ご注意:燃料価格の高騰に伴う「燃料費調整額」の増額について 長期化する燃料価格の高騰によって、各電力会社の「燃料費調整額」も高くなっています。ご契約を検討する際には、電力会社の公式サイトにて「燃料費調整額」をご確認ください。また、都市ガスも同様に「原料費調整額」が上昇しています。
 燃料費調整額について詳しく見る

北海道でおすすめの電力会社は?北海道電力より安い電力会社の選び方

北海道電力でおすすめの電力会社は?北海道でより安い電力会社の選び方
北海道電力でおすすめの電力会社は?北海道でより安い電力会社の選び方

電気代が全国で最も高い北海道。少しでも節約するため、北海道で選べる最も安い電力会社、最も安い電気料金プランを調べました。ほくでん(北海道電力)よりも安い電力会社が見つかります。

北海道電力よりも電気を安くする方法

今利用しているほくでん(北海道電力)より安い電気料金プランを見つけるにはどうしたら良いでしょうか?実は、月間の電気使用量や料金プランのタイプによって、お得な北海道でお得な電気料金プランは異なります。

ほくでん(北海道電力)では、使用量やライフスタイルに合わせた電気料金プランを選ぶことができます。その中でも最も一般的な電気料金プランが、従量電灯プランです。

契約アンペア数が60A以下の、一般家庭向けには従量電灯Bが多く利用されています。また店舗・事業所など6kVA以上の契約容量が必要な場合は、従量電灯Cが利用されています。どちらも北海道電力の従量電灯プランです。

 新電力に切り替えると、北海道電力の従量電灯プランより安い

この北海道電力の従量電灯プランから、新電力に切り替えると電気代が安くなると言われています。

新電力とは? 新電力とは一般家庭、店舗・事業所などに電気を販売する電気小売事業者です。2016年の電力自由化によって、それまで北海道電力などの大手電力会社が独占していた低圧電力の電気販売事業に、他の会社も参加できるようになりました。北海道電力の規制料金(従量電灯プラン)よりも安い電気料金プランが選べるので、既に多くの方が北海道電力から新電力への切り替えを行っています。
 北海道で選べる新電力一覧

そこで実際に新電力の電気料金プランに切り替えた場合、どれくらい安くなるのか確認してみましょう。毎月の電気の使用量別にわけてみました。

電気の使用状況に合わせて一番安い料金プランを探す(北海道)
使用状況 北海道電力の料金プラン
一人暮らし
(使用量:月200kWh、30A契約)
従量電灯B
エネとくポイントプラン
エネとくSプラン

 安くなる電気料金プラン一覧

二人暮らし
(使用量:月300kWh、40A契約)
従量電灯B
エネとくポイントプラン
エネとくMプラン

 安くなる電気料金プラン一覧

ファミリー世帯
(使用量:月450kWh、50A契約)
従量電灯B
エネとくポイントプラン
エネとくLプラン

 安くなる電気料金プラン一覧

オール電化プラン エネとくスマートプラン
eタイム3プラス

 安くなる電気料金プラン一覧

北海道で選べる電力会社・電気料金プラン一覧

北海道で選べる電力会社について、それぞれの特徴を一覧にしてまとめました。

また、燃料価格が高騰している間、燃料費調整額に上限を設けていない電力会社では、北海道電力の規制料金プラン(従量電灯)と比べて電気代が高くなる可能性があります。申し込み前に、燃料価格の動向と燃料費調整額の単価をご確認ください。

*リスト中の比較は北海道電力従量電灯Bプランと比べたもの。燃料費調整額再エネ賦課金は除く

北海道で選べる新電力一覧
電力会社 特徴
オクトパスエナジー
 公式サイト

オクトパスエナジーのおすすめ度
     

 今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

  • 実質再エネ100%の電気を供給
  • 実質再エネ100%なのに電力量料金が北海道電力*より安い
  • 東京ガスの系列企業、世界で300万件超の供給実績あり
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認

再エネ 一般家庭

 電話で詳細を確認(0120-164-006)
 
