ご注意:燃料価格の高騰に伴う「燃料費調整額」の増額について 長期化する燃料価格の高騰によって、各電力会社の「燃料費調整額」も高くなっています。ご契約を検討する際には、電力会社の公式サイトにて「燃料費調整額」をご確認ください。また、都市ガスも同様に「原料費調整額」が上昇しています。
 燃料費調整額について詳しく見る

中部電力より安い電力会社は? 中部地方でおすすめの電気料金を比較

TOKAIの都市ガス・電気

中部地方で人気のガスと電気のセットプラン【TOKAIの都市ガス・電気】

TOKAIの都市ガス・電気

*TLCポイントはTOKAIの独自ポイントです。スタートダッシュキャンペーンは予告なく終了することがあります。また電気ガスセットプランは都市ガス限定です。プロパンガスとのセット利用はできません。

【TOKAIの都市ガス・電気】
▷中部地方で人気のガスと電気のセットプラン◁

*TLCポイントはTOKAIの独自ポイントです。スタートダッシュキャンペーンは予告なく終了することがあります。また電気ガスセットプランは都市ガス限定です。プロパンガスとのセット利用はできません。*お電話での新規お申し込みはセレクトラのらくらく窓口で承っております(らくらく窓口の営業時間ご利用方法についてはこちら

TOKAIの都市ガス・電気

中部地方で人気のガスと電気のセットプラン【TOKAIの都市ガス・電気】

TOKAIの都市ガス・電気

*TLCポイントはTOKAIの独自ポイントです。スタートダッシュキャンペーンは予告なく終了することがあります。また電気ガスセットプランは都市ガス限定です。プロパンガスとのセット利用はできません。

【TOKAIの都市ガス・電気】
▷中部地方で人気のガスと電気のセットプラン◁

*TLCポイントはTOKAIの独自ポイントです。スタートダッシュキャンペーンは予告なく終了することがあります。また電気ガスセットプランは都市ガス限定です。プロパンガスとのセット利用はできません。

中部電力より安い電力会社は? 中部地方でおすすめの電気料金を比較
中部電力より安い電力会社は? 中部地方でおすすめの電気料金を比較

中部地方(愛知県・長野県・静岡県西部・岐阜県・三重県)で最も安い電力会社、最も安い電気料金プランはどれか調べました。中部電力よりも電気代を安くしたい方は必読です。

今月注目の電力会社はTOKAIでんき

中部電力エリアで今月セレクトラがおすすめする電力会社は、電気とガスをまとめるとお得なTOKAIでんきです。電気とガスをまとめるとどれくらいお得になるのか、まとめてみました。

TOKAIのでんき・ガスセットプランを比較
対象 新電力・新ガス 合計金額予測 電気代予測 ガス代予測 中部電力+東邦ガスとの年間差額予測
一人暮らしの場合 TOKAI
(ポイント還元含む)
 公式サイト
9,736円 5,316円
(でんきS)
4,420円
(一般料金)
9,872円安い*
二人暮らしの場合 TOKAI
(ポイント還元含む)
 公式サイト
14,080円 8,020円
(でんきS)
6,060円
(一般料金)
12,068円安い*
ファミリー世帯の場合 TOKAI
(ポイント還元含む)
 公式サイト
20,133円 12,434円
(でんきS)
7,699円
(一般料金)
14,384円安い*

なお上記の料金計算には燃料費調整額を含めておりません。市場の燃料費が高騰すると、燃料費調整額の上限を設けていない電力会社・ガス会社の場合、その月の電気代およびガス代が、中部電力・東邦ガスの規制料金よりも高くなる可能性があります。

*TOKAIの年間差額予想は当サイト経由でお申し込みいただいた場合の想定になります。当サイト限定からTOKAIの都市ガスに申し込むとQUOカードPay2,000円分がプレゼントされます。(2022年10月31日まで)

このように、TOKAIのでんきと都市ガスのセットなら一人暮らしからファミリー世帯まで光熱費を抑えることができますね。

注目>>このページからTOKAI都市ガスに申し込むとさらにQuoカードPay2,000円分をプレゼント!<<

キャンペーン期間中(2022年9月1日〜2022年10月31日)の間に、当サイトに貼ってあるTOKAI公式サイトへのリンクをクリック、またはこちらの電話番号(0120-185-057)からTOKAIの都市ガスに申し込まれた方に、コンビニ・ドラッグストア・スーパー・家電量販店からファミレスやカフェなどの飲食店でも利用できるQUOカードPayを2000円分プレゼントします。

