新電力とは?【電気を選ぶ時代の知識】

Looopでんきの申し込み

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?[Looopでんき]

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得
新電力とは?【電気を選ぶ時代の知識】
新電力とは?【電気を選ぶ時代の知識】

テレビのCMや節約情報でも話題になっている電気料金プランの切り替え。新しい電気料金プランは「新電力」でとお考えの方も多いと思います。ところでこの「新電力」とは一体何か?今までわからなかった方もこの記事を見れば大丈夫。電気の切り替え、電力会社の切り替えに不安がある方も、ここから情報をチェックしましょう。

  • 「新電力」とは、大手電力会社10社以外の新しい電力会社
  • 一般家庭向けに電気を売るので、「新電力」の正式名称は「小売電気事業者」
  • 大手電力会社の東京電力も、電力自由化以降に「小売部門」と「送配電部門」に分離

新電力とは?

新電力は主に「電気を販売する会社」です。そして、その名の通り「新」しい「電力」会社なのです。何と比べて新しいのかというと、大手電力会社と比べて「新しい」会社になります。

大手電力会社とは全国に10社あり、それぞれの地域の電力の発電、送配電、そして小売りまで全て独占してきた電力会社です。

大手電力会社とは? 北海道電力東北電力東京電力中部電力北陸電力関西電力四国電力中国電力九州電力沖縄電力

電力自由化によって「新電力」が参入した

2016年の電力自由化により、大手電力会社以外でも一般家庭向けの電気の小売りができるようになりました。そこで新たに電力業界に参入したのが「新電力」でした。

電力自由化による変化
  電力自由化以前 電力自由化以後
発電事業 大手電力会社が独占 大手電力会社の発電部門が分離・分社化
送配電事業 大手電力会社の送配電部門が分離・分社化
小売事業 大手電力会社の小売事業が分離・分社化

新電力が参入し電気を販売

新電力とは「電気の小売りを行う会社」

新電力とは「電気の小売りを行う会社」、つまり「小売電気事業者」となります。新電力が電気の販売をはじめたことで、これまでの大手電力会社になかった自由な電気料金プランを設定して、消費者に提供しています。

また新電力の多くは自前の発電設備や送配電設備を持っていません。発電は発電事業者が行い、送配電は送配電事業者が行います。発電所を持たない新電力は電気の卸売市場(日本卸電力取引所(JPEX))を通じて発電事業者から電気を購入し販売しています。

発電事業を行う新電力はいるの? 東京ガスなど大手ガス会社が母体の新電力は、自前のガス火力発電所で作られた電気を供給しています。また全体の供給量に占める割合は低いものの、太陽光や風力発電などよりクリーンな発電方法を積極的に取り入れている新電力があります。

新電力は大手電力会社の送配電設備を利用する

新電力は大手電力会社系列の送配電会社(例えば東京電力パワーグリッド、関西電力送配電など)が管理する電線や電柱を利用しています。

そのため、新電力は「託送料金」を送配電会社に支払っています。この託送料金は各家庭が新電力に支払う電気代にも計上されています。

新電力に変更しても電気の質は変わらない

新電力は大手電力会社と同じ発電所の電気を、利用しているので大手電力会社と新電力の間で、電気の質は変わりません。

また、送配電網も新電力と大手電力会社で共有しているので、新電力に変更したから頻繁に停電が起きることはありません。逆に、地震や台風などの自然災害が発生して、地域の大手電力会社で停電が起きれば、新電力会社でも同じように停電が起きる可能性が高いのです。

なお、各新電力では停電や送配電設備に関する問い合わせは、直接大手電力会社の送配電会社に連絡するよう案内しています。

  • ここまでのおさらい:新電力とは?
  • 新電力は電気を販売する「小売電気事業者」
  • 発電を行うのは「発電事業者」で、新電力は電気を発電事業者から購入する
  • 送電を行うのは「送電事業者」で、新電力は送配電事業者の送配電網を通じて供給する

どうして新電力が電気を販売できるようになったのか?

