インターネット回線・auひかりのプランの料金と特徴

インターネット回線・auひかりのプランの料金と特徴

インターネット回線・auひかりのプランの料金と特徴

インターネットの光回線、auひかりのサービスは、携帯の3大キャリアでもあり電話やインターネットの光回線事業も展開しているKDDIが提供しています。auひかりのプランの料金と特徴について、調べてみました。

 

今より安いインターネットは?お引越しで新しいインターネット契約が必要?
ご相談フォームに必要事項を記入していただければ、ベストなインターネットプランをご提案!
電話でも受け付けています!:050-3196-9639(相談無料)までお気軽にお電話ください。

auひかりを提供するKDDIはどんな会社?

KDDIは、通信業界ではNTTに次ぐ2番手の大手通信会社で、以前は国際電話の回線を独占していた老舗の会社です。

光回線といえば、NTT東日本NTT西日本による「フレッツ光」がしばらくは独占状態でしたが、東京電力の光ファイバー事業とKDDIが事業統合したことにより、KDDIは独自の光回線を所有することになりました。

光回線のauひかり、携帯電話やスマートフォン向けの通信事業の他に、国際電話やIP電話、衛星電話サービス等を行っています。WiMAX(ワイマックス)を提供するUQコミュニケーションズ株式会社の主要株主もKDDIです。また、auでんきなど電気の小売り事業も行っています。

auの光回線・auひかりの特徴

auひかりの特徴 - その1

auひかりの大きな特徴の1つに、フレッツ光ではなく、独自の光回線網を使っていることがあげられます。

このため、auひかりはauユーザーはもちろん、今までフレッツ光でいまいち満足できなかったという人に選ばれているという傾向があります。

auひかりの特徴 - その2

また、auひかりの場合、月額料金に「通信料+プロバイダ料+回線終端装置使用料」がすべて込みになっているため、どのプロバイダーを選んでも同じ料金で利用できるという特徴もあります。

どこのプロバイダーを選んでも料金が同じと言う事は、プロバイダー選びに悩まずに済むのでいいですね。

今まで契約していたプロバイダーはそのままに、auひかりに乗り換えるということも可能です。(ちなみに、auひかりで選べるプロバイダーは、au one net、@nifty、 @TCOM、 AsahiNet、 ビッグローブ、DTI、 So-Netです。)

auひかりの特徴 - その3

毎月プラス500円(税抜)で全国一律料金で格安で電話(固定電話)をかけられるひかり電話サービスを申し込むことも可能です。また、テレビサービス(ボックスレンタル利用料が500円)などのオプションもあります。

加えて、このauの光電話をオプションで契約すると、「auスマートバリュー」に申し込むことも可能になります。auスマートバリューは、家族の利用しているスマホ・ケータイ代をそれぞれ割り引いてくれるありがたい特典です。

家族、最大10人(10回線)まで対象なので、auスマートバリューは家族みんなauという方にはもってこいといえます。

光回線インターネット・auひかり料金をチェック

auひかりは、独自の光回線を利用しています。この光回線のケーブルを自宅に引いてもらう必要があります。このため、工事とそれに付随する工事費が発生します。

また、月額料金に関しては、お住まいの住宅の種類と、自動更新の期間によってプランごとに異なる料金が設定されています。それぞれのauひかりにかかる料金をみて行きましょう。

手数料・工事費用

auひかり 手数料・工事費
auひかり 開通工事費(税抜)

登録料(戸建て・集合住宅とも)

