【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】

【HTBエナジー】関西電力より高くなった3つの原因:料金比較で徹底解説!

HTBエナジーが高くなった3つの原因:関西電力との料金比較で【徹底検証】
HTBエナジーが高くなった3つの原因:関西電力との料金比較で【徹底検証】

最近「HTBエナジーが高くなった」という評判をよく耳にします。ここでは、関西エリアのHTBエナジーの電気料金「ベーシックプラン」と関西電力「従量電灯」を比較し、HTBエナジーが本当に高いのかを徹底検証!併せて、関西電力エリアで申し込める《HTBエナジーよりも安い》おすすめの電力会社もご紹介します。

大阪ガスの電気への申し込み

供給件数160万件突破!大阪ガスの電気

供給件数160万件突破!大阪ガスの電気
  • 関西エリアの新電力でNo.1*!電気の供給件数160万件突破**
  • 大阪ガスで都市ガスと電気をセットにすれば、光熱費もまとめて管理ですっきり

*出典:電力・ガス取引監視等委員会「制度設計専門会合」第74回 配布資料(2022年3月末時点)。新電力とは旧一般電気事業者以外の小売電気事業者
**2022年2月11日時点

供給件数160万件突破!
大阪ガスの電気

供給件数160万件突破!大阪ガスの電気
  • 関西エリアの新電力でNo.1*!電気の供給件数160万件突破**
  • 大阪ガスで都市ガスと電気をセットにすれば、光熱費もまとめて管理ですっきり

*出典:電力・ガス取引監視等委員会「制度設計専門会合」第74回 配布資料(2022年3月末時点)。新電力とは旧一般電気事業者以外の小売電気事業者
**2022年2月11日時点

  • 関西電力エリアのHTBエナジー【結論】
  • HTBエナジーの電気は2022年10月以降「高くなった」と評判
  • 原因①HTBエナジーは、電気料金に独自の「電源調達調整費」を導入
  • 原因②「燃料費調整額」単価が他社よりも高い
  • 原因③「PRIMEプラン」⇒「ベーシックプラン」に移行で実質的に料金を値上げ
  • 関西エリアで【HTBよりも安い】電力会社:▷おすすめ電力会社リスト
  • 【結論】関西エリアでは、HTBエナジーよりも大阪ガスの電気がおすすめ!

HTBエナジー(旧HISでんき)とは?【特徴・評判】

HTBエナジー(旧HISでんき)は、沖縄・離島を除く全国で電気の供給を行っています。

ベーシックな電気料金プランだけでなく、オール電化住宅向けの電気料金プランも販売。もともと大手旅行会社のHISが始めた電力事業だけに知名度も高い電力会社です。

全国展開するHTBエナジーですが、実際の契約者からの評判はどうなのでしょうか?口コミサイトから、HTBエナジーに関する評判をピックアップしてみました。

一人暮らしの方にピッタリ♪
少しでも光熱費を節約しようとTEPCOからHTBエナジーに切り替えました。
予想通り電気料金が安くなり正解でした。

ぶるぼんさん 投稿日:2020.07.08みん評

2022年9月分の電気料金までは安かった。
2022年10月分よりめちゃくちゃ高くなりました。
去年の同じワット数の8割増しで請求が来るようになりました。

とくめいさん 投稿日:2022.12.06みん評

確かに基本料金は大手電力会社より安いが燃料調整費バカ高い!
先月は382kwh使用で燃料調整額が6230円で中部電力のBプランと比べても3倍近い額。
しかも今後燃料費が下がったとしてもこの会社独自の燃料調達費なるものがずっと付くので契約を続けるメリットはなし。

Skyさん 投稿日:2023.01.17みん評

燃料等調整費でかくして、電源調達費を取るようになった。
普通の新電力が燃料等調整費が10円台の中、ここは18円台になる。
基本単価は安いが、それを上回るベースアップしている。

