J:COMネットから乗り換えるなら?事業者変更と方法 乗り換え先のおすすめ光回線一覧

J:COMネットから乗り換えるなら?事業者変更と方法 乗り換え先のおすすめ光回線一覧

J:COMネットから別の光回線へ乗り換える方法を解説。事業者変更はできる?かかる費用は?といった疑問にもお答え。乗り換え先のおすすめ光回線も紹介。

【期間限定】10月31日申し込み分まで!

とくとくBB光

とくとくBB光が選ばれる理由:

  • 月額料金が安い(3,773円~)
  • 解約違約金等の縛り一切なし
  • 新規工事費が実質無料

J:COMネットから乗り換える方法

J:COMから他の光回線への乗り換えは、まず乗り換え先の光回線を契約するところからスタートします。その後、J:COMネットを解約し、新しい光回線が開通するという流れです。

乗り換えの流れを1ステップずつ詳しく紹介します。

乗り換えの流れ

乗り換えの手順は全部で4ステップです。

①乗り換え先の光回線を契約

まずは、乗り換え先の光回線の申し込みを行います。乗り換え先の光回線プロバイダの公式サイトから申し込みを行いましょう。

この時点では、まだJ:COMを解約する必要はありません。

乗り換えとともに引っ越しをする場合は、新居の住所が必要になります。住所が分かったら、引っ越しの1ヶ月程度前から申し込みを開始しましょう。

②乗り換え先のネット回線の開通工事日程を調整

次に行うのは、新規契約先(乗り換え先)の光回線の工事日程の調整です。J:COMネットは、J:COMでだけ使えるインターネット回線や設備を使用するため、他社に乗り換える場合は新規で工事を行う必要があります。

新規開通工事は、作業員が訪問し契約者の立ち合いのもと行うことがほとんどです。都合の付く日を事前にいくつか用意しておくと良いでしょう。

③J:COMネットを解約

新規契約をする光回線で申し込み手続きを終えたら、次はJ:COMネットの解約手続きを行います

J:COMネットの公式サイトからウェブで解約申し込みを行います。

ウェブの場合は入力フォームに必要事項を入力した後、J:COMのオペレーターから電話での確認があります。急ぎの場合はウェブフォームを介さず電話をかけて解約を申請することも可能です。

解約のタイミングはいつがベスト?

引っ越しを行う場合は引っ越し日の1ヶ月前に解約の申請を行うのがベストです。

J:COMネットを解約する際には、解約のタイミングによっては解約金がかかることがあります。契約開始時期や契約中のプランによって金額が異なりますので、解約時にオペレーターに確認しましょう。

レンタル機器の返却も必要

J:COMからレンタルしている機器がある場合は、解約時に返却します。返却の必要がある機器は、契約プランや加入オプションによって異なりますが、一般的なものは以下の通りです。

返却機器の一例

  • テレビ用のセットトップボックス(テレビ用の機器で、Pioneer製、Panasonic製など地域によりメーカーが異なります。)
  • リモコン(テレビ用ボックスに付属)
  • ケーブルモデム
  • 電話用モデム
  • ACアダプタ(各機器に付いている電源コード)
  • レンタルHDD
  • メッシュWi-Fiのルーター
JCOM返却機器

④新規で契約した光回線が開通

J:COMネットを解約したら、今度は新規契約先の光回線の開通工事を行います。開通工事が終われば、晴れて乗り換え完了です。

縛りなし・月額料金が安い(3,773円~)、シンプルな料金体系だから安心。高性能Wi-Fiルーターのレンタルも無料!v6プラス(IPv6/IPoE)標準対応で速度も快適。【10月31日まで!】乗り換え時にかかる他社違約金を最大21,000円還元

J:COMネットは事業者変更が不要

J:COMネットでは、事業者変更や転用と呼ばれる手続きは不要です

事業者変更や転用は、NTTフレッツの光ファイバー設備を使用する光回線同士での乗り換えの際に行う手続きのことです。NTTフレッツの回線を使用するインターネット間での乗り換えなら、同じ光ファイバーケーブルを使用するため、工事が要らず比較的簡単な手続きになります。

一方J:COMネットでは、NTTフレッツの光ファイバーを使用しません。そのため、「事業者変更」と呼ばれる手続きは不要です。一度プランを解約してから新規契約を行いますます。

