インターネットの速度が遅い - 5つの原因と対策方法

インターネットの速度が遅い   -  5つの原因と対策方法

インターネットの通信速度が遅くなる原因を4つの項目に分けて詳しく解説。すぐに試すことのできる対策方法も紹介しています。

  • 通信速度が遅くなる原因4つを解説
  • 原因別に通信速度が遅い時の対処法を紹介

総額表示への移行 2021年4月1日からの「総額表示」義務に伴い、「税込価格」統一に向けて順次変更を行っています。一部表示の切り替わっていない記事もあります。ご了承ください。

一番速い光回線プラン - どこのプラン?プロバイダー?(記事)

インターネットが家に届くまで - どこに問題があるのか?

インターネットは、大まかに分けて以下のような経路を辿ってご自宅、そして自分の端末までたどり着きます。インターネットが遅い、と感じた時はどこに問題があるのか1つずつ分けて考えると原因を特定しやすいでしょう。

インターネットが遅い原因は4つある。パソコン、周辺機器、回線、プロバイダのイラスト。
  1. 使用しているパソコン側に問題がある
  2. 接続環境(ルーターなど)に問題がある
  3. 回線(光回線・ADSL回線)の問題
  4. プロバイダー側の問題(通信障害)

自分の身近な箇所から1つずつ、問題はないか確認していきましょう。インターネット接続の調子が悪いからと言って、すぐにインターネットプロバイダや事業者を変えるのはちょっと待ちましょう。事業者の変更を考える前に、できることはないかチェックします。

原因①使用しているパソコン側に問題がある

パソコン

インターネットに問題があるのではなく、お使いのパソコンやスマホなどデバイス側の原因で動作が遅くなっているという可能性もあります。デバイス側(端末)が原因の場合、主に以下のようなケースが考えれます。

バックグラウンドで起動中のソフト・アプリがパフォーマンスを低下させている

セキュリティソフトやその他の常駐ソフトが多く起動しているとパソコン自体の情報処理スピードに影響を及ぼし、「インターネットが遅い」と感じる原因になるかもしれません。使用していないソフトやアプリは一旦閉じてみるのがおすすめです。

対策 Windowsであれば「タスクマネージャ」、Macであれば「アクテビティモニタ」を開いて、今確実に使用していないのに動いているアプリが無いかチェックします。もし起動中の不要なアプリがあれば終了しましょう。1つ1つアプリを終了するほか、パソコンを再起動しても同じ効果が期待できます。

同じネットワークに接続する人数が多い

1つのインターネット回線のキャパシティには限度があります。家族やシェアハウス等で、数人で大人数で同じインターネット回線を使用している場合には、通信速度が遅くなってしまう場合があります。

特に、誰かがNETFLIXなどをストリーミング動画を観て、また別の誰かが大量のデータをダウンロードするなどヘビーな使い方をしている場合は特にキャパオーバーになる可能性が高いです。

対策 まずは使用人数を減らして、通信速度が回復するか確認しましょう。同時に接続する人数が多いことが原因の場合は、使用する時間帯をずらすなどして工夫することも有効な対策になります。
また、どうしても全員が同時に活動をしなければならず解決が難しい場合は、帯域が広い(通信速度が速い)インターネットに乗り換えるのも1つの手です。一般家庭向け・個人ユーザー向けのおすすめは、NURO光です。最大通信速度がフレッツ光の通信速度の約2倍あるため、ヘビーユーザーでも安心です。

下り最大2Gbpsの高速インターネット回線。オンラインゲームやリモート会議を頻繁にする人、高画質動画をサクサク視聴したい人におすすめ。他社からの乗り換え時の違約金最大20,000円まで負担。

原因②接続環境・周辺機器(ルーターなど)

ルーターの挿し絵

お使いの端末をインターネットにつないでいるLANケーブルや無線ルーターが原因で、インターネットの通信が遅くなっている場合もあります。

ルーターにエラーが起きている

パソコン本体に問題が無く、ルーターやモデム等の機器と接続している場合は、それら周辺機器にエラーが起きてうまくインターネットに接続できなくなっている場合があります

対策ルーターやモデムなど周辺機器を一通り再起動してみましょう。機器によって再起動の仕方は様々ですが、電源ボタンが無い機器の場合はコンセントを抜いて10秒ほど待ってから再度電源に繋ぐ方法が一般的です。

