NURO光のお申し込み

速度に妥協しない、確実に速いインターネットを求めるなら。下り最大2GbpsのNURO光がおすすめ。

  • お電話の場合NURO光の公式代理店からの折り返し電話での対応になります。

ドコモ光とNURO光の比較 - 料金・通信速度・セット割りなど気になる点を確認します。

ドコモのスマホユーザーに人気の「ドコモ光」と、2Gbpsの超高速「NURO光」にはどのような違いがあるのでしょうか?料金や平均速度、セット割などを比較してどちらがお得なのか、どんな人におすすめなのか解説します。

ドコモ光とNURO光で迷っているなら

ドコモ光NURO光は、回線の種類もサービス特徴も大きく異なります。どんな人にどちらの光回線がおすすめなのか、まず簡単にまとめてみました。

ドコモ光・NURO光おすすめの人
ドコモ光がおすすめの人 NURO光がおすすめの人
  • ドコモの携帯電話ユーザー
  • すでにフレッツ光を利用している
  • 自分でプロバイダを選びたい
  • フレッツ光導入済みマンションに住んでいる
  • NURO光の提供エリア外に住んでいる
  • ソフトバンク携帯電話または格安SIMユーザー
  • 通信速度を重視する
  • 都市圏に住んでいる
  • NURO光導入済みマンションに住んでいる

ドコモ光とNURO光の徹底比較

NURO光とドコモ光には料金や通信速度にどんな違いがあるのか、ここから具体的に比較していきます。まずは比較表をご覧ください。

ドコモ光とNURO光の比較
ドコモ光(タイプA) NURO光
提供エリア 全国(NTTフレッツ光) 都道府県の一部
契約期間 2年自動更新 2年自動更新
月額料金(税抜) 集合住宅 4,000円 1,900~2,500円(NURO設備導入済み)
4,743円(NURO設備未導入)
戸建て 5,200円 4,743円
新規回線工事費 15,000円(集合住宅)
18,000円(戸建て)※特典適用で無料
40,000円
※30ヵ月利用で実質無料
最大通信速度(下り) 1Gbps 2Gbps
スマホセット割 有り(ドコモ) 有り(ソフトバンク)
電気セット割 無し 有り(東京電力エリア)

ドコモ光のプロバイダはタイプAかタイプBに分けられます。タイプBの月額料金はタイプA+200円となります。

ドコモ光はドコモの携帯電話ユーザーでなくても契約可能ドコモ光は、携帯電話がドコモ以外の人でも契約することが可能です。ただしプロバイダによってはドコモの携帯電話ユーザーしか申し込めない場合もあります。またドコモユーザー以外はスマホセット割が適用されないためお得とはいえません。

比較①提供エリア

ドコモ光の提供エリアは、NURO光よりも圧倒的に広範囲です。

ドコモ光の提供エリアは、日本全国47都道府県におよび人口カバー率でも90%超と、ほとんどの人が申し込み可能です。これは、ドコモ光がNTT東日本/NTT西日本のフレッツ光回線を利用しているため。

それに対してNURO光の提供エリアは、以下の通り都道府県の一部となっています。

NURO光の提供エリア
エリア 都道府県
北海道エリア 北海道
関東エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
東海エリア 愛知、静岡、岐阜、三重
関西エリア 大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
九州エリア 福岡、佐賀

詳細な提供エリアの検索方法

光回線の提供エリアに入っている都道府県だとしても、地域や区画によっては光回線が届いていないこともあり得ます。そこで、郵便番号で詳細な提供エリアを検索する方法を案内します。

ドコモ光の提供エリア検索
フレッツ光東日本エリア⇒提供状況の確認ページ(郵便番号を入力する)
フレッツ光西日本エリア⇒提供エリア検索ページ(住まいのタイプを選択し郵便番号を入力する)