3,000円

戸建ての場合auの光回線・auひかりの特徴 37,500円
(分割の場合は1,250円×30回)
集合住宅の場合 auの光回線・auひかりの特徴 30,000円
(分割の場合は1,250円×24回)
土日祝日に工事をする場合 3,000円

au ひかり 月額使用料

ご覧の通り、戸建て向けの料金でも集合住宅向けのプランであっても、自動更新プランを選ぶと料金が安くなることが分かります。

auひかり 月額使用料
auひかり 月額使用料(税込み)
戸建て
(auひかり ホーム) 光回線・auひかりは?
  • ずっとギガ得プラン
    (3年単位の自動更新)
1年目 5,100円
2年目 5,000円
3年目以降 4,900円
  • ギガ得プラン
    (2年単位の自動更新)
5,200円
  • 標準プラン
    (自動更新なし)
6,300円
集合住宅(auひかり マンション)
auの光回線・auひかりの特徴
  • お得プランA
    (2年単位の自動更新)
3,800円
マンションのタイプによっては、4,050円もしくは5,000円
  • 標準プラン
(自動更新なし)
(おうちトラブルサポートがつかない)
3,800円

au ひかりならではの割引 - auスマートバリュー

auひかりの契約に、au電話かauテレビをオプションで追加契約するとスマホ・ケータイ・タブレット代が安くなります。

ケータイなら、毎月934円、スマホならば、契約のプランにもよりますが最大2,000円料金が割引になります。(auスマートバリュー

しかも家族全員、割引になりますから、かなりお得です。一緒に住んでいなくても、50歳以上ならauスマートバリューの対象になるので、ケータイを使うおじいちゃん・おばあちゃんの分も割引になるのはありがたいですね!

ただし、別途申し込み手続きが必要なので忘れずに申し込みましょう。

au ひかりの解約条件・解約違約金

光回線・auひかりに必要な初期費用、工事費、月額使用料、また割引について説明しました。他に、チェックしておいた方が良いのは、解約条件と解約手数料ですね。

auひかりも他のインターネットサービスでも、解約手数料や解約条件は、あまり目立たないところに小さく書いてあることが多いものです。そんな解約条件と解約手数料についても詳しく確認しましょう!

気になる点もクリアにできたなら安心してauひかりを申し込むことができますね。

月額料金は2年や3年単位で自動更新される「自動更新プラン」がメイン

auひかりの月額料金で、大きく表示されている一番安い金額は、2年や3年単位で自動更新されるタイプの料金となっています。

少しでも長く契約してもらうためのいわゆる「しばり」と考えることもできます。契約期間中に解約をすると解約違約金がかかってしまいます。

誰もすぐに解約するつもりでインターネットを申し込むわけではありませんから、2年や3年の自動更新も気にならないかもしれませんね。ただし、いつでも好きな時に解約金なしで解約ができるわけではないという点を覚えておきましょう。

auひかり 解約金
auひかり 2年自動更新プラン(戸建て向けプラン) 9,500円(税抜)
2年自動更新プラン(集合住宅プラン) 7,000円(税抜)
3年自動更新プラン(戸建て向けプラン) 15,000円(税抜)

光回線契約の自動更新とは?

自動更新とは、解約の連絡をしない限り自動的に契約期間が更新されるというしくみのものです。

もし、解約金なしで光回線の解約をしたいならば、「契約満了月」かその翌月の2か月のうちに解約をすれば大丈夫です。

それ以外の期間の場合は、違約金がかかってしまいます。

2年(3年)契約期間を満たせば、いつでも解約金なしで解約ができるわけではなく、あくまで契約満了月かその翌月に解約をしなければならない点が少し分かりにくいかもしれません。

どうしてもこのようなプランがいやという方は、auひかりの標準プランやauひかり以外で解約金やしばりのないプランの光回線を探す必要があります。

引っ越しでau ひかりを解約しなくてはならない場合は?

引っ越し先でも同じプロバイダーを使い、引き続きauひかり ホームギガ得プランまたはauひかり マンションを契約する場合は、今お住まいの場所でのauひかりの契約解除に際して、解約料はかかりません。

お引越し先でおなじauひかりが引き続き契約できるにも関わらず、自分の意志で解約をする場合は、解約違約金がかかります。

auひかりの特徴 - まとめ

  • auひかりは、独自の光回線が魅力!(フレッツ光ではありません。)
  • 光電話のオプション追加で「auスマートバリュー」が申し込める!家族みんなのスマホ・ケータイ代が割引に。
  • 自動更新プランは、2年ごともしくは3年ごとに契約が自動的に更新される!

公式サイトへ

更新日