ルーターやLANケーブルが古い

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)を使用している場合、型番によって性能に大きな違いがあります。それが通信速度にも影響してくることが多いです。また、ルーターとパソコンをつなぐLANケーブルにもいくつか種類があり、それぞれ対応できる最大通信速度が異なります。

無線ルーターでWi-Fi接続をしていて、ネットが遅いと感じたら、LANケーブルで直接パソコンとルーターを繋いでみましょう。ルーター無しの時に通信速度が改善するようであればルーターに問題がある可能性が大きいです。

対策ルーターやLANケーブルに原因があると分かった場合は、型番を調べて新しいものと交換してみるのも1つの手です。機器一式をプロバイダからレンタルしている場合はプロバイダが対応してくれる場合もあるので問い合わせてみましょう。

無線ルーターの種類と特徴
無線LAN規格 通信速度(最大) 周波数帯 電波干渉 障害物への強さ
IEEE802.11ad 6.7Gbps 60GHz帯 受けにくい 弱い
IEEE802.11ac 6.9Gbps 5GHz帯 受けにくい 弱い
IEEE802.11n 300Mbps 2.4G帯/5GHz帯 受けやすい/受けにくい 強い/弱い
IEEE802.11a 54Mbps 5GHz帯 受けにくい 弱い
IEEE802.11g 54Mbps 2.4G帯 受けやすい 強い
IEEE802.11b 11Mbps 2.4G帯 受けやすい 強い

ひとくちメモ:周波数帯の特徴

周波数は、高くなればなるほど障害物に弱くなるという特徴があります。ですから、60GHzは、部屋をいくつかまたぐような場合や高いビルの間では少々不向きです。もちろん、メリットもあります。60GHzはあまり使用されていない周波数帯なので、家電といったその他の電波干渉を受けにくく、また電波の直進性が高いので、限られた室内での利用では効果的です。

周波数の低い、2.4GHzは障害物に強いため、屋外などでも安心です。ただし、他の電波と干渉しやすいという側面もあります。4GHz周波数帯は、電子レンジやBluetoothなどでも使用されているためです。

Netflixアマゾンプライムなどストリーミングで映画を観る場合は、5GHz帯が良いされています。5GHzは無線LAN専用の周波数です。

Wi-Fiルーターを置く位置も影響します。電化製品のそば、鏡や水回りにWi-Fiルーターを置くとパフォーマンスが低下することがあります。できれば、部屋の中心部に設置し、また床への直置きは避けるようにしましょう。

  • 無線ルーターチェックポイント
  • Wi-Fiの電波を発するルーターから遠い場所にいたり、ルーターと自分の間に障害物がある。
  • 家族全員で複数台の端末を利用するなど、Wi-Fiに繋がっている端末が多すぎる。
  • ルーター本体に不具合がある可能性もあります。
  • Wi-Fiルーターの性能が古い

インターネット回線の速度自体が遅いのか、それともWi-Fiにからんだ問題なのかは、スピードメーターを利用すれば簡単にチェックすることができます。パソコンをLANケーブルで直接インターネットにつなぎ、スピードメーターの回転速度を見てみましょう。測定結果が問題ないようであれば、回線の問題ではなく、Wi-Fiが原因の可能性が高いと判断することができます。

原因③回線に問題がある(光回線・ADSL)

光ファイバーケーブルのイラスト

インターネットの回線の種類に問題がある場合もあります。パソコンも新しい、無線ルーターの機能も問題ない、となるといよいよ回線の性能を疑った方が良いかもしれません。

具体的なケースとともに実行可能な改善方法についても見て行きます。

インターネット回線がADSL回線である

 

お使いのインターネット回線はADSL回線ではありませんか?有線のインターネットを使っていてかつ光回線にした記憶がなければ、昔ながらのADSL回線を利用している可能性があります。

対策ADSLのインターネットを契約している場合は、できるだけ早く光回線への切り替えることをお勧めします。自分が契約しているインターネットがADSLかどうかは、契約書や請求書に明記されています。分からない場合はお手元の書類をチェックしてみましょう。(NTT東日本・NTT西日本のADSLのサービスは2023年でサービスの提供終了が予定されてします。)

