北海道電力:契約アンペアの変更方法

北海道電力:契約アンペアの変更方法

北海道電力:契約アンペアの変更方法

北海道電力のアンペア変更について必要な情報をご紹介します。アンペア変更が必要になるのはどんな時?、またアンペア容量とは何か、など基礎知識についても解説しています。

  • 基本料金の部分が選ぶアンペア容量によって異なります。実際に料金表で確認してみます。
  • アンペア容量が多いとどうなる?少なすぎるとどうなる?ほくでんのアンペア変更の前に理解しておきたいポイントもご紹介します。
 

アンペアの基礎知識 - アンペアが多い、少ない、とは?

そもそもアンペアとは何か

そもそもアンペアとは何かを簡単に確認してみましょう。北海道電力の電気契約(従量電灯プラン)で使用されるアンペアとは、「一度に使用できる」最大の電力量を表します。最大の電力量というと少しわかりにくいかもしれませんが、場所を家庭に移して考えるならば、一度に使える電化製品の数の事です。

通常10A(アンペア)から60Aの中から選ぶことができますが、一般的な家庭の場合だいたい30A以上で契約していることが多いようです。もちろん、家族の人数も多く一度に使う電化製品の数が多い場合は30Aでは足りず、40A以上で契約している家庭もあります。

契約しているアンペア容量が少ないとどうなるのか

北海道電力・アンペア容量

アンペアは一度に使用できる最大の電力を表します。一度にどれだけの電化製品を使うかがポイントです。

上記で触れたように、アンペアは必要となる容量を契約者が判断して選ぶことができます。一方、もし北海道電力と契約しているアンペア容量が少ないとどうなるのでしょうか。

契約容量を超えて電気を使おうとしているわけですから、この場合、ご自宅に設置されているブレーカーが落ちて一時的に電気の供給が遮断されます。このような場合、一度に使っている電化製品の1つか2つの使用を減らして、またブレーカーを「入」にする必要があります。

つまり、アンペア容量が少ないと一度に使える電化製品の数に制限が出たり、ブレーカーが頻繁に落ちるという不便さが生じることになります。

アンペア容量が多いとどうなるのか

逆にほくでんと契約しているアンペア容量が多いとどうなるのでしょうか。一度に使える電力量に余裕があるということですから、特に不都合が生じることはありません。

ただし、北海道電力・従量電灯プランではアンペア容量が増えることでに基本料金も増えるしくみとなっていますから、必要以上に多いアンペア容量を契約しているということは必要以上に基本料金を支払っているという風に考えることもできます。

 

北海道電力 - アンペア容量によって異なる基本料金

上記で基本料金はアンペア容量に連動しているという点に触れました。それではその料金はどのようになっているのか実際に確認してみます。

北海道電力の一般的な電気料金プランである従量電灯Bでは、60アンペア(A)まで選ぶことができます。以下の表を見れば、選ぶ容量が増えるごとに段階的に基本料金も上がっていくことも分かります。

基本料金は、電気の使用量(kWh)に関わらず毎月同じ額を支払う固定料金ですから、もし容量に余裕がある方はアンペア容量を変更(アンペアダウン)した方がお得と言えますね。

契約アンペアによって基本料金が変わる。(税込)
契約アンペア 10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
北海道電力              

ちなみに、60A以上の電力が必要な場合は「従量電灯C」という電気の使用量が多い人(商店、事務所、レストラン、美容院など)向けのプランを選びます。

北海道電力より安い電気料金を選ぶことができます。

電力自由化により、北海道電力による地域独占は終了しました。北海道にお住まいの方は北海道電力に限らず好きな電力会社を選ぶことができます。ほくでんよりも安い電力会社を選ぶ”自由”を是非生かしてみませんか?基本料金がゼロ円のプランなども登場しています。

ほくでん・アンペア容量変更

北海道電力でアンペア容量を変更する方法

北海道電力ではアンペア容量の変更を「ほくでん契約センター」で受け付けています。すでに北海道電力と契約しており、アンペア容量の変更(アンペアアップ・アンペアダウン)をしたい場合は以下の番号に電話をします。

  • ほくでん契約センター:0120-12-6565
  • 電話受付時間は、月曜日から金曜日:9時 - 17時、土曜日:9時-15時です。(日曜祝日・年末年始は除く)
  • 朝の9時から10時頃の時間帯は、電話がつながりにくくなっています。

アンペア変更時の注意点

北海電力でアンペア容量の変更をする場合は、お客様番号があると手続きスムーズです。また、アンペア容量の変更は無料ですが、一度変更をすると一年は変更ができませんからあらかじめ理解しておきましょう。

北海道電力以外の電気料金もチェックしてみませんか?
北海道では、ほくでん以外にも他にも新しい電力会社を選ぶことが可能です。もっと安い電気料金があるかもしれません。
北海道で申し込みできる電力会社をチェック。
北海道電力・お客様コールセンター

北海道電力より基本料金が安い電力会社を調べました。

電力自由化以降、北海道電力よりも安い電気料金を提供する新電力がたくさん登場しました。ここでは、基本料金に焦点をあてて、北海道電力よりも安い電気料金を提供している電力会社をピックアップしてみました。

アンペア容量変更を予定されている方は、この機会に一度、北海道電力より安い電力会社への切り替えとう選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

(電気料金には、基本料金に他にも電力量料金およびその他税金がかかります。)

基本料金を北海道電力と比較
電力会社名 特徴 申込み先・
シミュレーション
Looopでんき
  • 基本料金がゼロ円です。
  • 北海道電力とどのアンペア容量で契約していても基本料金は0円になります。
  • 例:50Aの場合、 円 ⇒ 0円
Looopでんき
の公式サイト
H.I.S.でんき
HISでんき・HTBエナジー
  • 基本料金も電力量料金も一律5%安く設定されています。
  • 電気の使用量が少なくても安くなる可能性のあるプランです。
H.I.S.のでんき
の公式サイト
エネワン
でんき

  • LPガスも提供するエネワン

エネワンでんき
の公式サイト

更新日
このブロックは壊れているか見つかりません。コンテンツが存在しないまたはオリジナルのモジュールを有効化する必要があります。