ADSLの終了はいつ? - ADSLからなるべく安く他のインターネットを申し込む方法

現在ADSLを使っている家庭は、サービス終了する前に他のインターネットに乗り換える必要があります。ここではADSLサービスの終了時期や、ADSLと他のインターネットの比較、安く乗り換える方法などを紹介します。

ADSLが終了するのはいつ?

NTT東日本/西日本は2023年1月31日をもってADSLサービス提供を終了します。(フレッツ光提供エリア内)

フレッツ光の対応エリアカバー率は、NTT東日本が99%、NTT西日本が93%となっています。つまり、フレッツ光が届いていない残り数%の地域だけ、2023年以降もADSL利用が可能ということです。

ただしフレッツ光未開通の地域でも、ADSLプロバイダが接続サービスを終了してしまうとADSLが使えません。まだ日程を発表していないプロバイダもありますが、ほぼ全てのプロバイダがADSLサービス終了時期を合わせてくると思われます。

ADSL最大手のソフトバンクは、2024年3月31日にADSLサービスを完全終了する予定です。すでにソフトバンクのヤフーBB ADSLは2020年3月以降、一部地域から順次ADSLの終了を始めています。

現在ADSLを利用しているなら、他のインターネットへの乗り換えを真剣に検討する時期といえるでしょう。

  • ADSL終了の時期をまとめると次のようになります。
  • ADSLは2020年3月以降、順次終了開始する
  • ADSLは2023年1月31日にほとんど終了する
  • ADSLは2024年3月31日に完全終了する

ADSLと他のインターネットを比較する

ADSLから他のインターネットに乗り換える前には不安がつきもの。そこで、ADSLとその他のインターネットをこまかく比較していきます。不安をスッキリ解消してから申し込みに進みましょう。

比較するのは次のインターネットです。
光回線
SoftBank Air
WiMAX
ポケットWiFi
では、ひとつずつ見ていきましょう。

ADSL vs 光回線

光回線とADSLの比較
  • 光回線はADSLより月額料金が1,000円~3,000円高い
  • 光回線はADSLより固定電話料金が安い
  • 光回線はADSLより通信速度が約20倍速い
  • 光回線には携帯電話セット利用割引がある
  • 光回線に申し込むと豊富な特典がある
光回線がおすすめの人

・固定電話を使用する人
・通信速度は速いほうがいい人
・家族で同じキャリア携帯を使っている

大手キャリア提供の光回線プラン
プロバイダー 特徴 セット割りの適用条件
docomo光
ドコモ光に申込む
  • 携帯シェアNo.1のNTTドコモの光回線です。
  • プロバイダー料金も込み。

ドコモ光の解説ページ

  • ドコモのデータプランを使っていればセット割の対象になります。
auひかり
auひかりに申込む
  • auひかりはフレッツ光ではなく、独自の光回線を利用しています。
  • プロバイダーを別途契約する必要があります。

auひかりの解説ページ

  • 「ひかり電話」をオプション契約する必要があります。
SoftBank光
SoftBank光に申込む
  • 「ひかり電話」をオプション契約する必要があります。
光回線とADSLの比較
光回線 比較項目 ADSL
光ファイバー 回線種類 電話線
室内 使用可能場所 室内
4,000円~6,000円 月額料金 3,000円~4,000円
500円 固定電話基本料金 1,500円程度
全国一律8円/3分 通話料金 距離によって高くなる
1Gbps(約1,000Mbps) 最大通信速度(下り) 50Mbps
あり 携帯電話とセット利用割引 なし
キャッシュバック・月額割引・工事費無料など 申し込み特典

ADSL vs Softbank Air

Softbank Air(ソフトバンクエアー)は、無線WiFiを利用したインターネットサービスです。通信速度はADSLよりずっと速いのに、ルーター1つでネット接続できる手軽さが人気となっています。

ADSLとSoftbank Airの比較
  • Softbank AirはADSLより1,000円~2,000円高い
  • Softbank AirはADSLより固定電話料金が安い
  • Softbank AirはADSLより通信速度が約20倍速い
  • Softbank Airには携帯電話セット利用割引がある(Softbank)
  • Softbank Airに申し込むと割引特典がある
Softbank Airがおすすめの人

・Softbank携帯電話ユーザー
・申し込んですぐに使い始めたい人

Softbank AirとADSLの比較
Softbank Air 比較項目 ADSL
無線(SoftBank LTE) 回線種類 電話線
室内 使用可能場所 室内
5,000円程度 月額料金 3,000円~4,000円
980円(おうちのでんわ) 固定電話基本料金 1,500円程度
全国一律8円/3分 通話料金
962Mbps 最大通信速度(下り) 50Mbps
あり 携帯電話とセット利用割引 なし
月額割引、ルーター実質無料など 申し込み特典

ADSL vs WiMAX

WiMAX(ワイマックス)とは、KDDIが運用するWiMAX回線を利用したWiFiインターネットサービスのことを指します。

ポケットサイズのモバイルルーターなら外出先でも使用可能、据え置きタイプのホームルーターなら上記のSoftbank Airと同じく家の中で高速通信ができます。ルーターの種類はWiMAX申込時に選択できます。

ADSLとWiMAXの比較
  • WiMAXはADSLより500円~2,000円高い
  • WiMAXは固定電話サービスがない
  • WiMAXは通信制限がある
  • WiMAXはADSLより通信速度が約10倍速い
  • WiMAXは持ち運んで使える
  • WiMAXには携帯電話セット利用割引がある(au)
  • WiMAXに申し込むと特典がある
WiMAXがおすすめの人