NURO光の提供エリア検索
NURO光公式サイトの提供エリアページにアクセスし、郵便番号を入力すると判別できます。

比較②契約期間・解約違約金

契約期間は、ドコモ光・NURO光共に2年間です。どちらも自動更新となっており、解約しない限り契約は自動的に延長されます。

ただし、違約金の金額と違約金が発生しない月に違いがあります。NURO光が違約金無しで解約できるのは2年ごとに1ヵ月ですが、ドコモ光は2年のうち3ヵ月間です。

解約のしやすさ、解約縛りの緩さではドコモ光のほうが優れているといえるでしょう。

解約違約金と更新月
ドコモ光 NURO光
解約違約金 8,000円(集合住宅)
13,000円(戸建て)
9,500円
違約金が発生しない月 契約満了月(24ヵ月目)、翌月(25ヵ月目)、翌々月(26ヵ月目) 契約更新月(25ヵ月目)

比較③料金

ドコモ光とNURO光の月額基本料金と、新規で回線を引く場合の回線工事費を比較します。

月額料金
戸建てタイプ⇒NURO光がドコモ光よりも500円程度安い
集合住宅タイプ⇒NURO設備導入済み建物ならNURO光のほうが1,500~2,000円程度安い。NURO設備が導入されていない建物ならドコモ光のほうが800円程度安い

回線工事費
基本的な新規回線工事費はドコモ光が戸建て18,000円、集合住宅15,000円となっており、40,000円のNURO光より断然安いといえます。さらにドコモ光は特典適用で無料になるので大変お得です。

NURO光は戸建て・マンション共に工事費40,000円と高いですが、じつは30回分割で月々の料金から相当額が割引されます。つまり、30ヵ月間継続すれば実質無料になるというわけです。

比較④通信速度

ドコモ光の最大通信速度が下り1Gbpsなのに対して、NURO光は下り2Gbpsとなっています。ただし、これはあくまで理論上の最大速度です。

NURO光とドコモ光には超高速10GbpsプランもあるNURO光は最大2Gbpsの通常プランのほかに、6Gbpsと10Gbpsのプランがあります。ドコモ光も2020年3月23日より10Gbpsプランの受付を開始しました。ただし、どちらも限定エリアでのみ提供となります。

大事なのは、インターネット利用時に実際に出る実効速度です。下記にて、ドコモ光とNURO光の実効速度の平均値を比較してみました。

NURO光の平均通信速度は上り・下り共にドコモ光より2倍ほど速いことが分かります。通信スピードについてはNURO光が圧勝といえるでしょう。

平均通信速度の比較
ドコモ光 NURO光
下り平均速度 180Mbps 334Mbps
上り平均速度 150Mbps 330Mbps

参照:みんなのネット回線速度「光回線の通信速度レポート一覧」

NURO光の回線はフレッツ光ではない

ドコモ光がNTTフレッツ光回線を使用しているのに対して、NURO光は異なる独自の光回線を使用しています。

フレッツ光回線が高品質なのは間違いありませんが、ユーザー数が非常に多いため時間帯によっては回線が混雑し通信速度が低下します。しかし、NURO光なら回線混雑もほとんどなく快適な高速通信が可能です。

比較⑤プロバイダ

NURO光はプロバイダを選択することができません。NURO光の運営会社ソニーネットワークコミュニケーションズが回線も接続サービスも提供するからです。

それに対してドコモ光は24ものプロバイダから選択可能です。逆にいうと、ドコモ光はどのプロバイダを選べばいいのか悩むこともありますが、NURO光は悩む必要がないといえます。

ドコモ光はプロバイダによって特典やサービスが多少異なります。全てを挙げることはできないので、契約数が多い主なプロバイダを紹介します。

ドコモ光の主なプロバイダ
ドコモ光プロバイダ 特長
GMOとくとくBB
  • キャッシュバック(条件あり)
  • dポイント最大5,000ptプレゼント
  • ルーター無料レンタル
  • セキュリティサービス1年間無料
@nifty
  • キャッシュバック
  • dポイント最大5,000ptプレゼント
  • ルーター無料レンタル
  • セキュリティサービス1年間無料
  • リモートサポート初回無料
DTI
  • キャッシュバック
  • dポイント最大5,000ptプレゼント
  • ルーター無料レンタル
  • セキュリティサービス1年間無料
  • 訪問設定サポート初回無料
BIGLOBE
  • ルーター無料レンタル
  • あんしんパック(ウイルス対策、ネット詐欺対策、迷惑メール対策)1年間無料
  • 訪問設定サポート初回無料
  • リモートサポート何回でも無料
plala(ぷらら)
  • キャッシュバック
  • dポイント最大5,000ptプレゼント
  • ルーター無料レンタル
  • セキュリティサービス2年間無料
  • 訪問設定サポート初回無料
  • リモートサポート何回でも無料