ななしさん 投稿日:2023.02.21みん評

HTBエナジーの評判を調べてみると、以前(特に2022年9月まで)は電気料金が安かったものの、2022年10月以降は「急激に高くなった」「燃料調整費が高い!」という契約者の口コミが多く見られました。

結論から言うと、これらの口コミ評判は事実です。2022年10月以降、HTBエナジーの電気代が「急激に高くなった」原因は以下の3つです。

①HTBエナジー独自の燃料調整費「電源調達調整費」の導入

HTBエナジーの独自の燃料調整費「電源調達調整費」

※画像引用:HTBエナジー

すべての電力会社では、毎月の電気料金(基本料金+従量料金)に、全国一律料金の「再生可能エネルギー発電促進賦課金」と毎月変動する「燃料費調整額」を加算(もしくは減算)しています。

しかし、HTBエナジーの電気料金プランでは、2022年10月以降、上記の料金に加えて「電源調達調整費」というHTBエナジー独自の燃料調整費を導入追加で「電源調達調整費」も上乗せ(※上記画像:黄色の部分)されるようになったため、必然的に電気代が高くなったというわけです。

②他社よりも高い「燃料費調整額」

また、「燃料費調整額」においても、HTBエナジーは他社よりも単価を高く設定しています。

最後の口コミにもあるように、燃料費調整単価が他の新電力の2倍近くになっている月もあり、基本料金が安くても結果的にトータルの電気代が高くなった、という不満の口コミが多くあるのも頷けます。

③「PRIMEプラン」より高い料金設定の「ベーシックプラン」

2022年12月7日、HTBエナジーは最もスタンダード一般家庭向け電気料金プランとして「ベーシックプラン」の販売を開始しました。

それまでHTBエナジーのメインプランとして販売していた「PRIMEプラン」は、「ベーシックプラン」の登場により公式サイトから消え、新規受付を停止。

しかし、既存の「PRIMEプラン」は、関西電力など大手電力会社の「従量電灯」プランと比較して「基本料金」「電力量料金」ともに5%安い料金設定だったため、関西電力よりも高い「ベーシックプラン」がメインプランとなったことで、電気料金プランも実質的な値上げ、とも捉えられます。

これらの評判・事実を踏まえ、この記事では、HTBエナジーの【関西エリア】における電気料金プランを紹介しつつ、HTBエナジーよりもお得な電気料金プランについても解説します。

関西エリアのおすすめ新電力は?

関西エリアでは、関西電力以外の電力会社も選ぶことができます。
自分のライフスタイルに合ったプランを選ぶことで、生活がより便利になったり、電気代が節約できたり、という可能性があります。

関西エリアのおすすめ新電力は?

関西エリアのおすすめ新電力は?

関西エリアでは、関西電力以外の電力会社も選ぶことができます。
自分のライフスタイルに合ったプランを選ぶことで、生活がより便利になったり、電気代が節約できたり、という可能性があります。

HTBエナジー(関西)VS関西電力の電気料金プラン

HTBエナジーは、関西電力エリアでオール電化向け料金プランを含む、以下の4つのプランを提供しています。

【HTBエナジー】電気料金プラン(関西エリア)
ベーシックプラン 関西電力「従量電灯A」に相当する一般家庭向けの最もスタンダードなプラン
ママトクプラン 決まった時間帯の電気料金が毎日2時間無料。一定の時間帯に多く電気を使う家庭向けプラン
ぜんぶでんき 関西電力「はぴeタイムRプラン」に相当するオール電化住宅向けプラン
MUSUBIプロジェクト 電気代で寄付ができる社会貢献プラン(4団体から寄付先を選択可能)

