光回線インターネット - 自動更新なしで解約金のないプランはあるの?

光回線の契約をお考えですか?「しばり」や「解約金」もなく、必要な時にいつでも解約できる回線はあるのでしょうか?調べてみました。「自動更新」についても詳しく解説します。

  • 光回線にも「自動更新」の"しばり"があります。
  • 「自動更新」の"しばり"のない光回線プランも探してみました。
光回線選び - しばり、違約金なし、解約金なしのプランはある?

光回線の契約、自動更新(しばり)や解約金のないプランは果たしてあるのでしょうか?

今より安いインターネットは?お引越しで新しいインターネット契約が必要?
簡単な質問に答えるだけで、ベストなプランを提案します。ご相談フォームはこちら。
電話でも受付:050-3196-9639(相談無料)までお気軽にお電話ください。

光回線にも「しばり」や「解約金」はあるの? 

光回線契約にも、大手キャリアとスマホ契約のように「しばり」や「解約金」といったちょっとやっかいな契約条件があるのでしょうか?

わざわざ解約の条件について、超大々的にアピールするインターネット・プロバイダーはいませんので気づきにくいのですが、多くの光回線の契約には「解約条件」が設けられています。

初めてインターネット・光回線契約する方が安心して光回線の申し込みにすすめられるように気になる「しばり」や「解約金」について確認してみましょう。

光回線 - 代表的な”しばり”は自動更新

光回線の「しばり」や「解約金」

光回線でよくある契約タイプ、「自動更新」は解約しない限り、自動的に2年、3年と契約が更新されるます。

光回線の契約条件で代表的なのは「自動更新プラン」と呼ばれるものです。

たとえば「2年自動更新プランの光回線」を契約したとします。すると、光回線が開通して契約がスタートし、2年の契約満期が来たら自動的に契約期間が2年また更新されます。これが自動更新といわれるものです。

このような自動更新契約の何がやっかいかというと、「契約更新月」や「契約満了月」などあらかじめ設定された月以外の期間に解約をすると解約金がかかる点にあります。

このような「自動更新」が、光回線の契約で一番ある「条件(しばり)」になります。2年自動更新なことが圧倒的に多いのですが、稀に「3年自動更新」の場合や長い物だと「5年自動更新」なども存在します。

自動更新は「最低契約期間」ではないので注意

ちなみに光回線の「自動更新」を「最低契約期間」と勘違いするケースがありますので注意が必要です。

2年の"最低契約期間"ならば、2年以上契約を継続すれば違約金や違約金は一切かかりません。一方、自動更新の場合は前述の通り、解約金・違約金なしで解約が可能なのは何年契約を継続していても、「更新月」のみです。

「2年自動更新」なら、2年で「しばり」から解放されるわけではなく、「しばり」が自動更新されると考えることもできます。

このように「自動更新」と「最低契約期間」は異なります。光回線の契約時にこの自動更新をよく理解して契約していればいいのですが、よく分からないままだったり、そもそもそのような解約条件に気が付かないで契約してしまうと、あとでショックを受けることになりかねないので是非知っておきたいポイントです。

解約金のない光回線プランはあるのか?

光回線によくある"しばり"、「自動更新プラン」について確認しました。それでは、このような「自動更新 = ”しばり”」のないつまり解約金のない光回線のプランはあるのでしょうか?

標準プランを選べば解約金はかからない

ほとんどのインターネット・プロバイダーが、自動更新プランを全面的に宣伝をしてはいるものの「標準プラン」といわれるネットプランも用意されています。

しかしながら、標準プランの場合月額料金は自動更新プランよりも高く設定されていて、差が大きいため、長期的にそのインターネット契約を継続して使用するつもりなら、当然、自動更新プランタイプを選んだ方がお得になります。

ただし、解約金があるのがとにかくイヤだという場合は、「標準プラン」や「契約期間なし」を選べば解約金ありません。

自動更新を採用していない、解約金をもうけていないプロバイダーもある

また数は限られますが、「自動更新」や「解約金」自体をもうけていない光回線プロバイダーも存在します。

例えば、excite光は、自動契約更新、最低契約金、違約金といった諸条件のない光回線プランを提供しています。他に「ぷらら光」や「DTI光」なども同様です。

ちなみに、DMM光は自動更新は採用していませんが「最低契約期間」制になっています。最低契約期間を過ぎればあとはいつでも解約が自由に出来ます。

自動更新のようなしばりのない「光回線プラン」を探しているならば、こういったプロバイダーとの契約を検討してみても良いでしょう。

自動更新ではない代表的な光回線プラン
excite光
  • 光コラボタイプ(回線はフレッツ光)のプラン。
  • 自動更新でないプランを提供しています。
  • 契約期間のしばりがありません。
  • エキサイト光はは伊藤忠商事の子会社になっています。
ぷらら光

  • 光コラボタイプ(回線はフレッツ光)のプラン。
  • 自動更新でないプランを提供しています。
  • 契約期間のしばりがありません。
  • NTT系のプロバイダー。
DTI 光
  • 光コラボタイプ(回線はフレッツ光)のプラン。
  • 自動更新でないプランを提供しています。
  • 契約期間のしばりがありません。
  • 通信速度に定評があります。
DMM光
  • 光コラボタイプのインターネット。回線はフレッツ光。
  • 自動更新でないプランを提供しています。
  • ただし、最低契約期間2年が設定されている。

「解約金」以外にも注意したい光回線契約

解約金のない・自動更新でない光回線のプロバイダーもご紹介しました。

解約金以外にも、是非理解しておきたい・注意しておきたい光回線契約のポイントをご紹介します。どのポイントが最も自分にとって重要かを考えて選ぶことをおすすめします。

光回線・新規契約にはいつでも工事費がかかる

契約期間のない代表的な光回線プラン

光回線には工事費がつきものです。契約期間のない光回線でも、契約先を変えるたびに工事費はかかります。

解約金なし、契約期間のしばりがない光回線プランを探している方は、「いつでも好きな時に光回線を解約したい」そして、その先に「もっと安い、もっと早い光回線に好きな時に乗り換えたい」という思いがある方かもしれません。

しかしながら、光回線の契約には「工事費」がつきものです。次の光回線に乗り換える場合も、また工事費が発生するわけです。すでに光回線を導入済みの人はご存知の通りですが、光回線の工事は決して安くありません。

もちろちん、光回線工事費の無料キャンペーンをおこなっているプロバイダーも存在しますが、タイミングよく自分の契約したいインターネット・プロバイダーがそのようなキャンペーンを行っているかは分かりません。

解約金なしの光回線プランを選んでも、いつもで金銭的にまったくフリーで、色々な会社の光回線インターネットを自由に渡り歩くというわけにはいきませんので、念のため理解しておきましょう。

引っ越しなどの理由で光回線の契約期間のしばりが気になるなら WiMAX(ワイマックス)やSoftBank Air のような工事不要の無線インターネット回線ならば、専用機器も一緒に移動させれば、お引越し先でも契約が継続できます。

光回線選び - しばり、違約金なし、解約金なしのプランはある?

光回線にも「しばり」があり、多くの場合「自動更新」が適用されています。「自動更新」プランの場合「更新月」に解約しなければ長く契約をしていても解約金・違約金がかかってしまうのが契約者にとっては非常に不親切です。

一方「自動更新」のような”しばり”のない光回線プランを提供しているプロバイダーも存在しています。代表的なものは、excite光や、ぷらら光DTI 光 などです。

また、一定期間利用したらその後は解約が自由な「最低利用期間制」のプラン(DMM光)もあります。