現在のように新電力が一般家庭向けにも電気を販売できるようになったのは、「電力自由化」のおかげです。

段階的に行われた電力自由化

「電力自由化」までは、電気を作る(発電)、電気を売る(小売り)は全て大手電力会社が独占していました。「電力自由化」によって、発電・電気の小売りは、大手電力会社以外でもビジネスとして行うことができるようになりました。

「電力自由化」は1度に全ての独占がなくなったわけではありません。時間をかけ、少しずつ段階的に行われてきました。ただ、一般家庭向けの自由化は一番最後の2016年4月まで行われなかったので、一般的は2016年にいきなり自由化になったイメージがあるかもしれません。

実際には発電部門の自由化が最初に行われ、その次に小売り部門の自由化が2000年から段階的に始まりました。この小売り部門も最初は大量の電力を使う、大規模工場やデパート、オフィスビルなど大規模需要家*、次に中規模工場、病院、スーパーなどの中規模需要家*、そして最後に一般家庭を含む全ての電気利用者向けに自由化が行われました。

*需要家とは電気・ガス・水道などを利用するユーザー(個人や事業者)のことを指します。

電力自由化の流れ
時系列 自由化の対象 kW(キロワット)数 電力区分
2000年 大規模工場やデパート、オフィスビルへの小売り自由化 2000kW以上 特別高圧
2004年 中小規模工場や中小ビルへの小売り自由化 500kW以上 特別高圧/高圧(一部)
2005年 大口消費者への小売り自由化 50kW以上 高圧
2016年4月 すべての電力需要者への小売りが自由化(完全自由化) 50kW以下 低圧

電力自由化でどんな新電力が参入したの?

この2016年4月の電気の小売り自由化をきっかけに、もともと発電や高圧・特別高圧の電力販売に携わっていた会社だけではなく、完全に異業種から電力販売への新規参入がケースが起きています。

数年を経た現在でも毎月のように「新しい」新電力会社が参入しています。エネルギー企業(ガス会社・石油元売)、通信会社、旅行会社など異業種が多く電力業界に参入し、それぞれ本業の強みを生かしたビジネス展開をしています。

異業種から参入した新電力会社
業種 会社名 特徴
ガス会社 東京ガス
東京ガス
ずっとも電気とガスのセットプランで電気料金が安くなる
大阪ガス
大阪ガス
Amazonの年会費がセットになったプランなどライフスタイルに合わせた料金プランがある
東邦ガス
東邦ガス
中部電力エリアで電気とガスのセットプランを販売している
石油元売 ENEOSでんき
ENEOSでんき
ENEOSカード利用で電気代がお得になる
出光昭和シェルの電気
出光昭和シェルの電気
出光昭和シェルブランドのガソリンスタンドでガソリンが1L/2円安くなる
LPガス エネワンでんき
エネワンでんき
全国でLPガスを販売するサイサンの電気料金プラン
エルピオでんき
エルピオでんき
定額制で大手電力会社より安くなるプランが魅力
ニチガス
エルピオでんき
東京電力エリアで利用できて、電気とガスがセットだとお得になる
通信会社 ソフトバンクでんき
ソフトバンクでんき
自然でんきなら基本料金ゼロ円・従量料金1段階のシンプルな料金体系
auでんき
auでんき
au WALLETに電気代の1%-5%がキャッシュバックされる
J:COM電力
J:COM電力
J:COMのケーブルテレビ・モバイル・インターネット・ガスとのセットプランがある
ハルエネでんき
ハルエネでんき
オフィスや店舗など事業者・法人向けに特化した料金プランが充実
鉄道会社 東急でんき
東急でんき
関東エリアで利用できる電気とガス料金プラン
小田急でんき
小田急でんき
関東エリアで利用できる電気とガス料金プラン
旅行会社 HTBエナジー(H.I.S.のでんき)
HTBエナジー
格安旅行でおなじみのH.I.S.グループの電気料金プラン、全国一律5%安くなるプランがある
家電量販 ヤマダのでんき
ヤマダのでんき
ヤマダポイントが貯まる
コンビニ まちエネ
まちエネ
ローソンと三菱商事が手がける電気料金プラン、Pontaポイントが貯まる

