ソフトバンクのWi-Fiマルチパックとは? - 料金・特徴・解約方法

SoftBank(ソフトバンク)のWi-Fiマルチパックとは?
SoftBank光でWi-Fi接続をしたい場合に必要なオプションサービスのWi-Fiマルチパック。契約の前に知っておきたい項目をチェックしましょう。

ソフトバンクのインターネット用のオプション、「Wi-Fiマルチパック」。SoftBank光もしくはフレッツ光(Yahoo! BB 光 with フレッツ/フレッツコース)を契約している方が申し込み可能です。Wi-Fiマルチパックの詳細をご案内します。

  • 自宅でWi-Fiでインターネットしたい場合はSoftBank(ソフトバンク)のWi-Fiマルチパックのオプション追加が必要です。
  • Wi-Fiマルチパックにかかる料金を紹介します。

SoftBankのWi-Fiマルチパックで何ができるの?

その1:自宅のインターネットが無線で楽しめる。

SoftBank(ソフトバンク)のWi-Fiマルチパックとは?

Wi-Fiマルチオプションを追加することで、Wi-Fiでインターネットができるようになります。

ソフトバンクのWi-Fiマルチパックは、ソフトバンク光の追加オプションです。Wi-Fiマルチパックを申し込むことにより、自宅のインターネットが無線(Wi-Fi)で使用できるようになります。

光回線インターネットは光ファイバーケーブルを介した固定回線です。ワイヤレス、つまりWi-Fiでインターネットをするには、さらに設定が必要になります。

いったんWi-Fi環境が整えば、パソコン、スマホ、ゲーム機(PlayStationやニンテンドーDSなど)、タブレットなどワイヤレスで宅内どこででもインターネットを楽しむことが可能です。

その2:外出先のBBモバイルポイントでインターネット

ソフトバンクのWi-Fiマルチパックを申し込むと、家の中だけでなく、BBモバイルポイントがあるところならば、外出先でも無線LANでインターネットを楽しむことができます。

BBモバイルポイントはJR駅構内や空港、カフェ、ファーストフード店(マクドナルド)で使用ができます。また、ホテルや東海道新幹線(東京・新大阪)のN700系の車内で提供されています。

公衆無線LAN(おでかけアクセス)の月額使用料は、通常290円(税抜)ですがWi-Fiマルチパックを申し込むと無料で使用できます。

SoftBankのWi-Fiマルチパックは誰が申し込みできる?

ソフトバンクのWi-Fiマルチパックは、「SoftBank光(光コラボ)」もしくは「Yahoo! BB 光 with フレッツ/フレッツコース」を契約している方が申し込み可能です。

SoftBankのWi-Fiマルチパックにかかる料金

ソフトバンクのWi-Fiマルチパックを追加で契約し使用する場合、「光BBユニット」と呼ばれるの小型の機器をレンタルする必要があります。

光BBユニットの使用には、光BBユニット本体のレンタル料と光BBユニット専用の無線LANカードのレンタル料が月々かかります。以下の通り、Wi-Fiマルチパックを契約した場合、合計で毎月1,457円かかります。

ソフトバンク - Wi-Fiマルチパックにかかる料金(税抜き)
光BBユニットレンタル料 467円/月
光BBユニット専用無線LANカード・使用料 990円/月
合計
1,457円/月(税抜)

光BBユニットは、ひかり電話を使用する際にも必要になる機器です。すでに、ひかり電話も契約している人は、すでに光BBユニットレンタル料も払っていますから、無線LANカード・使用料だけで、Wi-Fiマルチパックが使えるようになる、と考えることができます。

Wi-Fiマルチパックを申し込まないとワイヤレスでインターネットできないの?

SoftBank(ソフトバンク)のWi-Fiマルチパック

Wi-Fiマルチオプションを申し込まないと無線でインターネットできないの?

さて素朴な疑問、自宅で無線でインターネット(Wi-Fi)を使えるようにしたい場合、このソフトバンクのWi-Fiマルチパックを申し込む以外方法はないのでしょうか?