縛りなし・月額料金が安い(3,773円~)、シンプルな料金体系だから安心。高性能Wi-Fiルーターのレンタルも無料!v6プラス(IPv6/IPoE)標準対応で速度も快適。【10月31日まで!】乗り換え時にかかる他社違約金を最大21,000円還元

J:COMネットの解約方法

では、ここからJ:COMネットの解約方法を詳しく説明します。解約はこのような手順で進みます。

  1. JCOM公式サイトの解約受付フォームから必要情報を入力
  2. その後、指定した時間にかかってくる電話で解約の確認と撤去工事日の調整
  3. 撤去工事が終了すれば解約完了

J:COMネットでは、ウェブフォームから、または電話での解約申請が可能です。

連絡先は以下の通りです。

J:COM解約申請の連絡先
ウェブ 専用ウェブフォーム 24時間(年中無休)
電話 J:COMカスタマーセンター
0120-999-000
9:00~18:00(年中無休)

実際のカスタマーセンターの電話番号はエリア毎に異なりますが、公式サイトからは探しにくいため、まずは上の番号に電話してから必要であれば管轄のカスタマーセンターに転送してもらうのが一番簡単です。

また、電話での問い合わせの際は窓口が混み合っている可能性があります。特に問題が無い限りウェブフォームでの解約申請をおすすめします。ウェブフォームで申し込んだ場合、通常3日以内にJCOMから折り返し電話がありますが、当日に電話をもらうことも可能です。

ウェブフォームの入力事項

ウェブフォームで入力する必要がある内容は以下の通りです。

  1. 引越しの有無
  2. 他社への切り替えの有無
  3. 撤去工事希望日と時間帯第3希望まで(向こう2ヶ月まで選択可)
  4. 他社プランの工事日
  5. 契約者氏名
  6. 連絡先
  7. 電話番号
  8. 連絡希望日・時間帯(JCOMからの折り返し電話用)
  9. ※引っ越しありの場合は転居先の郵便番号・住所
J:COMの解約受付フォーム

撤去工事の日程は解約申請日の2か月先まで選択することができます。また、時間帯は午前(9:00~12:00)か午後(13:00~18:00)のどちらかを選びます。

申し込みから3日以内に、ウェブフォームで指定した時間帯に電話がかかってきます。電話口で解約の意思の確認を行います。違約金や撤去工事日など不明な場合はこの時点で確認しましょう。

撤去工事は契約者の立ち合いが必要になる工事ですので、候補日を2~3つ準備しておくとスムーズです。

電話で工事日を決定した後、J:COMの回線撤去工事が終了すれば解約は完了です。

縛りなし・月額料金が安い(3,773円~)、シンプルな料金体系だから安心。高性能Wi-Fiルーターのレンタルも無料!v6プラス(IPv6/IPoE)標準対応で速度も快適。【10月31日まで!】乗り換え時にかかる他社違約金を最大21,000円還元

J:COMネットからの乗り換えに掛かる期間

カレンダー

J:COMからの乗り換えにかかる期間は、多くの場合1ヶ月程度です。2月~4月の引っ越しが増える時期になると、工事日のスケジュールが埋まりもっと時間がかかることもあるようです。

混雑する時期は、「この日に工事したい」と思っていた日に工事を入れられない場合もあります。特にJ:COMネットのように、解約時に回線の撤去工事を行うインターネット回線の場合は、乗り換え先での開通工事と撤去工事と2つの工事を行う必要があります。

解約や新規契約で一番時間がかかるのがやはり工事です。できるだけ先延ばしにせず、早めの手続きをおすすめします。

縛りなし・月額料金が安い(3,773円~)、シンプルな料金体系だから安心。高性能Wi-Fiルーターのレンタルも無料!v6プラス(IPv6/IPoE)標準対応で速度も快適。【10月31日まで!】乗り換え時にかかる他社違約金を最大21,000円還元

J:COMネットから乗り換える際の注意点

注意マーク

J:COMネットから乗り換える際の注意点は3つです。

  • 解約月の利用料金は日割り計算されない
  • 回線の撤去工事費がかかる
  • J:COMネットを解約するとテレビが観れなくなる

解約月の利用料金は日割り計算されない

J:COMネットを解約する際、解約月の利用料金は日割り計算されず、1ヶ月分が請求されます。つまり、解約が月初でも月末でも、解約した月丸々1ヶ月分の料金が請求されます。そのため、可能な限り月末に近い日に解約した方がお得ということになります。