電力自由化の市場規模と新電力

2021年4月時点で小売電気事業者として登録を行っている会社つまり新電力は716社あります。2000年まではもともと全国に大手電力会社の10社しかなかった電気の小売市場に、なぜこれほどまでに多くの新電力が参入しているのでしょうか?答えは、その市場規模にあります。

登録小売電気事業者数の推移
2016年12月時点 2017年12月時点 2018年12月時点 2019年12月時点 2020年12月時点
372社 449社 550社 630社 698社

2016年の自由化によって、大手電力会社から解放された市場のサイズはなんと約8兆円規模と言われています。

顧客数は一般家庭・商店・オフィスを合わせると8500万件になります。市場が解放されたことによって、これだけの消費者が数ある新電力の中から自由に電気料金プランを選ぶことができるようになったのです。こうして、大規模な切り替え需要を見込んであらゆる業界から電力業界への参入が起きています。

電力自由化で起きた大手電力会社の「発電部門」「販売部門」の分離

これまで見てきたように電力自由化によって、新電力が電気の小売りを行うようになりました。そして、これまで「発電」「送配電」「小売」を全て独占しておきなってきた大手電力会社も、変わる必要が出てきました。「発電部門」と「販売部門」を切り離し、それぞれが独立採算性で運営する必要が出てきました。

大手電力会社の分離・分社化は公平性を保つため

これは新電力が発電会社から電力を調達する際に、大手電力会社と比べて不当な扱いをされないようにするためです。大手電力会社も、販売部門は独立して新電力と同じように電源を調達しなければなりません。こうすることで、公平で健全な競争が保たれているわけです。

東京電力グループの分離・分社化事例

東京電力グループではすでに他の大手電力会社に先駆けて、分社化が行われております。その他の大手電力会社も2019年から移行準備段階にはいりました。「発電」「送配電」「小売り」の完全な分離は2020年をめどに達成される見込みです。

東京電力の事業分離例
発電部門 JERA(旧東京電力フュエル&パワー株式会社)
送電部門 東京電力パワーグリッド株式会社
小売部門 東京電力エナジーパートナー株式会社

新電力に電気を切り替えるメリットとデメリットとは?

新電力に電気契約を切り替えるとどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?それぞれ詳しく見ていきましょう。

新電力に電気を切り替えるメリット

新電力に切り替えるメリット

電気代を削減できる

大手電力会社から新電力に切り替えるメリットは電気代の削減です。現在最も多く利用されている大手電力会社の電気料金プランは、従量電灯プランです。新電力はこの従量電灯プランに相当する料金プランを販売しており、従量電灯プランから新電力に切り替えることで電気代が安くなります。

 参考記事:従量電灯プランとは?

従量電灯プランは毎月固定の「基本料金(または最低料金)」と、電気の使用量に合わせて支払う電力量料金の二つから成り立っています。新電力は、この「基本料金」と「電力量料金」が安くなる料金プランを販売しています。

例えば、新電力の「よかエネ」は大手電力会社の従量電灯プランから切り替えるだけで、基本料金と電力量料金がそれぞれ10%安くなります。電気使用量が少ない方でもきっちりと安くなるのが魅力です。

 電気代が10%安い「よかエネ」公式サイト

またLooopでんきのように基本料金がゼロ円になるプランもあります。その他の新電力も、電気を使う量が増えれば増えほど、大手電力会社の従量電灯プランより安くなる料金プランを販売しています。毎月の電気の使用量が多い家庭なら、新電力に切り替えるだけで15%〜20%電気代を削減することも可能です。

Looopでんきが気になる?

Looopでんきの公式サイトで、電気代がどのくらい安くなるかシミュレーションしてみませんか?申し込みも24時間受付中です。

Looopでんき

Looopでんきが気になる?