別の方法があるなら、そられと比較してベストな方法を選びたいものですね。以下に考えられる方法にご紹介します。

方法1:無線LANアクセスポイントを自分で購入する。

無線LANアクセスポイント(無線LANルーター)は、家電量販店などで簡単に購入することができます。ですので、自分で無線LANルーター別途購入して、設定すれば、Wi-Fiマルチパックを追加で契約しなくても自宅でWi-Fiでインターネットをすることが可能です。

無線LANアクセスポイントは、規格によって様々ですが、10,000円ぐらいで購入が可能です。このため、Wi-Fiマルチパックに月々1,457円払うより自分で家電量販店などで無線LANルーターを購入して設置した方が、長期的にみるとお得になることが分かります。

無線ルーターは、インターネット周りの知識があまりなくても簡単に設定ができるようになってきています。しかしながら、無線LANルーターにたくさん種類があるので、どれを選んでいいか分からない、やっぱり自分できちんと設定できるのか不安という人は、ソフトバンクのWi-Fiマルチパックの契約した方が楽と言えます。

方法2:無線LAN代が含まれた光回線プランを提供するNURO光

必ず家でWi-Fiを使えるようにしたいならば、上記でも説明したように、自分で無線ルーターを購入するか、ソフトバンク光ならば、「Wi-Fiマルチパック」のようなオプションを追加する必要があります。ですので、光回線の料金を比べる場合は、「月額使用料」+「無線LAN使用料金(レンタル料金)」で比べた方がより正確です。

一方、首都圏限定でサービスを展開しているNURO光は、この無線LANの使用量が月々の月額使用料金に含まれている珍しい光回線プランです。NURO光のサービス提供エリア(1都6県)にお住まいで、今から光回線を契約する方は、選択肢として考えてみても良いと思います。

光回線・無線でインターネットにかかる費用(税抜)
プラン名 【SoftBank 光】
OCN 光
OCN
NURO 光
月額料金
(マンションの場合)
3,800円
(2年自動更新)
3,600円
(2年自動更新)
4,743円
(2年自動更新)
無線LANを使う場合 光BBユニットレンタル料:467円
無線LANカード使用料:990円
無線LANルーター・レンタル代:300円 0円
(月額料金に含まれる)

方法3:最初からワイヤレスでネットができるSoftBank Airにする

SoftBank(ソフトバンク)のWi-Fiマルチパックとは?

Airターミナル(208x95x95mm)をコンセントに繋げばすぐにWi-Fiでインターネットができる。気軽なSoftBank Air

SoftBank Air ならば、Airターミナルと呼ばれる小型の機器を置くだけですぐにワイヤレスでインターネットをすることができます。

光回線の工事も不要ですから工事費もかかりません。Airターミナルのコンセントを差し込むだけですぐにインターネットができます。

家族のメンバーが多く、全員がそれぞれが極端に大量のデータを使うようなことがなければ、まったく問題なくインターネットを楽しめます。引っ越しなどがあってもネットが使えなくなる期間がないのも便利です。

それ以外の選択肢3:モバイル回線・WiMAX(ワイマックス)

ワイマックス(WiMAX) のようなモバイル回線を契約すれば、SoftBank Airと同様に家に置くだけですぐに無線(Wi-Fi)でインターネットをすることが可能です。

WiMAXはルーターの持ち運びできますから、自宅のネットも外出先でのスマホのデータ通信もWiMAXで一本化することにより、トータルで通信費を下げるということも可能です。

いずれにしてもWiMAXは工事も不要ですぐネットができるのが魅力です。ケーブルがないのでお部屋もスッキリした印象になります。(クレードルと呼ばれるものを付けるとコンセントにつないで充電しながら使うことも可能です。)

Wi-Fiマルチパックとは? - 簡単まとめ 

  • ソフトバンクのWi-Fiマルチパックに申し込むと自宅でWi-Fiでインターネットができるようになります。
  • ソフトバンクのWi-Fiマルチパックには、光BBユニットと無線LANカードレンタル料がかかります。
  • 宅内で無線(Wi-Fi)でインターネットをするには、光回線の契約だけではなくルータを購入し設定するか、ルーターをレンタルする必要があることがあることを理解しておきましょう。
  • ソフトバンクのWi-Fiマルチパックのようなオプション追加が不要な光回線(NURO光)も存在します。
  • 工事不要・特別な設定なく、最初からワイヤレスでインターネットができるプラン(SoftBank Air、WiMAX)も存在します。
更新日