※2023年9月現在、申し込み可能な電気料金プラン

ここでは、最もスタンダードな電気料金プランである関西電力「従量電灯」とHTBエナジー「ベーシックプラン」の料金表を比較します。

関西電力「従量電灯」VS HTBエナジー「ベーシックプラン」
基本料金
契約アンペア数 関西電力
「従量電灯A」
HTBエナジー
「ベーシックプラン」
1契約につき 433.41円
(最初の15kWhを含む)
330.00円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
電力消費量 関西電力
「従量電灯A」
HTBエナジー
「ベーシックプラン」
120kWhまで 20.31円
(15kWh~120kWhまで)
26.30円
120kWh超えて300kWhまで 25.71円
300kWh超える 28.70円

※実際に請求される電気料金には、上記に加えて「燃料費調整額」・「再生可能エネルギー発電促進賦課金」が加わります。HTBエナジーにおいては、独自の「電源調達調整費」もかかります。

上記の料金比較表を見ると、HTBエナジーの方が「基本料金」は関西電力よりも安い設定になっています。しかし、「電力量料金」はHTBエナジーが一段階制の一律料金であるため、電気の使用量によって安くなるかどうか一目ではわかりにくいですね。

そこで、実際に1ヵ月の電気代(基本料金+電力量料金)を世帯人数別に算出して比較してみました。

1ヵ月の電気代を実際に計算!HTBエナジー「ベーシックプラン」VS関西電力「従量電灯」比較

HTBエナジー「ベーシックプラン」と関西電力「従量電灯」の1ヵ月当たりの電気代を以下の条件でシミュレーションし、比較します。

比較条件 ▶関西電力「従量電灯B」とHTBエナジー「ベーシックプラン」を比較

・一人暮らし:契約アンペア30A/月間電気使用量200kWh
・二人暮らし:契約アンペア40A/月間電気使用量300kWh
・3~5人暮らし:契約アンペア50A/月間電気使用量450kWh

HTBエナジーVS関西電力:電気料金シミュレーション
世帯人数 HTBエナジー
「ベーシックプラン」
関西電力
「従量電灯A」
差額/月
一人暮らし 5,195円 4,622円 関西電力が 573円安い
二人暮らし 7,825円 7,193円 関西電力が 632円安い
3-5人暮らし 11,770円 11,498円 関西電力が 272円安い

※「燃料費調整額」・「再エネ賦課金」、HTBエナジーの「電源調達調整費」は含まない税込み価格

上記の結果から、一人暮らしから3~5人暮らしのファミリー世帯まで、全ての世帯で関西電力「従量電灯」よりもHTBエナジーが高いことがわかりました。

比較表では、毎月変動する「燃料費調整額」とHTBエナジーの「電源調達調整費」を計算には入れていないため、これらを加算すると、HTBエナジーの電気代は関西電力よりもさらに高くなります。

しかし、関西電力エリアには、HTBエナジーよりもお得な料金設定をしている電力会社が多数あります。

また、HTBエナジーは関西電力だけでなく他の電力会社よりも「燃料費調整額」の単価が高いため、現在HTBエナジーを契約中の方は他社に切り替えることを強くおすすめします。

関西電力エリアで選べるお得な電力会社・電気料金プラン

関西電力エリアでおすすめの電力会社を以下にまとめました。

※以下の新電力は関西電力「従量電灯」と異なり、電力調達コスト調整費用である燃料費調整額に上限を設けていないか、燃料費調整額の代わりに別の料金システム(市場電源調達調整費など)を設けています。電力調達コスト高騰時は、結果的に以下の新電力の電気代がお得にならない場合があります。

関西電力エリアのおすすめ新電力一覧
電力会社 特徴
大阪ガスの電気
 公式サイト
(引越しの方向け)
または 公式サイト
(切替の方向け)

大阪ガスの電気
(おすすめ度:     

  • 大阪ガスは関西エリアの新電力で契約件数No.1!*
  • 関西電力の従量電灯よりも基本料金・電力量料金が安い
  • 都市ガスとセットにすると、より割引率の高い電気料金プランが選べる!光熱費の支払いも一つにまとまってすっきり
    *出典:電力・ガス取引監視等委員会「制度設計専門会合」第74回 配布資料(2022年3月末時点)。新電力とは旧一般電気事業者以外の小売電気事業者

▷料金プランの詳細はこちら

 
Looopでんき
 公式サイト

Looopでんき
(おすすめ度:    

 新規申し込みで電気代最大8,000円割引キャンペーン実施中!