Looopでんきの公式サイトで、電気代がどのくらい安くなるかシミュレーションしてみませんか?申し込みも24時間受付中です。

ライフスタイルに合わせたプランを選べる

新電力の電気料金プランには電気代が安くなるだけではなく、ライフスタイルに合わせた多様なプランがあります。

例えば、Amazonプライムがついている電気料金プランなら、Amazonプライムの月額固定費をそのまま払うよりも電気代の節約額の方が大きくなり、結果としてお得になります。

 参考記事:Amazonプライムがついた電気料金プラン

また電気代の支払いやその他のサービスにも利用できるポイント還元が充実しているのも、新電力の特徴です。たとえばCDエナジーダイレクトの「ポイントでんき」なら、「楽天ポイント」もしくは「dポイント」が最大6%還元されます。

 参考記事:ポイントが貯まる電気料金プラン

自然環境に優しいプランを選べる

新電力には、再生可能エネルギーで発電された電気をより積極的に販売している会社があります。再生可能エネルギーを利用した発電とは「太陽光発電」「風力発電」「水力発電」など、化石燃料以外のエネルギーで作られた電気のことです。これらの再生可能エネルギーを使った電気は、環境にやさしい、エコなエネルギーと注目されています。

 参考記事:環境に優しい電気料金プラン

新電力に電気を切り替えるデメリット

新電力の電気に切り替えることで、電気の質は変わらず電気代は安くなるので基本的にデメリットはありません。それでも少しでもデメリットがないか探してみました。

支払い方法が限られる場合がある

大手電力会社と新電力では、電気料金の支払い方法に違いがあります。大手電力会社の場合、たいてい3つの支払い方法を採用しています。①振り込み用紙による支払い、②銀行口座振替による支払い、そして③クレジットカードによる支払いです。

一方、多くの新電力では支払い方法がクレジットカードのみ、もしくはクレジットカードと銀行口座振替のみになっています。そのため現在、振り込み用紙で電気料金を支払っている方は支払い方法を変更する必要があります。

市場連動型のプランに注意する

新電力の電気料金プランの中には、市場連動型を謳っている料金プランがあります。この市場連動型の電気料金プランの場合、電気の市場価格が高騰すると連動して翌月の電気代が高騰してしまうということがおきます。

実際に2020年末から2021年にかけて、発電燃料(LNG)の価格高騰と厳冬の影響で電気の需要が拡大し、連動して電気の卸売り市場(JPEX)の価格が高騰しました。この影響で、市場連動型の料金プランの利用者が平時の何倍もの電気代を支払ったことがありました。

 参考記事:電力不足でどうして電気代が高騰?

新電力の多くは電気の卸売り市場以外にも、安定的に電源を確保につとめており、卸売り市場価格が高騰しても直ちに翌月の電気料金に反映されるということはありません。

たとえば、中部電力と大阪ガスが共同で設立した新電力、CDエナジーダイレクトは、大手電力会社と大手ガス会社のノウハウを生かし、関東エリアに電気とガスの安定的な供給を行っています。

また多くの新電力では市場価格が高騰する場合のリスクに備えて、電気料金単価を設定をしています。そのため、市場連動型の方が価格では優位にたつこともありますが、価格の安定性を重視するなら市場連動型への切り替えは避けた方が良いでしょう。

新電力の電気料金を比較する方法は?

新電力の料金を比較する方法は?

新電力の中で一番安い電気料金プランを選ぶにはどうしたら良いのでしょうか?一番簡単な方法はセレクトラの電気料金比較エンジンを利用することです。

今ご利用中の電力会社と料金プラン、そして毎月の電気の使用量をいれるだけで、今よりも安くなる新電力の電気料金プランをランキング形式で紹介します。

 さっそく電気料金を比較する

またセレクトラのらくらく窓口までご連絡いただければ、電気料金のエキスパートが今よりも安くなる新電力と料金プランをご紹介します。電話で簡単に電気の切り替え申し込みや引越し先の電気の新規の利用申し込みができます。

地域ごとに選べるおとくな新電力が知りたい

電力自由化以降、これまでの電力エリアに囚われず全国で利用できる新電力が増えています。たとえば基本料金がゼロ円・電力量料金が1段階のLooopでんきは北海道から沖縄まで全国で利用できます(*一部離島を除く)しかし、Looopでんきの全国規模で展開する新電力であっても、電気料金単価は電力エリアによって異なります。

