光回線の速度が夜遅くなる理由は?- 原因と対策

光回線の速度が夜遅くなる理由は?- 原因と対策
光回線の速度が夜遅くなる理由は?- 原因と対策

「光回線は速いはずなのに夜になると通信速度が遅くなる・・・」そんな不満はありませんか?光回線の速度が夜遅くなる原因が何なのか、そして有効な対策について分かりやすく解説します。

光回線の速度が夜遅くなる3つの理由とは

光回線の速度が昼間は速いのに夜は遅くなるのには、主に次の3つの理由が考えられます。

  1. 回線・サーバーが混雑している
  2. プロバイダーに問題がある
  3. パソコンや無線ルーターに問題がある

それぞれの原因と対策をこのページで詳しく紹介します。その前に、インターネットを快適に使える速度はどれくらいなのか簡単に説明しますね。

インターネットの快適な速度とは?

インターネットを快適に使える速度というのは、ユーザーの利用用途によって異なります。用途別の快適な速度は以下のようになります。

インターネット利用用途別 – 快適な通信速度の目安
利用レベル 内容 快適な通信速度※
★☆☆ ウェブサイト閲覧・メール送受信・ネットショッピングなど 2Mbps
★★☆ Youtubeなど動画を観る・SNSに写真や動画をアップする 5Mbps
★★★ 高精細の動画鑑賞・データ通信量が大きいゲームで遊ぶ 20Mbps

※1,000Mbps=1Gbps、下り(ダウンロード)速度

光回線が夜遅くなるのは、上記の快適な通信速度を下回ってしまうからなのです。

光回線インターネットの速度は最大1Gbpsだから、上記の目安は軽々とクリアしていると思われるかもしれませんね。しかし、1Gbpsという速度はあくまで理論上の最大値で、実際には1/10程度スピードが出れば上出来です。

インターネットのスピードをチェックする方法

光回線が夜に遅いと感じることがあるなら、まずは昼間と夜それぞれで速度をチェックしてみましょう。下記のサイトは簡単にスピードチェックできて便利です。

 お手軽度NO.1スピードテスト「Fast.com」

 正確度NO.1スピードテスト「SPPEDTEST.NET」

昼間と比べて夜に速度がガタ落ちしている場合、これから紹介する原因と対策が役に立つはずですので、ぜひ参考にしてください。

光回線が夜遅い理由①回線・サーバーの混雑

光回線インターネットが夜になると遅くなる最大の理由は、回線とサーバー※の混雑です。では、なぜ回線とサーバーが混雑するのか考えてみましょう。

※サーバーって何? サーバーとは、インターネット上で様々なサービスを提供する大元のコンピューターのことです。各家庭のパソコンやスマホは情報を受け取る側で、サーバーは情報を提供する側というわけです。インターネットに接続すると、必ず何らかのサーバーにつながります。たとえば、GoogleやYahooはサーバーの代表格です。

夜に回線・サーバーが混雑する原因

なぜ夜に混雑するのかというと、単純にインターネットを使う人は夜に増加するからです。日中は仕事、夜は家でくつろぎながらインターネットという人は多いですよね。そのため、特に夜8時~12時の間は混雑しがちです。

光回線インターネットは1本の光ファイバーケーブルを最大32世帯で共有しており、同時に利用する人が増えると通信が混雑します。人口密度が高い地域に住んでいて、夜になると極端に遅くなる場合は回線が混雑している可能性が高いでしょう。

それに対して、インターネット使用エリアの人口密度は高くないにもかかわらず夜に特定サイトのスピードが極端に落ちるのなら、そのサイトのサーバーが混雑していることが考えられます。

利用者が極端に集中すると回線やサーバーにそれだけ負荷がかかり、通信が遅延してしまうわけですね。例えるなら、年末年始に帰省ラッシュで高速道路が渋滞するのに似ているといえるでしょう。

では、回線とサーバー混雑の対策をそれぞれ見てみましょう。

回線混雑の対策

回線が混雑している場合、次の2つの対策が挙げられます。

対策①:有線でインターネットにつなぐ
もしWi-Fi接続を利用しているのなら、パソコンを有線(LANケーブル)でつないでみるといいでしょう。Wi-Fiはケーブルよりも速度が遅くなってしまうので、ケーブル接続に切り替えるだけで速度が改善する場合があります。