関連記事:
ADSLからなるべく安く他のインターネットを申し込む方法

ひとくちメモ:一般的に必要とされている通信速度

  • サイトの閲覧のみや、メールを見るのが中心の場合:1Mbps - 10Mbps
  • 画像の多いショッピングサイトを見たり、動画や画像が含まれるサイトをよく見る場合:10Mbps - 30Mbps
  • ストリーミングで高画質映画をみたり、オンラインゲームをよくする場合:30Mbps - 60Mbps

ADSLと光回線の通信速度 ADSL回線:下り最大50.5Mbps
光回線:下り最大1Gbps~

ADSLから光回線にすれば、映画を観る場合も、複数人でインターネット利用する場合も、それをまかなう通信速度を得ることが可能です。特に、数人でもサクサクネットを使いたいという方はNURO光などの通信速度が速いプランがおすすめです。

下り最大2Gbpsの高速インターネット回線。オンラインゲームやリモート会議を頻繁にする人、高画質動画をサクサク視聴したい人におすすめ。他社からの乗り換え時の違約金最大20,000円まで負担。

回線が混雑する時間帯に利用している

すでに光回線にしているという方はたくさんいるでしょう。光回線であるにも関わらず通信速度が遅いという場合は、以下のような理由が考えれれます。

インターネット回線は、自分だけの専用の線があるわけではなく、一定の場所まで一つの回線を同じ回線会社を使う人と分け合って使っています。このため、特に夜の時間帯など、たくさんの人が同時にインターネットを使っていると、通信速度が遅くなることがあります。混雑する夜間や昼の時間帯をずらして利用してみて、速度に違いがあるようであれば、混雑が1つの原因と考えられます。

次の項目で紹介しますが、IPoE接続という方式で接続をすると、混雑をさけてインターネットに繋げることができます。

PPPoE方式で接続している

現在は、IPv6・IPoEとよばれる新しい方式で接続が可能となっています。このIPoEは従来型のPPPoE方式よりも、通信速度が速いと言われています。

従来型のPPPoE方式の場合、プロバイダーの提供するネットワーク終端装置(NTE)と呼ばれる通信回線とユーザーをつなぐ機器を必ず経由する必要があります。ただ、このネットワーク終端装置(NTE)の収容量に限界があり、ユーザーが増える時間帯は混雑して通信速度が遅くなります。一方、IPv6・IPoEでは大容量のルーターを利用するため、混雑が解消され、通信速度の低下も避けやすくなります。

IPv6・IPoEに変更をすれば、夜間などの通信が混雑する時間帯、利用者の多い都市エリアでも安定した速度で通信できます。

関連記事:
IPv6で接続されているか簡単に確認する方法

配線方式が理由

VDSL配線方式だと途中から、回線が電話回線になってしまう。(出典:NTT東日本)

集合住宅にお住まいの方はこの配線方式の違いが通信速度に影響をしている可能性が考えられます。光回線(光ファイバーケーブル)の配線方式には、「光配線方式」や「VDSL配線方式」といった種類があり、同じ光回線でも通信速度に差があるためです。

「VDSL配線方式」は、「光配線方式」と同等の速度は期待できません。なぜなら、VDSL配線方式は金属製のケーブルを使用するためです。光ファイバーに比べて金属のケーブルはデータの伝達効率が落ちるため、通信速度も劣ります。

また通常、一軒家の場合は、配線方式による問題はありません。光配線とという方式で、宅内までちゃんと光回線が引き込まれています。集合住宅の場合はVDSL配線方式の場合が多いです。

対策 配線方式のせいで通信速度が遅い場合は、NTTのフレッツ光以外の光回線に契約することで解決が可能です。例えば、NURO光ならばマンションでも戸建てでも光配線方式で、自分の部屋まで光ファイバーケーブルを引き込んでくれます。

下り最大2Gbpsの高速インターネット回線。オンラインゲームやリモート会議を頻繁にする人、高画質動画をサクサク視聴したい人におすすめ。他社からの乗り換え時の違約金最大20,000円まで負担。

原因④プロバイダー側の問題(通信障害)

また、インターネットが急激に遅くなった場合、通信障害などのトラブルが発生している事が考えられます。契約先のプロバイダーのホームページを確認してみましょう。もし何らかの障害が発生していれば、障害情報がわかりやすいところに書かれているはずです。

一次的な問題であれば、通信障害が解決されるのを待ちましょう。

まとめ:インターネットの速度を上げるにはどうすればいい?