  • 基本料金も解約料金もゼロ円!「スマートタイムONE」
  • 電気料金はJEPXの取引価格に連動して30分ごとに変動。晴れた日中などは0.01円/kWhになることも
  • 電気料金はアプリ「でんき予報」で簡単に確認できて、安い時間もすぐわかる

▷料金プランの詳細はこちら

 
しろくま電力
 公式サイト

しろくま電力

  • 実質再生可能エネルギー100%の電気が使える
  • 基本料金・電力量料金の設定が関西電力の従量電灯よりも安い
  • ただし、燃料費調整額の代わりに市場連動型の「電源調達調整費」を導入しているため、電気の市場価格が高いときは注意が必要

▷料金プランの詳細はこちら

 
オクトパスエナジー
 公式サイト

オクトパスエナジー

 新規申し込みで5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

  • 実質再生可能エネルギー100%の電気が使える
  • 契約後もお得なキャンペーンがたくさん
  • イギリス発、世界で300万件超の供給実績あり!東京ガスとの共同経営で安心
  • 関西電力の従量電灯よりもお得になりやすい料金設定

▷料金プランの詳細はこちら

 
楽天でんき
 公式サイト

楽天でんき

 今楽天でんきに新規で申し込むと楽天ポイント1,000p、ガスとセットにするとさらに3,000pもらえる(終了未定)

  • 電気料金200円につき楽天ポイントが1ポイント貯まる
  • 基本料金0円、解約金や手数料も0円
  • ただし、燃料費調整額の代わりに市場連動型の「市場価格調整額」を導入しているため、電気の市場価格が高いときは注意が必要

▷料金プランの詳細はこちら

 
楽々でんき
 公式サイト

楽々でんき

 ネットでも電話でも、15時までの申し込みで当日開通OK!(年末年始除く)

  • 基本料金が関西電力の従量電灯と比べて10%オフ
  • 電気・ガス・水道のトラブルに対応してくれる「かけつけサービス」が無料!
  • 契約事務手数料3,850円=開通日の翌月末までの決済登録で無料に!
  • ただし、燃料費調整額に加え、市場連動型の「市場電源調達調整費」を導入しているため、電気の市場価格が高いときは注意が必要

※ただし、申し込み内容に不備がある場合や混雑状況によってはご希望の日程で電気の開通ができない場合があります。

 
auでんき
 公式サイト

auでんき

 WEBから新規申し込みでau PAY残高に6,000円相当の(不課税)還元キャンペーン実施中!

  • 電気料金に応じてPontaポイントが0.5~1%還元
  • UQモバイルユーザーならセット割でお得!ミニミニプラン、トクトクプランが月1,100円割引
  • 電気料金は関西電力の従量電灯と同額設定

▷料金プランの詳細はこちら

 
TERASELでんき
 公式サイト

TERASELでんき

 今なら契約時の「選べる特典」でもらえるポイントが2倍!
(2024年2月29日まで)

  • 関西電力の従量電灯と比べて基本料金・電力量料金が安い
  • 電気料金200円につき楽天ポイント1p貯まる
  • 「選べる特典」:契約時に楽天ポイントやアマゾンギフト券などから好きな特典が一つもらえる

▷料金プランの詳細はこちら

 
キューエネスでんき
 公式サイト

Q.ENEST(キューエネス)でんき

 3,000円のAmazonギフト券プレゼント!
(2024年2月1日~3月31日に新規申し込み&供給開始)