詳しいQUOカードPayの利用方法・利用場所、またキャンペーンの対象条件については以下の表をご確認ください。

キャンペーン期間 2022年9月1日(木) 0:00 ~ 2022年10月31日(月)23:59
キャンペーンの対象条件
  • キャンペーン期間中に当サイト経由でTOKAI都市ガスに申し込みが完了していること(電気とガスのセット申し込みも対象)
  • お申し込み後、ガス料金の支払い(クレジットカード)手続きを含むすべての切替手続きが完了していること
  • 特典の受け取りに、スマートフォンをご利用いただくこと
  • 申し込み時にメールアドレスが入力されていること
  • 2022年12月末時点でガスが供給され、契約を継続いただいてること
  • TOKAI都市ガスへのお申し込みが初めてであること。
適用されない場合 以下の事項に該当する場合は、キャンペーンが適用されません。
  • 当サイト以外からのお申し込みの場合
  • すでに「TOKAI都市ガス」にお申し込みされている場合
  • 過去に同一住所・同一名義で「TOKAI都市ガス」にお申し込みされた事がある場合
特典の受け取り方法 TOKAIから特典が送付されます。2023年1月末日までに、お申し込み時にご入力いただいたメールアドレスにURLが送られます。届いたURLを開いて受け取った金額が表示されたら受取完了です。
利用方法・利用場所 QUOカードPayの詳しい利用方法・利用場所は、下記のリンク先から確認できます。
QUOカードPay公式サイト

 今すぐTOKAI都市ガスに申し込む

中部電力よりも電気を安くする方法

今利用している中部電力より安い電気料金プランを見つけるにはどうしたら良いでしょうか?実は、月間の電気使用量や料金プランのタイプによって、お得な中部地方でお得な電気料金プランは異なります。

中部地方で最も多くの方に利用されている電力会社は、中部電力(中部電力ミライズ)です。ちなみに中部電力の供給エリアは以下の通りです。

中部電力の供給エリア 愛知県、三重県(一部を除く)、岐阜県(一部を除く)、静岡県(一部を除く)、長野県

中部電力では、使用量やライフスタイルに合わせた電気料金プランを選ぶことができます。その中でも最も一般的な電気料金プランが、従量電灯プランです。

契約アンペア数が60A以下の、一般家庭向けには従量電灯Bが多く利用されています。また店舗・事業所など6kVA以上の契約容量が必要な場合は、従量電灯Cが利用されています。どちらも中部電力の従量電灯プランです。

 新電力に切り替えると、中部電力の従量電灯プランより安い

この中部電力の従量電灯プランから、新電力に切り替えると電気代が安くなると言われています。

新電力とは? 新電力とは一般家庭、店舗・事業所などに電気を販売する電気小売事業者です。2016年の電力自由化によって、それまで中部電力などの大手電力会社が独占していた低圧電力の電気販売事業に、他の会社も参加できるようになりました。中部電力の規制料金(従量電灯プラン)よりも安い電気料金プランが選べるので、既に多くの方が中部電力から新電力への切り替えを行っています。
 中部地方で選べる新電力一覧

そこで実際に新電力の電気料金プランに切り替えた場合、どれくらい安くなるのか確認してみましょう。毎月の電気の使用量別にわけてみました。

電気の使用状況に合わせて一番安い料金プランを探す(中部地方)
使用状況 中部電力の料金プラン
一人暮らし
(使用量:月200kWh、30A契約)
従量電灯B
ポイントプラン

 安くなる電気料金プラン一覧

二人暮らし
(使用量:月300kWh、40A契約)
従量電灯B
おとくプラン

 安くなる電気料金プラン一覧

ファミリー世帯
(使用量:月450kWh、50A契約)
従量電灯B
おとくプラン

 安くなる電気料金プラン一覧

オール電化プラン スマートライフプラン

 安くなる電気料金プラン一覧

電気とガスのセットプラン カテエネガスプラン

 安くなる電気とガスのセットプラン一覧

中部地方で選べる電力会社・電気料金プラン一覧

中部エリアで選べる電力会社について、それぞれの特徴をまとめました。

なお、燃料価格が高騰している間、燃料費調整額に上限を設けていない電力会社では、中部電力の規制料金プラン(従量電灯)と比べて電気代が高くなる可能性があります。申し込み前に、燃料価格の動向と燃料費調整額の単価をご確認ください。