速度

インターネットが遅くなる理由について、タイプ別に切り分けて、考えられる理由を紹介してきました。最後に対処法のポイントをまとめて紹介します。

パソコンの不要なアプリ・ソフトを終了する

インターネットが遅いのではなく、実はパソコンがキャパオーバーになって動きが鈍くなっている可能性も捨てきれません。バックグラウンドで起動中のアプリがあれば終了するか、またはパソコンを再起動してみましょう。

Wi-Fiルーターの再起動・機器やLANケーブルを新しいモデルに交換

パソコンに問題が無い場合は、周辺機器に問題が無いかチェックです。ルーターやモデムを使用している場合は再起動してみましょう。それでも変わらない場合は機器やLANケーブルを最新のものに交換すると通信速度が改善することがあります。

インターネット回線を変える

ここまで紹介してきた方法を試してみたけど改善されないという方、使用している端末(PC、タブレット、スマホなど)や周辺機器も問題ないのに通信速度がいまいち、という方は光回線の変更を検討してみましょう。

ADSLを利用しているなら光回線へ

インターネット回線の中でも、最も通信速度が速く安定しているのは光回線です。また、ADSLはじきに提供が終了しますので、今ADSLをお使いの場合、この機会に光回線に変えるのがおすすめです。

おすすめの光回線としてここでは光コラボプランを紹介します。光コラボはNTTのフレッツ光を利用した光回線プラン。全国広く申し込みが可能で、工事も最小限で済むため導入までがとてもスピーディーです。

サービス名
GMO光アクセス
公式サイト
  • 月額料金が安い。
  • 契約の縛りや解約金がない
  • Wi-Fiルーターのレンタルサービスが0円
  • IPv6接続が標準装備で速度も速い。
  • 工事費実質無料のキャンペーン中!

とくとくBB光(GMO光アクセス)の詳細

サービス名
OCNひかり
公式サイト
  • NTT系の大手プロバイダ
  • 光コラボシェア15年連続No.1
  • 訪問サポートが初回無料!

OCN光の詳細

サービス名
ドコモ光
公式サイト
  • 新規契約で今なら工事費0円
  • 最大40,000円キャッシュバック
  • IPoE対応高品質Wi-Fiルーター無料レンタル!
  • 初回訪問サポート無料
  • インターネットセキュリティーサービス1年間無料

ドコモ光 x とくとくBBの詳細

サービス名 おすすめポイント
GMO光アクセス 公式サイト
  • 月額料金が安い。
  • 契約の縛りや解約金がない
  • Wi-Fiルーターのレンタルサービスが0円
  • IPv6接続が標準装備で速度も速い。
  • 工事費実質無料のキャンペーン中!

とくとくBB光(GMO光アクセス)をもっと詳しく

OCN光
公式サイト
  • NTT系の大手プロバイダ
  • 光コラボシェア15年連続No.1
  • 訪問サポートが初回無料!

OCN光をもっと詳しく

ドコモ光
公式サイト
  • 新規契約で今なら工事費0円
  • 最大40,000円キャッシュバック
  • IPoE対応高品質Wi-Fiルーター無料レンタル!
  • 初回訪問サポート無料
  • インターネットセキュリティーサービス1年間無料

ドコモ光 x とくとくBBをもっと詳しくチェック

インターネット乗り換えの際、ドコモ・au・SoftBankのスマホを使っている人はキャリアの提供する光回線がおすすめです。お使いのスマホ代が月々安くなるという特典があります。なお、SoftBank光の場合は、ソフトバンクだけでなく、人気格安SIMのワイモバイルの割引も利用可能であるため、ワイモバイルユーザーやワイモバイルを使うことを考えている人にぴったりです。