いちたかガスワン
 公式サイト

エネワン(いちたかガスワン)のおすすめ度
    

  • 基本料金・電力量料金どちらも北海道電力*より安い
  • 都市ガスや灯油とセットにすると、電気料金プランの割引率が上がる
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認

再エネ 都市ガス 一般家庭

 
ドコモでんき
 公式サイト

ドコモでんき

  • 電気料金に応じてdポイントが2%~最大10%還元!
  • ドコモユーザーなら、ポイント還元率アップでお得
  • 実質再エネ100%のプランあり
  • 燃料費調整額に上限があり、燃料費高騰時も安心

再エネ 一般家庭

 
enひかり電気
 詳細を見る

enひかり電気

  • 格安光回線インターネット「enひかり」とセットで契約可能
  • 基本料金は全国どこでも390円
  • 電力量料金が一律で、電気使用量が多いほどお得
  • 燃料費調整額なし!燃料費高騰にも左右されない安心感

一般家庭

マークの説明
基本料金がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。
月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。
再生可能エネルギーを利用した電気を利用できる新電力
オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。
北海道ガスエリアで都市ガスの販売も行なっている新電力。多くの新電力会社で電気とガスをセットにすることで、割引特典がつきます。
一般家庭向けの料金プランに対応した新電力
マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力

▲リストに戻る

北海道で選べる新電力一覧
オクトパスエナジー  公式サイト
オクトパスエナジー

オクトパスエナジーのおすすめ度
     

 今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

  • 実質再エネ100%の電気を供給
  • 実質再エネ100%なのに電力量料金が北海道電力*より安い
  • 東京ガスの系列企業、世界で300万件超の供給実績あり
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認

再エネ 一般家庭

 公式サイト
電話で詳細を確認  0120-164-006
 
いちたかガスワン

エネワン(いちたかガスワン)のおすすめ度 
   

  • 基本料金・電力量料金どちらも北海道電力*より安い
  • 都市ガスや灯油とセットにすると、電気料金プランの割引率が上がる
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認

再エネ 一般家庭

 公式サイト
 
ドコモでんき

ドコモでんき

  • 電気料金に応じてdポイントが2%~最大10%還元!
  • ドコモユーザーなら、ポイント還元率アップでお得
  • 実質再エネ100%のプランあり
  • 燃料費調整額に上限があり、燃料費高騰時も安心

再エネ 一般家庭

 公式サイト
 
enひかり電気

enひかり電気

  • 格安光回線インターネット「enひかり」とセットで契約可能
  • 基本料金は全国どこでも390円
  • 電力量料金が一律で、電気使用量が多いほどお得
  • 燃料費調整額なし!燃料費高騰にも左右されない安心感

一般家庭

 詳細を見る
マークの説明

基本料金がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。

▲リストに戻る

月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。

▲リストに戻る

再生可能エネルギーを利用した電気を利用できる新電力

▲リストに戻る

オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。

▲リストに戻る

一般家庭向けの料金プランに対応した新電力

▲リストに戻る

マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力

▲リストに戻る

北海道で一人暮らしするなら、この電気料金プランが一番安い

一人暮らしの平均的な月別の電気使用量を200kWh、契約アンペア数を30Aとした場合、北海道電力の従量電灯Bと比べてどの新電力が安くなるのか調べてみました。

北海道電力従量電灯Bと比較
順位 電力会社 電気代(1ヶ月)
(プラン名)
従量電灯Bとの
年間差額予想
  エネワンでんき
 公式サイト
5,940円
(スタンダード)
4,560円安い
  オクトパスエナジー
 公式サイト
6,054円
(グリーンオクトパス)
3,192円安い
  enひかり電気
 詳しく見る
6,150円
(enひかり電気)
2,040円安い

セレクトラがオススメする新電力の料金プランを比較した。電気代は最低料金と電力量料金の合計金額(税込)。燃料費調整額および再エネ賦課金は含まれていません。2021年7月時点の料金表から作成した。小数点以下は切り捨て。

