auひかりのお申込み

auひかりのお申込み専用ダイヤルはこちら📞

「今すぐ電話でお申込み」「お申込みに関する相談」はお気軽にご連絡ください。
こちらからのコールバック(折り返し)も可能です。下の「コールバック希望」より都合の良い時間帯をご指定ください。
電話受付:午前10時 - 午後9時(年末年始を除き無休)

auひかりのお申し込みはこちら【広告】

auユーザーなら光回線・au光でスマホ代が毎月割引。

auひかりのプロバイダーシェアNo.1のGMOなら高品質Wi-Fiルーターが選べる。しかもずっと無料でレンタル。

  • auひかりの公式プロバイダーGMOとくとくBBのリンクが開きます。

光回線・auひかりはおすすめ? - メリット・デメリットを調査

constat amiable voiture

家族みんなauスマホなら、auひかり契約でスマホ料金が割引きになるらしい。ご自宅の光回線をauひかりへ切り替えようかな?と思っている方のために、auひかりはおすすめか?auひかりのいいところ・メリットにはどんなものがあるのか?について、詳しく調査しました。

  • auひかりのいいところ・メリットは?
  • 家族みんなでauのスマホ・ケータイを使っていればauスマートバリューでお得になるって本当?
  • auスマートバリュー適用の条件は?

auひかり・月額料金

まずは基本情報である、auひかりの月額料金をチェックしましょう。料金は、戸建てか集合住宅にお住まいかで分かれ、あとは2年更新にするか3年更新を選ぶかで料金が変わる設定になっています。

auひかりは、光回線料金とプロバイダーがセットになったプランですので、何かオプションで契約をしていない限り(光電話など)この料金以外には費用はかかりません。

auひかり プラン一覧とその月額料金(税抜き)

戸建て
(auひかり ホーム)


インターネット比較 - ソフトバンク光 と AU光 はどちらがおトク?

  • ずっとギガ得プラン
    (3年単位の自動更新)
1年目 5,100円
2年目 5,000円
3年目以降 4,900円
  • ギガ得プラン
    (2年単位の自動更新)
5,200円
  • 標準プラン
    (自動更新なし)
6,300円

集合住宅
インターネット比較 - ソフトバンク光 と AU光 はどちらがおトク?

(auひかり マンション)

  • お得プランA
    (2年単位の自動更新)
    (おうちトラブルサポート無料付帯)
4,080円
  • 標準プラン
(自動更新なし)
(おうちトラブルサポートがつかない)
4,080円

auひかりには、解約金や自動更新のないプラン(標準プラン)も存在しますが、月額料金は同じかそれ以上です。

auひかりマンションのプランは賢く選ぼう auひかりマンションには、自動更新の「お得プランA」と途中解約可能な「標準プラン」がありますが、実はどちらも同じ料金設定です。しかし、お得プランAは契約と同時に追加料金無しで自動加入となる「おうちトラブルサポート」が付いています。標準プランには付いていません。標準プランでおうちトラブルサポートを追加したい場合は有料オプションとして別途加入(400円/月)する必要があります。長期の利用を決めている人はお得プランAを契約すれば、無料で「おうちトラブルサポート」が付いてくるので断然お得ですね。

しかしauひかりは他の光回線と比べ、独自回線を使っているという点で通信速度や快適さにおいては他より一歩リードしています。独自回線を使いたいという人は検討の価値があるでしょう。

constat amiable voiture

auひかりの初期費用・工事費

続いてauひかりの初期費用を見てみましょう。光回線は光ファイバーケーブルを通す工事が必要です。

加えてauひかりはNTTの提供する光回線:フレッツ光ではなく、独自の回線を使用していますので、今までフレッツ光で光回線を利用していた場合でも、初めて光回線で契約をする人場合と同様に工事が必要になります。

土日祝日に工事を行う場合は、追加で3,000円かかります。

しかし、auひかりでは初期費用相当額を月々の料金から割り引いて実質無料にするキャンペーンを行っています。長く利用するのであれば工事費用がそのまま戻ってくるという形になるので、心配はそんなに要らないでしょう。

auひかりの初期費用(税抜き)

新規登録料 (新規・転用とも)

3,000円

工事費 戸建住宅

37,500円

集合住宅

30,000円

auひかりの解約金

auひかりでは、契約解除料という名称で解約金を設定しています。

標準プランには解約金は一切かかりませんが、自動更新タイプのプランを契約する場合、「更新期間」以外の期間に解約をするとそれぞれ以下の解約金がかかるしくみとなっています。

自動更新とは、2年の自動更新なら2年ごとにさらに契約期間が延びるというものです。2年目の契約更新月になりました、auひかりの契約を更新しますか?という連絡はきません。自動的に勝手に更新されます。

加えて、自動更新とは、最低契約期間のことではない点に注意が必要です。詳しくはインターネットの契約に登場する「2年・3年自動更新」で説明をしています。

auひかりの契約解除金は?
auひかり
解約金
auひかり プラン名 契約期間 解除料
ホーム
(戸建てプラン)
 
ずっとギガ得プラン 3年契約(自動更新)

15,000円

ギガ得プラン 2年契約(自動更新)

9,500円

標準プラン 契約期間なし なし
マンション
(集合住宅プラン)
 
