MEC光

縛りなし&解約金なしの光回線 - enひかり🌈

  • 最低利用期間も解約金も無いから安心。
  • IPoE接続対応だから通信速度も速くて満足。
  • 業界最安値。法人契約もOK。

オフィスや店舗の電話は光電話がお得? 【固定電話 vs 光電話 - 料金比較】

オフィスや店舗の電話は光電話がお得? 【固定電話 vs 光電話 - 料金企画】

オフィスや店舗に電話を導入するなら、固定電話と光電話どちらがコスト節約になるのでしょうか?基本料金や通話料金を具体的に比較するほか、電話に関する気になる質問にも答えます。

固定電話と光電話はどちらがお得?

NTT東日本またはNTT西日本が提供する固定電話サービスと、光回線インターネットのオプションである光電話サービス。結論からいうと、間違いなく光電話のほうがお得です。

基本料金と通話料金別に、固定電話と光電話にどれほど金額差があるのか見てみましょう。

  • 固定電話には2つのプランがある
  • 加入電話⇒ 電話加入権(施設設置負担金を支払うと得られる)が必要なプラン
  • 加入電話ライトプラン⇒ 電話加入権が不要なプラン

基本料金 - 固定電話 vs 光電話

一般向け光電話の基本料は固定電話に比べて毎月千円以上安く、たったの500円/月という安さです。光電話オフィスタイプの基本料も、やはり固定電話より千円以上節約できます。

初期費用に関しても、光電話は約3千円と負担にならない金額です。それに対して固定電話は、36,000円という高額な施設設置負担金を支払うか、または電話加入権が不要な代わりに基本料が割高のライトプランを選ぶ必要があります。

基本料金(税抜)- NTT固定電話と光電話
  加入電話 加入電話ライトプラン ひかり電話
基本料 住宅用 1,600円~1,700円/月 1,850円~1,950円/月 500円/月
事務用 2,400円~2,500円/月 2,650円~2,750円/月 1,300円/月
初期費用 36,800円 2,800円 3,300円

※加入電話・加入電話ライトプランの基本料はプッシュ回線用の料金を記載しています。

通話料金 - 固定電話 vs 光電話

顧客や取引先との電話やり取りが多い店舗やオフィスで馬鹿にできない通話料金。ここでも光電話は安さを発揮しています。

光電話は固定電話宛てが一律8円/3分ですが、加入電話だと相手側との距離によって8.5~80円/3分と変動します。光電話のほうがシンプル&割安といえるでしょう。

通話料金(税抜) - NTT固定電話と光電話
  加入電話・加入電話ライトプラン ひかり電話
固定電話へ
(3分間)
市内 8.5円 8円
県内市外 20~40円
県外 20~80円
携帯電話へ(1分間) 16~17.5円(東日本エリア)
17~18円(西日本エリア)
16~18円

※昼間(8-19時)の通話料金を記載しています。

下り速度最大2Gbps!
NURO光
高速光回線NURO光で快適なテレワーク、ストレスフリーなおうち時間を。工事費実質無料だから安心。
ウェブで申し込む折り返し電話予約
下り速度最大2Gbps!
NURO光
高速光回線NURO光で快適なテレワーク、ストレスフリーなおうち時間を。工事費実質無料だから安心。 オンライン申し込み折り返し電話予約

光電話をオフィスや店舗に導入するメリット・デメリット

光電話を業務用に導入するメリット・デメリットをそれぞれ考えてみましょう。

光電話を導入するメリット

光電話導入のメリットは主に6つです。それぞれ詳しくチェックしていきましょう。

光電話のメリット

  • コスト削減できる
  • 電話加入権が要らない
  • 電話機・電話番号をそのまま使える
  • 電話番号やチャネルを増やせる
  • 便利なオプションサービスが充実している
  • 音質が安定して良い

①コスト削減できる

上でも解説したとおり、オフィスや店舗に光電話を導入するとコスト削減効果は抜群です。

簡単な料金シミュレーションをしてみましょう。あるオフィスの1ヵ月間の合計通話時間が30時間だとして、電話代を比べてみました。なお、加入電話の通話料は1分10円として計算しています。

月額料金の違い
加入電話・・・20,400円(基本料2,400円+通話料18,000円)
光電話・・・・6,230円(基本料1,430円+通話料4,800円)

