CDエナジーダイレクトの申し込み

CDエナジーダイレクトのお申し込み

セレクトラのコールセンターからCDエナジーダイレクトへの新規申し込みを受け付けています。
広告

 

コールセンターの営業時間ご利用方法についてはこちら

CDエナジーダイレクトのお申し込み

セレクトラのコールセンターからCDエナジーダイレクトへの新規申し込みを受け付けています。
広告

 

コールセンターの営業時間
ご利用方法についてはこちら

🎮CDエナジーダイレクト : PlayStationの12ヶ月利用権のついた”ゲームでんき”はお得?

CDエナジーダイレクトのゲームでんきは関東エリアで利用できる、PlayStationユーザー向けの電気料金プランです。


CDエナジーダイレクトのゲームでんきとは?

CDエナジーダイレクトでは、自分の生活スタイルに合わせて電気料金をお得にできるライフスタイルメニューが充実しています。そのうちの1つがゲームでんきです。

CDエナジーダイレクトのゲームでんきには、2つのプランがあります。PlayStation NowとPlayStation Plus両方の12か月利用権がついてくる「ゲームでんき(P・N)」とPlayStation Nowのみの12か月利用権がついてくる「ゲームでんき(N)」の2つです。

それぞれを12か月利用すると通常は、PlayStation Now(税込6,980円)、PlayStation Plus(税込5,143円)の合計12,123円掛かります。これらの利用料金とCDエナジーダイレクトの電気料金がセットになっているのがゲームでんきの特徴です。

また、すでにPlayStation NowとPlayStation Plusを利用している方でもこのゲームでんきに申し込むことができます。ゲームでんきに新規加入すれば、有効期限がさらに1年間延長されることになります。

PlayStation Nowって何ができるの?PlayStation Now加入すると、新作から懐かしいゲームまで、毎月更新されるゲームソフトを定額でプレイできるようになります。クラウドサーバーに格納されているゲームは400タイトル以上。プレイステーション限定タイトルやファミリー向けのゲームもラインナップされています。PS4だけでなくPS3ソフトも選べるので、懐かしいゲームをプレイすることもできます。

PlayStation Plusって何ができるの?PlayStation Plusに加入すると、世界中のPlayStationユーザーとオンラインマルチプレイができるようになります。さらに毎月更新されるゲームタイトルを追加料金なしで遊ぶことができるフリープレイが利用できるようになります。

ゲームでんきが利用できるエリア

CDエナジーダイレクトを含む全ての電気料金は、電力エリアによって利用できるプランの内容や金額が異なります。CDエナジーダイレクトの電気料金プランは関東エリア、すなはち東京電力の管轄区域でのみ利用することができます。

東京電力の管轄エリアってどこ? 東京都、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、神奈川県、山梨県、静岡県(富士川以東)

では、ゲームでんきは東京電力エリア外、例えば大阪(関西電力エリア)や名古屋(中部電力)エリアでは利用できないでしょうか?

実は関東エリア以外の地域では、大阪ガスがゲームでんきを販売しています。大阪ガスがゲームでんきを現在販売しているのは、関西電力エリア、中部電力エリア、北陸電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリアになります。また今後、北海道電力エリア、東北電力エリアでも利用できるようになるそうです。

ゲームでんきの電気料金は本当にお得?

ゲームでんきの2つの料金プランをそれぞれのエリアの大手電力会社が提供するプランと比較してみましょう。最も多くの人が利用するベーシックな電気料金プランは従量電灯プランです。従量電灯プランは基本的に以下の計算方法で電気料金を算出しています。

電気料金 = 基本料金 + 電力量料金 + 燃料費調整額 + 再生可能エネルギー発電促進賦課金

基本料金電気をどれだけ使用したかに関わらず、電気契約に対して発生する料金です。契約アンペア数に応じて基本料金が決まるアンペア制と最初の○○kWhまでの電気料金を含む最低料金制があります。大手電力会社では、北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、九州電力がアンペア制を採用し、関西電力、四国電力、中国電力、沖縄電力が最低料金制を採用しています。

