電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、無料の電気ガス料金比較ツールをご利用ください。

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、無料の電気ガス料金比較ツールをご利用ください。

固定電話のお引越し(移転)の手続き方法

固定電話のお引越し(移転)の手続き方法
固定電話のお引越し(移転)の手続き方法

引越しに伴って、NTTの固定電話(加入電話)を移転するにはどうしたらいいのでしょうか?ここでは、固定電話の移転手続きと移転費用を案内します。もっとお得な光電話についても紹介しています。

NTT固定電話 - 引越し(移転)手続き方法

引越しに伴ってNTT固定電話を移転する手続きには、電話かインターネットの2通り方法があります。

固定電話移転手続き – 申し込み窓口
  NTT東日本エリア NTT西日本エリア
電話 固定電話:局番なし116
携帯電話:0120-116-000
受付時間9:00-17:00(土日祝日も営業)
固定電話:局番なし116
携帯電話:0800-2000116
受付時間9:00-17:00(土日祝日も営業)
インターネット 電話のお引越し手続きガイド 各種お申し込み・お手続きページ
(項目「電話サービスのお申し込み」)

電話手続きは、オペレーターの案内で手続きを進めることができ、細かな状況や気になる点も相談できるというメリットがあります。

インターネット手続きは、24時間受付でいつでも手続きできるというメリットがあります。自分の都合に合う方法を選ぶといいでしょう。

なおこのページでは、インターネット上での固定電話の移転手続きを紹介します。

NTT東日本/西日本のエリア【NTT東日本エリア】
北海道・青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・長野県・新潟県
【NTT西日本エリア】
福井県・石川県・富山県・愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・兵庫県・京都府・滋賀県・大阪府・奈良県・和歌山県・島根県・鳥取県・岡山県・山口県・広島県・愛媛県・香川県・高知県・徳島県・福岡県・大分県・宮崎県・佐賀県・長崎県・熊本県・鹿児島県・沖縄県

ここから、具体的に固定電話の移転手続きの流れを見ていきましょう。

※このページでは、光電話ではなくNTT加入電話の引越し手続きを案内しています。光電話の場合は、光回線インターネットの引越し手続き時に同時に処理されます。

固定電話引越し手続きの流れ - NTT東日本/西日本エリア内の引越し

NTT東日本エリア内またはNTT西日本エリア内で引っ越す際の、固定電話の移転手続きを説明します。

固定回線 - 移転手続きの流れ
  NTT東日本エリア NTT西日本エリア
電話お引越し手続きガイドにアクセスする 加入電話のお引越しのお手続きにアクセスする
「電話のお引越し申込フォーム」をクリック 「お申し込み」をクリック
お客様情報・移転先情報の入力 お客様情報・移転先情報等の入力
支払方法を選択する オプションサービスを選択する
新番号を選択する アンケート内容を選択する
開通日を選択する 申込内容を確認する
申込内容を確認する 完了
完了  

固定電話引越し手続きの流れ - NTT東日本/西日本エリアをまたぐ引越し

NTTの管轄エリアをまたいで引っ越す場合、引越し手続き先が次のようになります。

引越し手続き先
引越しのケース 引越し手続き先
NTT東日本エリア⇒NTT西日本エリア NTT西日本の申し込み窓口
NTT西日本エリア⇒NTT東日本エリア NTT東日本の申し込み窓口