年間コストの違い
加入電話・・・244,800円
光電話・・・・74,760円

これはあくまで一例ですが、光電話が固定電話に比べてどれだけお得か分かるのではないでしょうか。

②電話加入権が要らない

NTTの加入電話は、最初に電話加入権を得るために36,000円支払わないといけません。しかし光回線は電話加入権など不要なので、初期費用を安く抑えることができます

ちなみに、NTT加入電話ライトプランなら電話加入権は不要ですが、その分毎月の基本料が割高になります。いずれにしても、光電話のほうが大きくお得といえるでしょう。

③電話機・電話番号をそのまま使える

これまで固定電話に使っていた電話機があるなら、光電話になっても引き続き使い続けることができます。ケーブルを従来の電話線から光ファイバーケーブルに差し替えるだけでOKだからです。

電話番号もすでにあるのなら、番号ポータビリティによって光電話でそのまま利用できます。携帯電話のキャリアを乗り換える時のMNP手続きと同じようなものです。

④電話番号やチャネルを増やせる

オフィスや事務所では複数の電話機で同時通話対応や、電話番号を部署ごとに設ける必要があるかもしれません。光電話はそれらの必要をしっかり満たしてくれます。

「NTTひかり電話オフィスタイプ」なら、基本サービスとして1契約ごとに1番号3チャネル※利用できます。月額1,300円/月で電話機3台まで同時通話できるのは助かりますよね。さらに希望ならオプションで最大32番号、8チャネルまで増やすことが可能です。

※チャネルとは1契約で同時に通話できる回線数のことです。

⑤便利なオプションサービスが充実している

光電話サービスにはビジネスに役立つ様々なオプションがあります。個人事業主または法人として、円滑な業務のためにオプションを上手に活用するといいでしょう。

  • オフィス・店舗向けの人気オプションサービス
  • ナンバーディスプレイ・・・かけてきた相手の電話番号を表示
  • ナンバーリクエスト・・・番号非通知の相手をシャットアウト
  • 迷惑電話お断りサービス・・・迷惑電話をシャットアウト
  • ボイスワープ・・・かかってきた電話を外出先の電話で受ける
  • 複数チャネル・・・複数の電話機で同時に通話できる

⑥音質が安定して良い

光ケーブルはアナログ電話線と異なり劣化しません。また、天候によってノイズが入ったりすることもなく、安定した音質で通話が可能です。

光電話を導入するデメリット

便利な光電話ですが、状況によってはデメリットとなる特徴もあります。申し込んでも問題がないか、事前に必ず確認しましょう。

光電話のデメリット

  • 光回線の契約が必須
  • 停電時に使用できない
  • 光電話で発番すると光電話でしか使えない

①光回線の契約が必須

光電話サービスは光回線インターネットのオプションなので、光回線契約が必須となります。つまり、電話料金のコストを考える時には、光回線の月額基本料も計算に入れないといけません。

とはいえ、ビジネスでもインターネットが欠かせない時代となっている今、安定して速い光回線を導入するのは決して無駄な投資ではないでしょう。光回線料金は月額平均4,000~5,000円程度となっています。

②停電時に使用できない

基本的に、光電話は停電時には利用できません。電話機自体はもちろん、電話機とケーブルで繋がるルーターの電源も落ちるからです。

ただ、停電は滅多に起きないうえに、停電したとしても緊急時には携帯電話で対応可能なことから、そんなに大きなデメリットとはいえません。

また、無停電電源装置(UPS)を用意しておくことで、停電時も光電話を使用できるようになります。万が一の時でも固定電話の通話ラインを確保しておきたいなら、検討してみるといいでしょう。

無停電電源装置とは? 停電などで電力が経たれた場合でも電力を供給し続ける装置のことです。無停電電源装置のことを一般的にUPS(Uninterruptible Power Supply)といいます。電話機や光回線だけでなく、パソコンの非常時電源として使用することもできます。

③光電話で発番すると光電話でしか使えない

光電話申込みと同時に新たな電話番号を発番(新規取得)した場合、その番号は光電話でのみ使える番号となります。つまり、光電話から固定電話に切り替えようとしてもその番号は使えないわけです。

「発番」、「番号ポータビリティ」とは?

加入電話や光電話で新規契約すると、電話番号が発行されます。これを「発番」と言います。また、加入電話(固定電話)で発番された電話番号を光電話でも使えるように番号をそのまま持ち越すサービスのことを「番号ボータビリティー」と言います。

たとえば、光回線が不要になったから解約するとしましょう。その際、光電話加入時に発番した電話番号は捨てないといけなくなります。電話番号を変えたくないなら、光回線を契約し続けるしかありません

逆に、固定電話から番号ポータビリティ(※固定電話の番号をそのまま光電話で使えるシステム)で光電話に引き継いだ番号(電話加入権あり)は、後から再び固定電話に切り替えることも可能です。

ちなみに、NTTフレッツ光系の光回線同士での乗り換えなら、光電話で発番の番号でも引き継ぐことができます。フレッツ光→光コラボや、光コラボ→他社光コラボといったパターンですね。

