OCN光 - 引越しの手続き・注意店

OCN光の引越し手続きを行うにあたり、どのような点に注意して手続きを進めることが大切になるのでしょうか。OCN光の引越し手続きの流れや方法、解約手続きとの違いなどを、重要なポイントを押さえながら紹介します。

OCN光の引越し手続き

インターネット回線の引越し手続きは、時間や労力がかかることから面倒に感じる方も決して少なくありません。実際に引越し手続きを行う前にある程度手続きの中身を把握しておけば、いざ手続きを進める際に慌てることが少なくなるでしょう。ここではOCN光の引越し手続きの具体的な内容について紹介します。

OCN光の引越し手続きの流れ

通常OCN光の引越し手続きは、以下の流れで進めていきます。

  1. 提供エリアの確認
  2. 引越し手続きの申し込み
  3. 工事日時・内容の確認
  4. 機器返却・回線撤去工事
  5. 引越し先での回線開通工事
  6. 利用開始

それぞれのポイントを押さえながら、具体的に解説します。

提供エリアの確認

引越し先の住所が決まったら、引越し先でもOCN光を利用できるのか確認します。OCN光はNTTが提供するフレッツ光回線を利用していることから、引越し先がNTT東日本NTT西日本の提供エリア内にあるのかウェブサイト上で検索しましょう。

引越し手続きの申し込み

エリアに該当することを確認した後は、OCNのマイページ内にて契約者の住所や請求書送付先住所などの変更を行います。

なお、NTT東日本とNTT西日本をまたがる引越しの場合や、引越しにあたり申し込みプランの変更やオプションサービスの変更を行う場合は電話での申し込みが必要です。その際はNTTの「カスタマーズフロント」に問い合わせましょう。

カスタマーズフロント

NTTのカスタマーズフロント電話番号
0120-506506 営業時間:10:00〜19:00 日曜・祝日・年末年始除く
050-3786-0506 IP電話からフリーダイヤルにつながらない場合

工事日時・内容の確認

OCN光の引越し手続きを申し込んでから約2週間後、NTTより回線工事の日程や内容の確認のため電話が入ります。ご自身のスケジュールを確認して立会いができる回線工事日を決定しましょう。

機器返却・回線撤去工事

光回線の引越し手続きを進めるにあたり、引越し前の住所にて回線撤去工事が行われます。その際、立ち合いが必要になる「派遣工事実施」型と立ち合いが不要な「派遣工事なし」型があります。「派遣工事なし」型では接続機器を自ら持ち込む必要があります。

  • 派遣工事実施・・・立ち合いが必要
  • 派遣工事なし・・・立ち合い不要(機器の持ち込みあり)

引越し先での回線開通工事

工事日当日に、引越し先で光回線の開通工事を行います。多くの場合は立ち合いが必要になりますが、立ち合いが不要な場合は、接続に必要な機器を自分で持ち込んで設置する必要があります。

  • 派遣工事実施・・・立ち合いが必要
  • 派遣工事なし・・・立ち合い不要(自分で機器を設置)

インターネットの利用開始

開通工事が完了した後は、パソコンやタブレットなど必要な端末を自分で準備します。接続の設定が完了すればインターネットが利用できます。

OCN光の引越し手続きの方法

OCN光回線の引越し手続きは、基本的にはOCN光のWEBサイト上にある「OCN会員ページ」より行います。NTTフレッツ光のエリア確認を行なった後は、以下の具体的な流れにより引越し手続きを行います。

  1. 「OCN会員ページ」にアクセス
  2. 「会員サポート・手続き」のタブをクリック
  3. 「OCN光 引越し手続き」のバナーをクリック
  4. ID、パスワードを入力し「会員ページ」へログイン
  5. 「設置場所住所」「ご契約者住所」「請求書送付先住所」を変更

以上の手続きが完了すると、後日NTTの担当者から引越し手続きの詳細について確認の電話が入ります。撤去工事や移転先での開通工事などの詳細について連絡があるので対応しましょう。