*リスト中の比較は中部電力従量電灯Bプランと比べたもの。燃料費調整額再エネ賦課金は除く

中部エリアで選べる新電力一覧
電力会社 特徴
TOKAI
 公式サイト

TOKAIのおすすめ度
     

一般家庭 都市ガス

 電話で詳細を確認(0120-185-057)
 
オクトパスエナジー
 公式サイト

オクトパスエナジーのおすすめ度
    

 今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

  • 実質的に再生可能エネルギー100%なのに安い
  • 中部電力*に比べて電気代が2%〜5%安い
  • 東京ガスの系列企業、世界で300万件超の供給実績あり
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認

再エネ 一般家庭

 電話で詳細を確認(0120-164-006)
 
ドコモでんき
 公式サイト

ドコモでんき

 今ドコモユーザーなら新規申込でdポイント2,000Pもらえる

  • 電気料金に応じてdポイントが2%~最大10%還元!
  • ドコモユーザーなら、ポイント還元率アップでお得
  • 実質再エネ100%のプランあり
  • 燃料費調整額に上限があり、燃料費高騰時も安心

再エネ 一般家庭

 
enひかり電気
 詳しく見る

enひかり電気

  • 格安光回線インターネット「enひかり」とセットで契約可能
  • 基本料金は全国どこでも390円
  • 電力量料金が一律で、電気使用量が多いほどお得
  • 燃料費調整額なし!燃料費高騰にも左右されない安心感

一般家庭

 
まちエネ
 電話で詳細を確認
(0120-225-064)

まちエネ

  • Pontaポイントが貯まる(還元率1%)
  • 割引映画券が回数・人数制限なしに購入できる
  • ローソン限定の無料クーポンがもらえる
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認

一般家庭 店舗・事業所

マークの説明
基本料金がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。
月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。
再生可能エネルギーを利用した電気を利用できる新電力
オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。
東邦ガスエリアで都市ガスの販売も行なっている新電力。多くの新電力会社で電気とガスをセットにすることで、割引特典がつきます。
一般家庭向けの料金プランに対応した新電力
マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力

▲リストに戻る

中部エリアで選べる新電力一覧
TOKAI  公式サイト
TOKAI

TOKAIのおすすめ度
     

一般家庭 都市ガス

 公式サイト
電話で詳細を確認  0120-185-057
 
オクトパスエナジー  公式サイト
オクトパスエナジー

オクトパスエナジーのおすすめ度
    

 今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

  • 実質的に再生可能エネルギー100%なのに安い
  • 中部電力*に比べて電気代が2%〜5%安い
  • 東京ガスの系列企業、世界で300万件超の供給実績あり
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認

再エネ 一般家庭

 公式サイト
電話で詳細を確認  0120-164-006
 
ドコモでんき

ドコモでんき

 今ドコモユーザーなら新規申込でdポイント2,000Pもらえる

  • 電気料金に応じてdポイントが2%~最大10%還元!
  • ドコモユーザーなら、ポイント還元率アップでお得
  • 実質再エネ100%のプランあり
  • 燃料費調整額に上限があり、燃料費高騰時も安心

再エネ 一般家庭

 公式サイト
 
enひかり電気

enひかり電気

  • 格安光回線インターネット「enひかり」とセットで契約可能
  • 基本料金は全国どこでも390円
  • 電力量料金が一律で、電気使用量が多いほどお得
  • 燃料費調整額なし!燃料費高騰にも左右されない安心感

一般家庭

 詳しく見る
 
まちエネ

まちエネ

  • Pontaポイントが貯まる(還元率1%)
  • 割引映画券が回数・人数制限なしに購入できる
  • ローソン限定の無料クーポンがもらえる
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認

一般家庭 店舗・事業所

電話で詳細を確認  0120-225-064
マークの説明

基本料金がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。

▲リストに戻る

月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。

▲リストに戻る

再生可能エネルギーを利用した電気を利用できる新電力

▲リストに戻る

オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。

▲リストに戻る

東邦ガスエリアで都市ガスの販売も行なっている新電力。多くの新電力会社で電気とガスをセットにすることで、割引特典がつきます。

▲リストに戻る

一般家庭向けの料金プランに対応した新電力

▲リストに戻る

マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力

▲リストに戻る

中部地方で一人暮らしするなら、この電気料金プランが一番安い

一人暮らしの平均的な月別の電気使用量を200kWh、契約アンペア数を30Aとした場合、中部電力の従量電灯Bと比べてどの新電力が安くなるのか調べてみました。

順位 電力会社 電気代(1ヶ月)
(プラン名)
中部電力との
年間差額予想
  オクトパスエナジー
 公式サイト
5,296円
(グリーンオクトパス)
1,524円安い
  TOKAI
 公式サイト
5,316円
(スタンダードS)
1,284円安い
  東京電力エナジーパートナー
 専用電話窓口で申し込み
(0120-418-068)
5,316円
(スタンダードS)
1,284円安い