  • 実質再生可能エネルギー100%の電気が使える
  • 最低契約期間なし・解約金ゼロ円なので手軽

▷料金プランの詳細はこちら

関西電力エリアで選べる新電力一覧
 

大阪ガスの電気
大阪ガスの電気
(おすすめ度:    
▷料金プランの詳細はこちら

  • 大阪ガスは関西エリアの新電力で契約件数No.1!*
  • 関西電力の従量電灯よりも基本料金・電力量料金が安い
  • 都市ガスとセットにすると、より割引率の高い電気料金プランが選べる!光熱費の支払いも一つにまとまってすっきり
    *出典:電力・ガス取引監視等委員会「制度設計専門会合」第74回 配布資料(2022年3月末時点)。新電力とは旧一般電気事業者以外の小売電気事業者

 

Looopでんき
Looopでんき
(おすすめ度:   
▷料金プランの詳細はこちら

 新規申し込みで電気代最大8,000円割引キャンペーン実施中!

  • 基本料金も解約料金もゼロ円!「スマートタイムONE」
  • 電気料金はJEPXの取引価格に連動して30分ごとに変動。晴れた日中などは0.01円/kWhになることも
  • 電気料金はアプリ「でんき予報」で簡単に確認できて、安い時間もすぐわかる

 

しろくま電力
しろくま電力
▷料金プランの詳細はこちら

  • 実質再生可能エネルギー100%の電気が使える
  • 基本料金・電力量料金の設定が関西電力の従量電灯よりも安い
  • ただし、燃料費調整額の代わりに市場連動型の「電源調達調整費」を導入しているため、電気の市場価格が高いときは注意が必要

 

オクトパスエナジー
オクトパスエナジー
▷料金プランの詳細はこちら

 今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

  • 実質再生可能エネルギー100%の電気が使える
  • 契約後もお得なキャンペーンがたくさん
  • イギリス発、世界で300万件超の供給実績あり!東京ガスとの共同経営で安心
  • 関西電力の従量電灯よりもお得になりやすい料金設定

 

楽天でんき
楽天でんき
▷料金プランの詳細はこちら

 今楽天でんきに新規で申し込むと楽天ポイント1,000p、ガスとセットにするとさらに3,000pもらえる(終了未定)

  • 電気料金200円につき楽天ポイントが1ポイント貯まる
  • 基本料金0円、解約金や手数料も0円
  • ただし、燃料費調整額の代わりに市場連動型の「市場価格調整額」を導入しているため、電気の市場価格が高いときは注意が必要

 

楽々でんき
楽々でんき

 ネットでも電話でも、15時までの申し込みで当日開通OK!(年末年始除く)

  • 基本料金が関西電力の従量電灯と比べて10%オフ
  • 電気・ガス・水道のトラブルに対応してくれる「かけつけサービス」が無料でついてくる
  • 契約事務手数料3,850円=開通日の翌月末までの決済登録で無料に!
  • ただし、燃料費調整額に加え、市場連動型の「市場電源調達調整費」を導入しているため、電気の市場価格が高いときは注意が必要

※申し込み内容に不備がある場合や混雑状況によってはご希望の日程で電気の開通ができない場合があります。

 

auでんき
auでんき
▷料金プランの詳細はこちら

 WEBから新規申し込みでau PAY残高に6,000円相当の(不課税)還元キャンペーン実施中!

  • 電気料金に応じてPontaポイントが0.5~1%還元
  • UQモバイルユーザーならセット割でお得!ミニミニプラン、トクトクプランが月1,100円割引
  • 電気料金は関西電力の従量電灯と同額設定

 

TERASELでんき
TERASELでんき
▷料金プランの詳細はこちら

 今なら契約時の「選べる特典」でもらえるポイントが2倍!(2024年2月29日まで)

  • 関西電力の従量電灯と比べて基本料金・電力量料金が安い
  • 電気料金200円につき楽天ポイント1p貯まる
  • 「選べる特典」:契約時に楽天ポイントやアマゾンギフト券などから好きな特典が一つもらえる

 

キューエネスでんき
Q.ENEST(キューエネス)でんき
▷料金プランの詳細はこちら

 3,000円のAmazonギフト券プレゼント!
(2024年2月1日~3月31日に新規申し込み&供給開始)

