光電話と固定電話の料金比較 - 光電話は本当に安いのか?

光電話と固定電話の比較 - 光電話は本当に安いのか。

光電話は一般的に安いと考えられていますが、本当に安いのでしょうか?光電話と固定電話の料金を実際に比べてみました。

光回線のインターネットを契約しているなら電話も光にした方が本当にお得なのでしょうか?実際に料金を比べて検証してみました。

光電話とは? - 光電話の概要

光電話と固定電話の比較 - 光電話は本当に安いの?

光電話にしても使っている電話機はそのまま使えます。果たして本当に固定電話より安い?確認しましょう。

光電話とはインターネットの光回線を利用した電話のことです。通常の電話ならば、皆さんご存知の通り電話線を使用しますが、光電話では光ファイバーケーブル(光回線)を利用します。

光電話にすると使用する「線」は変わりますが、電話機の買い替えなどは必要ありません。今まで使用していた電話機を同じように使って電話をすることができます。もちろん、今まで使用していた同じ電話番号を引き続き使用することができます。

光電話は、単体での申し込みはできません。光回線のインターネット契約をしている人がオプション(追加)として契約をします。つまり、現在、インターネットが光回線でない人で、光電話にしたい場合は、まず光回線のネット申し込みをしなければなりません。また、光電話の契約はオプションですから、光回線インターネットを利用していても、光電話は利用していない、という人ももちろんいます。

この光回線を利用した光電話、固定回線の電話よりも安いと言われます。本当でしょうか?どれくらい安いのでしょうか。実際に検証してみましょう。

固定電話にかかる料金

光電話は固定回線より本当にに安いのか比較するために、まず固定電話の料金を初期費用も含めて確認してみます。

まず新規に固定電話を導入した場合の初期費用をみてみます。「加入電話」を選んだ場合、施設設置負担金が36,000円かかることがわかります。一方、「加入電話・ライトプラン」は、新規に契約する場合の施設設置負担金(昔の電話加入権)はかかりません。その代わり、月額基本料金(回線使用料)が「加入電話」よりも高く設定されています。

めでたく固定電話が導入されて以降、毎月かかる電話代は、1. 月額基本料金(回線使用料)と 2.「通話料金」を合計したものになります。

1.「月額基本料金(回線使用料)」は、ダイヤル式かプッシュ式か等条件によって少し異なりますが、加入電話ならば、毎月1,450-1,700円かかります。(最終的な額はNTTに確認が必要です。)

2.「通話料金」は、通話時間ごとに課金されます。長く話せばその分料金はあがるのは、皆さんご存知の通りです。また、距離が離れていると通話料が高くなる料金設定になっています。市内同士の通話であれば、8.5円で3分話せますが、60Km以上離れている相手に電話する場合は、10円で45秒です。例えば30分通話したとして比較してみましょう。85円と400円で大分料金が異なります。

ちなみに、以下の料金表では省きましたが早朝や深夜の電話代は少し割安になっています。                             

固定電話にかかる料金
費用/料金 加入電話
住宅用
加入電話・ライトプラン
住宅用
契約料(新規に契約する場合) 800円 800円
施設設置負担金
(昔の電話加入権に該当)
36,000円 0円
工事費(新規に契約する場合) 0円 2000円
月額基本料金(回線使用料) 1,450-1,700円 1,700円-1,950円
通話料 固定電話同士(市内) 8.5円で3分
固定電話同士(市外-20Kmまで) 10円で90秒
固定電話同士(20-60Kmまで) 10円で60秒
固定電話同士(60Km以上) 10円で45秒
固定電話から携帯電話 17-20円で60秒

光電話にかかる料金

光電話の初期費用

続いて光電話を導入した場合のコストを見てみましょう。まずは光回線には光回線ケーブルが必要です。光回線インターネットを利用していない方は、まずは、光回線のケーブルをひいてもらう工事と次に光電話のための工事(設置業務)が必要になります。どのくらい工事費がかかるのか、条件別に見てみましょう。

光回線の新規インターネット契約と一緒に光電話も申し込む場合

光回線ケーブルを引く工事費にプラス1,000円~3,000円で光電話のための工事をしてもらえます。光回線の工事費は、プロバイダーや居住形態にもよりますが、18,000円から24,000円程度かかります。追加料金3000円で土日の作業も行ってくれます。

新規申し込みを対象とした工事費無料キャンペーンが頻繁に行われていますから、これから光回線を申し込む場合は、是非チェックしてみましょう。

光回線・工事費無料キャンペーン・プロバイダー(一部)
光回線プラン名 内容  

NURO光

工事費が月額料金からマイナスされることで実質的に工事費が無料になる。
DTI光 キャッシュバックが工事費に該当する。
So-net光プラス 月額料金に工事費が含まれている。
楽天コミニュケーションズ光 工事費がもともとないプラン。

すでに光回線インターネットを利用しており、後から光電話を導入する場合

すでに光回線のインターネット契約をしており、後から光電話を導入する場合は、3,000円~11,000円の工事費がかかります。

これら料金の幅は、工事に回線会社の派遣が必要かどうかと、今使用している固定電話の番号を光電話でも使用できるようにする(番号ポータビリティ)にするかどうかなどの条件によって変わります。

