュバック
戸建て:4,818円 ← 5,390円(税込)
✅新規工事費無料+キャッシュバック最大4万円
✅IPv6対応Wi-Fiルーター無料レンタル
※本ページ経由の申込限定【基本料金がずっと12%オフ】

【6/30 23:59までに申込の方限定】最大128,000円キャッシュバック✨縛りなし・月額料金が安い・シンプルな料金体系。Wi-Fiルーターレンタルも無料。

圧倒的スピード向上なら10ギガプランがおすすめ

とにかく圧倒的に通信速度を向上させたいという方は10ギガの光回線がおすすめです。

✅ドコモユーザーにおすすめ:ドコモ光10ギガ

最大51,000円キャッシュバック!他社の10ギガ光からの乗り換えもOK。月額6,930円~。動画配信・シェアハウス・家族数人の利用でも安心。新規工事費0円。10ギガ対応ルーターも月々309円でレンタルできる。

✅それ以外のスマホユーザーにおすすめ:とくとくBB光10ギガ

10ギガ申し込みで41,000円・乗り換えなら60,000円上乗せキャッシュバック!超高速10ギガの光回線が月額5,940円!10ギガ対応Wi-Fiルーター月額390円。最低利用期間ナシ・解約金ナシで安心。