  • 実質再生可能エネルギー100%の電気が使える
  • 最低契約期間なし・解約金ゼロ円なので手軽

HTBエナジーより安くておすすめ!関西新電力人気No.1「大阪ガスの電気」

関西電力エリアで選べるお得な電力会社・電気料金プランでご紹介した中でも、セレクトラがおすすめするのは関西最大手のガス会社【大阪ガス】が提供する大阪ガスの電気です。

大阪ガスの電気は、電気の販売開始以来、電気の供給件数が160万件以上(※2022年2月時点)を超える、関西エリアで人気・実績ともにNo.1の新電力です。

大阪ガスの電気への申し込み

供給件数160万件突破!大阪ガスの電気

供給件数160万件突破!大阪ガスの電気
  • 関西エリアの新電力でNo.1*!電気の供給件数160万件突破**
  • 大阪ガスで都市ガスと電気をセットにすれば、光熱費もまとめて管理ですっきり

*出典:電力・ガス取引監視等委員会「制度設計専門会合」第74回 配布資料(2022年3月末時点)。新電力とは旧一般電気事業者以外の小売電気事業者
**2022年2月11日時点

供給件数160万件突破!
大阪ガスの電気

供給件数160万件突破!大阪ガスの電気
  • 関西エリアの新電力でNo.1*!電気の供給件数160万件突破**
  • 大阪ガスで都市ガスと電気をセットにすれば、光熱費もまとめて管理ですっきり

*出典:電力・ガス取引監視等委員会「制度設計専門会合」第74回 配布資料(2022年3月末時点)。新電力とは旧一般電気事業者以外の小売電気事業者
**2022年2月11日時点

  ライフスタイルに合わせて選べる豊富な電気料金プラン

大阪ガスの電気は、ベーシックな電気料金プランに加え、電気の契約にAmazonプライムがセットになった「スタイルプランP」など、ライフスタイルや好みに合わせて選べるバラエティに富んだ電気料金プランが魅力です。

【大阪ガス】関西電力エリアで申し込める電気料金プラン
スタンダードでお得な電気料金プラン
ベースプランA-G 大阪ガスの都市ガス・電気のセット契約者向けプラン
ベースプランA 大阪ガスの電気のみの契約者向けプラン
新生活応援プラン 引っ越し等で新生活を始める方向けのプラン
ファミリー応援プラン 電気使用量の多いファミリー向けプラン
家庭用ガス発電プラン エネファーム・エコウィル利用者向けのプラン
ライフスタイルで選べる電気料金プラン
スタイルプランS お住まいのトラブルに備えたい方向けのプラン
スタイルプランP Amazonプライムが無料で付いてくるプラン
スタイルプランd dポイントを貯めて活用したい方向けのプラン
スタイルプランE-ZERO 環境に優しい電気を利用したい方向けのプラン
好きなことを楽しめる電気料金プラン
ウィズradikoプラン radikoでラジオライフを充実させたい方向けのプラン
ウィズABEMAプラン ABEMAの番組を広告なしで楽しみたい方向けのプラン
JO1でんき JO1オリジナル特典を楽しみたい方向けのプラン

※2023年9月時点で、新規で申し込みが可能な【大阪ガス】一般家庭向け電気料金プラン

 関西電力「従量電灯」よりも安くなりやすい

関西電力「従量電灯」プランに相当する、最もベーシックな大阪ガスの電気料金プランは、以下の「ベースプランA-G」と「ベースプランA」です。

  • 「ベースプランA-G」:大阪ガスの都市ガスを契約している方専用のプラン
  • 「ベースプランA」:大阪ガスの都市ガスを契約していない方向けのプラン

関西電力「従量電灯A」と比べると、いずれも電気料金の単価が安く設定されており、大阪ガスに切り替えるだけで電気代*(基本料金+電力量料金の合計)が安くなります。

大阪ガスVS関西電力の料金表比較(税込)

