中国電力の電気料金:従量電灯プランA・B

中国電力の電気料金:従量電灯プランA・B

中国電力の電気料金:従量電灯プランA・B

中国電力の電気料金、従量電灯プランってどんな電気料金?従量電灯は契約件数の多い一般的なプランです。そんな中国電力の従量電灯A・Bの料金の中身・特徴について解説します。

  • 中国電力・従量電灯プランAは、「最低料金」+「電力量料金」で構成されています。
  • 中国地方にお住まいの場合、中国電力を申し込むという義務はなくなりました。中国電力を選ぶことも、他の電力会社にすることも可能です。

目次

中国電力の従量電灯はこんな電気料金

ほとんどの人が契約しているのが従量電灯プラン

中国電力の従量電灯プランは、契約件数の多い、最も一般的なプランです。特に自分で電気料金プランを選んだ記憶がないという方なら、きっと、「従量電灯」が中国電力と契約している電気料金プランになっているはずです。(確認したい場合は中国電力の検針票をチェックしてみましょう。)

ちなみに、従量電灯プラン以外にはどんなプランがあるのかと言えば、オール電化向けのプランや私道の深夜用の街灯用の深夜だけの電気料金プラン、工場などで大型の電気機器をする法人向けの動力プランなどが存在しています。

この「従量電灯プラン」、あまり親しみの湧かないような名称に感じるかもしれません。しかし、中国電力をご使用の方でご自宅やオフィス、商店で普通に電気を使用している方向けの最もスタンダードな電気料金プランがこの従量電灯プランなのです。

従量電灯、AとBの違いは?

中国電力の従量電灯にはAとBの2種類があります。一瞬、ややこしい感じがしますが、電気の使用量の少ない一般家庭向けのプランが従量電灯Aで、6kVA(キロボルトアンペア)以上の電流が必要となる、電気をたくさん使う世帯やお店が従量電灯Bを申し込みます。

我が家は電気の使用が多い、ということを理解されている方が従量電灯Bを契約しており、電気料金の名前をあまり気にしていない方の多くのが、中国電力・従量電灯Aを申し込んでいます。

一応確認してみたいという方は、中国電力から毎月届けられる検針票をチェックしてみましょう。必ず契約中の電気料金名の記載があります。

中国電力の従量電灯プランは規制料金

中国電力の従量電灯プランは、国の認可を受けた規制料金になっています。「規制」とは、中国電力が「総括原価方式」という計算方法で算出した電気料金を、経産省がOKを出すしくみからそのように呼んでいます。

中国電力は、必ず「総括原価方式」という方式で電気料金を設定し、これでいいですか?と国確認をして許可を得る必要があるのです。

総括原価方式では、原価に事前に決めた報酬をプラスする形で料金を算出します。しかも、原価には発電所の設備費や人件費も含まれています。このため決して赤字にならないように電気料金が設定されます。規制料金、つまり国が許可を出すわけですから、異常に高い料金が設定されることはありません。しかしながら、電力会社にとっては、なるべくコストを下げて電気料金を安くしようというインセンティブが働きにくいのが「総括原価方式」でもあります。

一方、2016年の電力自由化以降は、自由な料金設定で、販売地域のしばりもなく電気の販売ができるようになりました。このため、中国電力エリアにも、中国電力の従量電灯プランに負けない料金設定で電気を販売する新電力もたくさん登場しました。

ですから、中国地方で電気販売をする新しい電力会社に申し込みを切り替えるも自由ですし、もちろん、このまま規制料金である中国電力の従量電灯プランを使い続けてもいいのです。

中国電力以外の電力会社を選んで大丈夫なの?

あなたが、中国電力から他の電力会社に切り替えても、中国電力今まで通り発電を続け、新しい電力会社に売電を続けます。中国電力の地位が揺らぐことは決してありません。送電・配電などのインフラ・技術的面も担当はあいかわらず中国電力の送電部門が担当します。だから心配は無用です。すでに全国650万世帯が電力会社を切り替えています。

Expert's name

中国電力 - 従量電灯A・B - 料金表

中国電力の従量電灯Aと従量電灯Bの料金は以下の通りです。すでに上記でも、従量電灯Aと従量電灯Bの違いをご説明した通り、一般家庭の場合は、「従量電灯A」を申し込みます。電気の使用量の多い契約者向けのプランが「従量電灯B」になります。

中国電力 - 従量電灯A

電気の使用15kWh(キロワットアワー)までが最低料金の中に含まれます。15kWh以上の電気の使用分(つまりその月のトータルの電力消費量マイナス15kWh)に関しては「電力量料金」の箇所で計算がされます。中国電力・電気料金の計算方法のページで詳しい計算方法を確認することができます。

中国電力 - 従量電灯A(税込)
最低料金
15kWhの使用まで  
電力量料金(1kWhあたりの料金単価)
電力量消費量   -  kWh  
  -  kWh  
 kWh以上  

四国電力 - 従量電灯B

電気をたくさん使う、6kVA(キロボルトアンペア)以上の電流を必要とする方向けのプランです。必要な契約電流(kVA)は自分で選びます。これに実際に使用した電気(kWh)が「電力量料金」の部分で計算されます。

四国電力 - 従量電灯B(税込)
基本料金
1kVAあたり  
電力量料金(1kWhあたりの料金単価)
電力量消費量   -  kWh  
  -  kWh  
 kWh以上  

中国電力の従量電灯と新電力どちらが良い?