Looopでんきのおうちプラン料金表
エリア 基本料金 電力量料金
北海道電力
(北海道にお住まいの方)
0円/月 29.50円/kWh
東北電力
(東北にお住まいの方)
0円/月 26.40円/kWh
東京電力
(関東にお住まいの方)
0円/月 26.40円/kWh
中部電力
(中部にお住まいの方)
0円/月 26.40円/kWh
北陸電力
(北陸にお住まいの方)
0円/月 21.30円/kWh
関西電力
(関西にお住まいの方)
0円/月 22.40円/kWh
中国電力
(中国地方にお住まいの方)
0円/月 24.40円/kWh
四国電力
(四国にお住まいの方)
0円/月 24.40円/kWh
九州電力
(九州にお住まいの方)
0円/月 23.40円/kWh
沖縄電力
(沖縄にお住まいの方)
0円/月 27.00円/kWh

このように同じ電力会社の同じ電気料金プランでも、電力エリアによって料金単価は異なります。そのため新電力を比較するときは、電気を利用する電力エリアごとに確認する必要があります。

セレクトラでは各電力エリアごとにおすすめの新電力と電気料金プランを紹介しています。下記から電力エリアごとの記事を参照してください。

関東地方 - 東京電力エリア
対象エリア:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、群馬県、茨城県、山梨県、静岡県(富士川以東(芝川町内房を除く))
 東京電力より安い電気料金プランを探す
関西地方 - 関西電力エリア
対象エリア:大阪府、京都府、兵庫県(一部を除く)、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井県(美浜町以西)、岐阜県(関ヶ原町今須)、三重県(熊野市(新鹿町、磯崎町、大泊町、須野町、二木島里町、二木島町、波田須町、甫母町、遊木町を除く)以南)
 関西電力より安い電気料金プランは?
中部地方 - 中部電力エリア
対象エリア:愛知県、三重県(一部を除く)、岐阜県(一部を除く)、静岡県(一部を除く)、長野県
 中部電力より安い電気料金プランは?
東北地方 - 東北電力エリア
対象エリア:青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県
東北電力より安い電気料金プランは?
九州地方 - 九州電力エリア
対象エリア:福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県
 九州電力より安い電気料金プランは?
北海道地方 - 北海道電力エリア
対象エリア:北海道
 北海道電力より安い電気料金プランは?
北陸地方 - 北陸電力エリア
対象エリア:岐阜県(飛騨市神岡町)、富山県、石川県、福井県(一部を除く)
 北陸電力より安い電気料金プランは?
中国地方 - 中国電力エリア
対象エリア:鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県(中国5県)、兵庫県(赤穂市福浦)、香川県(小豆郡,香川郡直島町)、愛媛県(越智郡上島町、今治市上浦町、大三島町、伯方町、吉海町、宮窪町、関前大下、関前岡村、関前小大下)
 中国電力より安い電気料金プランは?
四国地方 - 四国電力エリア
対象エリア:香川県、高知県、 徳島県、香川県(一部を除く)、愛媛県(一部を除く)
 四国電力より安い電気料金プランは?
沖縄地方 - 沖縄電力エリア
対象エリア:沖縄県
 沖縄電力より安い電気料金プランは?

新電力の口コミを確認する方法は?

新電力に切り替える前に、利用者の声を確認したいという方も多いでしょう。セレクトラでは新電力各社の口コミや評判を確認することができます。新電力を選ぶ参考にしてください。

新電力 主な口コミ・評判紹介ページ
Looopでんき  口コミ・評判ページ
ENEOSでんき  口コミ・評判ページ
東京ガス  口コミ・評判ページ
HTBエナジー  口コミ・評判ページ
auでんき  口コミ・評判ページ

新電力の利用者からは、電気を切り替えたことで本当に電気代が安くなったという口コミが多数寄せられています。

新電力会社に電気を切り替えても問題ない?

大手電力会社の料金プランに比べて安くなると話題の新電力。使ってみたいけど、新電力って本当に大丈夫かな?と不安に思っている方もいるでしょう。気になる点について調べてみました。

新電力で電気の質は変わる?停電は起きやすくなる?