お得プランA 2年契約(自動更新) 7,000円
標準プラン 契約期間なし なし

auひかりがおすすめの人/あまりおすすめできない人

auひかりがおすすめの人

auひかりがもってこいなのは、やはりauスマホを持っていて、新たに光回線を契約したいと考えている人です。auユーザーであればスマホのデータプランに関わらず、家族全員でauスマートバリューの恩恵を受けることが出来ます。

auひかりをあまりおすすめできない人

auユーザーにとっては断然お得なauひかりですが、今ドコモユーザーやソフトバンクユーザーで、これからauに乗り換える予定も無い、という人にはあまりおすすめできません。auスマートバリューが適用されるのはauユーザーのみで、現在他のキャリアでスマホを契約している人には適用されないからです。

しかし、今auユーザーでなくてもスマホをauに乗り換えればもちろんauスマートバリューの対象になります。スマホと一緒に契約できて、かつフレッツ以外の独自回線が良いな、と考えている人はスマホごとauに乗り換えるのも1つの手でしょう。

auひかりのいいところ・メリットは?

月額料金も光回線の工事費もちょっとお高めのauひかりではありますが、何かauひかりならではおすすめポイントはあるのかチェックしていきましょう。

スマホ・ケータイ代が安くなるauスマートバリュー

auひかりにオプションとして電話サービスを追加すると、auスマートバリューの対象となり、家族のスマホ代とケータイ代が安くなります。

電話サービスの追加には、基本料金として毎月500円(税抜き)かかりますが、この分を足しても、父・母・子供2人がauのデータ定額10/13/30のプランを契約していたならば、最初の2年は家族のそれぞれが2,000円、それ以降は永年934円割引になります。

つまり、500円の投資で、最初の2年は2,000円 x 4人で8,000円、以降も3,736円毎月スマホ代が安くなります。また、ひかり電話は通話料や基本料金が今までの電話より安くなります。

家族みんながauでスマホ・ケータイを利用しており、今後も長くauを利用する予定ならば、プラスマイナスで計算するとかなりお得になりますね。

ただし、お気づきの通り、「家族のメンバーは今のところ2人だけ。共働きで自宅にひかり電話はいらない、加えて二人ともガラケーで携帯でネットはしない」という方は、auのケータイの割引代は500円ですので、割引額500 x 2から光電話代の500円を引いて、トータル500円のみの割引になります。

フレッツ光以外の回線を探しているならauひかりはおすすめ

auひかりの光回線は、NTTのフレッツ光ではありません。このため、今までフレッツ光をずっと使用しており、その品質や速度がなんとなく不満だった・・・という方は、auひかりの独自回線で、ネット環境の快適性がアップする可能性があると言えますのでauひかりは注目です!

auひかりの他にNURO光がフレッツ光ではなく独自の光回線を提供していますが、NURO光は2回の開通工事が必要で、提供エリアがauひかりに比べてかなり少ないという面もあります。

auひかりを契約するときはここをチェック

プロバイダー・eo光のプランの料金と特徴

スマホやケータイ + ネット(auひかり)+ 電話、この3つが揃うと、auスマートバリュー(まとめ割)でスマホ代が安くなる。(出典:au)

もちろんauスマートバリューは、家族のメンバーが多く、遠くにすむ祖父母も加えればトータルでかなりスマホ・ケータイ代が安くなりますが、その分身動きがとりづらくなるとも言えます。しかし、永年割引なので始めるのが早ければ早いほどお得です。

また、auから直接申し込むのではなく、各auひかり公式取扱店や公式プロバイダーauひかりを契約した場合はキャッシュバックや特典など様々な特典が付くことがほとんどです。auひかりから直接申込む前に、お得になるプロバイダーや公式取扱店の情報も必ずチェックしておくと良いでしょう。

auひかりのプロバイダ・公式取扱店一覧
サービス名・公式取扱店名 特典
GMOとくとくBB
×
auひかり
GMOとくとくBB×auひかり
公式サイト
  • 特定のプラン・オプション加入で20,000円キャッシュバック
  • 乗り換えで最大30,000円キャッシュバック※1
  • 工事費37,500分が実質無料(工事費額相当を割引)
  • 回線が混雑しないIPoE接続方式を採用
公式取扱店
NN Communcations
公式サイト
  • プロバイダーが選べる(BIGLOBE/So-net/@nifty)
  • 12か月継続利用で45,000円・電話も契約の場合52,000キャッシュバック
  • Wi-Fi6ルーター付きのキャッシュバックプランも選べる
公式取扱店
NEXT
公式サイト
  • プロバイダーが選べる(au one net/BIGLOBE/So-net/@nifty/@T COM/AsahiNet/DTI)
  • 8カ月継続利用でキャッシュバック43,000円(マンションタイプは38,000円)

※上記の各特典は予告なく終了・変更することがあります。予めご了承ください。
※1 他社固定インターネットまたは他社モバイルデータ通信端末の解約違約金相当額を最大30,000円還元。

auから他に移るつもりは毛頭ない。どのくらい安くなるのか計算するのが面倒でない、まとめ割り(セット割り)の不自由さや解約条件の複雑性は苦にならない、という人にはauひかりは間違いなくおススメでしょう。

更新日