キャリア提供の光回線プラン
ドコモ光×GMOとくとくBB(プロバイダー)
GMOとくとくBBドコモ光
公式サイト
  • 全国の実効速度をウェブで公開中
  • 【オプション不要】このページからの申し込み限定で必ず20,000円キャッシュバック。
  • スマホ料金が毎月割引に
  • ドコモ光のプロバイダーシェアNo.1
  • 高品質WI-Fiルーター(無料)は自分で選べる

ドコモ光の解説ページ

auひかり×各種プロバイダー
(正規代理店NEXT)
auひかり
公式サイト   
  • プロバイダーが選べる(とくとくBB/So-net/@niftyなど)
  • とくとくBBなら現金還元最大77,000円

auひかりの解説ページ

ソフトバンク光
ソフトバンク光
公式サイト
  • スマホ料金が毎月割引
  • 開通までWi-Fi無料レンタルできる
  • 他社からの乗り換え違約金を還元

ソフトバンク光の解説ページ

キャリア提供の光回線プラン
代理店・プロバイダー キャリアユーザーなら光回線もキャリアのプランがお得 👌 
ドコモ光×GMOとくとくBB
(プロバイダー)

GMOとくとくBBドコモ光公式サイト
  • ドコモ光のプロバイダーGMOとくとくBB
  • 【オプション不要】このページからの申し込み限定で必ず20,000円キャッシュバック。
  • 全国の実効速度をウェブで公開中
  • スマホ料金が毎月割引に
  • ドコモ光プロバイダーシェアNo.1
  • 高品質WI-Fiルーター(無料)は自分で選べる

ドコモ光の解説ページ

auひかり×各種プロバイダー
(正規代理店NEXT)
au ひかり
公式サイト
  • プロバイダーが選べる(とくとくBB/So-net/@niftyなど)
  • とくとくBBなら現金還元最大77,000円

auひかりの解説ページ

SoftBank光
ソフトバンク光
公式サイト
  • おうち割で毎月のスマホ代が安くなる。家族や同居人も最大10人まで対象(ワイモバイルもOK)
  • ネット開通までの間、無料でWi-Fiレンタルができるので安心
  • 他社からの乗り換えでかかる解約金・違約金は全額還元

ソフトバンク光の解説ページ

ドコモ光なら、GMOとくとくBBドコモ光がおすすめです。新規契約で工事費無料・最大20,000円のキャッシュバックでお得にスタートできる特典があります。ドコモユーザーで、一緒に契約するネットプランを探している人はドコモ光がおすすめです。

ドコモユーザーなら
ドコモ光
GMOはドコモ光シェアNo.1
1. 工事費0円、2. 高品質ルーターのレンタル無料 3. 初回訪問サポート無料 4. このページ限定!オプション加入不要で40,000円最短翌月キャッシュバック 5. 顧客満足度も高い
公式サイトを見る
ドコモユーザーなら
ドコモ光
GMOはドコモ光のプロバイダシェアNo.1
1. 工事費0円 2. 選べる無料高品質ルーター 3. 初回訪問サポート無料 4. このページ限定!オプション加入不要で40,000円最短翌月キャッシュバック 5.顧客満足度も高い
公式サイトを見る

とにかく速さにこだわるならNURO光

光回線といえば、NTTの提供するフレッツ光だと物足りない人・とにかく通信速度で後悔したくない人はNURO光がおすすめです。エリアが限定されていますが、最大通信速度フレッツの2倍の下り最大2Gbpsのためフレッツ光よりも速い通信速度が期待できます。

下り最大2Gbpsの高速インターネット回線。オンラインゲームやリモート会議を頻繁にする人、高画質動画をサクサク視聴したい人におすすめ。他社からの乗り換え時の違約金最大20,000円まで負担。

更新日

解約違約金・工事費の記載について2022年7月1日の電気通信事業法改正で、消費者保護の視点に立ったルールが法律に加わりました。これにより、契約者は以前より解約などがしやすくなります。
法改正に伴い、各種インターネットプランの解約金や工事費の料金設定、および請求方法が変更になる場合があります。当サイトでは順次表示の切替を進めておりますが、掲載している情報が最新ではない可能性があります。十分ご注意ください。