インターネット - 光回線とADSL回線の違い

インターネット - 光回線とADSL回線の違い

インターネット - 光回線とADSL回線の違い

光とADSL、その違いについて解説します。すでにインターネットの契約をしている人も、これから契約する人も、光回線とADSL回線の違いについて学びましょう。

今より安いインターネットは?お引越しで新しいインターネット契約が必要?
ご相談フォームに必要事項を記入していただければ、ベストなインターネットプランをご提案!
電話でも受け付けています!:050-3196-9639(相談無料)までお気軽にお電話ください。

ADSLと光回線の違い - 回線の種類が違う

ADSLと光回線とでは、そもそも使用している回線が異なります。

ADSLと光回線の違い

ADSLと光回線の違う!- 光回線には光ファイバーが使用されます。ADSLは電話線を使用。

ADSLには電話線が使用される

ADSLの場合は、昔からご家庭に引かれている電話線を使用します。ちなみに、この電話線には銅線が使われているため、電話線のことを銅線、メタル線などと呼ぶこともあります。

電話回線は、音声が銅線を伝わって相手先に届けられるしくみです。このため、「ADSLはアナログ回線」と表現されているのを見ることがあるかもしれません。

ADSLは、すでに自宅にある電話線を使用するため、ADSLインターネットの使用をするにあたって自宅内での工事は必要ありません。

光でネットする場合は光ファイバーが必要

一方、光回線は、名前の通り光を使用して通信を行います、光を送るために「光ファイバー」という銅線は違う新しい線を使用します。

ADSLと異なり、光回線は自宅にあらたに線(光ケーブル)を引くため、光回線でのインターネットを希望する場合は、工事が必要になります。

このようにADSLと光回線では物理的に回線の種類が異なります。それに伴い導入の際のプロセスも異なります。

ADSL - 契約者の見えないところでの工事はある宅内では工事の必要のないADSLですが、NTTの電話回線収容局でのADSLの取り付け工事は必要です。ただし、インターネットプロバイダーが処理をしてくれますので、契約者が何か特別なことをする必要は一切ありません。ただし、家に電話回線がない場合は、電話回線(ADSL回線)を引く工事が必要になります。

ADSLと光回線の違い - 通信速度が違う

ご存知の通り、光の伝播する速度(光速)はこの世に存在する最大速度です。雷がピカっと光るのと実際にゴロゴロと音が届くのに時間差があるのが思い出されますね。

光は圧倒的に音速よりスピードが早いのです。電話線を使用するADSLに比べて光で通信を行う光回線が速い!というのはこのような理由のためです。

加えて、ADSLの場合は、NTT収容局から契約者までの距離も通信速度に影響し、遠いと遅くなってしまいます。一方、光回線の場合、その通信速度は距離に影響されることはありません。

このように通信速度も光回線とADSLの違いの一つです。

ADSLと光回線の違い - 料金が違う

ここまで、ADSLと光通信の技術的な側面における違いをご紹介しましたが、次は実際に契約する際に気になるADSLと光回線の料金の違いについてみてみましょう。

ADSLは光回線よりも本当に安いのかを調べてみると、やはりADSLの方が安いことがわかります。

ADSLは、通信速度ごとにプランを選ぶことができます。ADSLで通信速度の低いものを選べば、料金もかなり安くおさえることができます。

ただし、あまり遅いプランを選ぶと高画質の動画などはストレスなく観るには無理があります。一方ある程度速さのあるADSLを選ぶと、安い光回線の月額料金とそれほど差がなかったりします。

でも、ADSLは光回線より安ことには変わりがありませんので、一円でもネット代を安くしたい人にはADSLという選択肢もあります。

ADSLと光回線の違い - 契約件数が違う

ADSLと光回線の違い

ADSLと光回線の違い - 契約件数が多いのは圧倒的に光回線

ADSLの契約件数は、実際2006年から、徐々に減り始め、2008年には、光回線利用世帯がADSL回線利用世帯を上回りました。ADSLの契約数が一番多かったころに比べ、契約件数は2割までに減りました。