一人暮らしの人が北海道電力から切り替えて最も安くなるのは、「エネワンでんき」でした。

エネワンでんき」は、北海道電力に比べて基本料金と電力量料金のどちらも安いのが特徴です。北海道電力の従量電灯Bから切り替えると、年間約4,560円安くなります。

北海道で二人暮らしするなら、この電気料金プランが一番安い

二人暮らしの平均的な月別の電気使用量を300kWh、契約アンペア数を40Aとした場合、北海道電力の従量電灯Bと比べてどの新電力が安くなるのか調べてみました。

北海道電力従量電灯Bと比較
順位 電力会社 電気代(1ヶ月)
(プラン名)
従量電灯Bとの
年間差額予想
  エネワンでんき
 公式サイト
8,958円
(エネワンLプラン)
9,636円安い
  enひかり電気
 詳しく見る
9,030円
(enひかり電気)
8,772円安い
  オクトパスエナジー
 公式サイト
9,273円
(グリーンオクトパス)
5,856円安い

セレクトラがオススメする新電力の料金プランを比較した。電気代は最低料金と電力量料金の合計金額(税込)。燃料費調整額および再エネ賦課金は含まれていません。2022年3月時点の料金表から作成した。小数点以下は切り捨て。

二人暮らしの人が北海道電力から切り替えて最も安くなるのは、「エネワンでんき」でした。

エネワンでんき」は、北海道電力に比べて基本料金と電力量料金のどちらも安いのが特徴です。北海道電力の従量電灯Bから切り替えると、年間およそ10,000円も電気代を節約することができます。

北海道でファミリー世帯なら、この電気料金プランが一番安い

ファミリー世帯(3人から5人程度)の平均的な月別の電気使用量を450kWh、契約アンペア数を50Aとした場合、北海道電力の従量電灯Bと比べてどの新電力が安くなるのか調べてみました。

北海道電力従量電灯Bと比較
順位 電力会社 電気代(1ヶ月)
(プラン名)
従量電灯Bとの
年間差額予想
  enひかり電気
 詳しく見る
13,350円
(enひかり電気)
22,188円安い
  エネワンでんき
 公式サイト
13,631円
(エネワンLプラン)
18,816円安い
  オクトパスエナジー
 公式サイト
14,219円
(グリーンオクトパス)
11,760円安い

ファミリー世帯向けで北海道電力から切り替えると最も安くなるのは「enひかり電気でした。

enひかり電気は、格安光回線インターネットのenひかりとセットで契約することができる電気料金プランです。

北海道でオール電化なら、この電気料金プランが一番安い

北海道電力の代表的なオール電化プランは「エネとくスマートプラン」と「eタイム3プラス」です。どんな電気料金プランなのかまずは料金表を確認してみましょう。

エネとくスマートプランの料金表
基本料金(1kWあたり) 396.00円
電力量料金(1kWhあたり) 日中(午前8時から午後10時まで)
*ただし日曜日・祝日はのぞきます
27.05円
夜間(午前8時から午後10時まで)、および日曜日・祝日の全日 17.63円

北海道電力のエネとくスマートプランは、エコキュートやエアコン等のヒートポンプ機器を利用しているスマート電化住宅向けのプランです。

このような住宅では、夜間電気をよく利用するので、エネとくスマートプランのように夜間の電力量料金が安いプランが向いています。

eタイム3プラスの料金表
基本料金
6kVAまで・1契約につき 2215.48円
7kVA,8kVA・1契約につき 2724.74 円
9kVA,10kVA・1契約につき 3234.00円
10kVAをこえる時・1kVAにつき 473.00円
電力量料金(1kWhあたり)
午後時間(午後1時から午後6時まで) 40.67円
朝晩時間(午前8時から午後1時まで
毎日午後6時から午後10時まで)
30.90円
夜間時間(午後10時から午前8時まで) 14.63円

北海道電力のeタイム3プラスは、エコキュートなどのヒートポンプ式給湯器、エアコンなどのヒートポンプ式暖房機、また冬季に必要な電気式のロードヒーティングを利用するスマート電化住宅向けの電気料金プランです。

電気を良く利用する夜間の電気料金が安くなるほか、暖房やロードヒーティングを利用する冬期間(11月〜3月)に暖房融雪割引が10%(電力量料金)適用されます。

北海道で選べる新電力は、この「エネとくスマートプラン」や「eタイム3プラス」よりも基本料金や電力量料金が安くなる料金プランを提供しています。

基本料金がお得・idemitsuでんき(出光興産)
universe

「idemitsuでんき(出光興産)のオール電化プラン」

公式サイト

idemitsuでんき(出光興産)のオール電化プランは基本料金が北海道電力よりも安く設定されています。オール電化向けのプランは、一般的な電気料金プランに比べて基本料金が高くなりがちです。でもidemitsuでんき(出光興産)なら、毎月の固定で発生する基本料金をグッと安くすることができます。

北海道で最も人気の電気料金プランは?