▶ベースプランA-G

大阪ガス「ベースプランA-G」VS 関西電力「従量電灯A」
最低料金
  関西電力
「従量電灯A」
関西電力
大阪ガス
「ベースプランA-G」
大阪ガス
最初の15kWhまで(月額固定費) 433.41 円 377.40 円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  関西電力
「従量電灯A」
大阪ガス
「ベースプランA-G」
15kWh超えて120kWhまで 20.31 円 20.31 円
120kWh超えて300kWhまで 25.71 円 24.90 円
300kWh超えて350kWhまで 28.70 円
350kWh超える 27.83 円

※実際の電気料金には、上記「基本料金」「電力量料金」に、「燃料費調整額」と「再生可能エネルギー発電促進賦課金」が加算されます。燃料価格が極端に高騰した場合は、上限のある関西電力「従量電灯A」に比べて「燃料費調整額」が高くなり、結果としてお得にならない可能性もあります。大阪ガスとご契約の際は、「燃料費調整単位」をご確認ください。

▶ベースプランA

大阪ガス:ベースプランA VS 関西電力:従量電灯A
最低料金
  関西電力
「従量電灯A」
関西電力
大阪ガス
「ベースプランA」
大阪ガス
最初の15kWhまで(月額固定費) 433.41 円 377.40 円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  関西電力
「従量電灯A」
大阪ガス
「ベースプランA」
15kWh超えて120kWhまで 20.31 円 20.31 円
120kWh超えて300kWhまで 25.71 円 25.30 円
300kWh超えて350kWhまで 28.70 円
350kWh超える 28.12 円

※実際の電気料金には、上記「基本料金」「電力量料金」に、「燃料費調整額」と「再生可能エネルギー発電促進賦課金」が加算されます。燃料価格が極端に高騰した場合は、上限のある関西電力「従量電灯A」に比べて「燃料費調整額」が高くなり、結果としてお得にならない可能性もあります。大阪ガスとご契約の際は、「燃料費調整単位」をご確認ください。

例えば、3~5人のご家族(※電気使用量450kWh/月と仮定)の場合、関西電力「従量電灯A」から大阪ガス「ベースプランA-G」への切り替えで、ひと月あたり479円・年間で約5,800円の節約*が期待できます。

 まとめて便利!お得なガスセット割がある

大阪ガスでは最もスタンダードな都市ガスプラン「一般料金」の他、大阪ガスの電気とまとめてお得になる「まとめトク料金」を提供しています。

「まとめトク料金」は、「一般料金」契約者が移行できるプランで、ひと月あたりガスを15㎥以上使用する場合、一般料金よりもガス代がお得になりやすい設定*です。

以下で、大阪ガスの「一般料金」と「まとめトク料金」を世帯人数別に比較してみました。

【大阪ガス】一般料金 VS まとめトク料金:1ヵ月のガス代比較
  一般料金 まとめトク料金
一人暮らし
月20㎥使用
4,255円 4,114円
141円安い*
二人暮らし
月30㎥使用
5,700円 5,511円
189円安い*
ファミリー世帯
月40㎥使用
7,145円 6,908円
237円安い*

※ガスの「原料費調整額」を含まない税込み価格。燃料価格が高騰した場合は「一般料金」よりも「まとめトク料金」の原料費調整額が高くなる可能性もあるため、契約前は必ず原料費調整単価をご確認ください。

 

現在、関西電力「従量電灯」よりも高い料金設定のHTBエナジーを契約中の方、関西電力よりももっと安い電気料金プランをお探しの方は、大阪ガスでご自分にぴったりの電気料金プランを検討してはいかがでしょう。

なお、セレクトラのらくらく窓口03-4520-9550】では、お得な電気料金プラン探しから申し込みのお手続きまで、無料でサポートしています。電気の切り替えを検討中の方は、お気軽にご連絡ください。

更新日