NTT固定電話 - 引越し(移転)にかかる費用

NTT固定電話の引越し時にかかる費用は次の通りです。

固定電話 - 移転費用(税抜)
  NTT東日本 NTT西日本
NTT局内工事(訪問不要の場合) 2,000円前後
訪問工事 10,000円前後

借家・マンション・アパートは電話の移転費用2,000円

すでに電話線が引かれている建物なら、現地での工事は不要でNTT局内工事だけとなり、費用も2,000円程度です。

マンションやアパート、中古の一戸建てや借家は、固定電話の移転費用は2,000円程度で済むと考えていいでしょう。

NTTの担当者から電話連絡があり、NTT局内工事の時間帯として午前か午後かを選びます。立ち合いはありませんが、局内工事中だけ電話がつながらなくなります。

新築戸建ては電話の移転費用10,000円

新築戸建てに引っ越す場合は電話線を新たに敷設する必要があり、工事費として10,000円程度かかります。

工事日当日はNTT工事担当者の訪問時に立会いが必要です。工事に要する時間は30分~1時間30分程度です。

工事の際には、モジュラージャック(電話線の差込口)までの通話試験も実施されるので、電話機を前もって用意しておきましょう。

固定電話から光電話に変えるメリット・デメリット

引越しに伴って、固定電話(加入電話)から光電話に切り替えを検討するのもいいでしょう。光電話に変えると、次のようなメリットがあります。

  • 光電話は基本料も通話料も固定電話より安い
  • 光回線インターネットと同時申込で工事費が安くなる
  • 固定電話から切り替えても、番号・電話機はそのまま使用できる
  • 緊急通報(110番/118番/119番)も使える

それに対して、光電話のデメリットには次のようなものがあります。

  • 光電話単体の申し込みは不可(光回線インターネット契約が必須)
  • 停電時には通話ができない

光電話は料金が固定電話よりもお得

光電話は固定電話に比べて基本料が毎月1,000円安く、通話料も最大20分の1程度安くなります。下記の表で金額を比較してみてください。

光電話と固定電話 – 料金(税抜)
  固定電話(加入電話) 光電話
基本料 1,450~1,950円 500円
通話料※ 固定電話へ(市内) 8.5円/3分 日本全国一律
8円/3分
固定電話へ(市外~20km) 20円/1.5分
固定電話へ(20~60km) 30円/分
固定電話へ(60km~) 40円/45秒
携帯電話へ 16~17.5円/分 16円/分

※加入電話の通話料は昼間(午前8時~午後7時)の料金を記載しています。

そもそも、固定電話の通話料は料金体系が複雑で、時間帯や通話先との距離によって金額が上下します。60km以上離れたところに電話をかけると、1分あたり50円以上と高額です。

いっぽう、光電話は日本全国どこにかけても一律8円/3分と明快かつお得。これだけ見ても、光回線の魅力が明らかですね。

光電話は光回線インターネット契約が必須

光電話に申し込むには、まず光回線インターネット(NTTフレッツ光光コラボなど)を契約する必要があります。光インターネットサービスのオプションとして光電話を付ける形です。

「光電話を使いたいけど光インターネットは不要」というのは、残念ながら通用しません。ただ、光インターネットにも様々なメリットがあるので、検討する価値は大いにあります。

さらに、現在ADSL回線を利用しているのであれば、乗り換え時期が迫っていることをご存知でしょうか?

NTT東日本/西日本は、2023年1月31日付でフレッツ光提供エリア内のADSL回線サービス提供を完全終了する予定です。それに伴って、プロバイダー各社もADSL接続サービスを次々に終了させています。

ADSLがなくなると固定回線インターネットは光だけになるので、今から乗り換えを検討するほうがいいでしょう。

固定電話から光電話に乗り換える流れ

固定電話から光電話に乗り換える流れは以下の通りです。

 光インターネットサービスに申し込む
主な光インターネットと光電話を下記に紹介します。セレクトラの光インターネット比較記事や紹介記事も参考にしてみてください。

ちなみに、光電話の料金は基本的にどこも同じです。

 光電話オプションを付ける
光インターネット申込時にオプションを選択できるので、光電話オプションに申し込みます。

 固定電話を解約する
下記の窓口にて固定電話の解約手続きをします。

固定電話 - 解約申し込み窓口
  NTT東日本エリア NTT西日本エリア
電話 固定電話:局番なし116
携帯電話:0120-116-000
受付時間9:00-17:00(土日祝日も営業)
固定電話:局番なし116
携帯電話:0800-2000116
受付時間9:00-17:00(土日祝日も営業)
インターネット 電話の解約手続き案内ページ 電話の解約手続き案内ページ
更新日