セレクトラの記事を見て、電気料金プランに切り替える人が増えています。北海道でも多くの人がセレクトラの記事を参考に、電気の切り替え先を選んでいます。そこで電気料金プランの切り替え先として北海道で最も選ばれたのはどの会社になるのか、調べてみました。

 北海道で最も人気の電気料金プランは「エネワンでんき」

セレクトラの記事を見て電気を切り替えた人の中で最も人気の料金プランは、「エネワンでんき」でした。

エネワンでんき」は、北海道電力に比べて基本料金と電力量料金のどちらの料金も、すべて安いのが特徴です。

特に、ファミリー世帯に関しては、北海道電力の従量電灯Bから切り替えると年間約20,000円近くも電気代を安くすることができるので、非常に魅力的ですね。

北海道電力から新電力に切り替えて大丈夫?

「北海道電力から新電力に切り替えて大丈夫かな?」と不安に思っている方もいるでしょう。どれくらいの人が実際に新電力に切り替えているのか、調べてみました。

北海道電力エリアの一般家庭・店舗・事業所向けの低圧電力のうち、約20%(*2021年3月の低圧電力・電灯の販売電力量)が新電力の電気を利用しています。

つまり北海道で5軒に1軒は新電力の電気を利用しているのです。そして今後も新電力の電気を利用する割合は増えていくと予想されています。

でも北海道電力より安くなったせいで電気の質が変わったり、停電しやすくなるんじゃないのか?と不安になっている方もいるでしょう。

 電気の質は変わりません

北海道電力から新電力に切り替えて電気の「質」が変わることはありません。新電力の多くは北海道電力が利用しているのと同じ発電所で作られた電気を利用しています。また北海道電力では積極的に利用していない、再生エネルギー発電を新電力では積極的に取り入れていますが、発電方法が変わっても電気の「質」が変わることはありません

 停電しやすくなることもありません

また、北海道の送電網を管理しているのは北海道電力ネットワークです。北海道で電気を販売する新電力は、この北海道電力ネットワークの電柱や電線などの送配電設備を利用して電気を供給しています。つまり電線や電柱などでトラブルがあれば、北海道電力でもそれ以外の新電力を利用していても等しく停電が起きます。

なので、安心して北海道電力よりも安い新電力を選び、電気代を節約しましょう。

北海道で電力会社・電気料金選びに迷ったら?

北海道で一番安い電力会社・電気料金プランや、北海道で人気の電気料金プランについて解説しました。でも、たくさんあってどれを選んで良いのかわからないと困っていませんか?

セレクトラのらくらく窓口(0120-410-078)では、電話1本で今より安くなる電力会社のご案内をしています。新しい電力会社への切り替えも電話1本で完了します。電力会社選びに困っている方、申込方法がわからない方、ぜひセレクトラのらくらく窓口(0120-410-078)をご利用ください。

北海道にお引っ越し、すぐ申し込めるお得な電気料金プランは?

引っ越し先で利用できる電力会社・電気料金プランをお探しなら、セレクトラのらくらく窓口(0120-410-078)にお任せください。

セレクトラのらくらく窓口(0120-410-078)なら、引っ越し直前でも申し込める電力会社・電気料金プランをお探します。またお申し込みも電話1本でOKです。

引っ越し先の電気の申し込みを忘れていたという方も、セレクトラのらくらく窓口(0120-410-078)にご連絡ください。

なお電気の引っ越し手続きは、引っ越し前の住所における解約手続きと、新しい住所における新規のお申し込み手続きが必要になります。

大手電力会社の電気の引っ越し手続きは、以下のリンク先から確認することができます。

更新日