セレクトラがオススメする新電力の料金プランを比較した。電気代は最低料金と電力量料金の合計金額(税込)。燃料費調整額および再エネ賦課金は含まれていません。2022年9月時点の料金表から作成した。小数点以下は切り捨て。

一人暮らしの人が中部電力から切り替えて最も安くなるのは、「オクトパスエナジー」でした。

中部電力の従量電灯Bから「オクトパスエナジー」に切り替えると、年間約1,524円安くなります。

オクトパスエナジー

オクトパスエナジーが気になる?

オクトパスエナジーの料金プランに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

 今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

オクトパスエナジーの申込

オクトパスエナジーが気になる?

オクトパスエナジーの料金プランに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

オクトパスエナジー

オクトパスエナジーが気になる?

オクトパスエナジーの公式サイトで、電気代がどのくらい安くなるかシミュレーションしてみませんか?申し込みも24時間受付中です。

 今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

オクトパスエナジー

オクトパスエナジーが気になる?

オクトパスエナジーの公式サイトで、電気代がどのくらい安くなるかシミュレーションしてみませんか?申し込みも24時間受付中です。今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

中部地方で二人暮らしするなら、この電気料金プランが一番安い

二人暮らしの平均的な月別の電気使用量を300kWh、契約アンペア数を40Aとした場合、中部電力の従量電灯Bと比べてどの新電力が安くなるのか調べてみました。

順位 電力会社 電気代(1ヶ月)
(プラン名)
中部電力との
年間差額予想
  TOKAI
 公式サイト
8,020円
(スタンダードS)
2,880円安い
  東京電力エナジーパートナー
 専用電話窓口で申し込み
(0120-418-068)
8,020円
(スタンダードS)
2,880円安い
  オクトパスエナジー
 公式サイト
8,032円
(グリーンオクトパス)
2,736円安い

セレクトラがオススメする新電力の料金プランを比較した。電気代は最低料金と電力量料金の合計金額(税込)。燃料費調整額および再エネ賦課金は含まれていません。2022年9月時点の料金表から作成した。小数点以下は切り捨て。

二人暮らしなら「TOKAI」が最も安くなることがわかりました。中部電力から「TOKAI」に切り替えると、二人暮らしなら年間およそ3,000円節約することができます。

中部地方で二人暮らしにおすすめの電気料金プラン

中部電力より年間約3,000円安い

  • 電気料金: 中部電力より安い
  • ガスとセットで: さらにお得!
TOKAIでんき

ひと月300kWhの電気使用量の場合

0120-185-057 公式サイト

中部地方でファミリー世帯なら、この電気料金プランが一番安い

ファミリー世帯(3人から5人程度)の平均的な月別の電気使用量を450kWh、契約アンペア数を50Aとした場合、中部電力の従量電灯Bと比べてどの新電力が安くなるのか調べてみました。

順位 電力会社 電気代(1ヶ月)
(プラン名)
中部電力との
年間差額予想
  オクトパスエナジー
 公式サイト
12,263円
(グリーンオクトパス)
6,624円安い
  TOKAI
 公式サイト
12,434円
(スタンダードS)
4,572円安い
  東京電力エナジーパートナー
 専用電話窓口で申し込み
(0120-418-068)
12,434円
(スタンダードS)
4,572円安い