対策②:「NURO光」に切り替える
NURO光(ニューロ光)は、NTTフレッツ光とは異なる独自の光ファイバーケーブルを用いています。利用者がフレッツ光に比べて少なく、通信はまず混雑しないのでおすすめです。

さらにNURO光は最大速度も2Gbpsと、フレッツ光の2倍もあります。夜に高精細の映画を観たり、大容量ダウンロードをしたりするのも、NURO光なら楽々こなせます。

NURO光とNTTフレッツ光の違い
  NURO光
NURO光の解説ページ
NTTフレッツ光
最大速度(下り) 2Gbps 1Gbps
提供エリア 関東・東海・関西・九州の一部 全国
月額基本料 5,000円前後 5,000円前後
プロバイダー 自社のみ 多数

NURO光のお申込み

独自回線のNURO光で通信速度の悩みを解決 - 📞お申込みはこちらから

NURO光は戸建てはもちろんマンションでも申し込みが可能です。

今すぐ電話でお申込み?(受付時間:午前10時 - 午後9時)
もしくはこちらから指定のお時間にコールバックいたします。

サーバー混雑の対策

ある特定のサイトの読み込みが遅く、それ以外のサイトは普通に開くのであれば、サーバーが混雑しています。その対策として次を試してみましょう。

対策:IPv6接続サービスを利用する
IPv6接続サービスとは、都心の周りを囲む環状線のようなものです。アクセスが集中している都心(サーバー)を避けて、素早く目的の場所(サービス)にたどり着くことができます。

現在契約中の光回線プロバイダーがIPv6接続サービスを提供しているかどうか、まずは確認してみましょう。このサービスは無料オプションとなっていることが多いですが、IPv6対応ルーターを使用する必要があります。

もしIPv6接続サービスに対応していないプロバイダーを使っているのなら、乗り換えを検討してみるのもいいでしょう。

光回線の申し込み - プロバイダー(一例 )
サービス名 サービス名 特徴
ぷらら光
ぷらら光の解説ページ
公式サイト
  • NTT系列の老舗のプロバイダー。光回線はフレッツ光を使用
  • セット割でひかりTVを安く契約することができる。
So-net光プラス
So-net光プラスの解説ページ
公式サイト
  • セキュリティ「カスペルスキー」が永年無料
  • IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料
en ひかり 公式サイト
  • 業界最安値。光回線にはフレッツ光を使用。
  • 契約期間の縛りがなく、解約手数料がない。
NURO光
NURO光の解説ページ
公式サイト
  • 自社の光回線で、下り速度、最大2Gpbs。
  • 月額料金の中に無線ルーターが含まれる。
DTI 光
DTI 光の解説ページ
公式サイト
  • 光回線はフレッツ光を使用。
  • 契約期間の縛りがなく、解約手数料がない。

光回線が夜遅い理由②プロバイダーの問題

光インターネットが夜遅くなる原因の一つとして、プロバイダーのサービスに問題がある場合もあります。

回線事業者とプロバイダーは異なります。NTTは回線事業者で、接続サービスを提供するのがプロバイダーです。回線自体は速いのに、プロバイダー側が原因でネット速度が遅くなることもあるわけです。

プロバイダー/回線のどちらに原因があるか調べる方法

速度遅延の原因が回線とプロバイダーのどちらにあるのか、次の手順で調べることができます。

1.下記のNTT公式ホームページから速度を計る(プロバイダーを介さない回線速度)
NTT東日本ユーザー向け
NTT西日本ユーザー向け(※NTT西日本ユーザーのみアクセス可能)
2.記事前半で紹介したスピードチェックサイトで速度を計る(プロバイダーを介した速度)
3.速度に差があればプロバイダーによる速度低下、差がなければ回線による速度低下と判断

プロバイダーによって速度が遅くなっていることが判明したら、次の対策が有効です。

プロバイダーによる速度低下の対策

対策:プロバイダーを乗り換える
これに尽きます。光回線は同じでも、プロバイダーを変えるだけで劇的にスピードが改善することもあるからです。プロバイダーを乗り換えるなら、光コラボ※を検討することをおすすめします。