このように、ADSLのシェアは下がってきています。光回線は距離に左右されず、通信速度もADSLより早く、そして安定しているという優位性に加え、事業者によるの販促・キャンペーンが功を奏し、ADSLから光への切り替えもすすみました。

もちろん、今でも、光回線の新規契約キャンペーンは積極的におこなわれています。

国全体としては、光回線を増やしていくという傾向があきらかです。ただし、急にすべての電話回線が廃止されるということはあり得ません。ADSLを選んで契約をしても急に使えなくなるということはないでしょう。

ADSLと光回線の違い - メリット・デメリット(長所・短所)が違う

実際のインターネットの導入・使用という点でADSLと光回線の違いをみてみると、それぞれそれぞれ長所・短所が異なります。どちらかが「圧倒的」に優れているということはありません。しかし、通信速度と安定性を考慮すると、光回線にどうしても軍配があがります。

それぞれの優れた面・劣っている面とご自身のインターネットの使用環境・使用目的を考えながら、ご自身にあった回線を選ぶ必要があります。

また、最近では、固定回線である光回線・ADSLのどちらも選ばず、無線回線であるWiMAX(ワイマックス)を契約する人も増えています。これからインターネットの契約をする方はこの3つを比較・検討することをおススメします。

以下にADSLと光回線の違いを複数の項目に分けて一覧にしましたので参考にしてください。

                             
ADSLと光回線の違い
比較項目 ADSL 光回線
速度 上り:1-5 Mbps
下り:12-50 Mbps
上り:100-1000Mbs
下り:100-1000Mbs
通信の安定性 アナログ回線のため不安定になることもある。 安定している。
速さの安定性 各契約者専用の回線なので、他の契約者の影響は受けない。 他の契約者と回線を共有しているので、使用者が多い場合や時間帯は速度が落ちる。
地域による
速度の違い
ある。
自宅がNTT収容局から遠いと速度が下がる。
ない。
初期費用
(+工事費
宅内工事が不要の場合は数千円、必要な場合は~20,000円程度 最高40,000円くらいまでかかる。
月額費用 3,000円 - 4000円 4,000円 - 7,000円 (長期契約否かで料金が異なります。)
解約金 無料のことが多い。
キャンペーン割り引きなどしばりがあると解約金があることもありえる。
長期契約のプラン(自動更新プラン)が多いため、途中解約すると解約金が発生。1,500円から10,000円以上
インターネットが使える
までかかる期間
1~2週間程度 最低1か月(戸建て)
マンションだともっと早い
メリット
  1. すでに各家庭に普及している既存の電話線(銅線)を使用するため、宅内工事が不要であり、光より早く確実に導入できる。(ADSLモデムを設置するだけ)。
  2. 光回線のように回線をシェアしないから、場合によっては光よりも早いことがある
  3. 初期費用や月額料金が安い。(契約する速度によって料金が異なる。)
  1. NTT回線収容局から自宅の距離が関係ない。
  2. 上り・下りの速度が同じ。(アップロードもダウンロードも同じ速度。)
  3. IP電話・光電話を使用すれば従来の電話回線が不要なため、NTTとの電話契約を解約できる。
デメリット
  1. NTT回線収容局から自宅の距離が遠いと速度が低下する。
  2. アップロードの速度が遅い。
  3. 自宅までの電話回線が光回線にされていると、ADSLは使えない。(ADSLは旧来の銅線の電話回線を使うため。)
  1. 工事が必要なため時間がかかる。かつ工事費が高い。工事が出来ない建物もある。
  2. 光回線は回線を複数でシェアするため、使用人数が多いと速度が遅くなる。(ADSLより遅くなる可能性がある。)
  3. ADSLより料金が高い。
更新日