また、いくら光電話にしても固定電話を休止もしくは一時中断しなければ、二重に月額基本料金を払うことになり損してしまいます。固定電話を休止する場合には、2,000円の手数料がかかりますので、ここでもコストの1つとしてあげておきます。

光電話の月額料金と通話料

実際に各プロバイダーの提供する光電話の料金を見てみましょう。光電話の利用にかかる月額料金はどこも約500円です。そして、通話量は全国一律、距離に関係なく8円/3分となっています。固定電話の場合の市内同士の通話料金よりも安いことが分かります。

一方、光電話を利用するためには、専用のルーターをレンタルする必要があり、そのレンタル料がかかります。NURO光の場合はルーターのレンタル料は不要です。

光電話が契約できる主なプロバイダーとその料金

光電話が契約できる光回線インターネット・料金(税抜)
プロバイダー 月額料金 通話料
OCN 光 500円
(ホームゲートウェイのレンタル料金500円/月がかかる。)
無全国一律:8円/3分
OCN
SoftBank 光 467円
(光BBユニットのレンタル料467円/月がかかる。)

全国一律:7.99円/3分
ソフトバンクやBBフォンへの電話は通話無料

So-net 光 プラス

500円
(無線LANルータレンタル料300円/月がかかる。)
無全国一律:8円/3分
NURO 光 467円 全国一律:7.99円/3分
ソフトバンクやBBフォンへの電話は通話無料

光電話は安いのか?- 結論

光電話は本当に安いのか。

長距離電話を頻繁にかける人ならば光電話はお得です。

上記に主要な光回線プロバイダーの提供する光電話の料金をあげましたが、どこの光電話も月額基本料金は約500円となっています。ただし、一部のプロバイダーでは光電話に必要な専用ルーターをレンタルしなくてはいけませんので、その料金も考慮する必要があります。

それでも、固定電話の月額基本料金が1,450-1,950円ですから、基本料金はまず固定電話よりも光電話の方が安いことが分かります。

続いて、光電話の通話料は8円で3分となっていますので、固定電話の8.5円で3分に比べるとわずかに光電話の方が安い程度。しかしながら、固定電話の場合、距離が離れると通話料が高くなるのに比べ、光電話は距離関係なく、いつでも8円で3分です。つまり、「頻繁に電話する」、さらに「遠距離に電話をする」という方であれば固定電話よりも光電話の方がかなり安くなるということになります。

固定電話 vs 光電話
  • 光電話の月額料金は、固定電話よりも安くなります。
  • 光電話の通話料は、たくさん電話をする、長距離に電話する。そんな場合には固定電話よりも安くなります。

逆にいえば、「さほど固定電話で電話はしない、しかもそんな長距離に電話をする必要がない。」という人ではあれば固定電話と光電話の料金差はほとんどないということになります。

光電話を契約すべき人・そうでない人

光電話にかかる初期費用と月額料金とその特徴について確認しました。電話をかける頻度が多く、長距離に電話をすることが多い方ならば光電話で電話代を節約することができることが分かりました。

光電話はこんな人におすすめ

光電話は本当に安いのか。

家の固定電話をよく使う、長距離電話をよくかける、という人は光電話はおすすめです。

  • 光回線を契約予定の人。(契約中の人。):光回線の導入と同時に申し込むと光電話の工事費が安くすみます。
  • 新たに固定電話の契約が必要な人。:固定電話より安く電話(家電話)が導入できます。
  • 固定電話で頻繁に電話をする人(特に長距離の場合):光電話は距離に関係なく通話料金が一律。

上記の条件に当てはまる人方は光電話のオプションを契約する価値があるといえるでしょう。特に商売・ビジネスで全国の顧客や取引先に電話をするような場合は光電話は最適です。

光電話がおすすめでない人

  • あまり家の固定電話を使用しない人:光電話は固定電話より月額料金安いが、そもそもあまり電話しないならばお得になる「差」も小さい。
  • 通話にはスマホを使う、LINEなどを使用するという人。
  • 長距離電話をしない人:長距離でなければ通話料は光電話も固定電話も変わらない。

上記ような人は、わざわざ光電話を契約することで損をすることはありませんが、メリットはさほど大きくありません。L

他にもこんな方法で電話代を安くすることができる

最近はほとんどの通話をスマホ・ケータイだけで済ませられるようになってきています。また、LINEやSkype等で音声通話をすれば、距離による料金差を気にする必要がそもそもありません。

このような傾向にともない家の固定電話を解約する人も増えています。光電話は固定電話よりも安いですが、そもそも家で電話をしないならば、家の電話自体を解約するという選択肢が一番安い(ゼロ円)ということは言うまでもありません。

またスマホの契約を大手キャリアから格安SIM(MVNO)に契約を切り替えることによるコストダウンはより簡単で効果的ですので、固定電話と光電話の料金の比較だけにとどまらず他の選択肢も広く見てみることで電話代・通信費を安くすることができるでしょう。

更新日