J:COM(ジェイコム)のインターネット:口コミ・インターネット

J:COM(ジェイコム)のインターネット:口コミ・インターネット
J:COM(ジェイコム)のインターネット:口コミ・インターネット

J:COM(ジェイコム)のインターネットサービスは、ユーザーからどのように評価されているのでしょうか?J:COMインターネットの特徴とユーザーの口コミから、どのような人におすすめなのか調査しました。

J:COMインターネットの特徴

J:COM(ジェイコム)はケーブルテレビ事業が主力の会社ですが、インターネット接続サービスも提供しています。それだけでなく、固定電話サービス、モバイル(携帯電話)、電力供給サービスも展開中です。

J:COMはこのサービス5本柱を最大限に生かして、ユーザー満足度の向上を図っています。つまり、インターネットだけでなくプラスαのサービスをセットで提供できるのがJ:COMの強みといえます。

これらのサービスを利用しているユーザーは、実際にどのような口コミをしているのでしょうか?J:COMインターネットに満足できる部分と満足できない部分は、それぞれ何でしょうか?

まず、J:COMのインターネットサービスにはどんな特徴があるのか見たうえで、ユーザーの評価・口コミを考えてみましょう。

テレビとネットのセットプランが魅力的

J:COMが提供するインターネットプランには、テレビ(地デジ・BSデジ・CS放送等)とセットになっているプランがあります。これらをそれぞれ単体で契約すると料金が高くなってしまいますが、セットプランはかなり安くなり魅力的です。

J:COMのセットプランは以下の4つです。

  • スマートお得セレクト
  • スマートお得オンデマンド
  • スマートお得プラン
  • NETパック

それぞれのセットプランにどのような特徴があるか、下記を参照してください。

J:COM - インターネットセットプラン(税抜)
プラン名 サービス内容 ネット通信速度 月額基本料
スマートお得セレクト ・インターネット
・テレビ(CS6チャンネル、地デジ、BS/BS4K)
・電話も追加可能
12Mbps/120Mbps/320Mbps/1Gbps 集合住宅4,995円~
一戸建て5,471円~
スマートお得オンデマンド ・インターネット
・テレビ(地デジ、BS/BS4K)
・VODメガパック(動画約8,000本見放題)
・電話も追加可能
12Mbps/120Mbps/320Mbps/1Gbps 集合住宅5,195円~
一戸建て5,671円~
スマートお得プラン ・インターネット
・テレビ(CS100/89チャンネル、地デジ、BS/BS4K)
・電話かVODメガパックどちらかを選択
12Mbps/320Mbps/1Gbps 集合住宅8,776円~
一戸建て8,776円~
NETパック ・インターネット
・VODメガパック、モバイル、電話のどれかを選択
120Mbps/320Mbps/1Gbps 集合住宅4,500円~
一戸建て5,200円~

「VODメガパック」とは? VODメガパックは、映画・国内/海外ドラマ・アニメ・エンターテインメントといった多彩なジャンルのビデオが約8,000本見放題というサービスです。通常料金は月額933円(税抜)ですが、セットプランだとお得になります。VODメガパックの視聴はテレビやパソコンだけでなくタブレットやスマートフォンでも可能なので、場所に関わらず楽しめます。J:COMタブレットとJ:COM MOBILEは、VOD視聴時にデータ通信がカウントフリーになるのも見逃せません。

「電力セット割」で料金がさらに割引される

J:COMは、「J:COM電力」として電力供給サービスも展開しています。インターネットやテレビに加えて電力もJ:COMに統一することで「電力セット割」が適用され、さらにお得になります。

電力セット割は、インターネットプラン料金と電気代の両方が割引されるというものです。家庭の電気代の支払をJ:COM電力に切り替えると、どれくらい安くなるのでしょうか?

一例ですが、月々12,834円(年間154,008円)の電気料金を支払っている家庭があると仮定しましょう。電気契約をJ:COM電力に切り替えるだけで、月々12,276円(年間147,312円)になるという結果が出ています。(税抜価格。2017年1月時点のJ:COMアンケート結果より算出)

つまり、年間約6,696円(税抜)もお得になるということです。電気は一生使い続けるものなので、少しでも安いに越したことはないですよね。

そして電力セット割は、J:COMの対象プランに加入している場合に戸建て住宅なら2年間、集合住宅なら1年間毎月の基本料金から割引されるのも見逃せません。

割引金額は、プランや在住エリアなどによって変わります。割引金額が一番大きい場合だと、割引額12,000円(戸建て、500円×24ヵ月)にもなります。

電力セット割の適用条件はエリアごとに異なるため、詳しくはJ:COMホームページの「特典・キャンペーン」から電力セット割のページに行ってご確認ください。

J:COMインターネットの口コミ

本題である、J:COMインターネットサービスの口コミを考察してみましょう。実際にJ:COMのインターネットを利用しているユーザーはどのような評価をしているのでしょうか?