OCN光の引越しに伴う工事費用

インターネットを新規契約して自宅に引き込む際に、開通工事が行われます。その際に工事費用が発生しますが、引越した場合も同様に引越し先で開通工事が行われ工事費用が発生します。

引越し先が戸建ての場合

引越し先が戸建ての場合には、派遣工事が必要な場合と必要でない場合に分けられます。さらに派遣工事が必要な場合の中で屋内配線を新設する場合と新設しない場合に分けられますが、それぞれ工事費用が異なります。

工事費用は一括払いか分割払いのいずれかを選択できます。

派遣工事が必要な場合
  工事費用一括払い 工事費用分割払い
屋内配線を新設する場合 18,000円 初回3,000円/2回目以降500円×30回
屋内配線を新設しない場合 7,600円 初回1,600円/2回目以降200円×30回

派遣工事が不要な場合・・・2,000円(一括払い)

引越し先がマンション(集合住宅)の場合

引越し先がマンション(集合住宅)の場合も、戸建てと同様に派遣工事が必要な場合と必要でない場合に分けられます。さらに派遣工事が必要な場合の中で屋内配線を新設する場合と新設しない場合に分けられますが、それぞれ工事費用が異なります。

戸建て同様に、マンションの場合も工事費用は一括払いか分割払いのいずれかを選択できます。

(リンナイ/ノーリツ)
派遣工事が必要な場合
  工事費用一括払い 工事費用分割払い
屋内配線を新設する場合 15,000円 初回3,000円/2回目以降400円×30回
屋内配線を新設しない場合 7,600円 初回1,600円/2回目以降200円×30回

派遣工事が不要な場合・・・2,000円(一括払い)

戸建てタイプもマンションタイプもいずれも工事費用はあまり変わりません。ご自身の場合はどのパターンに当たるのかわかならければ、NTTの担当者から電話があった際に質問すると良いでしょう。

工事費用以外に発生する費用

OCN光の引越し手続きをする際、移転先での開通工事にかかる費用の他に発生する費用があります。具体的には以下の2つになります。

契約事務手数料

違約金(NTTのエリアをまたぐ場合)

契約事務手数料

OCN光の引越の手続きをする場合、3,000円の事務手数料が発生します。

違約金(NTTのエリアをまたぐ場合)

NTT東日本とNTT西日本は、いずれも同じNTTグループですが厳密には別会社になります。したがってこの両者のエリアをまたいだ引越しを行う場合、現在契約しているOCN光を解約して新たに引越先で新規の申し込みを行う必要があるのです。

仮に「2年自動更新型割引プラン」の契約を交わしていた場合、更新月以外での解約を行うと、11,000円の違約金が発生します。

NTT東日本とNTT西日本

NTT東日本とNTT西日本が誕生したのは、現在のNTTの前身である「日本電信電話株式会社」が平成11年に再編成され、持ち株会社であるNTT、NTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズの4社に分かれたのがきっかけです。

引越しの場合とは異なる解約の手続き

OCN光の引越し手続きを行わず、一度解約をして引越し先で新たにOCN光の新規契約をする方法があります。引越し手続きと解約して新規契約を行う場合とではどちらの方がメリットがあるのでしょうか。両者のメリットやデメリットを比較します。

引越し手続きのメリット

  • 契約内容をそのまま引き継げる
  • 違約金がかからない(同一エリア内の移転の場合)

以下それぞれ具体的に解説します。

契約内容をそのまま引き継げる

移転前に登録した個人情報をそのまま引き継げることから、引越し後に再び名前や生年月日などの個人情報を登録する煩わしさがありません。

違約金がかからない(同一エリア内の移転の場合)

NTT東日本エリア内やNTT西日本エリア内の移転であれば、違約金を支払うことなく引越し手続きをすることが可能です。

引越し手続きのデメリット

  • インターネットが使えない期間が発生する場合がある

インターネットが使えない期間が発生する場合がある

引越し手続きは、移転元での回線の撤去作業を行わなければ移転先での開通工事を進めることができません。場合によっては移転先へ入居した後しばらくインターネットを使えない期間が発生する恐れがあります。