とは言え、30日、31日に解約申請をすると、解約申請が受理されるのが翌月にずれ込み結局プラス1ヶ月分の料金が発生してしまう可能性もあります。ギリギリの手続きは避けましょう。

回線の撤去工事費がかかる

紙の契約書

J:COMネットを解約する際には、必ず回線の撤去工事費がかかります。撤去費用は以下の通りです。

J:COMの撤去工事費
引込線の撤去がない場合 5,280円
引込線の撤去がある場合 10,780円

引込線とはネット回線のことで、自宅内に引き入れたケーブルのことを指します。引込線撤去が必要がどうかは自宅の設置状況によって決まりますので、解約時に撤去工事費が分かるということになります。

例えば集合住宅の場合は、次の住人が使用できるよう引き込み線をそのまま残すこともあります。その場合は、引込線撤去なしの工事を行います。

縛りなし・月額料金が安い(3,773円~)、シンプルな料金体系だから安心。高性能Wi-Fiルーターのレンタルも無料!v6プラス(IPv6/IPoE)標準対応で速度も快適。【10月31日まで!】乗り換え時にかかる他社違約金を最大21,000円還元

セットプランからネットだけを解約すると料金が変わる場合も

J:COMネットとテレビ、電話とネットなど2つのサービスがセットになっているプランを契約中の方がネットだけを解約する際には注意が必要です。その際、今までよりも高くなったり、今まで使えていた機能が使えなくなったり、といったことが起こる場合があります。

その理由は、大抵の場合2つのサービスをセットで契約すると、別々で契約するよりも少し安いセット料金が適用されているためです。ネットだけを解約すると、そのセット料金から、言わば単品の料金に変更になります。

料金が変わるだけでなく、今まで見れていたテレビのチャンネルが観れなくなったというケースもありますので、ネットの他にJCOMで契約しているサービスを続ける場合は必ず解約時に確認しましょう。

縛りなし・月額料金が安い(3,773円~)、シンプルな料金体系だから安心。高性能Wi-Fiルーターのレンタルも無料!v6プラス(IPv6/IPoE)標準対応で速度も快適。【10月31日まで!】乗り換え時にかかる他社違約金を最大21,000円還元

J:COMネットからの乗り換えにかかる費用

J:COMの乗り換え

J:COMネットから他の光回線へ乗り換える際、いくら費用がかかるのでしょうか?乗り換え時にかかる費用は、ざっくり言うと下の3つです。

  • J:COMの解約金
  • J:COMの回線撤去工事費
  • 乗り換え先光回線の新規開通工事費

ただ、3つ目の新規開通工事費は乗り換え先の特典を利用すれば0円になるケースがほとんどです。そのため、自分で負担することになる料金は、1つ目の解約金と2つ目の回線撤去工事費となります。

1年自動更新プラン、2年自動更新プラン、そしてガスとのセットプラン、J:COMのネット回線完備のマンション向けIn my room(インマイルーム)プランなど、150以上もの細分化されたプランがあります。

全てのプランのうち一番安い解約金は1,100円、一番高いケースでは22,000円となっています。

なお、2022年7月1日以降に契約を開始した場合、解約金の上限は4,950円です。

J:COMネット各プランごとの契約解除料(解約金)
契約プラン 契約解除料
J:COMネット 集合住宅向け 1,100円~4,950円
J:COMネット 戸建住宅向け 1,100円~4,950円
▼ 2022年6月30日より前に契約した場合
J:COMネット 集合住宅向け 1,100円~22,000円
J:COMネット 戸建住宅向け 1,100円~22,000円