光コラボとは?光コラボとは、プロバイダーがNTTフレッツ光回線を借り受けて、回線と接続サービスを一括して提供するというものです。光コラボは基本料金が比較的に安いうえに、プロバイダーから直接手厚いサービスを受けられるというメリットがあります。さらに、光コラボ各社が競ってお得な新規キャンペーンを実施しています。

これまでフレッツ光を利用していてコラボ光に乗り換える際には、基本的に工事不要で手続き簡単、費用も契約事務手数料だけで済みます。

セレクトラでは、光コラボ各社の特徴やメリット・デメリットを詳しく紹介しています。それらを参考にして、自分にピッタリ合った光コラボを見つけるのはいかがでしょうか?

なお、光コラボは都道府県によって速度に差が出ることもあります。そこで、各プロバイダーがお住いの地域でどの程度スピードを出しているか、測定サイト「みんなの測定結果」で前もって確認するといいでしょう。

光回線が夜遅い理由③パソコンや無線ルーターの問題

光回線が夜遅くなる原因が、パソコンや周辺機器(無線ルーターやLANケーブル)にある場合もあります。パソコンやルーターが古いと、光回線の速度に対応できず足を引っ張ってしまうことがあるんです。

パソコンや周辺機器による速度低下の対策

対策①:パソコンのスペックをチェックして必要なら買い替える
パソコンのOSを最新にしたり、パソコン自体やルーターを新しい物に買い替えることでネットスピードが改善する可能性は十分あります。まず、快適なインターネットのために必要最低限のスペックを確認してみてください。

インターネットに必要なパソコン最低限スペック
OS メモリ CPU HDD/SSD ビデオカード
Window10 4GB Intel、AMD 256GB 不要

今使っているパソコンのスペックと比較して、もしこれを下回っているのなら通信の快適度を下げていると考えられます。買い替えを検討するといいかもしれません。

対策②: IPv6対応ルーターがもらえる光回線に乗り換える
上でも触れたIPv6接続ですが、それに対応しているルーターが1年間無料で使える光回線サービスもあります。この際に、光回線を思い切って乗り換えるのも検討の価値ありです。

光コラボの一例(IPv4 over IPv6対応)
サービス名 特徴 月額料金
戸建て 集合住宅
en ひかり en ひかり
公式サイト
  
  • 月額料金は業界最安値。
  • 契約の縛りや解約金がない。
4,300円 3,300円
エキサイトMEC光 エキサイトMEC光
公式サイト
      
  • 老舗のプロバイダー。
  • 契約の縛りや解約金がない。
エキサイトMEC光の解説ページ
4,500円 3,500円
ソフトバンク光 エキサイトMEC光
公式サイト
      
  • 大手キャリアのソフトバンク
  • ソフトバンクのスマホ/ケータイ料金が毎月割引
ソフトバンク光の解説ページ
5,200円
(自動更新)
3,800円
(自動更新)
GMOとくとくBBドコモ光 GMOとくとくBBドコモ光
公式サイト
       
  • ドコモのスマホ料金が毎月割引
  • IPv6接続対応ルーターのレンタルずっと無料
BBドコモ光の解説ページ
5,200円
(自動更新)
4,000円
(自動更新)
DTI光 DTI光
公式サイト
  • 契約の縛りがなく解約金もない
  • IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料
DTI光の解説ページ
4,800円 3,600円
So-net光プラス So-net光プラス
公式サイト
  • セキュリティ「カスペルスキー」が永年無料
  • IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料
So-net光プラスの解説ページ
3,780円
(自動更新)
2,780円
(自動更新)

※IPv4 over IPv6とは? IPv6接続サービスを利用していても、IPv6に未対応のサイトにアクセスした場合、結局IPv4接続することになり速度は遅いままです。しかし「IPv4 over IPv6」は、旧来のIPv4対応サイトでもIPv6接続することができます。常時IPv6接続なので、すべてのサイトでスピードアップが図れるのです。

更新日