電力量料金使用電力量 × 1kWhあたりの料金で計算されるのが、電力量料金です。使用電力量によって1kWhあたりの料金が段階的に設定されています。

このうち、燃料費調整額は同じエリア内ならCDエナジーダイレクトと各大手電力会社で同じ金額になります。また、再生可能エネルギー発電促進賦課金は全国で一律料金が徴収されているため、電力会社による差はありません。

つまり、CDエナジーダイレクトのゲームでんきがお得になるかどうかは、基本料金と電力量料金がカギになります。それでは、基本料金と電力量料金に注目して、ゲームでんきの2つのプランと各大手電力会社の従量電灯料金を比較してみましょう。

ゲームでんきと各大手電力会社の電気料金を比較すると、総じて基本料金(最低料金)はCDエナジーダイレクトのゲームでんきの方が料金が高くなっていることに気付くはずです。しかし、電力量料金を見てみると1kWhあたりの料金はゲームでんきの方がお得になっています。しかもゲームでんきにはPlayStation NowとPlayStation Plusの12か月利用料金も含まれていますので、どちらがお得なのかはさらに分かりにくくなります。

ゲームでんきに切り替えるのが本当にお得になるかどうかを分かりやすく比較するために、1か月の電気使用量を2パターン想定して実際の電気料金を計算してみましょう。

ゲームでんきの電気料金をシミュレーションしてみよう

ここでは、東京電力の従量電灯Bとゲームでんきの2つのプランの料金を比較します。東京電力の電気とPlayStation NowとPlayStation Plusを別々に契約した場合とCDエナジーダイレクトのゲームでんきに切り替えた場合の料金をシミュレーションしてみましょう。設定する電気使用量は2人家族を想定した30A、月250kWhと、お子さんのいる4人家族を想定した50A、月450kWhです。

契約アンペア数:30A、電気使用量:250kWh/月の電気料金
  東京電力
従量電灯B
ゲームでんき
(P・N)
ゲームでんき
(N)
基本料金 858円 1,542円 1,242円
電力量料金 8,213.60円 5,726.30円 5,726.30円
電気料金 6,686円 7,268円
(小数点以下切り捨て)
6,968円
(小数点以下切り捨て)
1年間の電気料金 80,232円 87,216円 83,616円
12か月利用権 PlayStation Now(税込6,980円)
PlayStation Plus(税込5,143円)
利用料金込み 利用料金込み
合計金額 (P・N):92,355円
(N):87,212円
87,216円 83,616円
1年間の差額 0円 ー5,139円 ー3,596円

電気をあまり使わない想定の契約アンペア数30A・毎月250kWhの場合でも、ゲームでんき(P・N)プランで年間約5,100円の節約、ゲームでんき(N)プランで年間約3,600円の節約ができる計算になりました。

ゲームをする場合には、長時間電気を使うことも多くなります。次はさらに使用電力量を増やして、契約アンペア数50A、月の使用電力量450kWhで計算してみましょう。

契約アンペア数:50A、電気使用量:450kWh/月の電気料金
  東京電力
従量電灯B
ゲームでんき
(P・N)
ゲームでんき
(N)
基本料金 1,430円 2,078.30円 1,778.30円
電力量料金 11,737.50円 10,913.80円 10,913.80円
電気料金 13,167円
(小数点以下切り捨て)
12,992円
(小数点以下切り捨て)
12,692円
(小数点以下切り捨て)
1年間の電気料金 158,004円 155,904円 152,304円
12か月利用権 PlayStation Now(税込6,980円)
PlayStation Plus(税込5,143円)
利用料金込み 利用料金込み
合計金額 (P・N):170,127円
(N):164,984円
155,904円 152,304円
1年間の差額 ー14,223円 ー12,680円

使用電力量がさらに増えると、1年間でお得になる額もさらに大きく広がりました。これは、ゲームでんきの1kWhあたりの電力量料金が東京電力従量電灯Bと比較してよりお得に設定されているためです。つまり、電気をたくさん使用する方ほど、CDエナジーダイレクトのゲームでんきへの切り替えで電気料金がよりお得になります。

