auユーザーにおすすめ auひかりの申し込みはこちら【広告】

auユーザーならauひかりでスマホ代が永年割引。auひかりのプロバイダーシェアNo.1のGMOとくとくBBなら高品質Wi-Fiルーターが選べる。しかもずっと無料でレンタル。

  • auひかりの公式プロバイダーGMOとくとくBBのリンクが開きます。
インターネット申し込み無料相談

インターネットプラン選びならご相談ください。

電話で簡単お申し込み。あなたにぴったりプランをエキスパートがお探しします。(セレクトラ・ジャパンコールセンター)

インターネットプラン選びならご相談ください。

電話で簡単お申し込み。あなたにぴったりプランをエキスパートがお探しします。(セレクトラ・ジャパンコールセンター)

auユーザーにおすすめの光回線は?

auユーザーにおすすめの光回線は?

auユーザーならかなりお得に使える光回線にはどんなものがあるのでしょうか?どのくらいお得になる?という基本情報から2020年最新の情報で1つ1つ詳しく紹介します。auユーザーにはおすすめできない光回線もチェックして、自分に合ったお得な光回線選びのお手伝いをします。

auユーザーにおすすめの光回線はズバリどれ?

auユーザーにおすすめなのは、ズバリauひかりです。auひかりはKDDI株式会社が提供する光回線のサービスです。auひかりは、ドコモ光やsoftBank光のような光コラボレーションとは違い、フレッツ光の回線を使用しない独自回線です。フレッツ光に比べて混みあってないため、高速のインターネットが期待できます。

このため、auユーザーはもちろん、今までフレッツ光を使っていたが、独自回線を契約したい人にもauひかりは選ばれているという傾向があります。

「光コラボレーション」とは?NTT東日本やNTT西日本が提供するフレッツ光の回線を、「事業者」であるプロバイダーが買い、各プロバイダーのサービスや独自の名前を付けて販売するものを指します。例えば光コラボレーションの1つであるSoftBank光は、光コラボ事業者であるSoftBankがフレッツ光の回線の一部を買い、「SoftBank光」というブランドで様々なサービスと一緒に販売しているサービスです。「光コラボレーション」は、略して「光コラボ」とも呼ばれます。

auひかりの場合、月額料金に「通信料+プロバイダ料+回線終端装置使用料」がすべて込みになっているため、どのプロバイダーを選んでも基本的には同じ料金です。

インターネット申し込み無料相談

インターネット選びのご相談

お電話いただければ、セレクトラのエキスパート無料でご相談にのります。
あなたにぴったりのインターネットプランが見つかります。

インターネット選びのご相談

お電話いただければ、セレクトラのエキスパート無料でご相談にのります。
あなたにぴったりのインターネットプランが見つかります。

auユーザーにおすすめの光回線 - メリットは?

  1. auスマートバリュー
  2. 契約・支払いが一本化されてシンプル

①auスマートバリュー

auユーザーにとってのauひかりの1番のメリットは、やはり「auスマートバリュー」が適用されることです。

auひかりはインターネット接続に加え、毎月プラス500円(税抜)で全国一律料金で格安で電話(固定電話)をかけられるひかり電話サービス・又はひかり電話とテレビサービス(ボックスレンタル利用料が500円)の両方を申し込むことが可能です。このオプションに加入ことで、auスマートバリューに申し込むことができます。

auスマートバリュー適用外のオプションauスマートバリューの対象となるのは、ネット+ひかり電話ネット+ひかり電話+テレビのいずれかの組み合わせで同時契約した場合のみです。ネット+テレビ、など他の組み合わせでは適用されないので契約時に確認しましょう。

オプションの組み合わせによるauスマートバリュー適用の有無

  • ネット+ひかり電話
  • ネット+ひかり電話+テレビ
  • 電話+テレビ
  • ネットのみ

auのスマートフォンか携帯を持っている家族は全員割引が適用されるお得な割引システムです。そして何より、永年割引なので割引開始が早ければ早いほどお得です。同一住所に住んでいなくても、満50歳以上ならauスマートバリューの対象になります。その場合、家族関係証明書が必要になるので準備しましょう。離れて暮らすおじいちゃん・おばあちゃんが使う携帯料金も割引になるのはありがたいですね。また、家族最大10人(10回線)まで割引対象なので、auスマートバリューは家族みんなauという方にはもってこいのサービスです。

