プロバイダー徹底解説・DMM
DMM

2016年9月に新しくプロバイダー事業に参入した「DMM」。インターネット・プロバイダーとしては、かなり新しいDMMですが、料金の安さが既に話題になっています。そんなDMMのプロバイダー事業についてご紹介します。

  • DMMは、光コラボ回線の「DMM光」というインターネット接続サービスを提供しています。
  • 自動更新ではなく、最低契約期間(2年)を採用している数少ない光コラボの1つです。

今より安いインターネットは?お引越しで新しいインターネット契約が必要?
ご相談フォームに必要事項を記入していただければ、ベストなインターネットプランをご提案!
電話でも受け付けています!:050-3196-9639(相談無料)までお気軽にお電話ください。

DMMの特徴

DMMは、元々コンテンツサービスやゲームなどを提供する会社です。現在は、グループ会社に証券会社があったり太陽光発電事業をやっていたり、事業を多角化する一環としてプロバイダー事業でも開始されました。

また、プロバイダーとして、DMMはその他にも、IP電話「DMM光電話」、IPテレビサービスである「DMM光テレビ」、格安SIMによるモバイル接続サービスなどを行っています。

DMMの口コミ・評判

プロバイダ徹底解説・DMM

DMM光は「自動更新プラン」じゃないのが嬉しい!自動更新プランを選ばなくても、月額料金が安い!

DMMが提供しているインターネット接続サービス「DMM 光」ですが、どんな口コミ・評判があるのでしょうか?DMM光は、始まったばかりのサービスではありますが、評判の方が良さそうです。

まずはスピード。光回線の場合、どこで契約しても「ホームページに書いてあるのより遅い!」という口コミが相対的によく見られるように思います。しかしながら、DMMの光回線、DMM光は、「思ったより速い。」「満足の速さ」というコメントが多いです。

気になるお値段ですが、「業界最安値水準!!」をうたっているように、DMM光は、戸建てタイプでもマンションタイプでも、「安い!」という口コミが多かったです。

さらに、解約条件としてDMM光は、「最低契約期間」を採用しており、分かりやすいのが好印象です。光回線によくある「自動更新プラン」は分かりにくいから、自動更新のような"しばり"のないプランを選ぶと月額料金が高くなってしまい、しかたなく自動更新プランを選んでしまいがち。

一方、DMM光は2年契約を続ければ、その後は解約金は発生しないというシンプルな料金プラン1つのみです。

DMM提供エリア

プロバイダーDMMは現在、「DMM 光 コラボレーション」、というインターネット接続サービスを次のエリアで提供しています。

この「DMM 光 」は、NTT東日本NTT西日本の光ファイバー回線「フレッツ 光」の提供エリアと同じです。NTTのサイトから提供エリアかどうかを調べることが出来ます。

DMM 光の提供エリア北海道地方:北海道
東北地方:青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県
北関東地方:茨城県、栃木県、群馬県
南関東:埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県(静岡の一部含む)
甲信越地方:山梨県、長野県、新潟県
北陸地方:福井県、石川県、富山県
東海地方:愛知県、三重県、岐阜県、静岡県
近畿地方:兵庫県、京都府、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県
中国地方:島根県、鳥取県、岡山県、山口県、広島県
四国地方:愛媛県、香川県、高知県、徳島県
九州地方:佐賀県、福岡県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県
沖縄地方:沖縄県

公式サイトへ

更新日

ガイド - プロバイダー徹底解説・DMM