ファミリー世帯向けで中部電力から切り替えると最も安くなるのは「オクトパスエナジー」でした。

中部電力の従量電灯Bから「オクトパスエナジー」に切り替えると、年間7,000円近くも電気代が節約できます。

中部電力より年間約7,000円安い

  • 電気料金: 中部電力より安い
  • 環境に配慮: 実質再生可能エネルギー100%
  • 安心感: 東京ガスのグループ企業
グリーンオクトパス

ひと月450kWhの電気使用量の場合

公式サイト

中部地方でオール電化なら、この電気料金プランが一番安い

中部電力の代表的なオール電化プランは「スマートライフプラン」です。どんな電気料金プランなのかまずは料金表を確認してみましょう。

中部電力ミライズ:スマートライフプラン:料金表
契約kVA 料金単価(税込)
最初の10kVAまで(1契約あたり) 1487.04円
10kVAをこえる1kVAにつき(1kVAあたり) 286.00円
時間帯 1kWhあたりの値段(税込)
デイタイム(平日10時から17時まで) 38.71円
@ホームタイム 28.52円
ナイトタイム(毎日22時から翌日8時まで) 16.30円
スマートライフプランの時間帯区分
平日 土日・祝日
@ホームタイム 8-10時 @ホームタイム 8-22時
17-22時
デイタイム 10-17時 ナイトタイム 22-翌8時
ナイトタイム 22-翌8時

このようにオール電化住宅向けのプランは、電気をよく使う夜間の電力量料金単価が安く設定してあるのが特徴です。逆に昼間時間帯の電気料金は割高になります。また季節や曜日によっても電力量料金単価が異なります。

中部地方で選べる新電力は、この「スマートライフプラン」よりも基本料金や電力量料金が安くなる料金プランを提供しています。

基本料金がお得・idemitsuでんき(出光興産)
universe

「idemitsuでんき(出光興産)のオール電化プラン」

公式サイト

idemitsuでんき(出光興産)のオール電化プランは基本料金が中部電力よりも安く設定されています。オール電化向けのプランは、一般的な電気料金プランに比べて基本料金が高くなりがちです。でもidemitsuでんき(出光興産)なら、毎月の固定で発生する基本料金をグッと安くすることができます。

中部地方で電気とガスのセットプランなら、この電気料金プランが一番安い

中部地方にお住まいの方は、電気は中部電力、都市ガスは東邦ガスを利用しているという方が多いでしょう。中部地方の新電力には電気とガスをセットで利用すると、よりお得な電気料金プラン・ガス料金プランがあります。中部地方で選べる電気・ガスセット中で最も安くなる組み合わせを調べてみました。

 結論、TOKAIが一番安い

一人暮らし、二人暮らし、ファミリー世帯の3つの組み合わせで電気代とガス代を比較したところ、TOKAIの電気とガスのセットプランがが中部地方で最も安くなることがわかりました。

ポイント還元でお得
よかエネ

ファミリー世帯なら年間約1万2千円も節約できる

公式サイト

TOKAIは電気とガスをセットで利用すると、中部電力の従量電灯Bより電気代が2%〜3%安く、東邦ガスの一般契料金よりもガス代が3%安くなります。

またセット割で毎月200円割引になり、その上ポイント還元がついてきます。

さらに今なら、当サイトに貼ってあるTOKAI公式サイトへのリンクをクリック、またはこちらの電話番号(0120-185-057)からTOKAIの都市ガスに申し込まれた方に、コンビニ・ドラッグストア・スーパー・家電量販店からファミレスやカフェなどの飲食店でも利用できるQUOカードPayを2000円分プレゼントします。(キャンペーン期間:2022年9月1日〜2022年10月31日)

中部エリアでファミリー世帯におすすめのセットプラン

年間約12,300円お得(ポイント還元含む)

  • 中部電力より: 3%安い
  • 東邦ガスより: 3%安い
  • セット割りで: 毎月200円お得!
  • ポイント還元で: さらにお得!
  • 当サイト限定: 2000円QUOカードPayもらえる
中部電力の従量電灯B、東邦ガスの一般料金と比較

電気月450KWh、ガス月40m3使用した場合

0120-185-057 公式サイト

一人暮らしで安くなる電気とガスのセットプラン:中部地方

中部地方の電気・ガスセット比較:一人暮らし
順位 新電力・新ガス 合計金額予測 電気代予測 ガス代予測 中部電力+東邦ガスとの年間差額予測
  TOKAI
(ポイント還元含む)
 公式サイト
9,736円 5,316円
(でんきS)
4,420円
(一般料金)
9,872円安い*
  中部電力
 公式サイト
10,175円 5,423円
(従量電灯B)
4,752円
(カテエネガスプラン1)
2,604円安い
  東邦ガス
 詳細を見る
10,279円 5,344円
(ファミリープラン)
4,935円
(とくとくガス)
1,356円安い
  中部電力+東邦ガス 10,392円 5,423円
(従量電灯B)
4,969円
(一般料金)
-