申し込みにあたって家族関係の証明が必要な場合は、以下の情報にしたがって必要書類を準備しましょう。ちなみに適用の対象は家族としていますが、同じ住所に住んでいることが確認できればお互い別姓のカップルやシェアハウスの仲間同士でもauスマートバリューに申し込めます

該当ケース 必要書類
同一住所にお住まいで、かつ、同一姓 家族関係証明書は不要 同一世帯で姓が異なる場合 健康保険証(有効期限内)もしくは住民票(続柄記載/発行日より3カ月以内)が必要
単身赴任などで同一住所にお住まいであることの確認が取れない場合 遠隔地用健康保険証(有効期限内)が必要
・遠隔地用健康保険証に割引適用となる家族全員が記載されている場合「遠隔地用健康保険証」×1通
・家族全員が記載されていない場合「遠隔地用健康保険証×1通 +「健康保険証×1通
・上記以外の親子(義理を含む)の場合「戸籍謄本
同一世帯で姓が異なる場合 健康保険証(有効期限内)もしくは住民票(続柄記載/発行日より3カ月以内)が必要
申込者と家族割相手との続柄が1親等(配偶者および親子[義親子含む])の場合 家族関係を証明できる「戸籍謄本(発行日より3カ月以内)」または「家族割®」相手のご本人様確認書類(コピー可)+「家族割®」相手の「家族関係申告書」でも受付可
家族関係申告書はこちらからダウンロード
パートナーシップ関係 地方自治体などで発行されるパートナーシップ関係が証明できる公的証明書」が必要

auスマートバリューが適用されると、毎月934円、スマホならば契約のプランにもよりますが最大2,000円料金が割引になります。スマホの契約プランにより割引額が異なります。実際の割引額の一例がこちらです。

ピタットプラン 5Gの場合 auスマートフォンのご利用料金から
永年500円/月割引 (データ利用量1GB超~)
データMAX 5Gの場合 auスマートフォンのご利用料金から
永年1,000円/月割引
データ定額10/13/30(※現在受付終了) 翌月から最大2年間
2,000円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引

ただし、適用には別途申し込み手続きが必要なので忘れずに申し込みましょう。申し込みはauお客様サポートから、パソコン・スマートフォン・電話で申し込む方法、又はauショップの店頭で申し込む方法があります。申し込むauスマートフォンの数が4回線以下の場合はどの方法でも申し込めますが、回線数が5回線以上の場合はauショップでの申し込みが必要になるので注意しましょう。

電話でauスマートバリューを申し込む場合の連絡先 KDDIお客さまセンター au携帯電話から:(局番なし) 157 (通話料無料) 一般電話から: 0077-7-111 (通話料無料) 受付時間:年中無休 (オペレータとの通話は9:00~20:00)

②契約・支払いが一本化されてシンプル

スマートフォンもネットもauにすれば、両方の契約先がau1つだけになるので、契約や支払いの管理もシンプルになります。スマホとインターネットの請求書をまとめることができるサービスも活用しましょう。光回線・プロバイダー・スマホとばらばらの請求書を毎月チェックするのは面倒ですよね。知らないうちに2重に請求が来ていて気づかずに支払っていたなんてことも起こりえます。スマホもネットもau1本ににすればそういった心配もなく、スッキリした気持ちでインターネットを利用できるようになります。

auユーザーにおすすめの光回線 - どれくらいお得になる?

auひかりでauスマートバリューを適用すると、どれくらいお得になるのでしょうか?ご覧の通り、戸建て向けの料金でも集合住宅向けのプランであっても、自動更新プランを選ぶと料金が安くなることが分かります。

auひかり 月額使用料
auひかり 月額使用料(税込み)
戸建て
(auひかり ホーム)
  • ずっとギガ得プラン
    (3年単位の自動更新)
1年目 5,100円
2年目 5,000円
3年目以降 4,900円
  • ギガ得プラン
    (2年単位の自動更新)
5,200円
  • 標準プラン
    (自動更新なし)
6,300円
集合住宅(auひかり マンション)
  • お得プランA
    (2年単位の自動更新)
    おうちトラブルサポート自動加入
4,050円
  • 標準プラン
(自動更新なし)
おうちトラブルサポートなし
4,050円

auひかり マンション「標準プラン」にはおうちトラブルサポートが付いていません。標準プランにおうちトラブルサポートを追加したい場合は有料オプションとして別途加入(400円/月)となります。