・室内外を問わずネットを使いたい人
・都市部に住んでいる人
・au携帯電話ユーザー

WiMAXとADSLの比較
WiMAX 比較項目 ADSL
無線(WiMAX2+) 回線種類 電話線
室内/室外 使用可能場所 室内
電波が障害物に弱い 通信の特性 基地局から遠いと遅くなる
3,500円~5,000円 月額料金 3,000円~4,000円
固定電話基本料金 1,500円程度
通話料金 距離によって高くなる
440Mbps 最大通信速度(下り) 50Mbps
3日10GB超で半日制限あり 通信制限 なし
あり 携帯電話とセット利用割引 なし
キャッシュバック、月額割引、ルーター無料など 申し込み特典

ADSL vs ポケットWiFi

スマホと同じLTE回線を利用したポケットWi-Fiは、上記のWiMAXに比べて電波が強くて田舎や過疎地域でも入りやすいという特徴があります。

さらにクラウドSIM技術※を利用したポケットWiFiなら、ドコモ・au・SoftbankのLTE回線に対応(トリプルキャリア)。ポケットWiFiの現在地において最適な回線を自動選択するので、どこにいても快適なデータ通信が可能になります。

さらにクラウドSIMポケットWiFiは、海外でも同じルーターを使ってインターネットを利用できます。

※クラウドSIM技術とは?通常、ネット接続に必要な情報はSIMカードの中に含まれています。しかしクラウドSIMはクラウド上に情報が保存されており、必要に応じてルーターにダウンロードして利用する技術です。

ADSLとポケットWiFiの比較
  • ポケットWiFiは固定電話サービスがない
  • ポケットWiFiはADSLより500円~1,500円安い
  • ポケットWiFiはADSLより通信速度が約3倍速い
  • ポケットWiFiは持ち運んで使える
  • ポケットWiFiに申し込むと特典がある
ポケットWiFiがおすすめの人

・室内外を問わずネットを使いたい人
・光回線が未開通の地域に住んでいる人
・海外でもインターネットを使いたい人

ポケットWiFiとADSLの比較
ポケットWiFi 比較項目 ADSL
LTE クラウドWiFi
無線(SoftBank LTE) 無線(トリプルキャリア) 回線種類 電話線
室内/室外 室内/室外 使用可能場所 室内
場所を選ばず強い 場所を選ばず強い 通信の特性 基地局から遠いと遅くなる
2,500円~3,500円 3,000円~3,500円 月額料金 3,000円~4,000円
固定電話基本料金 1,500円程度
通話料金 距離によって高くなる
150Mbps 150Mbps 最大通信速度(下り) 50Mbps
なし なし 通信制限 なし
なし なし 携帯電話とセット利用割引 なし
月額割引、ルーター無料など 月額割引、ルーター無料など 申し込み特典

ADSLから他のインターネットに安く乗り換える方法

ADSLから他のインターネットに乗り換えるのに、なるべく安くお得になる方法を紹介します。

ADSL⇒光回線①携帯キャリアに合わせる

ADSLから光回線になるべく安くお得に乗り換えるには、携帯電話のキャリアに合わせて光インターネットに申し込むのがおすすめです。

光回線一契約で携帯電話10台分まで、1台につき携帯料金が月額1,000円割引されます。つまり最大で1ヶ月10,000円お得になるわけです。

携帯キャリアに合った光回線
・ドコモ⇒ドコモ光
・Softbank⇒Softbank光
・au⇒auひかり

ADSL⇒光回線②段階料金制の光回線にする

使用データ量に合わせて段階的に料金が上がる「エキサイト光Fit」は、最安で月額2,400円から利用できる光インターネットです。利用頻度がそこまで多くなければ、基本料金はADSLよりも安くなります。

エキサイト光Fitは初期費用・工事費ともに無料で、最低利用期間がないためいつ解約しても違約金はは発生しません。なるべく安くADSLから光回線に乗り換えたければ、エキサイト光Fitは最適といえるでしょう。

エキサイト光Fitの月額料金(税抜)
月間通信データ量 マンション(集合住宅) ファミリー(戸建て)
50GB未満※ 2,400円 3,200円
200GB未満 3,100円 3,900円
500GB未満 3,800円 4,600円
500GB以上 5,300円

※2020年10月1日から30GB未満になります。

ADSL⇒Softbank Air

工事不要ですぐに使えるSoftbank Airは、高額キャッシュバックや12ヶ月間の割引特典などを実施しています。

また「あんしん乗り換えキャンペーン」と題して、乗り換え時に発生する違約金や回線撤去費用などを、ソフトバンクが計10万円まで負担してくれます。ADSLから乗り換えも対象なので、安心して申し込めますよ。

ADSL⇒WiMAX乗り換えなら「GMOとくとくBB×WiMAX2+」

GMOとくとくBB×WiMAX2+は、3万円を超えるキャッシュバック&最新ルーター端末無料という大変お得なWiMAXです。

さらにauスマートバリューに対応しており、au携帯電話ユーザーなら1台あたり月額1,000円割引になります。格安SIMのUQ mobileでも月額500円割引があるので、WiMAXと合わせて携帯電話を切り替えるのもおすすめです。

ADSL⇒ポケットWiFi①コスパ抜群「NEXTmobile」

NEXTmobile(ネクストモバイル)は、月額3,100円でインターネット使い放題のお得なポケットWiFiです。ADSLと変わらない月額料金で通信速度はより速く、通信制限もかかりません。

家の中でも外出先でも電波が強力なので、どこでもネットを使いたい人におすすめです。

ADSL⇒どんなときもwifiに乗り換える

どんなときもwifiは、月額3,480円のクラウドSIMポケットWiFiです。トリプルキャリア対応で僻地にも強いため、光回線が通っていない地域に住んでいる人にもおすすめ。

国内にとどまらず海外でもお得にインターネットすることができて非常に便利です。

更新日