シミュレーション条件

一人暮らしの場合
  • 1ヶ月の電気使用量・200kWh、契約アンペア数30A
  • 1ヶ月のガス使用量・20m3
セレクトラがオススメする新電力の料金プランを比較した。電気代は基本料金と電力量料金の合計(税込)。ガス代は基本料金と従量料金の合計(税込)。電気ガスセットによる割引特典を考慮する。小数点以下は切り捨て。2022年9月現在の料金表を元に計算した。年間の差額は月額の差額を12倍にしたもの。

*TOKAIの年間差額予想は当サイト経由でお申し込みいただいた場合の想定になります。当サイト限定からTOKAIの都市ガスに申し込むとQUOカードPay2,000円分がプレゼントされます。(2022年10月31日まで)

二人暮らしで安くなる電気とガスのセットプラン:中部地方

中部地方の電気・ガスセット比較:二人暮らし
順位 新電力・新ガス 合計金額予測 電気代予測 ガス代予測 中部電力+東邦ガスとの年間差額予測
  TOKAI
(ポイント還元含む)
 公式サイト
14,080円 8,020円
(でんきS)
6,060円
(一般料金)
12,068円安い*
  中部電力
 公式サイト
14,438円 8,260円
(従量電灯B)
6,178円
(カテエネガスプラン1)
5,772円安い
  東邦ガス
 詳細を見る
14,631円 8,053円
(ファミリープラン)
6,578円
(とくとくガス)
3,456円安い
  中部電力+東邦ガス 14,919円 8,260円
(従量電灯B)
6,659円
(一般料金)
-

シミュレーション条件

二人暮らしの場合
  • 1ヶ月の電気使用量・300kWh、契約アンペア数40A
  • 1ヶ月のガス使用量・30m3
セレクトラがオススメする新電力の料金プランを比較した。電気代は基本料金と電力量料金の合計(税込)。ガス代は基本料金と従量料金の合計(税込)。電気ガスセットによる割引特典を考慮する。小数点以下は切り捨て。2022年9月現在の料金表を元に計算した。年間の差額は月額の差額を12倍にしたもの。

*TOKAIの年間差額予想は当サイト経由でお申し込みいただいた場合の想定になります。当サイト限定からTOKAIの都市ガスに申し込むとQUOカードPay2,000円分がプレゼントされます。(2022年10月31日まで)

ファミリー世帯で安くなる電気とガスのセットプラン:中部地方

中部地方の電気・ガスセット比較:ファミリー世帯
順位 新電力・新ガス 合計金額予測 電気代予測 ガス代予測 中部電力+東邦ガスとの年間差額予測
  TOKAI
(ポイント還元含む)
 公式サイト
20,133円 12,434円
(でんきS)
7,699円
(一般料金)
14,384円安い*
  中部電力
 公式サイト
20,525円 12,815円
(従量電灯B)
7,710円
(カテエネガスプラン1)
7,680円安い
  東邦ガス
 詳細を見る
20,885円 12,664円
(ファミリープラン)
8,221円
(とくとくガス)
3,360円安い
  中部電力+東邦ガス 21,165円 12,815円
(従量電灯B)
8,350円
(一般料金)
-

シミュレーション条件

ファミリー世帯の場合
  • 1ヶ月の電気使用量・450kWh、契約アンペア数50A
  • 1ヶ月のガス使用量・40m3
セレクトラがオススメする新電力の料金プランを比較した。電気代は基本料金と電力量料金の合計(税込)。ガス代は基本料金と従量料金の合計(税込)。電気ガスセットによる割引特典を考慮する。小数点以下は切り捨て。2022年9月現在の料金表を元に計算した。年間の差額は月額の差額を12倍にしたもの。

*TOKAIの年間差額予想は当サイト経由でお申し込みいただいた場合の想定になります。当サイト限定からTOKAIの都市ガスに申し込むとQUOカードPay2,000円分がプレゼントされます。(2022年10月31日まで)

中部地方で最もオススメの電気料金プランは?