引越し手続き
  メリット デメリット
引越し手続き 契約内容をそのまま引き継げる インターネットが使えない期間が発生する場合がある

解約新規手続きのメリットとデメリット

解約新規手続きとは、現在利用している光回線を一度解約し、移転先で新たにOCN光を契約する場合のことを指します。解約新規手続きのこのメリットとデメリットを紹介します。

解約新規手続きのメリット

解約手続きと新規手続きを同時に進めることができる

新規契約は設置住所や入居日が分かれば引越し前でも申し込むことが可能です。引越しを行いできるだけ早くインターネットを開通させたい場合には、一度解約して新規にOCN光を申し込むことをおすすめします。

解約新規手続きのデメリット

  • 違約金がかかる
  • 再び申し込み手続きをする必要がある

違約金がかかる

2年自動更新型割引プランを申し込んでいる場合は、更新月以外での解約の場合は11,000円の違約金が発生します。

再び申し込み手続きをする必要がある

解約後、新たな契約をするために再びOCN光の申し込み手続きをする必要があるため手間がかかります。

解約新規手続きのメリット・デメリット
  メリット デメリット
解約新規手続き 解約手続きと新規手続きを同時に進めることができる 再び申し込み手続きをするため手間がかかる

解約新規と引越し手続きのどちらがおすすめ?

OCN光の引越し手続きと解約手続きのそれぞれのメリットやデメリットを紹介しました。総合的に評価すると、開通を急ぐ方であれば解約新規手続きの方がおすすめです。比較的早く引越し先でインターネットを開通させることができるのが最大の理由です。

開通を急がず、費用をできるだけ押さえて引越し先でもOCN光を利用したい方であれば、違約金がかからない引越し手続きを選択することをおすすめします。(NTT同一エリア内の引越しの場合)。

  • 開通を急ぐ方・・・解約新規手続きがおすすめ
  • 費用を抑えたい方・・・引越し手続きがおすすめ

解約手続きをする方法

現在利用しているOCN光を解約する場合は、電話で解約の申し出をする必要があります。引越し手続きの場合と異なり、OCNのマイページから解約手続きを進めることはできませんのでご注意ください。OCN光の解約手続きは以下の流れとなります。

  1. OCN光へ電話して解約の申し出
  2. 回線撤去工事
  3. レンタル機器の返却

OCN光の解約の申し出をする際は、下記の電話番号に電話をする必要があります。

OCN光カスタマーズフロント 0120-506-506(10:00〜19:00) ※日曜日・祝日・年末年始除く

電話で解約の申し出をした際に、回線撤去工事の有無やその日程、レンタル機器があれば返却方法などが伝えられます。オペレーターの指示に従い迅速に対応しましょう。

OCN光の引越し手続きの注意点

OCN光の引越し手続きを行う際は、下記の点に注意して手続きを進めることが大切です。

  • 引越し手続きを進めることができない場合がある
  • レンタル機器を自分で持っていく場合がある
  • 申し込みプランが変わる場合がある

引越し手続きを進めることができない場合がある

何度も紹介していますが、NTTのエリアをまたぐ引越しをする場合には、そもそも引越し手続きを進めることができないので注意しましょう。

レンタル機器を自分で持っていく場合がある

引越し先ですでに配線工事がなされており派遣工事がない場合は、引越し前に利用していたレンタル機器を自ら引越し先へ持っていく必要があります。紛失や破損しないように大切に扱いましょう。

申し込みプランが変わる場合がある

引越し前はマンションタイプの契約だったのが引越し先では戸建てタイプの契約になるなど、申し込みのプランが変更する場合があります。申し込みプランが変われば月々の利用金額も変わるので注意が必要です。

まとめ

契約中のインターネット回線を引越し先でも利用する場合には、引越し手続きを行う必要があります。しかしOCN光はNTTのフレッツ光回線を利用している関係上、NTTの提供エリアによっては引越し手続きを行えない場合があることから注意が必要です。

OCN光の引越し手続きをする際は、引越し先の住所が決まり次第まずは早急に提供エリアの確認をすることをおすすめします。

更新日