今までの説明にある通り、新電力は主に「電気を販売する」会社です。電気を作る会社:発電事業者や、電線などで電気を送る会社:送電事業者は、これまでと同じ会社が行います。新電力に切り替えても、電気の質はかわりません。また、今までに比べて供給が不安定になるということもありません。

新電力は信頼できるの?

新電力会社として「小売電気事業者」になるには、国の審査を受ける必要があります。どんな会社でもできるというわけではなく、電気を販売する会社としての能力がなければ「小売り電気事業者」にはなれません。

登録事業者は経済産業省のHPで確認することができます。また、経産省ではそれぞれの事業者がどれだけ電気を販売しているかという数値も公表しています。すでに多くの人が利用しているというのも、安心材料の一つになるでしょう。

低圧部門(一般家庭・店舗・事業者向け)の新電力シェア
順位 新電力会社 シェア
1位 東京ガス
東京ガス
18.34%
2位 KDDI
auでんき
11.02%
3位 大阪ガス
大阪ガス
9.11%
4位 ジェイコム
J:COM電力
6.62%
5位 ハルエネでんき
ハルエネでんき
6.18%
6位 JXTGエネルギー
ENEOSでんき
5.32%
7位 SBパワー
ソフトバンクでんき
4.79%
8位 サイサン
エネワンでんき
1.86%
9位 東邦ガス
東邦ガス
1.82%
10位 イーレックス
イーレックス
1.71%
11位 Looop
Looopでんき
1.67%

※経済産業省資源エネルギー庁が発表した2019年6月の数値を元に作成。シェアはその月に新電力会社が販売した低圧(電灯・電圧)の総量に対する割合。

新電力が倒産したらどうなるの?

新電力が倒産しても、すぐに電気の供給が止まることはありません。電気を「発電」し「送電」している会社は、新電力とは別の会社となりますので、そこから供給が継続されます。仮に新電力(=小売電気事業者)が倒産するような事態になった場合は、事前に契約者に対して通知する義務があります。またその通知に従って他の小売電気事業者の電気料金プランへの移行する必要があります。ですので、電気の供給が止まることはないので、安心して利用することができます。

新電力で本当に電気代は安くなるの?

新電力に切り替えると本当に安くなるかどうかは、現在の電気の利用状況によります。アンペア数が高く、月の使用量も多い場合は、Looopでんきのように基本料金が無料で、従量料金が1段階のプランの方が安くなる傾向にあります。

使用量が少ない単身者などは、大手電力会社のプランよりも基本料金や従量料金が10%安くなるよかエネを利用するのも良いでしょう。

【セレクトラのオススメ】

セレクトラで人気No.1の新電力

アンペア数が高くても 基本料金無料

Looopでんきの特徴

  • 電気をよく利用する家庭・店舗・事業所におすすめ
  • 基本料金が無料、電力量料金も一段階でシンプル
  • 北海道から沖縄まで全国で販売(一部離島を除く)
  • 太陽光発電など再生可能エネルギー発電を積極的に利用
公式サイト

大手電力会社から切り替えるだけで安い

従量電灯プランと比べて 10%安い* *基本料金と電力量料金の合計金額

よかエネの特徴

  • 電気使用量が少なくても確実に電気代(基本料金+電力量料金)が安くなる
  • 都市ガスとセットならさらに電気代が2%安くなる
  • オール電化住宅向けプランは3%割引
  • 北海道から沖縄まで全国で販売(一部離島を除く)
公式サイト

家族向けにおすすめ

3人家族以上なら年間 1万5千円安い *東京電力従量電灯B・月400kWhの場合

HTBエナジー・プライムプランの特徴

  • 基本料金半額だから50A・60Aにおすすめ
  • 暮らしの困ったを解決・あんしんサポート付き
  • 北海道から沖縄まで全国で販売(一部離島を除く)
公式サイト
Pontaポイントが年間で 1320P貯まる *東京電力エリア・月400kWhの場合

まちエネの特徴

  • Pontaポイントが電気代1,000円につき10Pたまる
  • 映画割引券が購入できる
  • 東北、関東、中部、関西、四国で利用できる
公式サイト
更新日