セレクトラの記事を見て、電気料金プランに切り替える人が増えています。中部地方でも多くの人がセレクトラの記事を参考に、電気の切り替え先を選んでいます。そこで電気料金プランの切り替え先として中部地方で最も選ばれたのはどの会社になるのか、調べてみました。

 中部地方で最も人気の電気料金プランは「TOKAI」

セレクトラの記事を見て電気を切り替えた人の中で最も人気の料金プランは、TOKAIでした。

TOKAIは東邦ガスエリアの都市ガスとセットで利用するとお得な電気料金プランが魅力です。

電気とガスをセットにすると毎月200円割引きになるほか、ポイント還元がついてきます。

さらに今なら、当サイトに貼ってあるTOKAI公式サイトへのリンクをクリック、またはこちらの電話番号(0120-185-057)からTOKAIの都市ガスに申し込まれた方に、コンビニ・ドラッグストア・スーパー・家電量販店からファミレスやカフェなどの飲食店でも利用できるQUOカードPayを2000円分プレゼントします。(キャンペーン期間:2022年9月1日〜2022年10月31日)

中部エリアでファミリー世帯におすすめのセットプラン

年間約12,300円お得(ポイント還元含む)

  • 中部電力より: 3%安い
  • 東邦ガスより: 3%安い
  • セット割りで: 毎月200円お得!
  • ポイント還元で: さらにお得!
  • 当サイト限定: 2000円QUOカードPayもらえる
中部電力の従量電灯B、東邦ガスの一般料金と比較

電気月450KWh、ガス月40m3使用した場合

0120-185-057 公式サイト

中部電力から新電力に切り替えて大丈夫?

「中部電力から新電力に切り替えて大丈夫かな?」と不安に思っている方もいるでしょう。どれくらいの人が実際に新電力に切り替えているのか、調べてみました。

中部電力エリアの一般家庭・店舗・事業所向けの低圧電力のうち、17%(*2021年3月の低圧電力・電灯の販売電力量)が新電力の電気を利用しています。

つまり中部地方で10軒に1軒以上は新電力の電気を利用しています。そして今後も新電力の電気を利用する割合は増えていくと予想されています。

でも中部電力より安くなったせいで電気の質が変わったり、停電しやすくなるんじゃないのか?と不安になっている方もいるでしょう。

 電気の質は変わりません

中部電力から新電力に切り替えて電気の「質」が変わることはありません。新電力の多くは中部電力が利用しているのと同じ発電所で作られた電気を利用しています。また中部電力では積極的に利用していない、再生エネルギー発電を新電力では積極的に取り入れていますが、発電方法が変わっても電気の「質」が変わることはありません。

 停電しやすくなることもありません

また、中部地方の送電網を管理しているのは中部電力パワーグリッドです。中部地方で電気を販売する新電力は、この中部電力パワーグリッド電柱や電線などの送配電設備を利用して電気を供給しています。つまり電線や電柱などでトラブルがあれば、中部電力でもそれ以外の新電力を利用していても等しく停電が起きます。

なので、安心して中部電力よりも安い新電力を選び、電気代を節約しましょう。

中部地方で電力会社・電気料金選びに迷ったら?

中部地方で一番安い電力会社・電気料金プランや、中部地方で人気の電気料金プランについて解説しました。でも、たくさんあってどれを選んで良いのかわからないと困っていませんか?

セレクトラのらくらく窓口(0120-410-078)では、電話1本で今より安くなる電力会社のご案内をしています。新しい電力会社への切り替えも電話1本で完了します。電力会社選びに困っている方、申込方法がわからない方、ぜひセレクトラのらくらく窓口(0120-410-078)をご利用ください。

中部地方にお引っ越し、すぐ申し込めるお得な電気料金プランは?

引っ越し先で利用できる電力会社・電気料金プランをお探しなら、セレクトラのらくらく窓口(0120-410-078)にお任せください。

セレクトラのらくらく窓口(0120-410-078)なら、引っ越し直前でも申し込める電力会社・電気料金プランをお探します。またお申し込みも電話1本でOKです。

引っ越し先の電気の申し込みを忘れていたという方も、セレクトラのらくらく窓口(0120-410-078)にご連絡ください。

なお電気の引っ越し手続きは、引っ越し前の住所における解約手続きと、新しい住所における新規のお申し込み手続きが必要になります。

大手電力会社の電気の引っ越し手続きは、以下のリンク先から確認することができます。

中部電力に申し込みたい人は?

