光回線プラン・DTI光はおすすめ? - メリット・デメリットをチェック

光回線プラン・DTI光はおすすめ? - メリット・デメリットをチェック

光回線プラン・DTI光はおすすめ? - メリット・デメリットをチェック

光回線・DTI光の契約を検討中ですか?DTI光は本当におすすめなのか、DTI光の月額料金、解約金、メリットとデメリット、DTI光の契約にあたっての注意点などを調べました。

  • DTI光の契約は、”しばり”(最低契約期間・違約金)が一切ない光回線プランです。
  • DTI光は、その通信速度にも定評があります。(RBB SPEED AWARD 2015 パソコン測定の部・光コラボレーションで優秀賞)
回線・DTI光はおすすめ? - 口コミ・メリット・デメリットを調査

DTI光の月額料金

回線・DTIN光はおすすめ? - 口コミ・メリット・デメリットを調査

DTI光のメリット - 通信速度に関しても信頼できそうです!

DTI光は、「光回線」と「プロバイダー」の2つの契約と料金がセットになったいわゆる"光コラボ"プランです。つまり月額料金は、以下の料金表の通りで、光電話などのオプションをつけない限りこの他に料金はかかることはありません。

また、光回線はどこのプロバイダーの場合でも「戸建て向けの料金」と「マンション向けの料金」の2種類に分かれているのですが、DTI光も同様にお住まいの住居のタイプによって適当な料金プランを選びます。

多くのプロバイダーでは、「標準料金」と「2年や3年の自動更新の条件付きの料金」など条件によって複数の月額料金がある場合がありますが、DTI光の場合、契約期間などのしばりがないため、住居タイプにあわせて1つずつの料金プランしかありませんので非常に分かりやすいと言えます。

DTI光の大きな特徴として、光回線の契約に際して、「最低契約期間」や「解約金(違約金)」のような”しばり”がないことが挙げられます。

DTI光の月額料金(税抜)
DTI光 月額料金
DTI光 - ファミリータイプ
(戸建て住宅)
4,800円
DTI光 - マンションタイプ
(集合住宅)
3,600円

DTI光の初期費用・工事費

光回線でのインターネット契約には、光回線用のケーブルをご自宅に引き込んでもらう必要があります。このケーブルを終端装置と呼ばれるボックス型の機器につなげ、晴れてインターネットが使えるようになるわけです。

その光回線を引き込むためには、作業員に来てもらい工事をしてもらう必要があります。このための工事費用がかかります。

DTI光をはじめ、光コラボのインターネット契約の場合、回線そのものはNTTのフレッツ光を使用しています。このため、光コラボで契約する限りどこのプロバイダーと契約しても工事費の設定はほぼ同じです。

マンションなどの場合、すでに途中まで光回線が通っているケースもあります。そのような場合は、工事費は通常よりも安く済む可能性があります。

DTI光の初期費用(税抜)
DTI光
初期費用
事務手数料 フレッツ光を利用していない(新規) 800円
フレッツ光を利用している(転用 1,800円
工事費 フレッツ光を利用していない(新規) 戸建住宅 18,000円
集合住宅 15,000円
フレッツ光を利用している(転用 0円
回線タイプを変える場合2,000円
土日祝日に工事をする場合 プラス3,000円

工事費を掛けたくない、工事の立ち合いに時間を取られたくないという人には、工事不要の無線回線タイプのインターネットという選択肢もあります。

DTI光の契約金・解約金

DTI光には、解約金がありません。最低契約期間も設けられていません。加えて、光回線の契約によくある「自動更新」というプランでもありません。

このような"しばり"のない光回線プランは、DTI光の他にはわずかしかありません。プロバイダーの多くが、その契約条件として「自動更新」型を採用しています。

一方、DTI光はプロバイダー界のなかでは、"消費者にやさしい"光回線インターネット契約を提供する少数プロバイダーの一社と言えます。

DTI光のいいところは?

DTI光には最低契約期間も解約金もない、そんないい条件ならば、何かスピードや回線クオリティに問題があるんじゃないのか?と疑いたくなるかもしれません。

しかしながら、DTI光は、「RBB SPEED AWARD 2015 パソコン測定の部・光コラボレーション」で優秀賞を受賞しています。

つまり、DTI光の通信速度はそのスピードにおいて、第三者による受賞歴がありますので安心して契約ができると言えますね。DTI光は契約条件も不安要素がなく品質に関しても信頼できる優良な光回線プランといえます。

DTI光を契約する時の注意点は?

回線・DTIN光はおすすめ? - 口コミ・メリット・デメリットを調査

解約金があるなんて知らなかった・・・そんな心配が全くない!のが嬉しいDTI光です。

ややこしい解約条件がないため、DTI光の契約 時には特に注意すべき点としてあげらべき点はありません。

強いてなにかDTI光のデメリットをあげるならば、知名度があまりないことでしょうか。

解約金があっても、やはり、業界シェアシェアが高いプロバイダーがいい、超大手のプロバイダーがいい、という方は業界シェアの高いNTT系のOCN光などが選択肢とあげられます。

公式サイトへ

更新日