最近では、新規契約の際に工事費が無料になるプランが増えています。そのようなキャンペーンを利用することで工事費の自己負担が0円になります。

そのため、主に契約者の負担となるのは1つ目の解約金と、2つ目の撤去工事費です。

J:COMネットから他のプランに乗り換える際にどれくらいの費用がかかるのか実際のケースを想定してシミュレーションしてみましょう。

※GMOとくとくBBでは違約金負担キャンペーンがありますので、キャンペーン特典を適用した場合を想定しています。

2022年6月以前に契約したJ:COMスマートお得セレクト(2年契約) を1年半で解約しGMOとくとくBB光に乗り換えた場合
J:COMネット
違約金 16,500円
回線撤去工事費(戸建て・全撤去) 10,780円
GMOとくとくBB光
新規工事費 工事費(キャンペーン利用で0円)
契約手数料 3,300円
他社違約金負担キャンペーン利用 -21,000円
負担額 9,580円
2022年7月以降に契約したJ:COMスマートお得セレクト(2年契約)を1年半で解約しGMOとくとくBB光に乗り換えた場合
J:COMネット
違約金 4,400円
回線撤去工事費(戸建て・全撤去) 10,780円
GMOとくとくBB光
新規工事費 工事費(キャンペーン利用で0円)
契約手数料 3,300円
他社違約金負担キャンペーン利用 -21,000円
負担額 0円

自分で撤去工事を行えば撤去工事費が安くなる?

J:COMネット解約時に、自分で撤去工事を行って工事費を安くすることはできません

基本的には、完全にJ:COMを解約する場合は作業員を派遣する工事が必須ですので、自分で撤去工事を行うことはできません。解約する際には家まで引き込んだJ:COMの専用線を取り除く必要があり、それは作業員でないと行うことができない作業だからです。

ただ、集合住宅にお住まいで、解約後も回線撤去をしなくてOKだとJ:COMが判断した場合は別です。その場合、通常より安い、数千円程度の工事費になります。その場合でも、やはり無料という訳にはいかず数千円の工事費が発生することになります。

なお、自分で撤去する場合は機器をJ:COMへ自己負担で返送する必要があります。

J:COMネットから無料で乗り換える方法

電卓と小銭のイラスト

ここまでJ:COMネットから乗り換える際にかかる費用について解説しました。プランを使うならまだしも、プランを解約するというだけで何千円も払うのはやはり心が痛みますよね。

実は解約時にかかる費用をできるだけ減らすことができる方法、場合によっては無料にできる方法があります。それぞれ詳しく紹介します。

縛りなし・月額料金が安い(3,773円~)、シンプルな料金体系だから安心。高性能Wi-Fiルーターのレンタルも無料!v6プラス(IPv6/IPoE)標準対応で速度も快適。【10月31日まで!】乗り換え時にかかる他社違約金を最大21,000円還元

解約月に解約する

J:COMネットでは、1年または2年の自動更新プランがあります。自動更新プランに加入している場合、契約から1年後または2年後の契約更新期間内に解約すると解約金がかかりません。

J:COMの更新月はこのようになっています。図の「更新月」と書いているポイントが解約金がかからない期間です。

J:COMの解約月

更新期間に解約することで解約金が免除され、4,000円~20,000円程度を節約することができます。

縛りなし・月額料金が安い(3,773円~)、シンプルな料金体系だから安心。高性能Wi-Fiルーターのレンタルも無料!v6プラス(IPv6/IPoE)標準対応で速度も快適。【10月31日まで!】乗り換え時にかかる他社違約金を最大21,000円還元

乗り換え先のプロバイダで違約金負担キャンペーンを利用

乗り換え先のキャンペーン

前の章では解約金を払わずに解約する方法を紹介しましたが、解約金以外にも、J:COMでは解約時に撤去工事費用という費用が発生します。仮に解約金を払わずに解約できても、撤去工事費が必ず請求されます。

その場合、乗り換え先の光回線プロバイダで違約金を負担してもらうことができます

まず撤去工事費をJ:COMに対して自費で払った後、支払い証明書を保管してネットプランを乗り換えます。数か月後に乗り換え先のインターネットプロバイダから撤去工事費の相当額を現金でプレゼントしてもらうといった流れです。

なお、このような乗り換え費用負担キャンペーンを申し込むには、他社サービスへの違約金の支払いを証明できる書類が必要になります。解約手続きの際には必ず証明書類を保管しておきましょう。

【期間限定】10月31日申し込み分まで!