中国電力以外の新しい電力会社も選ぶことができるし、もちろん中国電力を使い続けることも可能です。どうしようか、悩んでいる人のためにメリット・デメリットを一覧にしてみました。

いくつか挙げましたが、電気料金が安くなるというのが、新電力への切り替えの最大のポイントです。一方、料金を比べてまた申し込むのが面倒とお考えの方は、規制料金でもそのまま中国電力の従量電灯の申し込みを続ける方が便利かもしれませんね。

中国電力・従量電灯のメリット・デメリット

  • 昔から馴染みのある電力会社で申し込みを続けられる。
  • 支払い票を使っての現金払いができる。(クレジットカード払い、口座振替で電気料金を払えない、払いたくない場合。)
  • 規制料金なので電気料金が下がることがない。
  • 節電しない限りこれ以上電気料金は安くならない。

中国電力以外の新しい電力を選ぶ・メリット・デメリット

  • 新しい電力会社に申し込むという手続きが必要。
  • 支払い票を使っての現金払いはできない。電気料金の支払いは、クレジットカードまたは銀行振り込みに限られる。
  • 電気料金が中国電力よりも安くなる。
  • 無理な節電をしなくても、節約ができる。
  • 電気の使用量が分かる便利なアプリなどが提供される新電力もある。
  • 料金体系が分りやすい、ホームページが綺麗で、情報が整理されていて分かりやすい。

中国電力 - 従量電灯Aと新電力の電気料金を比較

具体的に、中国電力の従量電灯プランと他の電力会社のプランとではどれくらい料金の差があるのでしょうか。

実際に中国電力の従量電灯と新電力の電気料金を比べてみました。

中国電力・従量電灯Aとの料金比較
  中国電力
従量電灯A
中国電力
HISのでんき
HTBエナジー
公式サイト
auでんき
auでんき

Looopでんき

公式サイト

  1. かつての地域独占電力会社
  2. 規制料金
  1. 中国電力よりも一律5%安い料金設定
  2. 電気の使用量が多くなくても安くなる
  1. 電気料金そのものは中国電力と変わらない
  2. 1-5%のキャッシュバックがある。
  1. 最低料金がゼロ円。
  2. 電気の使用量が多い人ほどさらに安くなる。
最低料金
15kWhまで        
(使用量に関わらず)
電力量料金 (1kWhあたりの料金)
15 - 120kWh        
(使用量に関わらず)
120 - 300kWh      
300kWh以上      

中国エリアの新電力一覧

中国電力エリアで選べる電力会社は他にも色々あります。以下に一覧を掲載します。気になったものがあれば電気料金のシュミレーションをしてどのくらいお得になるか是非チェックしてみてください。

中国・電力会社
電力会社 特徴 連絡先・申込み先
Looopでんき
Looopでんきの公式サイト
H.I.S.でんき
HISでんき・HTBエナジー
  • 中国電力の従量電灯に該当するプランで、電力量料金が3段階になっています。
  • 大手電力会社より5%安い料金設定。電気の使用量に限らず値引きが一定なのが分りやすいプラン。
H.I.S.のでんきの公式サイト

楽天・まちでんき

  • 定額料金制のプランを提供しています。
  • 楽天ポイントカードのポイントが貯まります。

まちでんきの公式サイト

昭和シェル電気
昭和シェル石油

  • ガソリンが安くなる電気料金プランを提供しています。

0570-03-6789

ミツウロコ
グリーンエネルギー

ミツウロコ

  • 中国電力の従量電灯に該当するプランを提供しています。
  • シングル応援プランなどの電気料金もあります。

0120-326-230

丸紅新電力
丸紅

  • プランSは、お得さを重視した標準的なプランです。
  • プランGは、電気料金の一部を森と緑の保全活動に充当することを通じて、お客さま、スタジオジブリ、丸紅新電力による日本の原風景を未来に残していく活動を支援するプラン。

丸紅電気の連絡先

洸陽電機
洸陽電機

  • 洸陽電機:きほんプランは中国電力の従量電灯に該当するプランです。
  • 生活フイットプランは電気を使う時間帯によって電気料金が異なります。

0120-093-109

auでんき
auでんき
  • 中国電力の従量電灯に該当するプランを提供
  • 電気料金自体は変わらない。キャッシュバックの特典がある。

0120-925-881

ソフトバンク
ソフトバンク
  • ソフトバンクの自然でんき
  • 基本料金がゼロ円。
ソフトバンクでんきの公式サイト

ヤマダのでんき
ヤマダのでんき

  • 中国電力の従量電灯に該当するプランです。
  • 「ヤマダのでんき」の電気料金に合わせて「ヤマダポイント」がつきます。
  • HTBエナジーと業務提携をしています。

ヤマダのでんきの連絡先

更新日