シミュレーションの結果、ゲームでんきは本当にお得な電気料金プランであることが分かりました。東京電力従量電灯Bを利用し、PlayStation NowとPlayStation Plusを別で契約している方の場合、毎月の電気使用量に関係なく、ゲームでんきに切り替えた方が確実にお得になります。

CDエナジーダイレクトのお得ポイント

CDエナジーダイレクト

電気料金とプレイステーションの12か月利用権のセットでお得なゲームでんきですが、CDエナジーダイレクトにはさらにお得になる要素がたくさんあります。

電気料金でポイントが貯まる

CDエナジーダイレクトでは、電気料金100円につきカテエネポイントが1ポイント貯まります。カテエネポイントとは、CDエナジーダイレクトのWEBサービス「カテエネ」が提供するサービスです。電気料金で貯めたカテエネポイントは、商品券やTポイント、dポイントなどとの交換ができ、便利です。

電気・ガスセット割が適用される

CDエナジーダイレクトでは、都市ガスの販売も行っています。都市ガス供給エリアは、東京ガス(東京地区等)限定になります。地域は限定されますが、ゲームでんきと都市ガスをセットで利用することで、電気とガスそれぞれの料金(ともに燃料費調整額を除く)から0.5%が割引されます。

ゲームでんきの申し込みから利用開始までの流れ

ゲームでんきに申し込みをすると、実際どのようにPlayStation NowとPlayStation Plusを利用できるようになるのでしょうか?申し込みから特典が利用開始できるようになるまでの流れを確認しましょう。

①ゲームでんきに申し込みをする

ゲームでんきの申し込みはCDエナジーダイレクトの公式サイトから簡単に行うことができます。

②電気の供給が開始される

申し込みをしてから2週間~1か月半を目安にCDエナジーダイレクトからの電力供給が開始されます。

③プロダクトコードが送付される

CDエナジーダイレクトの電力供給が開始されてから約1週間ほどでPlayStation Now・PlayStation Plusのプロダクトコードがはがきで送付されます。はがきに書かれた手順に従って登録すればPlayStation Now・PlayStation Plusが利用できるようになります。

ゲームでんきの気になる解約金

ゲームでんきには契約期間が設定されています。ゲームでんき(P・N)、(N)どちらのプランも契約期間は1年間です。契約期間の途中で解約する場合には、解約金が発生します。

解約金はゲームでんき(P・N)は契約残月数×税込1,009円、ゲームでんき(N)は契約残月数×税込581円が発生します。契約期間中にゲームでんきを解約した場合でも、PlayStation Now・PlayStation Plusの利用期間が満了するまでは引き続きPlayStation Now・PlayStation Plusは利用することができます。

CDエナジーダイレクトのゲームでんきに申し込む:ポイントをおさらい

CDエナジーダイレクトのゲームでんきに申し込む前に、見落としている点がないか振り返りしましょう。ゲームでんきの特徴を分かりやすくまとめました。

 電気とゲームのセットでお得になる

ゲームでんきなら、電気料金とPlayStation Now・PlayStation PlusまたはPlayStation Nowのみをセットで利用できます。ゲームでんきは1kWhあたりの電力量料金がお得に設定されているため、電気をたくさん使う方はよりお得になります。とはいえ、東京電力従量電灯Bを利用されている方なら、電気使用量に関わりなく、ゲームでんきへの切り替えでセット利用が確実にお得になります。

 CDエナジーダイレクトはポイント制度やセット割が充実している

ゲームでんきを利用すると、毎月の電気料金でカテエネポイントが貯まります、また、東京ガスエリアにお住まいなら、都市ガスのセット利用で電気・ガス料金に割引が適用されます。

 解約金の設定がある

ゲームでんきの契約期間は1年間です。契約期間の途中解約では、解約金が発生します。契約期間の途中でCDエナジーダイレクトのゲームでんきを解約した場合でもPlayStation Now・PlayStation Plusの利用期間内は引き続きゲームを楽しむことができます。

更新日