とくとくBB光

とくとくBB光が選ばれる理由:

  • 月額料金が安い(3,773円~)
  • 解約違約金等の縛り一切なし
  • 新規工事費が実質無料

J:COMネットの解約証明書の取得方法

証明書

乗り換え先の光回線で違約金負担キャンペーンを利用する場合は、J:COMの解約時に発行された解約証明書が必要です。取得方法をご紹介します。

J:COMでは、マイページで解約証明書やその他支払証明書が発行可能です。紙での送付はありません。

マイページから印刷するか、またはスクリーンショットで画像を保管しましょう。

マイページから閲覧できるのは3ヶ月間のみ マイページから解約証明書を閲覧できるのは解約から3ヶ月間です。違約金負担キャンペーンの手続きは、乗り換え先での契約開始から半年後など結構遅い時期になることもあるため、解約後早めに証明書をダウンロードまたは印刷して保管しておくようにしましょう。

J:COMネットからの乗り換え先におすすめな光回線

おすすめ光回線

J:COMネットからの乗り換え先におすすめの光回線を紹介します。

J:COMネットから他のインターネットプランへの乗り換えを検討中の方は、

  • J:COMネット提供エリア外への引っ越しに伴い光回線を乗り換えたい
  • 今よりも月額料金を安くしたい

この2つの条件に当てはまる方が多いかと思います。そこで、セレクトラでは乗り換え先の光回線として、

  1. J:COMネットより月額料金が安い
  2. 日本全国どのエリアからでも契約できる
  3. 乗り換えにかかった費用を還元してくれるキャンペーンがある

この3つのポイントを押さえたおすすめの光回線プランを紹介します。

乗り換え先におすすめ光回線 とくとくBB光

とくとくBB光

J:COMネットからの乗り換え先におすすめな光回線総合1位は、GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)です。とくとくBB光は、大手プロバイダのGMOインターネットが提供する、低価格帯の光回線インターネット接続サービスです。

とくとくBB光の売りは、何と言っても業界最安値レベルの月額料金の安さです。月額料金は、マンションで3千円台からとかなりリーズナブルな料金設定になっています。

また、料金プランが1つだけに絞られており、最初の安い料金からずっと変わりません。さらに、「途中解約すると違約金がかかる」といったような契約の縛りもありません。

GMO光アクセス 月額料金(税込)
ファミリー(戸建て) 4,818円
マンション 3,773円
事務手数料 3,300円

また、とくとくBB光では実質工事費無料の特典があります。これにより工事費相当額が月額料金から割引されるため、自己負担は0円になります。

加えて、とくとくBB光では、他社の違約金負担キャンペーンを実施中です。J:COMでかかる撤去工事日や解約金も後からとくとくBBがカバーしてくれます。

【期間限定】10月31日申し込み分まで!

とくとくBB光

とくとくBB光が選ばれる理由:

  • 月額料金が安い(3,773円~)
  • 解約違約金等の縛り一切なし
  • 新規工事費が実質無料

auスマホのユーザーにもとくとくBB光が最適解

いいねマークのイラスト

J:COMネットはauスマホのセット割(auスマートバリュー)の対象となっているため、auのスマホを使っているというJ:COMユーザーもいるのではないでしょうか。

上で紹介したとくとくBB光は、auスマホのユーザーにもおすすめです。

auスマホとセットでお得になるネット回線は、auひかり、ビッグローブ光などいくつか存在します。ただ、それらの光回線プランは、よく調べると割引適用前の料金が結構高いものが多いです。スマートバリューを適用できるプランを探すよりも、割引は無いものの元々の基本料金が安いプランを契約した方がお得になることが多いです。

また、お使いのスマホに関わらず最初から低価格なプランを選ぶことで、仮に今後スマホの会社をauから別の会社に変えた場合も、ネット回線の料金は変わらずお得なまま使い続けることができます。

割引が無くてもずっとお得に使える光回線をお探しの方にはとくとくBB光がおすすめです。

縛りなし・月額料金が安い(3,773円~)、シンプルな料金体系だから安心。高性能Wi-Fiルーターのレンタルも無料!v6プラス(IPv6/IPoE)標準対応で速度も快適。【10月31日まで!】乗り換え時にかかる他社違約金を最大21,000円還元

更新日

解約違約金・工事費の記載について2022年7月1日の電気通信事業法改正で、消費者保護の視点に立ったルールが法律に加わりました。これにより、契約者は以前より解約などがしやすくなります。
法改正に伴い、各種インターネットプランの解約金や工事費の料金設定、および請求方法が変更になる場合があります。当サイトでは順次表示の切替を進めておりますが、掲載している情報が最新ではない可能性があります。十分ご注意ください。