良い評価をしている口コミと、良くない評価をしている口コミを、SNS上で調べてみました。

J:COMインターネットの良い口コミ

 ケーブルテレビとセットで料金が安くて助かる

J:COMのセット料金が安いというのは、周知の事実のようです。たとえばスマートお得セレクトであれば、他社光インターネット料金と同等の金額で、インターネットとBS/CS番組が両方楽しめます。

インターネットとケーブルテレビを別々に申し込むと料金がかなり高くなってしまうことを考えれば、J:COMの料金プランは非常に魅力的です。

また、J:COMは新規工事費も無料というのもうれしいポイントです。光回線インターネットの新規工事費は基本的に18,000円程度かかるので、J:COMは気軽に始めやすいといえるでしょう。

 申し込んでから工事までが早い

J:COMは新規で申し込んでからケーブルの引き込み工事までが早いという口コミもありました。また、工事自体も1時間程度で済む場合が多いようです。

他社で光インターネットを申し込むと、工事まで1~2ヵ月待たされてしまうこともざらにありますが、J:COMがスムーズにネット開通するのは助かりますね。

 担当者の対応が丁寧で分かりやすい

J:COMは、手続きや不具合対応のために担当者が自宅訪問してくれることがあります。対応は全てインターネットか電話という接続事業者が多い中で、J:COMの対応は心強いものです。

パソコンや機器の扱いに不慣れな方でも安心です。J:COM契約後、初回無料で担当スタッフが初期設定を代行してくれます。

J:COMインターネットの良くない口コミ

 通信速度が遅くて満足できない

このような声はけっこう多く見かけます。特に、通信速度が大事なネットゲームをする人や、高画質動画をよく視聴する人が通信速度に不満を抱くようです。

なぜJ:COMはネット速度が遅くなることがあるのでしょうか?

J:COM NETプランでは通信速度を選べますが、最高速度の1Gbpsの提供は戸建て住宅のみで、しかも関西エリアは未提供です。そのため、しかたなく320Mbpsを選んでいるユーザーは多いようです。

最高1Gbpsの光回線であっても、利用環境によって実質速度が10分の1以下に落ちることはよくあります。J:COMの320Mプランの実質速度が同様に10分の1に落ちたとすると32メガです。これはADSLと同じような速度といえます。

上で触れたように、高画質の動画や通信容量が大きいネットゲームなどをする場合などは、不満が出てもおかしくはありません。

ただし通信速度が低下したとしても、ブラウザ閲覧や中画質程度の動画を視聴するには全く支障ないレベルです。

 J:COMネット付き賃貸に住んでいるけど通信速度が遅い

J:COMは、ワンルームマンションや賃貸に導入されていることがよくあります。料金は安いのですが、落とし穴は利用者が多いことによる通信速度の遅延です。

一つの建物には一本のケーブル回線が通っており、そこから各部屋に分岐しています。そのため、ネット利用者が多ければ多いほどスピードが落ちるのは当然といえるでしょう。

インターネットのヘビーユーザーであれば、J:COMインターネット付き賃貸はあまりおすすめではありません。

J:COMインターネットはこんな人におすすめ

J:COMインターネットがおすすめできるのは、以下のような人です。

  • J:COM NETの1Gプランに申し込むことができる人
  • インターネットよりもケーブルテレビをメインで楽しみたい人
  • 通信速度よりも料金が安いことを重視する人

もしJ:COMの1Gプラン(1Gbps)に申し込むための条件がそろっているなら、迷わず選ぶのがいいでしょう。このプランであれば、通信速度の遅さを感じることはほとんどないはずです。

また、J:COMはテレビとのセットプラン料金がとてもお得なので、テレビもインターネットも欲しいという人におすすめです。

J:COMはもともとケーブルテレビ事業がメインなので、インターネットだけでなくテレビとのセットで評価する必要があります。BSデジタルやCSチャンネルを見ることができて、さらにインターネットも付いているという捉え方がいいかもしれません。

更新日