比較⑥無料サービス

ドコモ光のサービスはプロバイダごとに上記の通りですが、NURO光のサービスも紹介します。

NURO光のサービス

  • キャッシュバック
  • ルーター無料レンタル
  • セキュリティサービス永年無料
  • 訪問またはリモートサポート初回無料

特筆すべきなのは、NURO光はセキュリティサービスが永年無料ということです。ドコモ光のセキュリティサービスは1年間無料が多いですが、NURO光は契約を継続する限り何年でも無料なのはお得といえるでしょう。

比較⑦光電話

ドコモ光とNURO光の光電話料金は似たり寄ったりですが、NURO光の光電話はソフトバンク携帯電話向け通話が24時間無料になります。

ドコモの光電話はドコモ携帯電話にかけても料金がかかるので、ドコモユーザーにとってメリットはあまり大きくありません。

光電話の料金比較
ドコモ光 NURO光
月額基本料金 500円 300円(東海・関西・九州)
500円(北海道・関東)
通話料金 固定電話へ 8円/3分 7.99円/3分
携帯電話へ 16円/1分(ドコモ携帯電話)
17.5~18円/1分(その他携帯電話)
無料(ソフトバンク携帯電話)
20~25円/1分(その他携帯電話)

比較⑧スマホセット割

スマホやケータイの料金がお得になる光回線のセット割。ドコモ光とNURO光で、割引の幅や適用条件などを比較してみましょう。

NURO光でソフトバンクのセット割を適用するためには、光電話の加入が必須です。いっぽう、ドコモ光のセット割は光電話に加入する必要がなく、ドコモ光契約者の親族でドコモユーザーなら誰でも割引対象になります。

誰もが携帯電話を持っている今、固定電話を使用する家庭も減り続けています。その点、固定電話なしでもスマホが割引になるドコモ光は魅力的といえるでしょう。

スマホセット割
ドコモ光 NURO光
セット割名称 ドコモ光セット割 おうち割光セット
割引対象キャリア ドコモ ソフトバンク
光電話加入 不要 必須
最大適用台数 1契約につき20台まで 1契約につき10台まで
適用範囲 住所問わず契約者の三親等までの親族 同居している人、別に住んでいる親族
割引料金 500~1,000円(ギガホ/ギガライト)
100~3,500円(カケホーダイ&パケあえる)
500~1,000円
割引対象プラン ギガホ/ギガライト/カケホーダイ&パケあえる データプランメリハリ/データプランミニフィット
データプラン50GB+/ミニモンスター
データ定額50GB/20GB/5GB
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
ベーシックデータ定額プラン for 4G

ドコモ光とNURO光 - 比較まとめ

これまでの比較結果をまとめると以下のようになります。

  • 提供エリアが広範囲なのは? ⇒ドコモ光
  • 解約違約金が安いのは? ⇒戸建て:NURO光、集合住宅:ドコモ光
  • 契約の縛りが緩いのは? ⇒ドコモ光
  • 月額料金が安いのは? ⇒戸建て:NURO光、集合住宅:建物事情による
  • 新規回線工事が安いのは? ⇒ドコモ光(ただしNURO光も実質無料)
  • 通信速度が速いのは? ⇒NURO光
  • プロバイダ数が多いのは? ⇒ドコモ光
  • セキュリティがお得なのは? ⇒NURO光
  • 光電話がお得なのは? ⇒NURO光
  • スマホセット割がお得なのは? ⇒ドコモ光

結論として、ドコモのスマホユーザーならドコモ光が一押しですが、それ以外ならソフトバンクユーザーに限らずNURO光をまず検討することをおすすめします。

更新日