契約開始時点に何らかの事情で「auひかりを2年以上続けるとは確定していない」という場合は途中解約金の無い標準プランの方が良いかも知れませんが、長期の利用が決まっている場合は断然お得プランAがおすすめです。途中解約金が無いというのは契約する側としては自由度が高いですが、「標準プラン」の方が料金設定が高いため、金銭的に見ると長く利用を続けるなら定期契約プランの方がお得になります。

一番お得に契約を始める方法

どこのプロバイダーを選んでも料金は同じですが、申込む代理店やプロバイダーによって割引がされる場合もあります。総合的に見て安く利用できるプロバイダーを選ぶのが良いでしょう。

auひかりのプロバイダ・正規代理店一覧
サービス名・代理店名 auユーザーなら光回線はauひかりがお得 👌
GMOとくとくBB
×
auひかり
GMOとくとくBB×auひかり
公式サイト
  • 特定のプラン・オプション加入で20,000円キャッシュバック
  • 乗り換えで最大30,000円キャッシュバック※1
  • 工事費37,500分が実質無料(工事費額相当を割引)
  • 回線が混雑しないIPoE接続方式を採用
正規代理店
NN Communcations
公式サイト
  • プロバイダーが選べる(BIGLOBE/So-net/@nifty)
  • 12か月継続利用で45,000円・電話も契約の場合52,000キャッシュバック
  • Wi-Fi6ルーター付きのキャッシュバックプランも選べる
正規代理店
NEXT
公式サイト
  • プロバイダーが選べる(au one net/BIGLOBE/So-net/@nifty/@T COM/AsahiNet/DTI)
  • 8カ月継続利用でキャッシュバック43,000円(マンションタイプは38,000円)

※上記の各特典は予告なく終了・変更することがあります。予めご了承ください。
※1 他社固定インターネットまたは他社モバイルデータ通信端末の解約違約金相当額を最大30,000円還元。

他の光回線プランも念のためチェック

auひかり以外の他の光回線も念のためチェックしてみましょう。例えば、auひかりの懸念材料の1つとして、2年の定期契約をしなければいけないということがあると思います。

2年定期契約プランとは? 2年自動更新プランと同じ意味で、「2年継続して同じauひかりのプランを契約し、2年経つと自動的にその契約がまた2年更新される」というものです。(最低契約期間とは異なります。) マンション・戸建て関わらず、「契約期間なし」ではなく「2年定期契約」というプランを選んだ場合、契約したauひかりは2年ごとに契約更新されるようになっています。他プロバイダーと同様に、2年定期契約プランを契約している場合、更新月以外で途中解約をすると解約金がかかります

この2年定期契約はどうしても避けたいという場合、enひかり、So-net光プラスなどのような、縛り無しの回線を選ぶことも可能です。しかし、その場合はもちろんauひかりのような永年割引は付きません。縛りなしのインターネットプランを契約した場合、確かに消費者としての自由度は高いです。しかし、縛り無しのメリットといえば、例えば「インターネット接続に大きな問題があって解約を余儀なくされた」、又は「インターネットの利用やめる」というような理由で途中解約が決まった時に出費のリスクが無いということだけ、と考えることもできます。そもそも途中解約の心配が無い、良質なプロバイダーを選ぶのが一番です。同じ光回線なら、auユーザーには割引でどんどん安くなるauひかりの方がお得と言えます。

インターネット申し込み無料相談

インターネット選びのご相談

お電話いただければ、セレクトラのエキスパート無料でご相談にのります。
あなたにぴったりのインターネットプランが見つかります。

インターネット選びのご相談

お電話いただければ、セレクトラのエキスパート無料でご相談にのります。
あなたにぴったりのインターネットプランが見つかります。

まとめ

  • auユーザーならauひかりがおすすめ
  • 「auスマートバリュー」で月額料金がかなりお得に
  • 「縛り」の有無よりも長い目で見てお得になるプランを選ぶのが得策
  • 1番お得に申し込むならプロバイダーを必ずチェック
更新日