光電話の申込み方法

既に光回線の契約がある場合、これから契約する場合で申し込みのパターンが異なります。

すでに光回線契約がある場合

契約している光回線プロバイダーに、光電話オプションを申し込みます。この際、工事費が3,000円~5,000円程度かかります。費用は状況によって大きく異なる場合があるため、具体的なことは契約中のプロバイダーに問い合わせましょう。

新規で光回線を申し込む場合

フレッツ光や各光コラボ、フレッツ光以外の独自回線であるauひかりNURO光など、全ての光回線プロバイダーが光電話を提供しています。自分に合った光回線を選び、光電話オプションも申し込みましょう。

光電話申込みの費用

オフィスや店舗に新たに光回線&光電話を導入するのであれば、光電話に関連する初期費用は基本的に3,300円(税抜)です。もし固定電話から番号を引き継ぐのであれば1,100円がさらに必要になります。

もちろんオプションサービスを付けたり、回線工事の条件等によっては付加的な費用が発生します。詳細は各プロバイダーに問い合わせるといいでしょう。

光電話の初期費用
項目 費用
電話交換機等工事費 3,300円(同番移行工事費2,200円 + 基本機能1,100円)
加入電話の利用休止工事費 1,100円

まとめ:オフィスや店舗は間違いなく光電話がお得

オフィスや事務所、店舗など仕事用に電話を使いたいなら、光電話は間違いなくお得です。毎月の基本料だけでも、光電話は固定電話より月々1,000円以上安く、通話料も全国一律8円/3分とシンプルな安さになります。

インターネットはビジネスシーンでも不可欠なので、これから電話を導入するなら光回線&光電話がおすすめですよ。

光電話はどのプロバイダーを選んでもクオリティにこれといって大きな差はないため、光電話を導入するなら、まずは光回線の速さや料金で選ぶことをおすすめします。

とにかく高速のインターネットが欲しい場合はNURO光、特にこだわりは無いが知名度があって安心して契約できる光回線が良いという場合は、低価格・高速・解約金なしでバランスのとれた光回線エキサイトMEC光、がおすすめです。

 設置するインターネットの速さにはこだわりたい・・・NURO光
 特にこだわりは無いけど後悔したくない・・・エキサイトMEC光

法人向けの光回線プラン一覧

法人向けの光回線プランには以下のようなところがあります。

法人も申し込める光回線プラン
サービス名
enひかり
公式サイト
  • 縛りも解約金もなし!
  • 月額料金も業界最安値。
  • 店舗やオフィスへの来客者もネットを利用する場合のみ、enひかりforBizの申し込みが必要。
enひかりの解説ページ
サービス名
DTI光
公式サイト
  • 縛りも解約金もなし!
  • 申し込みフォームに直接会社名を記入することができます。例)姓:ABC 名:株式会社
  • みなし法人・屋号での申し込みもOK。
DTI光の解説ページ
サービス名
NURO光
公式サイト
  • 速さに定評のある光回線
  • セキュリティサービスが永年無料
サービス名
OCN光
代理店サイト
  • 安心のNTT系列プロバイダー
  • キャッシュバックキャンペーンも充実
OCN光の解説ページ
サービス名(地域限定)
コミュファ光(中部地方限定) サービス詳細
BBIQ光(九州地方限定) サービス詳細
メガエッグ光(中国地方限定) サービス詳細
ピカラ光(四国地方限定) サービス詳細
法人も申し込める光回線プラン
サービス名 特徴
enひかり en ひかり
公式サイト
  • 縛りや最低利用期間もなく、解約金がないプラン。
  • 月額料金も業界最安値。(NTTのフレッツ光を利用した光コラボ)
  • 法人名を直接お申込みフォームに記入いただけます。
  • IPv6接続対応で通信速度速い。
enひかりの解説ページ
DTI光 DTI光
公式サイト
  • 縛りや最低利用期間もなく、解約金がないプラン。
  • IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料。
  • みなし法人・屋号での申し込みもOK。
DTI光の解説ページ
OCN光 OCN光 代理店サイト        
  • 安心のNTT系列プロバイダー
  • キャッシュバックキャンペーンも充実
OCN光の解説ページ
NURO光Biz NURO光 代理店サイト
  • 速さに定評のある光回線
  • セキュリティサービスが永年無料
地域限定の光回線
コミュファ光
中国地方限定の光回線プラン
BBIQ光 九州地方限定の光回線プラン
メガエッグ光 中国地方限定の光回線プラン
ピカラ光 四国地方限定の光回線プラン
更新日