中部電力エリアにお引っ越して、まずは地域の大手電力会社の電気を利用したいという方もいるでしょう。そこで中部電力で選べる料金プランを一覧にまとめてみました。

中部電力グループの電気の契約窓口は、中部電力ミライズになります。中部電力ミライズは従量電灯プラン以外にも、ライフスタイルに合わせた電気料金プランを提供しています。

中部電力の電気料金メニュー(中部エリア)

基本の料金プラン

従量電灯B 一般家庭向け

従量電灯Bの特徴

  • 中部エリアで最も契約数の多い、一般家庭向けの電気料金プラン
  • 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定
  • アンペア数は10Aから60Aまで。アンペア数によって基本料金が変わる
  • 新電力に切り替えると電気代が10%以上安くなる(基本料金・電力量料金)
公式サイトで確認

基本の料金プラン

従量電灯C 店舗・事業所向け

従量電灯Cの特徴

  • 中部エリアで最も契約数の多い、店舗・事業所向けの電気料金プラン
  • 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定
  • アンペア数は6kVA以上。アンペア数によって基本料金が変わる
  • 新電力に切り替えると電気代が10%以上安くなる(基本料金・電力量料金)
公式サイトで確認

カテエネポイントが貯まるプラン

ポイントプラン 単身・二人暮らし向け

ポイントプランの特徴

  • 基本料金と電力量料金は従量電灯Bと同じ
  • 電気料金200円ごとにカテエネポイントが1Pが貯まる
  • 契約アンペア数は10Aから30Aで、単身や二人暮らしなど電気の使用量が少ない方むけ
  • 2年間の継続利用が加入条件
  • 新電力に切り替えると電気代が10%以上安くなる(基本料金・電力量料金)
公式サイトで確認

割引特典がある料金プラン

おとくプラン 3人世帯以上/店舗・事業所向け

おとくプランの特徴

  • 基本料金と電力量料金は従量電灯Bまたは従量電灯Cと同じ
  • 電気料金200円ごとにカテエネポイントが1Pが貯まる
  • 毎月102円の割引、カテエネ会員の場合は153円割引
  • 契約アンペア数は40Aから60Aが家庭向け、6kVA以上が店舗・事業所向け。
  • 2年間の継続利用が加入条件
  • 新電力に切り替えると電気代が10%以上安くなる(基本料金・電力量料金)
公式サイトで確認

月343kWh以上利用すると従量電灯Cよりお得

とくとくプラン 店舗・事業所向け

とくとくプランの特徴

  • 従量電灯Cと比べて300kWh以上の電力量料金が安い
  • 電気料金200円ごとにカテエネポイントが1Pが貯まる
  • 毎月102円の割引、カテエネ会員の場合は153円割引
  • 契約アンペア数は40Aから60Aが家庭向け、6kVA以上が店舗・事業所向け。
  • 2年間の継続利用が加入条件
  • 新電力に切り替えると電気代が10%以上安くなる(基本料金・電力量料金)
公式サイトで確認

夜間の電気料金が安いプラン

スマートライフプラン オール電化住宅向け

スマートライフプランの特徴

  • 電力量料金が安くなる夜間時間帯は3つから選べる
  • 平日の昼間時間帯(10時〜17時)の電力量料金は割高
  • 電気料金200円ごとにカテエネポイントが1Pが貯まる
  • 2年間の継続利用が加入条件
  • 切り替えるなら春秋期の昼間時間帯も安いLooopでんきの「スマートタイムプラン」がオススメ
公式サイトで確認
forAPプラン Amazonプライムが付いてくるプラン

forAPプランの特徴

  • Amazonプライムと電気料金プランがセットになったプラン
  • Amazonプライムを電気料金プランと別々に契約するよりも合計金額安くなる(電気代+Amazonプライム年会費)
  • セット対象になる電気料金プランによって、基本料金や電力量猟奇の単価は異なる
公式サイトで確認

中部地方で一番安い電気料金プラン(よくある質問)

中部地方で一番安い電気料金プランに関するよくある質問をまとめました。

よくある質問一覧
質問1:中部地方で一番安い電気料金プランは?
回答1

電気料金プランは、現在の利用状況(世帯人数や部屋数、家電)やプラン内容(従量電灯プラン、オール電化向け)によって、安くなるプランが異なります。

セレクトラがオススメする電力会社では、一人暮らしおよびファミリー世帯は「オクトパスエナジー」、二人暮らしは「TOKAI」が最も安くなることがわかりました。

▷どれくらい安くなるのか確認する

質問2:中部電力から新電力に切り替えて大丈夫?
回答2

現在、中部地方の10軒に1軒以上のご家庭で、新電力の電気を利用しています。中部電力から新電力に切り替えても電気の質が落ちることや、停電しやすくなったりすることはありません。ですから、皆さん安心して電気を切り替えています。

▷より詳しい説明を確認する

更新日